(´・ω・`)イラストを描かせていただいた舞台「覚醒ノスタルジック」を観てきました!

☆以下、完全ネタバレの感想ですので、お気をつけください!







{0CA430B8-42B1-4AEC-AB42-827C53F2EE20}

ダブルキャスト、覚チームと醒チームの両方を観てきました(^^)
今回も超エンタメの面白い舞台でした!
{63439442-2DC9-4B45-B2C4-2E3543BBB6EA}

{F033BFAB-1C72-4152-A8A2-A04D7885A1C9}


今回個人的にすごいなと思ったのが、構成的なもので
一見入り組んでるようでいて、実はシンプルな構成。

マンガの中の世界と、現実の世界。そして主人公の漫画家の秘密が複線で散りばめられて(2回観ると特によくわかる)終わり方もすごくわかりやすかったです。

マンガの世界のキャラクター達がたくさん出てきて、わかりにくくなるかと思いきや、「マンガの世界の話」としてくくられてるので、歌やダンスや色んなマンガの典型ネタなどたくさん出てきても観ていて理解がしやすかった。現実パートもシンプルだったし。

わかりやすい照明によるマンガ世界への導入や、大友さんによるナレーション(笑)で、はい、ここからマンガ世界!(^^)となってそこからシンプルに楽しめる。
鉄平さんすごいなー!と思いました(^^)

マンガのお話も、終わるところの引きがうまくて、次が見たい!と思わせられて、週刊漫画雑誌を見てるみたいで楽しかったです。
好きな引きのシーンはやっぱり「あたし達はポッピングエモ!」みたいな見えを切るナーナ・ポップの奈菜さんとリエモの羽倉さんのところで、次のお話が始まるところでもう1回やる!というのが連載ものぽくてよかったです(笑)

最初のエピソードの(そして最後にまた立ち返る決勝エピソードの)アイドルバトルも、ベタだけど少年マンガ的でけっこうわくわくできてよかったし、何より本編を通してフィーチャーされる「DAYS」がすごく存在感を放っていて、これによって現実世界もマンガ世界も繋げて、しかも秘密にも繋がってるみたいな一体感と、全て終わったあとに「あー「DAYS」よかったなー!」みたいな余韻も感じられて、実はここがこれまでのO-keyの舞台と違うところかな、と思いました。

ポッピングエモと「DAYS」の存在感はやっぱりでかかったですね。(しかもポッピングエモは実際のアイドルだから現実にライブに行けちゃうし!(^^))

あと実は3組のアイドルとプラスして、アイドルオタの面々の盛り上げがけっこうでかかった気がしました。あれがしょぼかったらアイドルのライブ会場に来てる感じが全然出なくて、観てる方も引き込まれないですから。あそこら辺は周作さんや千寿さん、主税さんのはじけ方が特に光ってたなー!と思いました。

ドルオタやアイドルのマンガパートの面々は実は現実のパートで、同窓会のところで出てきていて、主人公が絡まれて、実はそれが気になっていて夢的なマンガ世界に登場した、んだろうなと推測します(笑)

主人公役はすごくむつかしそうな役でしたけど、仲井真さんの佇まいは悩むマンガ家と天才ミュ〇〇シャンのどっちもありえそう!と感じさせていて、しかも実際歌も上手いという(笑)ピッタリな役だったなあ!と感じました。

今回特に印象に残ったのは(と言っても役者さん全員よかったんですが)悔しいけど大友さん(笑)のナレーションや、犬「ク~ンク~ン」は最高!(笑)鉄平さんが嶋田さんのお腹に週刊少年マガジソ(笑)をぼふっとやって嶋田さんが「うっ」となるところはもう爆笑。

佐倉さんも絶望エクスチェンジでもギャップ笑い(綺麗なのに、色々やっちゃう系)がキレキレでしたけど覚醒でもキレキレでした(笑)嶋田さんとの絡み最高!

あと主税さんのピーターパンも良くて(笑)セリフがないで去る!というのがとてもグッドでした!(笑)

野田さんは今回はかっこいい印象が強かったですけど、何気に、公演が始まる前の安田さんの録音ナレーションに会場内でツッコミを入れてお客さんを和ませるというのがすごくよかったです(笑)(そこか!)

