宇宙の音色を伝える☆たかはしゆうこのHappy Clover通信

あなたのココロをひも解く☆星の語り部たかはしゆうこの、星やボイジャータロットやシンギングボウルで宇宙を感じるブログ♪

星が語る、あなただけのストーリーに耳を傾けてみませんか?



Happy Clover たかはしゆうこ



私は心理占星術や、ボイジャータロットなどのツールを使い、


あなたと一緒に、あなたの悩みがどこから来ているのか、


本当の望みはどんなことなのかを、見つめていくセッションをします。



心理占星術では


あなた自身の可能性を星は教えてくれます。


(出生ホロスコープ)


また、あなたが今、どのような時期を生きているのか、


(時期読み)


気になる誰かとの相性


(相性読み)


といったことを読み取ることができます。


占星術を活用した親子の関わり方のヒントも♪


(占星術親子相性)



ボイジャータロットでは


あなたの本当の気持ちや、どうしたいと感じているのか


お話の中から探っていきます。



私達は宇宙に生きているので、


星の流れを無意識に体に受け止めています。


受ける影響をどのように使うかは、あなた次第。


もし、最近モヤモヤすることがある…


どうしてもうまくいかないでもどかしいことがある…


といったお悩みがある方に


星からのヒントや、潜在意識からのメッセージを


お伝えできればと思っています。



2016年11月現在、セッションは


対面・Skypeを中心に行っています。


基本はお話をじっくり伺う、カウンセリングです。


私が使えるツールとしては


・心理占星術+ボイジャータロットセッション


・ボイジャータロットリーディング


・ナインバードカードセラピー


・シンギングボウルセラピー


・シータヒーリング


・ナインバードセルフセラピー講座


などございます。


セッション内容については


こちらをご覧ください。

NEW !
テーマ:

おはようございます!たかはしゆうこです。

さて、あと5サインとなりました

12サインへのラブレターシリーズ

 

今日はそろそろ…アレ、いっとく?

って感じで

恋人。双子座のカードです。

私は金星と土星が双子座。

自分の好きなこと、ワクワクすることで

双子座を体感しているけど

実は双子座の扱うテーマは

土星があるから、ちょっと苦手。

でも、ここを最終的に克服するのが

今生のテーマと言えるでしょう。

 

さて、双子座の人といえば

「おしゃべりで明るい」

というイメージを持っている人

とても多いのではないでしょうか。

 

それは双子座のしくみや神話を

知ってみると、理解できる。

双子座は、とても仲良しな

ポルックスとカストルという双子のおはなし。

牡羊座で生まれて、牡牛座で肉体を持った

私達は、双子座で初めて「言葉」を持ちます。

そして、自分にそっくりな誰かを鏡にして

自分を知ろうとします。

その手段となるのが「コミュニケーション」です。

 

この「コミュニケーション」は、風のエレメント

全てがテーマとして持つのですが

天秤.座が「1対1」

水瓶座が「1対多数の仲間」

であるのに対し、

双子座は、「1対1」ではあるけど

実は、見ているのは「自分自身」。

風は「思考」で「客観的」と言われますが

双子座の世界には、主観と客観が混じり合っていて

自分との類似性、自分との違いの両方を

双子座は相手の中に見つけます。

 

ここで大事なのは、違いばかりだと

双子座の「好奇心」は失せてしまう。

自分とどこか似ている!と感じるところがあるからこそ

自分との違いに気づいた時、

「自分」というものを発見していくのです。

 

あと、双子座が迷いやすいのは

3区分が柔軟だから、というのもありますが

自分の中に常に選択肢がたくさんある。

これ!と好奇心を持ったものに対しては

どんどん情報を集めてくることができるから。

そして、自分の中に2人の自分がいて

そこでせめぎ合っている時もある。

ねえ、どっちにするー?みたいに。

 

