グラスゴー2日目は、女性2人でグラスゴー散歩。
再び、観光用バスに乗り込んでグラスゴー大学方面へ。
グラスゴー出身の建築家・デザイナーである
チャールズ・レニー・マッキントッシュの作った部屋が再現されている
【マッキントッシュ・ハウス】へ。
私は、この方、よく知らないのですが、<スコットランドの誇り>だそうです。
流線的なアールヌーヴォーのデザイン。
力まず、さりげなくある感じがとても素敵に思いました。
建物の外観を撮り忘れ…残念。

$ゆうゆう行こうYO
すぐ近くのグラスゴー大学。重厚なゴシック様式です。
この大学は歴史が古く、加えて、かなりの名門ですが
ちょうど卒業式だったようで、スコットランドの正装である
タータンチェックのスカートにハイソックスを身につけた男性を多く見ました。
男性とスカート…この組み合わせはどうなんだろう?と思っていたけど
$ゆうゆう行こうYO
かっこいい!!
さっそうと歩く姿には、名門大学を卒業するとか、
スコットランド人であるというプライドとか見えるようでした。
校舎の前で記念撮影中。
$ゆうゆう行こうYO
学生もその親も楽しそうで誇らしげな雰囲気が感じられました。

昼食後、グラスゴー中心部にある【グラスゴー・スクール・オブ・アート】へ。
建物すべてがマッキントッシュのデザイン。
$ゆうゆう行こうYO
扉や窓枠、手前の街灯など、さりげなくおしゃれ。
予約すれば構内もガイド付きで見学できるようですが、
私達は外観とショップを見て、街歩きへ。

初夏に渡欧して、ずっと感じてたことですが、
ヨーロッパは日本に比べて緯度が高いからか、
空気が乾燥しているからか、日差しが半端ない!!
色素の薄い青い目の西洋人はなおさら、目を保護するために
小さい子供もかっこよくサングラスをしています。
日本では、サングラスもメガネもしない私は、選ぶ基準がわからない…。
おしゃれな彼女のおかげで、ちょうどいいサングラスをゲット。

本日は少し早めに帰って、明日のエディンバラ行きについて相談です。
翌日、知人ご夫妻と私、グラスゴー巡り。
まず、観光用各国語でのガイド付き2階建てバスに乗って
市内をぐるっと周る。
【観光とは、自分の力で周らなければ意味がない】
と、ずっと思っていた私。
こういう、いかにも観光的なものは毛嫌いしてたけど、
その街の下調べができてなかったり、名所が離れている場合、
何を見るべきかわからない場合など、かなり重宝することに気づきました。
街の名所を見ながら、自分の母国語で説明してもらえる。
見たい名所で降りてじっくり堪能した後、
次のバスで次の目的地に行けばいい。(1日乗り放題のものが多いです)
ここの景色いいなとか、おもしろそうだな、と思ったら
後から自分で行けばいい。
街の大きさとか、建物の位置を確認したり、その後の予定を立てたり、
始めからガイドブック頼みで、がっちり予定を組まなくても
ここから旅を始めるのもいいな、と思うんです。

さて、最寄りの乗り場はジョージ・スクエア。
さぁ、ぐるっと周って行きます。歩くには遠い場所にも、
街の真ん中を越えて向こう側まで。
途中、パレードとはち合わせ。
$ゆうゆう行こうYO

派手さはないけど、人の生活が感じられる街。
ケルビングローブ美術館・博物館で下車。
$ゆうゆう行こうYO

期間限定の有名な絵が見られるらしい。
緑も多く、大きな大きな博物館。
驚くことに、無料です!!
素晴らしいものは、万人が触れることができる。
そんな太っ腹な精神が、私がUKを好きな理由のひとつです。

とりあえず、その絵を見に行く。
案内図通り行くと他の絵の中に何気なく並んで展示されてた。
(ように感じた)
十字架に架けられたイエス
$ゆうゆう行こうYO

カトリックが大部分を占めるヨーロッパではよく取り上げられる題材ですが
この絵はほぼ真上から見下ろしているような構図。
初めて見る斬新な感覚に、話題性を感じました。

とにかく広い。でも一通り見たい私はぐるぐる。
横の解説もいちいち読まずにはいられず
満足感と疲労感で満たされて(?)博物館を後にしました。

緑が多くてしっとりした空気が気持ちいい。
$ゆうゆう行こうYO


地下鉄で、街へ戻ります。
$ゆうゆう行こうYO
地下鉄ちっちゃ!!
おもちゃみたいに小さく、2m程の高さしかありません。
まぁ、考えてみれば2mあれば十分で、
圧迫感とかある訳ではないけど、慣れないと違和感が。
でも、かわいらしくていいな。

街に戻って街ブラ。
$ゆうゆう行こうYO
このグラスゴーは、音楽にとても熱心なところだと、最近知りました。
そう言えば、街のあちこちで演奏している人を見かけたし、
音楽に詳しい彼女によれば、実力もなかなかあるようでした。

今日の観光バスで通ったルートをもとに
次の観光はどこへ行こうか話し合いながら
フィッシュ&チップスを食べて本日は終了。
1人旅と違った良さを感じた観光でした。

Go to グラスゴー

翌朝、イケメンでやさしいフロントのお兄さんのいる
ホテルをチェックアウトして、スコットランド方面への始発駅、
ユーストン駅へ向かいます。

と、その前に、すぐ近くのキングスクロス駅へ。
そう、あのハリーポッターで有名なイングランド北部への始発駅。
ここには9と1/3プラットホームが実際にあるんです。
以前この駅を通った時(むしろこれが見たくて降り立った)写真を撮ったけど
せっかくだからまた見たい!!と。
が、工事中でたどり着けず、時間も迫って来たのでバスに乗って
ユーストン駅へ。

ロンドンのバスはとてもわかりやすい。
バス停に、アルファベット順に地名が書いた一覧があって、
行きたい地名の横に書いてあるアルファベットの乗り場から
記されたNo.のバスに乗ればいい。
K 218 とあったらK乗り場を探し、そこから218番のバスに乗ればいい。
ということになります。(これは例えで、番号とかは実際とは違います)
今回は近くのバス停でユーストン駅をチェック。
オイスターカードでスムーズに乗車&降車。
オイスターカードとはsuicaとかpasmoのようなカード。
日本のカードとの違いは現金払いより相当安くなること。
ロンドン観光の必需品です。

列車に乗りこんで約5時間弱の列車の旅。
車窓の田園風景を眺めたり、程良い揺れに揺られてうとうとしたり、
自由気ままな私の大好きな時間。
よく、疲れない?と聞かれます。確かに疲れるけど、
それよりも移動してきた実感とか、景色の変化を見たり、
そういう楽しさが圧倒的に勝ってしまうんです。

グラスゴーに到着。知らない駅に降り立つのは、いつもうきうきします。
待ち合わせは、グラスゴー中心部、市民の憩いの場ジョージズ・スクエア。
ガイドブックがないので前日チェックした記憶を頼りに進む。

10分も歩けば着くはずが、15分歩いてもその気配なし。
にぎやかになってくるはずがむしろ寂しくなってきてます。
勇気を出して通りかかった紳士に聞いてみる。
「O.K.ジョージズ・スクエアはあの道を右に行くと見えてくるよ」

はい、かなり進みすぎました…。お礼をいい、ちょっとお話して
引き返す。無事、たどり着いて知人の滞在先へ。素敵なアパルトマン。
ご夫妻といろんな話をして、翌日の予定を立てる。
計画を立てる時間はやっぱり楽しいですね。