アイドルチームもすごく華やかで、ポッピングエモは本職なので当然!存在感すごくてDAYSの熱唱シーンとかはすごくよかったです!お二人はダンスももちろんだけど、全身で表現してるのが伝わるし特に奈菜さんは表情とかでも精一杯が伝わってきて感動しました。

個人的な推しは梨花子さんで、毎回思うけどこの方はほんとすごいなと。なんでテレビの一線で出てないんだろ?と不思議に思うくらいの存在感で、特に今回は出番が多くてダンスも素晴らしかったです。存在感ではエルサさんの攻めた衣装と用田さんのヒール的な存在感が光ってました。二人のミーもすごかった(笑)村田さんもパンチがあったし(ほんとに初めての舞台なのか!(笑))重富さんもメイクすごかった(笑)(はじけ方もすごかった(笑))去って行きながら「アイです」「マイです」「ミーです」は2回とも笑いました(笑)
あ、笑ったと言えば太郎さんが爽やかな笑顔で痴漢した告白してたのも笑ったなー!(^^)(笑)そうそう狐塚さんと太郎さんのカップルも笑いました(笑)

今回すごくよかったのがラジオブースで、アクセントになってたです。鉄平さんは本職だからもう、実際こんな感じでやってるんだろうなーみたいな感じで(あ、そういえば昔ゲストで出させていただいたんだっけ(笑))声も通ってもちろん最高なんですけど、アシスタントのミカサ役が佐久間さんも怜奈さんもどちらもはまってました(^^)特に個人的には怜奈さんがほんとにこういうアシスタントしてそう!という自然な感じでよかったです。

安田さんは安定の実力で、今回もほんとに笑わせてもらいました。「マンガ読んでないんだよねー」みたいなセリフがあって、実はMaxの後輩のマンガ家の担当も、本当にマンガ読んでない担当がついてしまって相当怒ってたのを懐かしく思い出しました(笑)

いやもうほんとキャストの皆さんほんとよかったです!全員語れなくてすみません(笑)うわ、とりとめのない文になってしまいました(^^;

とにかくめくるめく世界でした!(^^)ありがとうございました!これは再演あっていい作品だなあー

{5E01BAB3-58CC-4798-98B3-EFA6F86A5751}

Max







AD

覚醒ノスタルジック

テーマ:
(´・ω・`)どうもどうもお久しぶりです!
ブログの方さっぱりご無沙汰になっちゃいました!(笑)そうこうしてるうちにUQ HOLDER!がアニメ化して最終回終わっちゃいましたよ(笑)

そんなわけで(?)久々ですがブログです(^^)

(´・ω・`)1月後半にあるO-keyの舞台「覚醒ノスタルジック」のフライヤーイラストを描かせていただきました!
{AF82722E-73DB-4490-966F-BFFD7689A764}

{B1DB79D1-E888-412B-89C4-3C13196611F6}

坂田鉄平さんのつくる舞台は相当面白いのでよかったらぜひ!(^^)
{AEC48BD3-69A4-4CD1-ADBF-47BD59FB6384}

{287A0150-96D5-41DE-A817-12BBF750C532}


Max
AD
(´・ω・`)フライヤーイラストを描かせていただいた、O-keyプロデュース舞台「逆鱗ディストラクションを観劇してきました!(^^)
ダブルキャストの逆チーム鱗チーム両方を観てきました。
{EA3E3436-B9C0-4B3D-9724-86A959B55F28}
今回もやっぱり面白い舞台でした!(^^)


あ、ネタバレ注意!ということでよろしくお願いします(笑)





今回は、時間を行き来する舞台で、ドラえもんやらタイムパトロールボンとかが好きなMaxには楽しみな舞台でした(笑)今回のキャストは、これまでのO-keyシリーズの中でも選りすぐりのキャストを集めた神回だったように思います。(個人的な感想です)

飛び道具としてバツグンの破壊力を誇る、野田博史さん演じる刑事・神崎の「右足!左足!」で始まる超絶ボケはいつ見ても最高で、全く惚れ惚れしてしまいます。安定感半端なし!(笑)

