今月の懺悔(フード編)

テーマ:
今月の懺悔のコーナはお酒ではなく、食べ物です

しかし、あれには参ったな~~

あれ

あれ

なんだと思います??



。。「イカスミ」なんです

皆さんは家庭でいかすみパスタをつくったことありますか?

私は初めてでした

でもこの前のイタリア展の会場で、円い容器に入ったイカスミを見つけ

作り方を聞くと、ゆでたパスタにからめるだけ!あたためる手間もないよ!

とのことで購入。ものは試しと作ってみたら。。

アリエナイー<(´∀`)/ アリエナイー<(´∀\)ミ タハーッ(ノ∀`)ゝ

アリエナイくらいの生臭さ(> <。)

自宅で作るとこんなものなのですか??

もぅ死亡~~☆でした
AD

キャンティ・クラシコ2

テーマ:
キャンティ・クラシコ<サン・ジュスト・ア・レンテンナーノ>

サンジュースト

ベルカルロラ・リコルマといった希少ワインが評判のサン・ジュスト・ア・レンテンナーノ。でももともと主力商品はキャンティ・クラシコです。こちらはそのスタンダードクラス。
あるサイトでは、このワインを評して「派手さは無く、玄人受けするいぶし銀のような」と記しています。そう、確かに派手さはないんです。一口目から溢れるような感動…はないのですが、いつの間にか杯を重ねてしまう、そんなワインです。実際いつもより早く飲み終わってました☆

*この上のクラスに、レ・バロンコーレがあります

2002年、トスカーナは厳しい年だったそうです。
そういう年だからなのか、もう2年くらい熟成させた方が良いのか、少し深みが足りないように感じます。数カ月(夏の間)キャンティを飲んでなかったから感覚のズレがあるのかな?
そういえば、最後の1杯を注いだら、かなり澱が溜ってました。

Chianti Classico 2002
SAN GIUSTO A RENTENNANO
MARTINI DI CIGALA
輸入元 (株)オーデックス・ジャパン
AD
先日このブログでも御紹介した、伊勢丹「イタリア展」内のレストラン、ラ・ベットラに行ってきました!!

私が行ったのは相模原店です
イタリア展は連日大にぎわいで、もちろん「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」も盛況
行列…ができると他のブースに迷惑なので、当日申し込み、名前を呼ばれたら近くで待機して、席が空いたら御案内、という方法をとっていました

入り口近くには落合シェフの調理実演が録画で流れています
これを見ているだけでも勉強になるなぁ…と思いましたが、ずっとそこにいると邪魔なので、あまり見られませんでした
残念!

コースメニューを注文しました

本来数種類の中から選ぶ方式ですが、閉店1時間半前だったため、前菜はこの1種類のみになってしまったそうです
■白身魚のカルパッチョ
ベットラ1

■自家製ベーコンのトマトソースパスタ
ベットラ2
パスタは選べました
自家製ベーコンにひかれてこちらをチョイス
パスタはしっかりアルデンテに茹でられていて、美味しかったです☆

■ティラミス&パンナコッタ
ベットラ3
ドルチェはこの1品限定。良かったです

■パン、ドリンク
この他に温めたパンと食後のドリンクがついてお値段は2600円+TAX

スペースの割に、ずいぶん大勢のスタッフがいましたね~

普段のランチ程度なのかしら?
量は少なかったと思います。でも会場内の簡易レストランであること、食後もまたお買い物をしたり、歩き回ることなどを考えれば、私にはちょうど良い量でした!
AD

TV版電車男最終回!!

