悠人・しのぶの俳句日記

つれづれなるまま四季の言葉の散歩道…俳句と詩と音楽と…

NEW !
テーマ:
投稿写真

#彼岸花

居酒屋の提灯畳み彼岸花

近所の居酒屋が店を畳んだ。
先日、こちらの老夫婦が散歩していた。
亭主が、俺の気力が失せちゃってよ・・・
と言った。
女将さんは名札をつけてバッグに鈴を提げていた。

そういうことなんだって思った。

#居酒屋 #老夫婦 #名札 #鈴 #俳句


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

先のブログ句会、申し遅れましたが兼題「月」は、このブログでもコメントの応酬をした悠氏の提案でした。

さて、自分の句について「自句自戒」を致します。

 

待宵や仏に供ふ海老せんべい  3点

秋の夜の眼裏(まなうら)に描く見えないもの  1点

人も地も血に飢え渇き曼珠沙華  0点

 

今回は「月」がテーマだったので、1句は「月」でと考えました。

「月」を使って「(や)切れ+名詞止め」が一番定番的な句ができると考え、過去の「記憶の引き出し」を探していたら、祖母が亡祖父の好きだった「海老せんべい」をよく仏壇に供えていたのを思い出し、そこからの製作になったのですが、自分の俳句は次の世界、物語への扉ということから、次に続くストーリーを描けなければ…と考え、季語に「待宵=十四夜」を置くことで、奇特な寡婦像を描こうということにしました。

毎日、仏壇に何かしら必ず供えるとしたら…十四夜に亡夫の好物を供え、『お父さん、明日は中秋の名月ですよ。明日は上新粉を買ってきてお団子でも作りますね。今日は、お父さんの好きなこれで…』といった物語まで描ければと思ったわけです。

 

2句目、ちょっと気負い過ぎたように思います。

この思考に至る前に、五次元とか現実には見えない世界を考えていたので、その辺りを攻めてみようと挑戦したわけです。で、元句は…

秋の夜や眼裏(まなうら)に描く見えぬもの

としたのですが、「(や)切れ」を使うと文法上、文語にしなければなりません。それで「見えぬもの」としたのですが、これだとただの禅問答のようになってしまいます。

それで、

見えないもの=大切なもの

見えないもの=永遠なもの

というサン=テグジュペリの「星の王子様」に出てくる言葉に辿り着きました。

秋の夜、目蓋を閉じてそこに何かしらを感じよう…という世界観を描こうとしたわけです。

ただ、点があまり入らない、第三者からの評価を考えますと、まだ言葉がこねられてなかったようです。「秋の夜」という漠然と大きい季語を据えるより、「銀漢=天の川」のような、「見えるもの」を置いた方が更に「見えないもの」の世界観が広がるように感じました。

芭蕉も『奥の細道』などで句座を囲んだときと、その後の定本とでは、句の表現が少し変るというのは多々あります。このように俳句は句会から再スタートして更なる言葉の推敲を行うことができるので、皆さんもそのようにこの句会を有意義に使って頂けたら嬉しく思います。

 

3句目は、最近のニュース天候不順~災害を考えたとき、この句に至りました。

曼珠沙華が美しいのは、その赤が映えるのは…その下に人命という犠牲がある…梶井基次郎の『桜の木の下には』と同じ要領です。

 

とにかく、皆さんの句を受け付けてから自分が作句すると当然ながら何かしらのインスパイアを受けるだろうと考えたので、先に作ったものをそのまま提出させて頂きました。全部「(や)切れ+名詞止め」になったら句が揃ったときにバラエティ感に欠けるかもと…余計な心配をしましたが、無用でしたね(笑)

こんな「自句自戒」を書くのも、今後の皆さんの作句に何かしらヒントが出せたらと思ってのことです。どうぞご一考ください。

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

それでは結果発表に参ります。

【5点句】

11.名月や眠る漁村の低き屋根  マミーエリ

23.望月や子守の唄は島言葉   マミーエリ

【4点句】

8.満月や三人分の厨事        モニカ

14.三日月やままごとつづく辻の夕  ゆみこ

【3点句】

5.月光や威厳増したり法観寺    みなみ

7.名月や母ひとり住む一軒家    まどん

20.待宵や仏に供ふ海老せんべい  悠人

【2点句】

18.望月やひとのかたちの深海魚  ゆみこ

19.満月や伸びたる影の八頭身    ねこじゃらし

21.月白や病後の兄が弾くピアノ   みなみ

25.二人居て一番高いところに月   モニカ

31.秋暑し手押しポンプの赤き錆   ねこじゃらし

【1点句】

1.舟隠し跡をとどめず秋月光     浩洋子

2.満月や金渺々と南中す        享仙

4.名月やテラスに並ぶ椅子ふたつ  ねこじゃらし

6.秋の夜の眼裏に描く見えないもの 悠人

10.名月や更地の隅に猫の影     ショウちゃん

12.月光や扉より弦楽三重奏      まどん

13.月光の草の陰から機械音     浩洋子

17.満月やセピア色なる山の肌    まどん

22.明月や風静まりて涅槃経      昊山人

29.良夜かな伽藍に一切身を臥し   昊山人

【選外】

3.満月の見下ろす闇に吾ひとり

9.望の夜や黝きハーレー・ダヴィドソン

15.仲秋や齢の松に月明かし

16.名月や更地隅なく照らしおり

24.望月や誉めなすと声(ごえ)門並に

26.白靴や猛追かわし今ゴール

27.名月の城壁に小さき影と影

28.人も地も血に飢え渇き曼珠沙華

30.満月を過る伊丹発最終便

32.初秋や田畑に渡る風の道

 