同じく飛び道具?(笑)の大友利隆さん演じる五十嵐は、いつもよりは飛び道具的な場面は少なかったものの、見に行ったのが千秋楽だったため、声がカスカスで出ないハプニング(笑)を完全に笑いに変えてくれて、逆に得した気分でした(笑)((^^)お大事になさってくださいね)

そして中盤主役の安田裕さん演じる春樹と、加納和可子さん演じるまり絵のラブストーリーは圧巻でした。

中盤と言っても、タイムリープものなので、まり絵は時間軸を変えてはじめの方から終わりまでちょいちょい出てくるんですが、(なので今回はまり絵と春樹の話と言ってもいいです)このお2人の演技がまた凄くて、安田さんの、全身全霊で感情を吐き出すような演技には「すごいな…!」と思わず鳥肌。

そして今回久しぶりにO-keyの舞台に帰ってきた加納和可子さんは、朴訥な、でも才能溢れる女子大生の役から転じて大迫力かつユーモラスな大物デザイナーに成長した姿まで、幅のある難しい役柄を見事に演じられてました。もう大好き。前半では会場を笑いの渦に巻き込んでましたし、後半ではほろっと来るシチュエーションを作られていました。

ネタバレですが、春樹と話していたブランド名「ハルマリ」が出てきた時にはジーンと来てました。脚本もうまいなー。その時には大物から昔の純粋な頃に一瞬戻って呟くのも本当に良かったです。

感動シーンは春樹と作り上げてましたが、コミカル部門ではまり絵は嶋田真さんとのタッグで前半盛り上げていて、会場はドッカンドッカン受けてました。相撲レスラーと両国がちょっと近い感じ、という小ネタで超爆笑する、延々と爆笑し続ける!という力技で、こっちも笑い転げちゃうのです(笑)

他にも、天才科学者社長の一ノ瀬を演じた天野翔太さんも安定の迫力。この方は聞き取りやすいセリフ回しと、安心して見ていられる演技力が魅力ですね。

刑事で、後半の2人兄妹の父親役の仲井真徹さんは、ダンスもキレキレ、演技も迫力、アクションOKのすごい方で、今回もしなやかな動きを堪能させて貰いました。
あーほんとは全員語りたいんですが!八神役の宮寺貴也さんは、あの、髪の毛大爆発!で超爆笑!(毎回きちんと爆発する。なぜ??(笑))雛子役の小林智絵さんは、兄の陣之助役の新田健太さんと、未来から2019年にやって来てひたすら一緒に走り回るんですが、これが意外にもタイムリープ物感を増幅させつつ明るくかわいい感じをふりまいていて、俯瞰して観ると、全体を一つの糸で通してるようで、すごく効果的だった気がしました。

特にパソコンのパスワードを解く所はタイムリープ物の醍醐味を感じました。石田周作さんのトキオも、毎日ネタを変えて爆笑幕間キャラを好演されていたし、用田さん演じる風間の35億も、佐倉さんの「キャザマ!」も、園山梨花子さんの「Party onにバイトいこー!」も、真澄役の松野井雅さんの優しいお姉さんなスーツな感じも、まあとにかく皆さんほんとによかったのです。(ダブルキャストだから人数多くて全員言えなくてすみません。(^^;ダンサーさんも超キレキレで皆さん凄かった!特に今回はララランドなみに(観てないですけど(笑))ダンスシーンが多くてそしてそれが邪魔じゃなく、本筋も全て楽しめたのでよかったです)
{7ECE50AD-FC4F-4BFB-8162-59D7C23C3B90}
全てが終わった時、パズルが皆はまる感じですっきり!という感じで(^^)楽しかったです☆

毎回ですが脚本、演出の坂田鉄平さんの作る物はほんとにすごいなあといつも思います。舞台を作り上げるって大変だなあと思いますね
また次の作品を楽しみにしたいと思います!(^^)





まとまらず。







遠からず。








奇しくも。










図らずも。












伝説の。












(´・ω・`)はい!(笑)


Max



AD