テーマ:
9/22日、1時間半の枠を使って、電車男の最終回が放映されました

ネットの住人達とのやりとりに、涙です!!
□_ヾ(・_・ )カタカタ(パソコン)
電車男が、彼女と待ち合わせ、その後どうなったかを聞くために徹夜で待っていた住人達
そして、ハッピーな報告を聞き一段落すると、電車男へもうここへ来るなという
カノ女持になった電車は「独身男」板にはふさわしくないからね
せっかくの友情がこれで終わり?
初め寂しいと訴えた電車男も旅立ちを決意する。。

まるでひな鳥の巣立ちみたい(笑

「Aちゃんねる」は1000番まで書き込むとそこで終わりだから、ぎりぎりまで書き込んで電車男を送ろうと誰かが言い出した。つぎつぎと埋まっていくスレ。999番はAA職人による蒸気機関車で1000番めは電車男のためにとってあった。

おまいらにも光あれ。
いままでの強いつながりがなければ、嫌味なセリフになってしまうだろうコトバ
しかし、みなその言葉をかみしめて、自分の生活に戻って行った

ホントにこのドラマ演出が小粋というか、細かい部分にまで行き届いていて、おしゃれなのだ
最終回は普段のエンディング曲がドラマの最初の方の劇中で使われ、普段のオープニングテーマ曲が、エンディングで使われた

そして泣かせた後、必ずオトす
やっぱり最後は陣釜さんだった
やってくれるなァ~(^^

レンコンの炒飯

テーマ:
しゃきしゃきした食感を楽しむレンコンの炒飯です
基本はイタリアンなんだけど、しらすを入れたのと、仕上げに少ししょうゆを入れるからちょっと和風になります

レンコンの炒飯

れんこんは皮を剥いたら酢水につけてあく抜き(3分くらい)
よく水気を拭き取っておきます
フライパンにサラダオイルとバター少々を入れ、にんにくのみじん切りを炒めます
香りが出たら、ベーコンをプラス
ベーコンに焼き色がついたら、レンコンをいれ、塩、こしようをして強火で炒めます
レンコンが透き通ってきたらごはんを入れる
ぱらぱらになるように炒めます
ほぐれてきたら、しらすも加え、塩、こしょう、しょうゆも回し入れる
最後にバターを加えて炒めあわせ完成!

*ベーコンから味が出ますし、塩、こしょう、バターも使うので、しょうゆの量はホント、香りをつける程度でいいと思います

*パセリがあれば、散らしてください☆

材料:レンコン、ベーコン、にんにく、しらす、ごはん、サラダオイル、塩、こしょう、しょうゆ、無塩バター、パセリ

*中華鍋がないと、ぱらぱらの炒飯は難しい。。。

ブショネその後

テーマ:
9/11の記事の続報です
コルクが腐ったワインを買っちゃったので、月曜を待ち、ラベル裏に記載された電話番号に連絡してみました。
他にもそういった話が来てるかも?と思って…

そういった話は来て無かったそうですが、そのワインは、ある酒屋さんチェーンにしか卸してないとかで、すぐ面倒みてくれることになりました。
なんと、飲み残しのワインがあれば、自宅まで取りに伺うとか(汗
さすがにそれは辞退
そうしたら、購入したショップに運び、そこで返金してもらってくださいとのこと

栓を抜いたワインをショップまで持って行くなんて(徒歩10分くらい)気が進まなかったけれど、相手の会社がきちんと対応してくれたのに、そのままにするわけにもいかなくて
飲みかけのワインとコルクを預け、返金は検査結果を待ってからとその場では断りました

そして会社から連絡があり、やはり購入したものはブショネだったので、返金の約束になりました
また、同じロットのものは店頭から下げたそうです

このブショネ、コルクを使っている限り、どうしても避けられないものみたいですね
私自身あたったのが初めてでもないし。。(連絡したのは初めてです)

これまで、あたったら残念、返品、交換など無理と思っていましたが(実際はじめからそう書いてある店もある)換えてくれるところもあるんだな~と知りました

とはいえ当分あたりませんようにイヤイヤ o(>_<)o ☆

たちうお

テーマ:
今が旬のたちうおのバルサミコソースです

たちうお

たちうおに切れ目を入れて、塩、こしょう、小麦粉をし、両面焼いて取り出す
白ワインを入れ、フライパンをゆっくり回しながら温め、バルサミコ酢を入れる
塩、砂糖、こしょうも入れる
煮詰まってきたら、バターを入れ、とろっとしたらソースは完成
これをたちうおにかけましょう
粉ふきいもも添えてね☆