双子座の支配星は「水星」

コミュニケーションの星でもあり、

知性の星でもある。

水星は乙女座も支配星で

どちらも「新しいことを覚える=新しい神経を作る」

だから、双子座も乙女座もとても神経質な面があり

デリケートで傷つきやすいところがあります。

双子座は、より良い考えを日常に降ろす

乙女座は、心の底から人の役に立つために、

具体的なスキルを持ち、磨く

この違いがあります。

 

双子座は、明るく見えるのだけど

自分の中でたくさん感じていることを

そのまま出すことができないのです。

自分の中に湧きあがる「感情」すら

「それは正しくない」とジャッジしがちで

弱さや本音を見せることはできません。

 

しかも、情報をたくさん集めてくることができる

この敏感な神経は、時にオーバーヒートして

思考の暴走になります。

何が正しいのか、迷ってしまうのです。

そうすると、ネガティブキャンペーンが始まる。

でも外には見せられない。

カッコ悪いから。

 

リマーナすず先生が、

椎名誠さん(双子座オーバーロード)について

こんな記事も書かれていたのでご紹介しますね。

この中の藤原新也氏の

「人は情報で病む」

の部分が、とても双子座の理解に役立ちます。

 

たくさんの情報を拾ってきて、混乱すると

急に毒舌になったり

自分勝手な正しさを押し付けたりしてきます。

これは、全部自分の混乱を隠すため、です。

 

本来、双子座は

「知りたい」という好奇心から

たくさん情報を集めに行く、という

小さな冒険をしに出かけます。

知らないことを知る、というのは

それを取りに行くフットワークの軽さも必要ですし

敏感なアンテナを立てておく必要もあります。

でも、それが裏目に出てしまった時は

自分の中がもう、どれが正しくてどれが間違いか

全く分からなくなってしまって

思考がグルグルしてしまう。

そうなると、双子座はとても弱くなります。

弱くてよりどころもなくて、つらいから

向かい側の射手座に逃げ込みます。

射手座はフィールドワークを通じての

哲学を持っています。

この「真理という正しさ」に頼ろうとして

結果、自分の正しさを押し通す

残念な双子座が出来上がります…

 

関口シュン先生は

「人の話を聞こう」

と仰っていました。

双子座は、自分の興味あることを

ずっとしゃべってはいるけど

相手の話を、実は聞いていないところがある。

頭の回転が速いので、相手がこれから何と言うか

予測もついてしまう。

だけど、その「しゃべりたい」「分かってる」を

あえて封印して、きちんと相手の話に耳を傾ける。

そこから「真実の分かち合い」を見つける。

 

双子座のテーマは「I think.」

私は考える。

「I choice.」というのも書いてあることがあり

なるほど!と思いました。

考え、多様な選択肢の中から、選び取る。

これが双子座のテーマなのですね。

とにかく頭の回転の速さといったらすごいです。

だから、双子座の話は本当に面白いことが多いです。

関口シュン先生の講座も、5時間飽きずに聴けるのは

話がとても面白くて、理路整然としているから。

好き嫌いで12サインの扱いを変えたりせず

全部のいいところと悪いところを

分かりやすく伝えてくれる。

情報量はハンパないけど、こうして受講した人が

いろんな形でまとめても、全部が同じにならないところも

さすが、関口先生!と感じます。

双子座は、「考える」ことが得意ですが、

そこに自分の正しさを追求するのではなく

「多様な真実」に目を向けることではないかなと思います。

それぞれの人の中に「真実」がある。

心理学でもよく「真実はひとつじゃない」と言われますが

それを情報として拾い上げ、別の視点をもたらす。

これが双子座の「考える」であり「選択」です。

 

シュタイナーの12感覚では

双子座は「言語感覚」です。

上位感覚のひとつ。

これは「構成する力、秩序をもたらす力」

私達は、言語コミュニケーションと

非言語コミュニケーションの両方を使って

目の前の人とコミュニケーションを取っています。

シュタイナーの「言語感覚」は

「聴覚」だけでは理解することはできません。

「言葉」を理解した上で、ようやく言語感覚は

身につけることができるのです。

そして、言語感覚は「運動感覚」を培うことで

ようやく育つことができると言われています。

 

