テーマ:

ついに完成しました。

 

 教え子14人が実証済み! 

 

 

 防御率は平均1.25にまで抑え 

 

球速は驚異の平均9.95キロアップ

 

 

と驚異な結果を残した

 

 

究極のピッチングメソット

 

『~凡人野球三流のための投手理論~』

 

 

只今30名様に

限定プレゼントです。

 

 

こんにちは

 

いつもブログを読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

遂に完成しました。

 

究極のピッチングメソッドです!!

 

 

これまで様々なメソットを

僕のブログで紹介してきました。

 

 

今まで色々な方から

 

 

「毎日毎日練習に励み、何時間も
シャドーピッチングや走り込みをして

頑張っているのに効果が現れず

自分に投手は向いてません」

 

 

「四死球を出したいわけでもないのに

出してしまい、チームの視線が冷たくなり

精神的にボロボロになってしまう」

 

 

「試合には出るが

どんなに全力で一球入魂で

投げても毎回打たれっぱなし」

 

 

 

といったメッセージをいただきました。

 

 

その1つ1つに答えていくうちに

 

 

皆さんが悩んでいることには

 

 

 

共通点】がありました。

 

 

 

それらの悩みに特化した

レポートを作成すれば

多くのピッチングで結果が出なくて

悩んでいる人を救うことができる

 

 

と思ったのです。

 

 

僕のところに届いた質問に1つずつに

答えているとコントロールが定まらなかった日や

どこに投げてもパカスカ打たれる日々に

悩みに悩んだ日々が思い出されました。

 

 

 

どうすれば思うようなところに

ボールが投げれ、バッターを打ち取れるのか?

 

 

どうすれば早い球、威力のある

ボールが投げれ、空振り三振を

奪うことができるのか?

 

 

 

試合に出れたとしても活躍どころか

試合を壊してしまう日々

 

 

 

そんな僕の経験を振り返っていると

このブログを書き始めた理由であります。

 

 

 

自分に武器も体格もなく
悩んでいる人達を助けたい

 

 

 

という気持ちを再確認しました。

 

 

 

僕が高校生の時には

 

 

試合に出れたとしても

四死球は当たり前のように
毎回試合を壊してしまう日々で

チームメイトからも嫌われていました。

 

 

チームメイトからはいつも冷たい視線でした。

 

 

 

さらに怪我もしてしまい
満足に練習すらできない時期もあり、

心が折れたこともあります。

 

 

 

だからこそ、僕と同じような悩みを

抱えている人に対し

 

 

親身になって支えてあげたいと
心から思っています。

 

 

 

ブルペン投手がエースになる!

 

 

 

それは相当の努力が必要だと

思われているでしょう。

 

 

 

当然、努力なしに上手くなる

可能性は0です。

 

 

もし努力なしに

成功しているのであればあなたはこの記事を

読むことはないでしょう。

 

 

 

 

そこで、今からあなたの

投手人生は僕が変えます!

 

 

 

 

バンバン三振が取れて勝利に貢献し

チームの引っ張り役としてワクワクした

楽しい野球人生を送るか

 

 

 

四死球で毎回試合を壊し、野手をピリピリさせては

野手との人間関係が悪くなり

辛い思いをし続ける野球人生を送るのか

 

  

 

一生打たれ続け、毎回試合を壊してしまうようであれば

 

つまらない野球人生を送ることになってしまいます。

 

 

 

もちろん試合にすら

出してもらえなくなる

可能性だってあります。

 

 

 

あなたは今、大きな分岐点

立っています。

 

 

 

もしあなたが今のままで満足しているのであれば

この先読まなくても構いません。

 

 

 

誰もが実践可能で

あなたのピッチングを120%に引き上げ

球速・コントロール・制球とともに

急激にレベルアップできるような方法を知らずに

 

 

ただただ毎日
効率の悪い練習をこなし

 

 

たまに出場した試合でも全く
結果を残すことができない

 

そしてまた試合に出場できない
日々が続く。

 

 

 

抑えれないことが続くと

それが原因で考えすぎてしまい

 

更にはなげれなくなるという

悪循環に陥ってしまいます。

 

 

 

そのせいで普段の生活でも
ネガティブになってしまい


あなたの練習にもモチベーションが
なくなってくるかもしれません。

 

 

 

チームメートでレギュラーとして

試合に出ている子達は

 

 

試合で結果を残し、自信をつけ

モチベーションも高まります。

 

 

 

 

更に上手くなるという好循環が生まれます。

 

 

 

このままだとチームメートとの
実力の差は開くばかりでなく試合に
出ることさえできなくなります。

 

 

 

でも、今回僕が実践したことを

あなたにお伝えします。

 

 

 

体格にも恵まれず、

球速も遅い、変化球も並以下で

ストライクを投げれば必ず打たれる

永久補欠だった僕でも

 

 

球速は常時140台・強豪校エース争いを

達成したメソッドを

 

~凡人野球三流のための投手理論~

 

としてPDFファイルにまとめてみました。

 

 

 

 

先着30名様となっているので

今すぐ受け取ってください。

 

 

⬇︎⬇︎下記をクリック ⬇︎⬇︎

〜凡人野球三流のための投手理論〜

 

 

さて、あなたは

 

 

練習や試合で全く

思うところにボールがいかなく、

 

チームメイトや監督の視線で
辛い想いや苦しい想いを
して悩んでませんか?

 

 

 

どれだけ自宅で一人で練習しても

成果がでなかったり

 

何を練習していいかわからなかったりとか…

 

 

 

周りの子たちは試合に出ているのに

あなたでけはもうみんなの信用を失い

 

 

試合に出ないままずっと

グランドを見つめてませんか?

 

 

 

試合に出て活躍するには

 

 

あなたには程遠い世界のように
感じていませんか?