たちうお、身の部分が薄いと、あまり食べるところがないのが難です。。
でも、このバルサミコソース、落合シェフの本で読んだとおり、粉ふきいもと相性最高なんですよ!!
ぜひぜひこのメニューを試される時は、付け合わせに粉ふきいもをどうぞ♪

カボチャのスープ煮

テーマ:
涼しい風が感じられる季節になったので、こんなメニューを作ってみました
カボチャのスープ煮です
具はベーコンとかぼちゃだけ
気が向いた時、手軽に作れます

カボチャのスープ煮

材料:かぼちゃ1/4コ、ベーコン、固形スープの素、ローリエ1枚、塩、こしょう

かぼちゃは6つに切り分けます。ベーコンはもっと大きく切ってもOK!
これを、固形スープの素1/2コと、ローリエを入れ、水(カップ2)で煮ます
塩、こしょうで味付けしてでき上がり

ベーコンのだしが出て美味しいよ♪

↑の分量だと、まだかぼちゃ本来の甘さが残ります
濃いめが好きな方や、かぼちゃが大きい時はもう少し、味を調整してみてね

*ケンタロウの野菜がうまいッ!を参考に作りました
ケンタロウ
ケンタロウの野菜がうまいッ!

ラ・ベットラが伊勢丹に!

テーマ:
「行列ができる店」「予約でいっぱいの店」として有名な東京・銀座のラ・ベットラ・ダ・オチアイが伊勢丹のイタリア展に登場です

銀座に近い新宿店には来ませんが
松戸店 9/14~19日(☎047-364-1111)
相模原店 9/21~26(☎042-740-1111)
府中店 9/28~10/3(☎042-334-1111)

この期間中、それぞれの催物場にて、料理を楽しめるそうです

料理は単品パスタメニューか、コースメニュー(前菜、パスタ、ドルチェ、コーヒーで2730円)

他お持ち帰り用のドルチェなど
*くわしくはそれぞれの店にお問い合わせいただくか、HPで確認してくださいね
*☎は代表ナンバーです

実際なかなか予約とれない店なので、伊勢丹出張所?楽しみにしています
まぁもともとラ・ベットラが来なくても「イタリア展」は行きますよ☆
昨年もソムリエによる、ワイン講座に参加したり、生ハムやパスタを購入したりしたなぁ…
もちろんワイン選びが一番楽しみで~す
☆ヽ(▽⌒*)わぁい♪





 
9/10の記事の続きでーす!
ミニ飲み会の後、お酒がダメな人も集合して食事会に突入しました。
京浜急行九里浜駅から5、6分歩いたところにある海鮮がメインの居酒屋「海蔵(みくら)」へ。
カウンターと8人用のお座敷が1箇所、お料理は主人1人で切り回す、こじんまりとしたお店です。
日本酒、焼酎がいろいろ揃っています。

6人グループになったので、お座敷き使わせてもらっても良いですか?と伺い、くつろがせていただきました。地元は1人、残りは皆遠征で、電車を乗り継いで帰るのに、終電間際まで元気に飲んだり食べたり。

最初に注文したお刺身の盛り合わせです
予算を聞かれ、それに応じた種類が出されるようで、ちなみにこちらは3000円です

10点盛り
まぐろ、甘エビ、たこ、さんま、つぶ貝、かんぱち、タイ…かな?

他にも10種類くらい料理を頼んだので、厨房は忙しかったと思います(^^;
頼んだメニューはこんな感じです。
視覚的には思い出せるけど、名前はほとんど思い出せない(ていうより、任せてたから知らない。。)

■えびのガーリック焼き(しっかりしたエビが3尾)
■焼きなすのうに乗せ
■白身魚のキーマカレー風(ちょっと変わってるよね!)
■かんぱちのカマ焼き
■イワシの竜田揚げ
■かわはぎの煮付け(キモはついてなかった~残念)

台風で海が荒れてる日だったので、海の幸を堪能するには、タイミングが悪かったと思いますが、料理はどれも美味しく、最後まで楽しく過ごせました。
お酒はビールの後「黒毬」をいただきました。

次回は晴れた日に遊びに行こうと思います