さて、彼らへのラブレター♪

今日もリクエストで。

まずはYMOつながりのラスト

高橋幸宏さん

最初に目に留まるのは

双子座の太陽・獅子座の冥王星・天秤座の海王星で

小三角を形成しています。

高橋さんが人生で目指していること、生き甲斐は

夢や理想を乗せて、

徹底的に極めたいという思いがあります。

これが双子座だから

スタイリッシュで、いつも新しく刺激的なものを

表現していきたいということになりますね。

太陽・水星・金星が双子座。

水星と金星には天秤座の土星がトライン。

(太陽土星も取ってもいいかもしれない。

8度近く離れているけど)

高橋幸宏さんは

「繊細」

と表現されることが多いと思うのですが

この双子座の天体群から来ているのかなと。

でも土星だから、迷ったり揺れたりしながらも

形にはしていく、現実には生かしていける。

蠍座に火星と月(度数は分からないけど蠍座は確定)。

柔軟で誰にでも合わせられるようにも見えるけど

自分の意思や集中力、どうしても極めたいことは

ハッキリしていて、それを貫くところがありますね。

YMOの中でも、うちの夫のように

高橋幸宏で持ってた!

と主張する人もいるけれど、やはり坂本さん・細野さんの

個性に比べたら、緩衝剤的な役割、と評する人もいる。

でも、高橋さんのここまでの音楽活動を見ていると

実にいろんな方と組んでいるので、

その辺りはさすが、双子座(柔軟)という感じもします。

また、昔からずば抜けておしゃれだったというエピソードも

双子座の、最新の流行をさっと取り入れるイメージ。

 

特に、今組んでいるという

高橋幸宏&METAFIVE

小山田圭吾やテイ・トウワが参加していて

平均年齢47歳という謎のユニット。

でもメンバーがそうそうたるメンバーだという。

このインタビューを読んでいたら

カリスマであり、年齢も上の世代の高橋が、

年下の5人と、なぜ対等に接していけるのか

と書いてあるけど、高橋さんの場合は

双子座を発揮すれば

どの世代の人達とも、これは新しくていい!

と思ったら、センサーが反応する。

すると、立場や世代を超えて、フランクに

交流することができる。

これが強みですよね。

 

あと釣りのエピソードで

「神経症を患っていて、それを克服するため

釣りを始めたが、今はそれが趣味」

というのがありました。

やはり繊細な神経の持ち主ではあると思います。

出生時間によっては、月-冥王星のアスペクトも

取ると思うので、きちんとご飯食べて寝てますか?

って感じになりやすいです。

特に高橋さん、地のエレメントが木星の1個。

地のエレメントが効いている人は、基本的に

衣食住をないがしろにしないのですが、

地が少なく、双子座が多い人は

しばしば、肉体を置き去りにして思考活動をしがち。

いつまでも若々しく、新鮮で繊細な高橋さんで

活動してほしいので、

ぜひ衣食住を大事に、と思います。

 

次にわれらが、関口シュン先生☆

この写真は星詠み写真家の

野本由美子さんが撮影した写真♪

ゆみさんの写真セッション、とても素敵ですよ!

関口先生の表情も柔らかくていいですよね。

 

関口先生は芸能人ではありませんし

今までのラブレターでも、私は基本的に

その人のエピソードやインタビュー記事のように

公開されている物に関して、

できるだけ、その人自身と照合した形で

ラブレターの相手のことを読ませて頂いていたのですが

関口先生の場合は、プライバシーの侵害にならないよう

「私が感じる関口先生の双子座力」

という切り口で、ラブレターを綴ります。

 

まず、関口先生の双子座力といえば

やはり講座でのトークです。

語彙が豊富で、いろいろな表現方法を

駆使して、すごく楽しく教えて下さいます。

双子座はナチュラルハウスが3ハウスなので

やはり、初めての人にも分かりやすく、

というのがポイントになりますから

私みたいなマニアでヲタクな人でなくても

関口先生のお話なら、初めて聞いても楽しい!