 

 

自分は練習しても無駄だと

思ってしまい練習に身が

入らなくなってしまっても仕方ありません。

 

 

精一杯練習しているのに

その成果が全く現れないと

 

 

 

練習するのがバカらしくなる」とか

 

 

今日もどうせ監督に

怒られるんだろうな」となり

 

 

 

練習に対するモチベーションが

上がらなくなってしまいます。

 

 

僕も小学校から高校時代まで、

練習の成果が全く現れず、試合でも

結果を残すことができませんでした。

 

 

 

いつも試合に出ている

チームメートの友達を見ながら

 

 

あんな風にマウンドで堂々と投げて

三振をとりたい

 

 

 

キャーキャー言われてみたいなぁ」

 

 

 

とか思っていました。

 

 

自分なりにガムシャラに取り組んでいるものの

全く結果が出ない。

 

 

ピッチング練習はしていても
ほとんど構えてるミットとは

全く違う逆球に投げていました。

 

 

終いにはチームメートから

 

練習しても無駄だから早く替われよ

 

 

と言われていました。

 

 

 

「もうこんなの嫌だ」

 

 

と、いつも落ち込んでは

自分の情けなさや、不甲斐なさに

本当に絶望していました。

 

 

 

このまま一生試合に出ることは
できないのか

 

 

 

やっぱり自分には才能がないんだ

 

 

やっぱり体格の大きい人には勝てないのか~

 

 

 

とこのようにいつもいつも考えていました。

 

 

何としてでも上手くなりたかったので

インターネットや本から学んで

実践してみましたが全く効果なしでした。

 

 

このように何をやっても上手くいかず

野球の才能がない僕ですが

 

 

 

じゃあ

 

野球の才能がなければ
試合で活躍できないのか

 

 

 

ということはありません。

 

 

才能がなくても試合で三振の山を築き

チームの勝利に貢献する人はいます。

 

 

 

僕が言えた立場ではないのですが

明らかに野球の才能には恵まれていませんが

 

試合でバンバン三振をとり

チームの勝利に貢献しているのです。

 

 

 

「じゃあ、どうすればいいんだよ!!」

 

って感じですが

 

 

野球の才能がなくて練習の成果も出ないけど

試合で三振をとっては

 

女の子にもちやほやされてみたい。

 

 

早い球を投げて観客のどよめきを浴びたい。

 

 

 

それならば

 

 

野球の才能がなくても試合で
三振の山をきずき、相手チームを

ねじ伏せている人から学べばいいのです。

 

 

 

インターネットや本屋で売っている野球の

専門書を監修している人達ってだいたい

名門の野球部ってことが多くないですか?

 

 

あれは野球の上手い人が読んで実行

するから結果が出るのであって

 

 

僕のような下手くそが読んでも

理解できず実行することすらできません。

 

 

でも、僕と同じように野球の才能が

ない人が実践して結果を残すことが

できた方法ならば

 

 

 

自分でもできる!!!

って思いませんか?

 

 

 

実はこの方法を教えてくれた

恩師であるトレーナーさんは

高校時代は強豪校でレギュラーでしたが

 

中学時代、僕と同じような

 

下手くそだったんです。

 

 

 

実際に中学時代の

ビデオを見せてもらったので

紛れもない事実です。

 

 

僕が言うのもなんなんですが

本当に下手くそでした。

 

 

恩師に教えてもらい実践したこの方法は

ただ単に猛練習したり、才能がある人にしか

理解できないようなものではありません。

 

 

これを実践した

あなたは周囲から

 

 

なんであいつがいきなりここまで

ノビのあるキャッチャーを

突き抜くようなボールを投げるようなってるんだ

 

 

お前凄いじゃん!!!

 

 

いきなりどうしたんだよ!!!

 

 

などなど称賛や驚き等様々な

反応があると思います。

 

 

実際僕もそうでした。

 

 

さらには練習でも試合でも

結果を残すことができればあなたは

 

 

エースとして試合に出場し

活躍することで球場の歓声があなたを待ち受けてます!

 

 

さらに結果が出るようになると

自信が出てきて好循環が生まれ

どんどん上手くなっていきます。

 

 

 

今まであなたをバカにしていた

チームメートからは

 

 

速球を投げるコツ教えてくれよ

 

 

どうやったらそんな打者の手前で

鋭く変化球が曲がるんだよ

 

 

とそれまでには考えられないことが

起こるようになります。

 

 

また、活躍しすぎて黄色い

声援を浴びるなんてことも起こります。

 

 

それではどうすれば試合で

活躍できるような投手になるのか?

 

 

その方法を今回わかりやすく

まとめてみました。

 

 

この方法はとても簡単でだれでも

実践できてしまうので、

他人にチラッと見られて

 

 

やり方が広まってしまい多くの人の

ピッチングが進化してしまうと

意味がなくなってしまいます。

 

ですので、この限定プレゼントは

 

 

 

先着30名限定

とさせていただきます。

 

 

このプレゼントは

 

 

「試合でバンバン三振をとりたいけど

思うところに全然投げれなくて本気で

悩んでいる人を救済したい」

 

 

という想いで行っているので

 

 

定員数に達した場合急遽プレゼントを

やめてしまうこともあるので注意してください。

 

 

「野球が下手くそでも試合に出て

三振をバンバンとれるようになりたい」

 

 

「早い球を投げて周りから

羨ましがれたい」

 

 

という方は下記からその方法を

学んでください。

 

怪しいと思うかもしれませんが

安心してください。

 

変なサイトに登録されて

迷惑メールがきたり

 

ウィルスが送られてきたり

 

お金を請求されたり・・・

 

そんなことは絶対ありませんので

安心してください。

 

 

 

あなたは何も損をすることなく

常時球速は140キロ台・強豪校エース争いを

達成した方法を手に入れることができるのです。

 

 

 

送られてくるのは

~凡人野球三流のための投手理論~

というPDF形式の

テキストファイルです。

 

 

僕のような球速の遅い
変化球も曲がらない

かっこ悪いどうしようもない

野球ド下手な人が

 

 

どのようにして思うところにボールを
投げることができ、球速も上げ
打者を圧倒できるるようになったのか

 

 

そしてどのようにバンバン三振を
取れるようになり、強豪校エース争いを達成し

夏の県予選は大会は決勝戦まで

いくことがでいたのか?

