ゆーたんのブログ〜秘宝探偵と魔女のニーナとツチクレの戦士〜

秘宝探偵キャリーブログ絶賛公開中!

時には攻略。時には雑談。時にはオリジナルストーリーww

是非ともお立ち寄りください♪

平成26年7月22日配信開始の

「魔女のニーナとツチクレの戦士」についてもレビューして行きます。

みなさまよろしくお願いします♪


テーマ:
【北の町付近】



秘宝探偵ゆーたんのブログ


「ともちーーーーーーん」



「いやああああああーーーー」


秘宝探偵ゆーたんのブログ




ぐぉぉぉぉぉぉぉぉー



ゆい:



と・・・ともちん・・・・




な・・・なんで・・・






???:




あなたがゆいね・・・・



悲しんでいるところ、悪いけど、来てもらうわよ・・




聖杯の器としてね・・・・






秘宝探偵ゆーたんのブログ

エチュード・アンセム


所属:闇の騎士団 サブマスター

ハンターランク:測定不能





秘宝探偵ゆーたんのブログ


「あ・・・・あなたは・・・・誰?」




「聖杯?なにを言っているの?」



秘宝探偵ゆーたんのブログ



エチュード・アンセム:



あの子はもう助からないわ・・・



いいから来なさい・・・



あの子と同じようにはなりたくないでしょ?






秘宝探偵ゆーたんのブログ


「・・・・ともちん・・・・」







エチュード・アンセム:



さあ・・・







「いく必要はない!!」










エチュード・アンセム:



!!!




だれ??




空から黒い竜が現れ、竜の背中から1人の青年が降りたった。




秘宝探偵ゆーたんのブログ


ヒロ:



ゆい!!



大丈夫かい?





ゆい:



ひろさん!!



なんでここに?



東の大陸にたびにでたはずでは・・・





そう・・・ヒロは、ユグドラシルを離れ、単身で別の大陸を旅していたのだ。




ヒロ:



説明はあと・・・



どうやら・・・



悪い予感があたったみたい。




こいつが復活しているということは・・・・



ギルドが危ない・・・




ゆい:




どういうこと?



ヒロさん、ともちんを助けて!!



ヒロ:




うん・・・わかった。


いまは、説明している暇はないんだ。




ゆい、逃げて。



たぶん、厳しい戦いになる。




(・・・分が悪い・・・ともちんが消化されるまで時間がなさすぎる・・・・しかも、相手がアンセムとは・・・)



(絶対絶命ってやつだね)






ヒロ:



アストラ!!





秘宝探偵ゆーたんのブログ


「オヨビデスカ・・・」




ヒロ:



君は、あの白龍を頼む・・・



どうにかして、ともちんを吐き出させるんだ・・・




アストラ:



御意・・・





アストラは、白龍に向かってものすごいスピードで移動した。




秘宝探偵ゆーたんのブログ




秘宝探偵ゆーたんのブログ



エチュード・アンセム:



まさかあなたと戦うことになるとはね・・・





ゆい:



知り合いなの?




エチュード・アンセム:




ふふふ・・・



もちろん



元・・・闇の騎士団・・・



ドラゴンマスター ヒロ・・・



30年ぶりかしらね・・・





ゆい:




闇の騎士団?



ドラゴンマスター??



30年?

ってヒロさん何歳?


わけわかんないよーヽ(゚Д゚)ノ


ヒロ:




昔の話だ・・・・




遠い遠い昔の・・・






エチュード・アンセム:



つれないのね・・・

その姿をみると、あなたも封印されていたみたいね・・・



でも私たちより早くよみがえっている・・・



あのころはもっと小さかったのに。

どうしてか興味あるわぁぁ・・




ヒロ:



くだらない話をしている暇はない。



あなたを倒す・・・・




秘宝探偵ゆーたんのブログ



あなたが私を倒す??



あははは・・・



しばらく会わないうちに冗談もいえるようになったのね・・・




坊や・・・・




シュン・・・





ヒロ:



!?



うぁっ!





ヒロの体が切り裂かれる。



は、はやい・・・




エチュード・アンセム:




あら・・・



見えなかったの?




がっかりね・・・



変わったのは見た目だけ?



ヒロ:



やはり・・・



強さは健在か・・・



瞬雷のアンセム・・・

今で言えばハンターランクはSをゆうに越えるはず。

闇の騎士団、サブマスターは伊達じゃない。




エチュード・アンセム:



ドラゴンマスターもドラゴンがいなければ力の3割もだせないものね・・・



エイオスは、あの方が預かっているわよ・・・





ヒロ:



なんだって??