となるでしょう。

また、その場の雰囲気や受講生に合わせて

柔軟に対応を変えていそうなところも

関口先生の得意技ではないかなと感じます。

 

あとは若々しさとフットワークの軽さですね。

今も連続で5時間+3時間の8時間、

講座をされているあのパワー!

それに加え、いつも最新の情報を

ちゃんと盛り込んでくる、トレンドキャッチの速さ。

さすが双子座と思います。

 

それとフランクなところも。

私も初めてお会いした時は

たいそう緊張していましたが

(一応蟹なので…人見知りあります笑)

最初からフレンドリーに話しかけて下さったので

私もホッとできたのです。

 

関口先生の場合は、もうご自身が

占星術を熟知されて、

ペーペーからピカピカに統合もしておられるので

双子座としても、良い面がたくさん現れています。

双子座の方の希望になる!と私は感じます。

これからも、関口先生の叡智に

触れたいと感じる方は多いでしょう。

私も、守破離を意識しながらも

先生から教わる智恵と在り方を大事に

自分なりの道へつなげていけたらと思います。

関口先生、いつもありがとうございます!

 

双子座の人は「人の話を聞こう」

と関口先生が仰った、と書きましたが

これは、相手のニーズを把握した上で

自分の持っている多様な知識の中から、

何を使うか、間引いていくからだそうです。

この人が求めていることは、これだな。

と、ささっと不要な情報を切り捨てて

はい、と相手に提示する。

これは、私は金星が双子座なので

やっているかも!と思います。

ゆうこデータベース活用セッションとか

まさにそういうノリで生まれたもの。)

また、双子座が射手座に逃げ込んでしまうと

本来の自分の輝きを出せなくはなりますが、

双子座が集めてくる「情報」を

本当に、生きた、使えるものにするためには

射手座の「フィールドワークという体験」が必要であり、

乙女座の「五感を通じた確認」も必要であり、

魚座の「多様な人と心を通わせ、感情をオープンにする」

これも必要なのです。

おそらく、双子座がここまで確かめたら、

「情報」は「智恵」になっているはずです。

そうすれば思考に囚われてしまうことは減ります。

 

風のエレメントは、閉塞した状況に

風を呼び込み、新鮮さと軽さをもたらします。

双子座の場合は、呼吸が浅くなってしまうことが多く

そうなると、思考がぐるぐるしがちになるので

深い呼吸をすることを意識してみて下さいね。

双子座は気管支や肺を司っていますから

どちらもストレスの影響をすごく受けやすいのです。

神経が繊細なのですから、たまには自分の好奇心のまま

好きなことをして、満たしてみて下さいね。

 

関口シュン先生講座の双子座は

まゆみさん

Junさん

も、素晴らしくまとめていますよ!

 

*--+--*--+--*--+--*--+--*--+*--+--*--+--*--+--*--+

 

たかはしゆうこの

お申し込み・お問い合わせはこちらから

※2月対面個人セッション、満員御礼です♪

3月はスケジュールまだ出していませんが

既に埋まりつつあります!

 

※勇気づけ単発講座3/7(火)に開催予定。

星のまなびば金星編

3月14日(火)、3月21日(火)

開催決定しました!

それぞれ残席4です。

 

今日も読んで下さいまして感謝です♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

こんばんは!たかはしゆうこです。

今日2本目。

 

昨日、砂羽美佳さんの個人セッション

受けてきました!

 

実は、砂羽美佳さんとは

ママ友つながり

という形で知り合いました。

もう10年前の話になるんですねえ…

しみじみ。

うちの長男と、美佳さんのご長男さんが

1ヶ月半違いくらいで

当時、私も世田谷区に住んでいたので

0歳の時と、4歳か5歳くらいの時、

2回くらいお会いして話したかな?