 

 

それがそこに書かれています。

 

 

手に入れるには・・・

 

 

⬇︎⬇︎下記をクリック ⬇︎⬇︎

〜凡人野球三流のための投手理論〜

 

 

 

上記をクリックし入力項目を入力。

その後僕から送られてくるメールの

URLの先に全ては書かれています。

 

 

さぁ、あなたもこれを読むことで

投手としての真実がわかります。

 

 

あなたのボールは急激に球速が上がり、

自分が思うようなところに投げられ

 

バッターを目の前にすれば

バンバン三振を取ることができ

球場の歓声はあなたに向けられます。

 

 

 

まだまだ諦めるのは早すぎます。

 

 

 

それでは

PDFのテキストでお会いしましょう。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございます。

 

 

 

ゆうじ

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

んにちは

 

 

高校球児なら約二年半という

とても短い期間の中でどれだけ力を

つけてこれたかで勝敗が

ついてきます。

 

 

 

あなたはその二年半を

長く思えるか

短く思えるか

で大きく変わります。

 

 

では試合に勝つには

その二年半という短い期間で

どれだけ効率的に練習できているか

非常に大事になってきます。

 

 

あなたは普段、

効率よく練習をしようと

考えたことはありますか?

 

 

誰でも効率よく練習したいでしょう。

 

 

しかしどうしたら効率よく練習やればいのか?

 

 

それが具体的にわからない方が

多いい思うので

 

 

そこで僕が今回お伝えします。

 

あなたの普段の練習の効率を

100倍にまで引き上げる方法を!

 

 

 

「100倍?そんな簡単に効率が

あがるわけないじゃん」

 

と思ったあなた

考え方一つで100%変わります!!

 

 

 

僕が今回お伝えすることを

おさえることができれば

 

 

あなたは何一つ

無駄な練習をすることがなくなります。

 

 

そうなることで

あなたの練習の効率は

 

ライバルと同じメニューや練習をこなそうが

どんどん上手くなっていくことでしょう。

 

 

もしくは先輩、他校のライバルよりも

頭一つ飛び抜けた存在となり

 

みんなが憧れるような

選手にだってなれます!!

 

 

 

想像するだけでも

モチベーションが上がってこないですか?

 

 

そうなるためにも日々練習しているに

違いないと思います。

 

 

 

しかしこのことを

知らなければ

 

 

あなたの練習は

非常に効率の悪いことになり

 

 

毎日毎日練習を必死に頑張ったところで

効果はそんなに期待されません。

 

 

そうなればいつまでたっても

良い結果を出すことはできず、

 

 

 

気づけばあなたの野球人生は

終わってしまいます。

 

 

 

僕はとても「無駄なことが」嫌です。

 

無駄とは試合で使えないからです。

 

意味がないからです。

 

 

 

そのためにも

今回教えすることをこの記事で読み、

あなたの「無駄」をはぶくことで

日々効率良く練習に励んでほしいと思います。

 

 

そこであなたのために

モチベーションが上げられるよう

お伝えしていきます。

 

 

 

あなたは練習の時

調子が悪い日は

必ずありますよね?

 

 

人間なので誰だって調子が悪い日は

やる気がなくなります。

 

ネガティヴになります。

 

 

なぜかこの日はが重いとか

 

投球動作のなかであれば

球離れが早い、体重が乗ってない、

肘が下がる・・・などがあります。

 

 

しかしその傾向を知るだけでも

随分と気持ちが楽になりますし、

 

さらに修正方法が分かっていれば、

立ち直ることも可能かもしれません。

 

 

立ち直るためには日頃の練習で

調子が悪い日に、調子が悪い原因探しや、

その修正方法について

研究する必要があります。

 

 

しかし多くの方は練習で調子が悪ければ

ついつい投げやりになってしまいますよね?

 

 

ですがむしろ逆です。

 

 

「調子が悪い日はラッキーな日!」

 

なのです!

 

 

「今日はその原因探しと

修正方法をも見つけられるかもしれない!」と

 

調子が悪い日=たくさん成長できる日

 

と思うことなのです。

 

 

いかがでしたか?

 

 

あなたはその自分の課題を

見つけれる大事な日を

無駄にはしてはこなかったですか?

 

 

どんなことにも無駄はありません!

 

あなたが勝手に無駄なものにしているのです。

 

 

そして今から

今回お伝えしたことを

家族やチームメイトに

話してください。

 

 

そうすることで

あなたはアウトプットでき

より自分の中に確実に落とし込めます。

 

 

どんな形でもいいです。

LINEやSNSを使ってでもいいので

チームメイトにシェアしてください。

 

 

この文をコピーしても

写しても構いません。

 

 

今すぐです!

 

 

そうすることで

今からあなたの練習は

超効率的練習へと激変し

 

 

ものすごい力を

身につけていくことでしょう。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

調子が悪い日

誰でもありますよね?

 

 

 

僕は現役時代はよく監督から

 

「調子が悪い日は悪いなりの

ピッチングをしろ」

 

と口すっぱく言われてきました。

 

 

しかし調子が悪いなりのピッチングとは

具体的には教えてくれなかったのです。

 

 

そしてそのまま

具体的なこともわからず

マウンドに上がれば当然、

 

 

パカスカ打たれたわけです。

 

 

そこで今回教えすることは

私が当時当時考えていた

「悪いなりの投球術」について

教えしていきたいと思います。

 

 

そこで

今回僕が教えすることを知れば

 

 

あなたは調子が悪い日でも

 

試合を壊すことは無くなります。

 

 

ボールが走らない日は

どうしても走らないと思います。

 

それでもなんとか

試合には勝ちたいですよね?

 

 

勝てます!

チームに勝利を

もたらす投手になれます!