やはり、あいつも復活していたのか・・・







竜と竜が対峙している・・・





秘宝探偵ゆーたんのブログ


「ゴアァァァァァ」



秘宝探偵ゆーたんのブログ



「ガアアァァァァ」




アストラの劣勢・・・


本来ドラゴンマスターは竜と共に戦い力を発揮する。

2体の強敵。

あまりに分が悪かった。




ヒロ:



アストラも歯が立たないとは・・・



お手上げだ・・・



ともちん・・・すまない・・・



君を助けられそうにない・・・

あのとき・・・六芒星の呪縛をつかわなければ・・・

エイオスの魔力があったら・・・




く・・・




エチュード・アンセム:



残念ね。



この程度なんて・・・



お姉さん、ガッカリよ。

もういいわ。


白龍・・・やってしまいなさい。





白龍は口にエネルギーを集中させた・・・





ヒロ:



・・・・・




なんてエネルギー・・・・




みんな・・・すまない。







【ギルド・ユグドラシル】





秘宝探偵ゆーたんのブログ


はあ・・・はあ・・・





もはや、立っているのはジョリリ一人であった。



ユグドラシルのメンバーはもはや満身創痍状態。




かろうじて白と黒の竜人は倒すことができたものの・・・



デウス1人にほぼ壊滅状態になってしまったのだ。







秘宝探偵ゆーたんのブログ


ジョリリさん・・・



無茶だ・・・




ううう・・・・パタリ







秘宝探偵ゆーたんのブログ


「よくやった・・・とほめておこう。」




「だが・・・ここで終わりだ。」






秘宝探偵ゆーたんのブログ


・・・・




・・・・




アレにかけてみよう。




すべてのリュカオンをよ・・・




おいらに力を・・・







秘宝探偵ゆーたんのブログ

ナンバー1:



ナンバーゼロ・・・・頑張って・・・



秘宝探偵ゆーたんのブログ



アレックス:



ジョリさん!ファイト!!




すべての生きとし生けるリュカオンの力が、ジョリリの手に集中した。






秘宝探偵ゆーたんのブログ


リュカオン流奥義



「白き神獣の閃光(ゴッドリュカオンブレイク!)






白き閃光が、デウスを包む!!






デウス:




な・・・・なんだと??






ぬおおおおお・・・・・・・・・・・




デウスの周りは地面ごと消滅した。








ジョリリ:




・・・・・はっ・・・・




みんな・・・・





無事みたいだね・・・・




やったよ・・・・



もう、手が動かないや・・・


みんな、大丈夫かぁ?


ジョリリはギルドの方へ振り向いた。






チュン!!





ジョリリ:



!!!





ジョリリの胸を光の矢が貫く。




ジョリリ:



あ・・・・あれをくらって・・・




無傷だと・・・・?






秘宝探偵ゆーたんのブログ



紙吹雪:




じょ・・・ジョリリさん・・・・思い出した・・・



ダメなんだ・・・・あいつは・・・



聖騎士は聖騎士でないと倒せない。



精霊の加護がある限り・・・・ううう・・・






秘宝探偵ゆーたんのブログ



ジョリリ:



ここまでのようだね・・・



もう、だめだわ。




秘宝探偵ゆーたんのブログ


デウス:



なかなか面白かったぞ・・・



ここまでの絆。

我々の時代にうぬらがいたら、わしも闇に落ちてはいなかったかもしれぬ・・・



では、さらばだ。




デウスの指先に光が集中する・・・






デウスはジョリリに向けて光を剣の形に代えた・・・   





ジョリリ:




サヨナラ・・・




【北の町】







秘宝探偵ゆーたんのブログ



滅びなさい!!









シュン!



ズバッ




チン




一瞬だった。



グオォォォォォ!!




龍が断末魔を上げる・・・




白龍が真っ二つになり、なかから、ともちんを拾いあげ、
ヒロの前に剣士が現れる。



ヒロ:




・・・・・




・・・・・




ま・・・まさか・・・・








秘宝探偵ゆーたんのブログ


「どうやら間に合ったみたいだね」




秘宝探偵ゆーたんのブログ


「がはっ」



「ぼ・・・ぼく生きてるの??」






ヒロ:



やすぼん!!!



とも・・・無事だったのか!!



白龍を一撃?






白龍は真っ二つになり、消滅した。







秘宝探偵ゆーたんのブログ
やすぼん

所属:ユグドラシル

ハンターランク:S




ぽこたん!






秘宝探偵ゆーたんのブログ


ぽこたん:



わんわんお!





ぽこたんはものすごいスピードでエチュードを攻撃した。




秘宝探偵ゆーたんのブログ




な・・・・なに・・・・こいつら・・・




白龍を一撃で・・・・



あ・・・・ありえないわ・・・





秘宝探偵ゆーたんのブログ



ぽこたん:




かーーめーーーはーーーめーーー




わんわんお!!!





ぽこたんの手から閃光が放たれる!!






エチュード:




そ・・・・そんな・・・・




私たちが・・・・やられるなんて・・・




エチュードは光とともに消え去った・・・・





秘宝探偵ゆーたんのブログ


やすぼん:



ヒロ、大丈夫だった?




秘宝探偵ゆーたんのブログ



ヒロ:



強すぎる、2人の強さが以前見たものとちがいすぎる!

私はなんとか・・・




そ・・・・そうだ、大変なんだ・・・ユグドラシルが危ない・・・




きっとあっちにはデウスが・・・




やつは聖騎士・・・闇に落ちた聖騎士・・・・



はやく助けにいかないと・・・みんなが・・・








秘宝探偵ゆーたんのブログ


大丈夫だお。





ヒロ:


どうしてですか?すぐに助けに・・・






秘宝探偵ゆーたんのブログ

やすぼん:



大丈夫です。



あっちには、彼がいってますから・・・



ユグトラシル最強の彼がね・・・










【同時刻・ユグドラシル前】










秘宝探偵ゆーたんのブログ




あ・・・・・あ・・・・・

あなたは・・・・































秘宝探偵ゆーたんのブログ










マスター!!












続く。






































PR
いいね!した人  |  コメント(5)

[PR]気になるキーワード