 

あれから10年…

お互いずいぶん変わったよね☆

 

というか、美佳さんは女性として、

また、起業女子として

本当に素晴らしい方です。

 

私が気軽に「ママ友でーす」

などと言えないような。

 

ずっとメルマガを読ませて頂いていますが

彼女が今まで取り組んできたことが

きちんと、現在の活動に反映しつつ

オリジナルの、素晴らしいツール

 

「情熱発掘」

 

を提供されています。

 

今回、美佳さんに体験セッションを

お願いしよう!と感じたのは、

ほぼ直観ではありますが

 

今の美佳さんのエネルギーを

直接、お会いして感じてみたかったの。

 

美佳さんがメルマガで書かれていることは

とても素敵なことが多くて、

美佳さんの在り方が好きだなと感じていたから。

 

私は、といえば

情熱の源泉はもう「占星術」だと見つけたし

それに向かって行動もできている。

ガイドさんにお尻たたかれてはいるけど…(笑)

 

事前アンケートでも「特に悩みはないんだなー」

と書いたのだけど、

それでも、美佳さんの質問力の高さで

自分がしたいことが、より、明確になる

そんな素晴らしい時間を共有してきました。

 

例えば…

裕子さんが占星術にどんな魅力を感じているか?

裕子さんはこれからどんな人に来てほしいか?

裕子さんのイベントを通じて、何を持ち帰ってほしいか?

など。

 

ここが、「なんとなく」だと、方向性も曖昧になるのよね。

そのポイントをしっかり確認できた。

 

美佳さんが

「裕子さんは、今日、体感という言葉を

何度も使っているけど」

と、伝えてくれたこと。

今、とても重視しているポイント。

 

でも、それは、体感のみが素晴らしい、でもなく、

やはり、智恵・経験・体感

全部、欠けては成り立たないと感じている。

 

思考・肉体(五感)・感情・直観。

これは占星術のエレメントとも呼応しているけど

人によって得意・不得意はあるから

それぞれのバランスはある。

でも、全部必要。

そこをすごく意識していて、

いろんなアプローチを学んでいるところ。

 

どうしてそう感じたのかも、美佳さんに質問されて

より、くっきりと自分の中で輪郭が

浮かび上がりました。

 

あと

「情報」と「知識」と「智恵」

私の中での定義。

「情報」は、そのことについて知ってるだけ。

「知識」は、中身も知ってはいるけど、

その本質を相手に説明できるほどは深くない。

「智恵」は、その人の中で、その知識が

体感と経験を通じて、しっかり形をなしている状態。

 

あくまでも、私の使い分けだから

「知識と知恵」

でもいいんだろうけど。

 

最後に、美佳さんがどんな想いで

今の活動をしているか?

直接聞きたいと思って、尋ねてみたの。

 

その時に、美佳さんが、子育てですごく自分の生き方が変わったこと、

親がモデルになって、子どもは在り方を学ぶ。

だから、まず自分が、情熱の源泉を知り、

時々そこに立ち戻り、 自分を満たして生きていく。

「大人が、自分の人生を責任持って喜びと情熱で生きる」

美佳さんのベースにある大切な軸を、力強く話してくれた。

 

その想いは私も、アプローチは違うけど、同じで。

子ども達のことを考える時、

社会や、学校のシステムに

疑問や改善点も感じるけど、それより

「まず、大人が発達する」

を強く感じている。

 

1人でも多くの大人が、自己否定をやめ、

自分の個性を活かしきって生きる。

 

この話を美佳さんに、直接聞きたかったんだ!

と感じた。

 

メルマガやブログでは読んでいたけど

そのエネルギーを体感できて、魂を揺さぶられた。

 

美佳さん、ありがとう☆

そして、私のことも

「魂のバイブレーションを起こしたいんだね」

と表現してくれて、きっとそうなんだ、

と、自分でも感じることができた。

 

今回、美佳さんのセッションを受けてみて

自分のやりたいことがわからない、

自分の情熱の源泉を発掘してほしい、

という人はぜひ!とオススメしたい。

 

一方的に何かを提供されるのではなく

話を聞きながら、その人の中から

必ず、情熱の源泉を見つけ出してくれる。

美佳さんの、情熱発掘は天職だわ。

しっかり相手にコミットできる能力

これがハンパない!