 

 

今回お伝えすることを実践すれば!!

 

 

調子が悪かろうが

試合に勝てたことには

嬉しいに違いありません!

 

 

 

勝利をもたらす投手はかっこいいですよね!

 

 

学校や女の子からだって

ちやほやされちゃいます。

 

 

そうなって最高の野球人生

送りたいですよね?

 

 

 

しかし

今回教えすることが

わからなければ

 

 

 

あなたは大事な試合に限って必ず負けます。

 

 

 

調子が悪いなんていつ来るか

わかりませんよね?

 

 

もし調子が悪い日がその大事な

試合になってしまえば、

あなたはどう対処しますか?

 

 

それほぼ具体的なことは

分からないと思います。

 

 

そこで今回は

調子が悪い日でも勝てる

投手になりたいならば

 

 

この記事を最後まで読んでください。

 

 

 

それでは今回教えすることは

 

メンタル面について

詳しくお伝えしていこうと思います。

 

 

 

調子が悪い日は、マイナス思考になりがち…

 

これが普通の人間です。

 

 

しかしです!

 

 

冷静に考えてみれば

調子が悪いのは体であって、

 

気持ちまでつられて悪くなる必要はないのです。

 

 

 

体の調子が悪いのは中々変えられませんが

それをどう受け止めるかは自分次第です。

 

 

私の場合、調子が悪い日は

 

「今日は自分がどこまでセルフ

コントロールできるかチャレンジしよう!」

 

とテーマを設定した上で

ポジティブな気持ちでマウンドに

上がるように努めてました。

 

 

練習試合であれば

 

調子が悪いなりのピッチングを

練習する最高の機会を得た!

 

と思うだけで気持ちが楽になりますし

焦れば焦るほど逆効果なので

結果を出す意味でも

開き直ったほうが得策です。

 

 

公式戦であれば

失敗が許されないですよね。

尚更、焦っている暇はないはずです。

 

 

自分が気持ちを乱したうえで

ピッチングの内容まで悪ければ、

今まで頑張ってきた

野手の皆さんに申し訳なさ過ぎます。

 

 

どんなに調子が悪かろうと、

前向きな気持ちでマウンドに立つことが

最低限の投手の責任なのです。

 

 

「みんなのために」

思うことが大切ですね!

 

 

 

万が一、それでも

結果が悪ければ仕方ありません。

 

 

それでも大事なことは

今できることに

ベストを尽くすことなのです!

 

 

いかがでしたか?

 

 

いい意味で結果に対し

無責任になることが

必要ではないでしょうか。

 

 

このメンタルを持てるだけでも

調子が悪い日であれ、

確実に良い成果をもたらすことでしょう。

 

 

あなたのチームの投手陣は

今回教えしたことは

ちゃんとできていますか?

 

 

もし周りの方がそう

考えたことがないのらな

チームメイトに、周りの人に

 

シェアしてください。

伝えてください。

 

 

あなたが伝えることで

みんなが変わります。

 

 

そしてあなたが一番変わります。

 

 

そのためにも今回で大事だと思ったことは

今すぐノートや紙などに

メモしてください。

 

 

大事だと思う部分は

この文をコピーしようが

スクリーンショットしようが

構いません。

 

 

 

今すぐです!

 

 

今すぐすることで

あなたの野球人生は

輝き始めることでしょう。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

イチローはバッターボックスに

入ってからバットを構えるまで

イチローの動作は毎回全く変わりません。

 

 

常に一定であり、

これまで何千回、何万回と

繰り返してきた儀式なのです。

 

 

 

これを何故しているのか?

あなたは考えたことはありますか?

 

 

 

今回はイチローが実証する

ゲン担ぎん重要性について

教えしていきたいと思います。

 

 

 

今回教えすることを知れば

あなたはそうです。

 

 

イチローのように

 

大事な場面でも結果を

残すことができます。

 

 

イチローのような技術がなくとも

イチローのような考え方は

誰でもやろうと思えばできます!

 

 

このことを身につけることで

あなたはピンチでリリーフに出た時や

ノーアウト満塁のピンチでも

 

 

0点に抑えることは可能です。

 

 

 

そうすればあなたは

ヒーローです!

 

 

あなたは嬉しさのあまり

マウンドで吠えてます!

 

 

 

想像するでけでも

ワクワクしてきませんか?

 

 

 

 

しかし

このことを知らなければ

 

 

 

自分の調子が悪い日などは

絶対に立て直すことは

できなくなるでしょう。

 

 

立て直さなければ

あたなはチームの試合を、

チームメイトの1日を

台無しにしてしまうことでしょう。

 

 

それが負の連鎖を招き

あなたは一回で降板する

可能性だって十分にあります。

 

 

そうなれば

チームとの仲も

悪くなってしまう一方です。

 

 

絶対嫌ですよね?

 

 

そうならないためにも

今回教えすることの重要性を知り

理解することであなたのパフォーマンスは

120%上がることに間違いありません。

 

 

 

 

それでは今回教えすることは

 

 

 

「自分の中でルーティンを作る」

 

です。

 

 

ですがルーティンという言葉は

よく聞かれる方も多いと思いますが

このルーティンがどんな効果を

もたらしてくれるかが分からないと思うので

 

 

自分のルーティンを作らない・作れない

方が多いと思います。

 

 

 

そこで今回このルーティンの重要性を

知ることができ、気づくことができれば

 

 

あなたは自分のルーティンを

見つけにいくことでしょう。

 

 

 

よくイチローが行っている動作には

とても重要な意味があります。

 

 

それは

ただたんにカッコをつけているものでも

実力不足を補う行為でもなく、

 

気持ちを高め、集中モードに

突入するための儀式なのです。

 

 

あの同じ儀式を毎回やることで

集中力が要求される作業に

入っていくことを繰り返すことにより

 

反射的に脳は集中モードになってくれます。

 

 

それが良い結果へとつながり

今の世界のイチローをつくっているのです。

 

 

 

ちなみに僕が行っていたのは

ホームから1塁に引いてある線を

必ず右足から超えていました。

 

 

そうすることで

この線を越えるたびに

 

 

「よっしゃ いくぞ!」

 

という気持ちになり

 

集中力も反射的に高まるのです。

 

 

では何をしたらいいのか?