因みに司会者、悠人は…

20…3点

6…1点

28…0点、でした(笑)

 

上記に司会者選を入れておりませんので(司会者は当初から進行上、作者名を知ってしまっているため)司会者選と評を下記します。

 

1.舟隠し跡をとどめず秋月光 浩洋子

…作者は、瀬戸内の海を知っておられるなと一読思いました。

瀬戸内の月に照らされた穏やかな海は水鏡となってそれが海に浮かぶものを隠します。

「秋月光」でこだわっておられるようですが、季重なりになるので「月夜かな」で如何でしょうか?

 

5.月光や威厳増したり法観寺 みなみ

…これは型1をきちんと飲み込んでいての作ですね。

月光に照らされていよいよ威厳を増した寺の姿が一読眼裏に広がりました。

 

18.望月やひとのかたちの深海魚 ゆみこ

…望月というからには、月の充ち満ちた様がよく見える夜です。

作者は海辺にいるのでしょうか?月の中の陰影まではっきりと見え、そこから深海の生物のことまで思いを膨らませた…そんな風に読みました。月は海の干満にも影響します。そんな広がりのある句と感じました。

 

23.望月や子守の唄は島言葉 マミーエリ

…これもまた沖縄ならではの海の上に望月が燦々と輝くさまですね。

島言葉の子守唄、やはりここに味があります。質感があります。文句なし…ですね。

 

これ以外の気になった句について簡単に記します。

 

2.満月や金渺々と南中す 享仙 

…これも一物句として「満月」のみを詠んだ非常に綺麗な景でした。

 

8.満月や三人分の厨事 モニカ

25.二人居て一番高いところに月 モニカ

…モニカさんの句を2つ並べたのには訳があります。上は「3」という数字、下は「2」という数字が上手に使われています。厨事が3人分というのは程よく片付けて十五夜を楽しもうという感がよく出ていると思いました。そして

「3」は三方であったり、月見団子を重ねた形「正三角形」であったりを連想しました。それに対し、下の句は2人の並列の頂点に「月」という「二等辺三角形」の形…数学的な計算された美しさを2句に思いました。

 

9.望の夜や黝きハーレー・ダヴィドソン 昊山人

…望月の夜、黝いハーレー・ダヴィドソンを走らせている。ただそれだけなんだが、ハーレーの低いエンジン音やライトの明り、青黒く光るボディ…果ては…勝手な想像だが奥田民生の“イージー・ライダー”のメロディまで浮かんでくる…そんな句だと思いました。

 

10.名月や更地の隅に猫の影 ショウちゃん

…「月」と「猫」は非常に似つかわしいテーマです。ただ「影」が少々弱かったでしょうか…?

月夜に猫の集会…みたいにしたらもっと物語性が出るのでは…というのが個人的感想です。

もしくは、「更地の隅に青き猫」として朔太郎の詩の猫を連想させるのも手かと思いました。

 

26.白靴や猛追かわし今ゴール みなみ

…斬新なんですよね、「白靴」の使い方が。「運動会」と言わずに「白靴」だけで表現されたところに工夫の素晴らしさを見出した気がします。ただ点が入らなかったのは、言葉がまだ少しこなれてないかと…そんな感じです。

 

31.秋暑し手押しポンプの赤き錆 ねこじゃらし​

…ねこじゃらしさんの句材、自分とかなり似てるんです。もの凄く親近感のようなものを覚えました。自分はポンプの錆で「野分あと」で句作したのですが、そんな視点が気に入りました。

 

今回の句会参加者11名うち選への参加11名、一般選3名でした。

計47票(司会者除く)

 

以上で今句会の閉会と致しますが、俳句は個々の方々の個性です。

点が入った入らなかったで一喜一憂するよりもご自身の感性を更に磨く場に、この場を使って頂けたら嬉しく存じます。

また、俳句はデッサンです。一本の線で一回で綺麗に形を捉える方もいれば、何度も線を描きながら、最後に決まった線に辿り着く人もいます。

そんなことを自分自身、再度学ばせて頂きました。

コメントを後ほど公開します。

とても丁寧なコメントも頂き、皆さまの真摯な姿勢に感謝しております。

改めて句会は参加者が作るもの…ということを教えて頂きました。

個々の皆さまのご参加に深く御礼申し上げます。

 

次号で自句自解(自戒)します。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(1)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。