美佳さんの笑顔が素敵~!

私は風が強くて髪が乱れてる(汗)

 

今朝、美佳さんが

「めっちゃ地に足のついた力強い人に

なってて頼もしかったー!!」

って書いてくれてて嬉しいのだー。

うん、変人の道を突き進みつつも

地に足がついてるのがいいのだ。

私が自分に約束してきた生き方が

手堅くいく女であり、すっとんだ女であるから(笑)

美佳さんありがとうございました♪

 

*--+--*--+--*--+--*--+--*--+*--+--*--+--*--+--*--+

 

たかはしゆうこの

お申し込み・お問い合わせはこちらから

 

今募集中のセッション・講座

【3月お届け】占星術特別セッション 

「春分からの、木星・土星で読む

あなたの2017年~幸運と課題~」※メールでお届け

 

メールリーディング「ボイジャーからのメッセージ」

 

3/2「春分から夏至までの過ごし方~ 

占星術の星の流れと、こよみの養生のお話会」残席2

 

※2月と3月、対面個人セッション、

ほぼ満員御礼です♪

お問い合わせがあった方については

順次対応させて頂いております。

 

※勇気づけ単発講座3/7(火)に開催予定。

8章&11章 どなたでも参加可能です♪

 

星のまなびば金星編

3月14日(火)、3月21日(火)

開催決定しました!

それぞれ残席4です。

 

今日も読んで下さいまして感謝です♪

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは!たかはしゆうこです。

さあ、今日も綴りますよ。

12サインへのラブレターシリーズ

 

今日は昨日の山羊座の真反対にいる

こちらの

戦車、でございます。

これは、蟹座のカード。

私、太陽水星火星が蟹座です。

蟹座ってすごく誤解されていて

「母性あふれる優しい星座」

って思っている人が多いけど、

私はこの「戦車」のカードが

まさに蟹座の本質だと思っています。

 

戦車って前に突き進みますよね。

前に、蟹座の占星術家でもある

石井ゆかりさんの本の帯に

「母性的なんてとんでもない!

誰よりも臆病なくせに

誰よりも、危険な場所に

突っ込んでいく。」

と書かれていて

もう、蟹座の私は激しく同意したのです。

 

関口シュン先生の講座でも

一番笑ったところは

「蟹座は家にいない」

はい、そうなんです。

実はあまり、家にいません。

ちょろちょろ出かけてしまうのです。

もちろん、家が「安心できる居場所」

である蟹座の人は、家が大好き、

という方もいるかもしれないので

一概には言えませんが。

 

蟹座って、三区分では活動なので

動いてナンボの人達なのです。

でもね、どうして動いているかっていうと

「捨てられる恐れから逃れるため」

なのです。

これは、水のエレメントの人は全員持っている、

と関口先生は仰っていましたが

その通りだと思います。

 

水のエレメントの人達は「感情」を大切にします。

相手に共感し、心を通わせたいという願いを

持つのですが、感情をむき出しのままにすると

傷つけられてしまうので、何らかの方法で

守らなくてはなりません。

魚座は守れない(ほぼノーガードで

勝手に流れ込んできてしまう)のですが

その代わり空想へ逃げます。

蟹座は、自分の甲羅で、

蠍座は、毒針で、

自分を守るのです。

 

蟹座がおせっかいを焼き、

せっせと周りの人をお世話したり、

仕切ったりするのは

全部、この

「捨てられる恐怖」

の裏返し。

「あなたのためだから」

と言って、どんどん、相手のするべきことまで

横取りして、ダメンズ作って、

依存関係を作り上げてしまう。

それは、相手がダメなんじゃなくて

蟹座の方が依存させちゃったんです!