なんでもいいです!

 

自分なりのルーティンでいいので見つけてください。

 

ぜひ試してみてこれからも

続けて欲しいです。

 

 

これがあなたの

パフォーマンスを最大限に高める

儀式へとなっていくことでしょう。

 

 

 

そしていますぐ実践して

ほしいことがあります。

 

 

あなたがどんな時に

どんな場面でルーティンを行えるか

ノートに書き出してみてください。

 

 

考えれば意外と

たくさん出てくると思います。

 

 

これがあなたのルーティンを作る

第一歩です。

 

 

まずはいますぐ書き出してみってください。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

んにちは

 

 

 

あなたは三振を奪いに行く時

バッターが三振するイメージを

できていますか?

 

 

 

僕が三振を狙いにいく時は

 

こう投げたら空振りが取れると、

自分の中でイメージした上で投げていました。

 

 

そうゆうイメージできた場合と

イメージできなかった場合とでは

 

全く空振り三振を取る率が違うかったのです。

 

 

ちなみに

このボールを振らせれば三振が取れると

イメージができて三振をとれた時は

 

格別に気持ちがいいですよね?

 

 

 

しかし

ほとんどの人はそうイメージをするほど

三振が取れるほどの変化球を

投げれない方も多いと思います。

 

 

 

そこで今回教えすることは

 

 

そんなあなたの平凡な変化球でもグンと

決め球にできる投球術について

教えしたいと思います。

 

 

 

これを今回知ることができれば

 

あなたのピッチングの幅は広がり

 

バッターを圧倒的に抑えられる

技術が身につくはずです。

 

 

 

そしてイメージ通りの、思い通りの

ピッチングができ

 

 

空振り三振を量産していくことでしょう。

 

 

 

そうなればあなたはマウンドで輝きを増し、

プロ野球のスカウトからも

目をつけられる可能性だってあります。

 

 

しかし

今回教えすることを知らなければ

 

 

あなたピッチャーとしての

本当の武器を知らないことに

なります。

 

 

もう分かりますよね?

 

 

そなればあなたはもう

ピッチャーとしてやっていけなのです。

 

 

 

あなたがそれでもいいのなら

この記事を読まなくても結構です。

 

 

ですがまだピッチャーとして

活躍していきたいのなら

この記事を最後まで読んでください。

 

 

よろしいですか?

 

 

それでは

今回教えすることは

 

 

 

「決め球を投げる時は

プレートを変えて投げる」

 

 

 

です。

 

 

例えばあなたの空振り三振を取る

決め球はスライダーとします。

 

 

 

下記の絵をご覧ください。

 

 

イメージとしてこのような感じです。

 

プレートの位置を変えるだけでも

自ずと球道が変わりますし、

同じ球種でも異なる効果を生むことが

可能なのです。

 

 

また視線の先の風景までもが

全く違います。

 

バッターからすれば

 

投手が思う以上に

角度が変わって見えるので

打ちにくくなるのです。

 

 

どうですか?

 

 

ちょっとした工夫でも

まるで球種が増えたような

効果を生むことができるのです。

 

 

そうなればあなたの

平凡な変化球でさえ、

魔球になること間違いないのです。

 

 

ぜひ、試してほしいと思います。

 

 

 

そして今から実践してほしいのが

 

今回僕が教えしたことを

あなたが作った野球ノートや

メモ帳にでもに書いてください。

 

 

もしくはこの文をスクショ

またはプリントアウトしても構いません。

 

 

メモすることであなたの

頭の中には120%吸収されます。

 

 

「大事だ!大切だ!」

 

と思ったことは今すぐメモすることで

まぎれもなくあなたは

120%吸収するのです。

 

 

今すぐです。

 

 

ここまで読んでも

何一つ吸収できなければ

 

もったいないですよね?

 

 

そこでメモを取るという習慣も

これから習慣化してほしいと思います。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

んにちは

 

 

プレッシャー

 

それは誰でもかかったことが

あることでしょう。

 

 

そしてどんなに経験を積んできた

すごい選手でもかからないことはないでしょう。

 

 

プレッシャーがかかる時は

私たちの体や心には

さまざまな反応が出てきます。

 

 

足が震える、筋肉が硬くなる、

視野が狭くなる、心臓がドキドキするなどです。

 

 

あなたはそんなプレッシャーっがかかった時

どうゆう処置をしていますか?

 

 

大抵の人はプレッシャーをなくそうと

するのではないでしょうか?

 

 

はっきり言います。

 

 

それではあなたは手遅れなのです。

 

 

今回教えすることは

プロの方、皆さんもご存知のあの大谷選手も

取り入れているメンタルトレーニングに

ついて教えしたいと思います。

 

 

今回教えすることを

実践し、続けることができれば

 

 

あなたは本番に強くなります。

 

 

本番に強くなればあなたは

今まで試合に緊張していた、

怖がっていた試合はなくなり

 

 

試合を120%楽しめることができます!

 

 

どうですか?

想像してみてください。

 

 

今まで緊張していたし試合が

楽しめるんです。

 

 

どうせ試合をするなら

ガチガチでやるより

楽しみたいですよね?

 

 

楽しめればおのずと良い結果はついてきます!

 

 

 

そこで試合に緊張して思うような

プレーができていない方は

必ず読んで欲しいと思います。

 

 

もしこの記事を読まなければ

あなたは今までと同じように

 

 

試合になればいつもガチガチになり

自分のパフォーマンスを十分に発揮できず、

 

 

あなたはまたもや

チームの信頼を失うことでしょう。

 

 

信頼は一度失えば

簡単には戻ってこれません。

 

 

チームから見放されることだってあります。

 

 

自分の野球人生をこんなことで

終わらせたくないですよね?

 

 

 

そうならないためにも

今回あなたにお伝えすることは

 

 

 

「プレッシャーがかかった時は

なくそうとするのではなく、対処の仕方を学ぶ」

 

 

です。

 

 

ほとんどの方はプレッシャーが

かかった時は

 

「どうしよう、どうしよう」

と何も考えられず、そのままマウンドに

上がってしまっています。

 

 

それではいつまでたっても

あなたは変わりません。

 

 

いつまでたっても

コテンパやられるだけです。

 

 

それはですよね?

 

 

 

ではどうしたら緊張しないか?

というところに視点を当ててるのです。

 

 

例えば大谷選手なら

試合できたピンチに対し

その緊張感に対し

 

 

「おう、来たか!」

 

 

と思っているようです。

 

ポジティブですよね。

 

 

あなたならピンチがきた場合

 

「どうしようどうしよう」

 

と思うはずです。

 

ネガティヴです。

 

 

同じピンチがきているにも関わらず、

ポジティブとネガティヴに

分かれるのです。

 

 

どうせならポジティブの方が

いいですし、ポジティブの方が

ネガティヴの緊張感より断然良いのです。

 

 

 

そこのメンタルの持ちようが

ガチガチにならない人との

大きな差だと思います。

 

 

そこで今から実践してほしい

ことがあります。

 

 

 

 

あなたは今までに

どんな状況で緊張してきましたか?

 

 

今からその緊張してきた状況を

ノートに書いてみましょう。

 

 

そしてその時どんなことを思っていたのか?

どんな精神状態だったのかまで

書いてみましょう。

 

 

そして今回教えしたことを元に

あなたが思う、緊張してガチガチに

ならないための対処法を書き出しましょう。

 

 

そうすることで

この記事を読む前までのあなたとは

180度違うことになっているでしょう。

 

 

 

 

 

 

今日も最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

んんにちは

 

 

最近の高校野球を見てみると

5年前、10年前よりも

140キロ以上のボールを投げる投手が

たくさんいすぎて驚いてます。

 

 

その一方で世の中の大多数は

 

120~130ほどのストレートしか

投げられていないのも事実です。

 

 

 

もちろん

 

その高校生らがダルビッシュ投手や

大谷のように化ける可能性はありますが

残念ながら現実的に

 

その確率は高くないと思います。

 

 

僕も高校3年生までには

 

「絶対140キロの壁は超える」

「絶対にいける」

 

と高校時代は毎日練習に励みましたが

 

 

 

そう簡単にはいきませんでした。

 

努力も足りなかったかもしれませんが。

 

 

しかしそのような120キロ~130キロの

ボールしか投げれない投手は

 

それなりのピッチングがあるのです。

 

 

またそのテクニックを身につけるかで

勝敗も大きく分かれます。

 

 

 

そこで今回僕が教えすることは

 

意識すれば必ず今のボール(遅いボール)でも

勝てる投手になれます。

 

 

今まで速いボールを投げることができれば

抑えらえると思っていたあなたの考えは

 

 

一変するでしょう。

 

 

遅いボールでも抑えることができれば

あなたは豪速球投手にも自信を持って

投げ合うことができ、

 

 

「ボールが遅くても勝てるんだ」

 

ということをみんなに示せれます。

 

 

そうすればあなたは

遅いボールだろうがなんだろうが

 

 

あなたから放たれるボールには

一球一球に歓声が湧くことでしょう。

 

 

 

ですが今回僕がお伝えすることを

何も知らなければ

 

 

あなたはいつまでたっても

打たれます。

 

 

 

ボールは遅いのに全力で投げても

パカスカ打たれるなんて

 

 

 

とてもみじめじゃないですか?

 

 

そうなりたくないですよね?

 

 

 

なら聞いてください。

今回僕がお伝えすることを。

 

 

 

 

では

今回お伝えすることは

 

 

「投球術を磨け」

 

 

です!

 

 

 

私もそうでしたがほとんどのピッチャーは

いつかは自分もダルビッシュのように

球が速くなるのではないか?と

 

根拠のない希望や自信を

心の片隅に持っています。

 

 

 

私は特にそうだったので

とても後悔してます。

 

 

そこで自分は球が遅い、二流投手であるという

事実を受け止められるかどうか?

 

がとても大事になってきます。

 

 

 

そこで僕は高校時代は

全く勝てない日々が続いていましたが

 

「投球術」で打者を打ち取ることに専念したら

コンスタントに結果が出るようになりました。

 

 

自分の身の丈をよく考え、

 

もっと速い段階で意識改革しておけば

自分の野球人生は全く違うものに

なっていたんだろうと

後悔するばかりです。

 

 

 

球が遅くても二流投手が

本気で結果を残そうと思うであれば

 

一流投手を目指すのではなく、

二流投手でもできること

 

つまり「投球術」を磨くことは

とても重要なのです。

 

 

 

超二流を目指す!

 

 

それもひとつの投手の生き方なのです。

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

投手は球速を追い求めがちです。

 

それも良いことですが

今回僕が教えしたことも是非

自分の中に取り入れてほしいと思います。

 

 

必ず今よりも勝てる投手に

なること間違いないです。

 

 

そして今回のことを

チームメイトにでもシェアしてください。

 

 

いますぐメモしてください!

 

 

この文を見せるなり

プリントアウトしても構いません。

 

 

メモし、シェアすることで

必ずあなたのチームの

投手陣、またはあなたが

 

勝てる投手へと確実に成長していくことでしょう。

 

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

んばんは

 

私はよく

高校野球や大学野球の試合を

よく見に行きますが

 

勝ち進むチームのバッテリーほど

いつも気づかされることがあります。

 

 

特に豪速球を投げるわけでもないし

素晴らしい変化球を投げるわけでもないのに

 

 

なぜその投手らは

バッターを抑えることができるのか?