しかも、それは本当は「自分の欲望」ですよね。

1人は怖いから、誰かに必要としてほしい。

これ、結局は自分のエゴ以外の何ものでもないです。

(うわー、自分で書いてて刺さるわ…)

 

蟹座は、自分の内側(甲羅の中)と

外側(甲羅の外)の世界では

見せる顔が全く違います。

なぜなら、蟹座の甲羅は、

蟹座自身が持っている

「柔らかくて壊れやすいもの」

を守るためのシステムです。

そのために一生懸命、場を作り、

人を守ろうとするのが蟹座です。

だから、自分が甲羅の中に入れた人には

蟹座はすごく優しく、場の空気を読み、

親しみやすい安心できる場を提供します。

蟹座は自分の甲羅の中に入れた人は

「自分自身」となっているのです。

でも「甲羅の外」だ、いわば、自分にとって

好ましくないもの、排除したいもの、

と見なしたものに対しては

例え、血縁関係があろうと、

徹底的に冷たくできるのも、また、蟹座です。

この「好き嫌い」の判断基準は

「感情」に他ならないので

一定の基準もありませんし、

まさに「気分次第」とも言えます。

蟹座の支配星は月。

お月様のようにコロコロ形が変わる

そんな基準で、自分の内側と外側を

判断しているので、他の人から見たら

意味不明なこともあるでしょう。

実際、正義感の強い牡羊座から

「それはおかしいと思う」と突っ込まれたり

バランスや公平性を重んじる天秤座から

「ひいきしないで、みんなと仲良く」と言われたり。

でも、ペーペーの蟹座は、

この「好き嫌い」のベースになっている

「感情」という不安定なものを

自分でも、持て余しているのです。

だから、すごく優しかったかと思えば

突然、激流のような感情の波を爆発させて

周囲をとても驚かせることがあります。

 

これ…私、本当に若い頃に

いっぱい、身に覚えがあってショボーン

いつも不安でいっぱいだから

周りの人に一生懸命尽くしてお世話して

本当は、自分が守ってほしいと思ってるのに

一生懸命、みんなを守ろうとして

できなかったり、とても悲しいことや許せないことを

してしまう人がでてきたりすると、もう我慢できなくて

大爆発&激流

になってしまうのです…。

私は、そういう自分をとっても恥じて

月星座である、山羊座に逃げ込んで

「大人で理性的(感情にはドライ)であること」

を目指していたことがあります。

もう、感情的な自分はこりごり!と

自分の感情自体をまるごと否定していました。

 

でも、これだと、蟹座の良いところも消えます。

私の月星座がいくら、山羊座だったとしても

私が目指すところは太陽の蟹座なのですから、

蟹を否定して山羊をやっていたところで

統合は起きていかず、心理的な成長もなく、

ペーペーの蟹座のまま、

ダメンズメーカーで不安から人のお世話をして

共依存になる、残念な人生を送ることになる。

 

そんなの嫌だー!

と思って、自分の「感情」と

自分が、まっすぐに向き合うようになってから、です。

私が、蟹座としてちょっとだけ、成長できてるかな?

と思えるようになり、

蟹座も悪くないじゃん、と感じるようになったのは。

 

まず、蟹座は好き嫌いがあってもいい。

これを変に、「公平でいこうね!」と

天秤座の真似(蟹座は模倣が得意です♪)して

みんなとバランスとって、スマートに…

蟹座にとって、天秤座って憧れだからねえ。

でも、そうしようとすると、蟹座の本質が死にます。

自分の中の好き嫌いを認めて、

嫌なものは嫌でいいのです。

魚座みたいに全部がつながっている大きな愛とか

そういうのは目指さなくていいのです。

そして、相手を守るために自分の感情を我慢せず

まずは、自分で自分の面倒を見る。

関口シュン先生が講座で教えて下さった

この言葉が、とても心に響きました。

蟹座は、捨てられる不安から人の面倒を見る、

と上で書きましたが

その不安や心配、怖れと

まず自分自身が向き合うということです。

「怖いんだね。不安なんだね。」と。

それを人のお世話で解消しようとするから

おかしなことになっちゃうだけの話。

 

蟹座が作るべきは

自分の心のよりどころ。

自分が落ち着ける、還れる場所。

ここ、とっても重要です!