 

または準決勝、決勝と

勝ち進むことができるのだろうか?

 

 

 

今回お伝えすることは

 

投手をしている以上

非常に大切のことであり、

 

皆さんでも忘れがちなことです。

 

 

そこで今回はそれをお伝えすることで

その重要性を知ることができ、

 

 

明日からでも

 

豪速球を投げなくとも、

空振りを取れる変化球を投げなくても

 

 

簡単にバッターを抑えることが

できる可能性があります。

 

 

 

そして今まで全力で抑えにいっていた

 

自分がバカらしくなることでしょう。

 

 

 

そしてあなたのピッチングは

良い方向へと激変し、

 

 

周りからも非常に良い

印象に残る投手になると思います。

 

 

あなたは印象に残る投手

になってみたいですよね?

 

 

全力で投げなくても

抑えられる投手になりたいですよね?

 

 

 

そうであれば

あなたはこの記事をまばたきもせず

読むことでしょう。

 

 

 

 

しかし

この記事を読まなければ、

この記事に書いてある重要性に

気付かなければ、

 

 

ピッチャーが持っている最大の武器に

気付かず

 

 

今は抑えられたとしても

 

 

のちにバッターにカモられる日が

くることでしょう。

 

 

僕はバッターにカモられるなんて

絶対嫌です。

 

あなたもそうですよね?

 

 

 

そのためにもこの記事を必ず読み、

その重要性について理解し

実践してください。

 

 

 

では今回教えすることは

 

 

調子が良い日は

「テンポよく投げる」

 

 

調子が悪いは

「間合いよく投げる」

 

 

です。

 

 

「そんなの分かっている」

「昔からずっと言われていることだよ」

 

 

と思う方もいると思いますが

一度僕の話を聞いてください。

 

 

今回僕が話すことの重要性を知れば

 

 

あなたはピッチャーとして

ものすごい武器を持ったことになります。

 

 

では今回は私が現役時代に

心がけていたことを

ご紹介していこうと思います。

 

 

 

特にランナーなしのケースは

とにかくテンポ良くどんどん

投げ込んでいくこと。

 

 

逆にランナーが出塁したら

1球ごとに間合いにメリハリつけ

ゆっくり投球すること。

 

 

 

 

1に関しては

コントロールが良い日には

特にテンポを意識をし

どんどん投げ込むのです。

 

 

気づけばあっとう間に1アウト2アウト

というピッチングになり

相手チームにとても嫌な印象を

植え付けることができます。

 

 

特に好調な時は

これでもかっ!といわんばかりに

間合いを短くピッチを上げることで

 

自分ペースで球場全体を

仕切っているかのように

快感を感じながら投げていました。

 

 

 

 

2に関しては

逆にボールが続いた場合は

一時的にテンポを落とし、

気持ちを一旦リセットしたりしていました。

 

 

テンポ良くてもボールが続けば

相手チームに流れがいくからです。

 

 

野球が流れが大事と言いますが

まさにその通りです。

 

 

 

特にピッチャーが投げなければ

試合は始まりませんが

それがピッチャーとしての

特権なのです。

 

 

ピッチャー自身が流れを作ることは

可能なのです。

 

 

その流れを作るのがテンポであり

ピッッチャーの役目でもあります。

 

 

 

※気おつけておきたいこと

 

あくまでも心理的に相手チームを

追い込むためにテンポを早めているので

相手チームに勢いをつけてしまえば

意味がありませんよね。

 

このあたりの空気を読む

バランス感覚は非常に大切だと言えます。

 

 

 

いかがでしたか?

 

 

 

テンポの重要さや使い方について

お分りいただけたと思います。

 

 

 

ではこれをどうやって

自分のものにするのか?

 

 

 

今すぐ自分の野球ノートを

作ってください。

 

 

 

そして今回僕がお伝えしてことを

今すぐメモに取ってください。

 

 

そうすることで

よりあなたの頭の中に吸収されます。

 

 

今メモを取れば100%頭の中に

残ることでしょう。

 

 

しかしそれを明日に

延ばしてしまえば

 

 

60%に減ってしまうそうです。

 

 

さあ!

今すぐです。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

んにちは

 

 

試合というのはやってみないと

わかりませんよね?

 

 

 

よく聞くのが

試合は「気持ちが勝負」と聞きます。

 

 

しかしこの「気持ちが勝負」というのは

 

 

いったい何なのか?

 

 

試合というのは

 

絶対負けたくないもの同士が

ぶつかり合うものです。

 

 

 

 

では具体的には気持ちに勝てとは

どういうことなのか?

 

 

みんな絶対に負けたくない同士なので

そこは難しいと思います。

 

 

 

そこで今回は

勝負事では必ず勝つ人がしている

 

まぎれもない真実について

お伝えしていこうと思います。

 

 

このことを実践すれば

 

あなたは

緊張してパフォーマンスが低下する

ということは

まずありえません。

 

 

また絶対的自信に繋がり、

 

 

あたなはどこの誰よりも

気持ちな負けない投手になっていくはずです。

 

 

そしてマウウドで堂々とした

ピッチッングができます。

 

 

想像してみてください。

 

 

 

1~9回まで気持ちが折れることなく、

堂々とピッチングができている自分自身を。

 

 

本当にかっこいいと思います。

 

 

女の子にだってモテます。

チーム、家族だってあなたが

活躍すれば笑顔が溢れます。

 

 

 

皆さんもそうなるために

日々練習に励んでいると思います。

 

 

そうですよね?

 

必ず勝負には勝ちたいですよね?

 

そして知りたいですよね?

 

 

 

なので今回お伝えすることは

 

必ず聞いてほしいです。

 

 

 

 

この記事を読むだけでも

 

あなたは変わります!

 

 

 

 

しかし今回お伝えすることを

聞かなければあなたは

 

 

大事な試合での場面、

監督に評価される大事な場面

勝負事とそれぞれの大事な場面で

 

 

必ず負けます。

 

 

もしくはこのことができていないと

あなたは1回表ですでに

KOされることでしょう。

 

 

それでもいいなら

この記事を最後まで読まなくても

構いません。

 

 

 

なぜここまで強く言うかというと

本当に「気持ち」が大事だからです。

 

 

 

ではその「気持ち」とはの部分で

今から詳しく伝えていきたいと思います。

 

 

 

 

今回お伝えする、今すぐに

考えなおしてほしいことがあります。

 

それは

 

 

 

「勝負はグランドの外から始まっている」

 

 

です。

 

 

あなたは試合のサイレンとともに

勝負・試合が始まったと思っていませんか?

 

 

 

 

それではあなたはとっくの準備不足です。

 

 

 

その準備不足がプレーに出る

 

そのプレーが

メンタルに影響を及ぼすのです。

 

 

するとどうですか?

 

 

それではもうあなたは

 

相手に気持ちで勝てるわけがありません。

 

 

ちなみに僕が実践してきたのは

起きた瞬間から

気持ちのウォーミングアップという感じで

試合のイメージをしていました。

 

 

気持ちとしては

 

起きた瞬間から試合が始まっているのです!

 

 

 

それからだんだん気持ちを上げ

体と気持ちを一致させる感覚で

マウンドに上がっていったのです。

 

 

そうすれば準備を徹底的にしてきたので

あなたは相手よりも

精神的に有意です。

 

 

自信もあります。

それが堂々と試合に臨めるのです。

 

 

そして気持ちに負けなければ

あなたは必ず勝てます。

 

 

しかし

試合寸前まで緊張するだけで、

何一つ心の準備をしていなければ

 

 

それではあなたは勝てる資格すらありません。

 

 

どうですか?

これが

 

 

必ず勝つ=徹底的に準備をする

 

 

これが勝つ人が持っている

気持ちの持ち方なのです。

 

 

 

今回教えしたことは

試合だけではなく、

普段の練習からでも取り入れてください。

 

 

そして今から考えなおし、

取り入れてください。

 

常に明日の試合、練習のために

準備準備準備です。

 

 

今からです。

まずは今までの自分を

振り返ってみてください。

 

 

わかりましたか?

 

 

そうすれば

 

 

あなたの野球人生は必ず

輝かしいものになることでしょう。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

んにちは

 

 

投手において最も重要と

されているのはなんだと思いますか?

 

 

野球をしている人なら

誰でも答えられると思います。

 

 

そう

 

 

コントロールですよね。

 

 

コントロールがなければ

どんなにすごいストレートや

すごい変化球を投げれたとしても

 

 

 

意味がありません。

 

 

 

コントロール良く投げるということは

非常に技術が要ります。

 

 

プロ野球選手でさえ

コントロールに苦しんでいる方は

非常に多いと言われています。

 

 

 

そこで今回お伝えすることは

 

 

ダルビッシュ投手

前田健太投手という

一流の選手でも取れいれている

 

 

誰でもすぐにできる

コントロール良く投げれる方法です。

 

 

 

 

あたなは投げるとき

 

ワインドアップですか?

ノーワインドアップですか?

 

 

 

ここに落とし穴が隠されているのです。

 

 

 

今回教えすることをやれば

 

あなたは

急激に明日からコントールが

良くなります!

 

 

断言します!

 

 

なぜならこの方法は僕も取れいれてからでは

一気にコントロールが良くなったからです。

 

 

そして自分の思うように全力で

自分の真っ直ぐと変化球を投げることができ

 

ピッチングが楽しくて楽しくて

しかたなくなるでしょう。

 

 

 

自分のピッチングが楽しければ

守っている野手でさえ

楽しくなってきます。

 

 

どうですか?

 

 

バックで守っている野手が

楽しそうに守っている中で

自分が投げているのを

想像してみてください。

 

 

本当にピッチャーというポジションは

 

本来は一番楽しいポジッションなんです!

 

 

それを知ってほしいのです。

 

 

 

しかし今回僕がお伝えすることを

知らなければあなたは

 

 

 

乱調の嵐です。

 

 

 

四死球ーヒットー連続四死球

 

というような

いつもの悪い流れにのみ込まれ

 

 

あなたは野手陣から冷たい視線を

浴び続けられるでしょう。

 

 

それが悪循環となり

 

気づけば1回で5失点してることだってあります。

 

 

 

僕は悪い日はこのような日が

いくつもありました。

 

精神的に一番きつかったのを

今でも覚えてます。

 

 

 

そこであなたには

そうなって欲しくないため

 

今回実践していただきたいのが

 

 

 

「セットポジション投法です」

 

 

 

え?

 

「これってランナーがいる時の

投法じゃないの?」

 

と思う方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

しかしこれには秘密が隠されています。

 

 

 

ワイインドアップなどで投げる

投手の多くには、

足を上げた時点から

 

すでに骨盤が滑っているのが

明らかになっています。

 

 

セットポジションに比べると骨盤は

断然に滑りやすくなってしまっているのです。

 

 

 

よくランナーを出すとコントールが

良くなるピッチャーがいます。

 

 

それはセットポジション

骨盤が滑ることなく

しっかりしたスウィングが

できているからです。

 

 

またセットポジションで投げることで

より力みのないフォームになります。

 

 

ダルビッシュ投手や

前田健太投手も

少しコントロールが荒れ気味な日は

 

このセットボジションから

投げているのです。

 

 

どうですか?

 

 

もしあたなが今、

足を後ろに引いて投げる

ワインドアップ投法で

 

 

コントールに悩んでいるのなら

 

 

是非、セットポジッション投法に変え

実践してください。

 

 

今からでも

シャドーピッチングで

試してみてください。

 

 

骨盤の動き、使い方がかなり違うことに

気付かされます。

 

 

そして確実に今よりは

コントロールが良くなります。

 

 

いますぐです。

いますぐ実践してみてください。

 

 

 

何かにうまくいっていない時は

何かを変えることが大事なのです。

 

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。