 

そのためには、次の獅子座の

勇気を取り入れていけるといいのでしょう。

自分と向き合う勇気。

自分が面倒を見たい相手をゴールに向かわせる勇気。

 

自分が一方的に面倒を見るのではなく

守ったり、守られたりする相互的な関係性。

これを、自分の小さな安心できるコミュニティで

共感しながらしていけるようになるのが

蟹座が本来、目指していきたい世界なのです。

 

蟹座のテーマは「I feel.」

私は感じる。

感受性の塊みたいな蟹座なのです。

だから、「気分」に左右されます。

これはもう、仕方ないことなのです。

周りの人も、蟹座を理詰めで説得しよう、

と考えるのは諦めましょう。

蟹の人達は「私が嫌だって言ってんだからダメ!」

って言って来ると思います。

面倒くさいと思うかもしれないけど

そのうち気分が変わるかもしれないので…。

そして、蟹座の人達も、そういう「気分」で動く自分を

まるごと認め、まあ、しょうがないかな。

と受け容れることです。

これを、下手に感情を抑えようとしたり

我慢したりすると、上の

大爆発&激流

で、そのうち、周りも巻き込んで

もっと大迷惑なことになりますから…。

 

シュタイナーの12感覚では

蟹座は「聴覚」です。

上位感覚のひとつになっているので

14歳以降に育つ感覚です。

これは「内側を聴く」ということなのだそうで

視覚と対照的なのですが

視覚は外界のものを見にいくが

聴覚は、自分を横に置いて、他のものや

他の人間の中に入っていくことだと。

シュタイナー教育が「静けさ」を大事にするのは

この「聴覚」という感覚が、とても微細で

「耳を澄ます」ことは、任せたり、委ねたりすることができる。

と書かれていました。

今、倍音とかトーニングが大好きな私

蟹座の聴覚を使おう、感じようとしているのかもしれません。

 

さて、彼らへのラブレター♪

今日もリクエストで。

まずは昨日の教授からのYMOつながりで

細野晴臣さん

月の度数にもよりますが

太陽・月・木星で

綺麗な水のグランドトラインがあります。

細野さんといえば

はっぴいえんど

ティン・パン・アレー

YMO

とユニットやグループ活動をされて、

ソロアーティストとしても活躍されてきた

まさに、日本の音楽シーンに

常に新しい風を吹き込んできた方。

でも、この方のベースになっているのは

水のグランドトラインにある

「感情」の交流、共感なのだな、と感じました。

 

この、大滝詠一さんとのエピソード

にあるように、エイプリル・フール結成や

はっぴいえんど結成の時には

自分と気の合う人と頻繁に行き来して

自分の世界を深めていったのだと思います。

でも、蟹座は自分の内側と外側が

とってもハッキリしていますし

細野さんの場合は、水のグランドトラインで

月が魚座ですから、自分と思いが合わなくなると

もう一緒にはいられない、というのがありそうです。

これが風だったりすると、まあそれはそれとして

仕事ではやっていく、という

割り切りができるんですけどね。

細野さんは太陽・水星・金星蟹座ですから

「自分の好きな人で周りを固めて

その中で仲良くやっていきたい」

という思いは強いのではないでしょうか。

なので、グループという形態より

ソロで誰かと組む、という方が合っているのかも。

YMO時代の話を読んでいても

やっぱり双子座の高橋幸宏さんが

蟹座の細野晴臣さんと、山羊座の坂本龍一さんの

リーダーシップどっちが取るの?

の調整をしている図式が浮かびます。

そうなんですよね。3区分の活動同士は

行動パターンが同じだけど

価値観が違うから、結構ぶつかるんです。

そこを柔軟の高橋さんが取り持っていたんでしょう。

 

ただ、細野さん自身も火星が双子座で

獅子座の土星・冥王星、天秤座の海王星と

小三角を形成しています。

これらの星のコンビネーションですから

扱いはかなり難しく…

若い頃はいろいろ大変だったのだろうと

予想されますが、細野さんが自分の情熱を

イメージをどんどん膨らませながらも

きちんと形にしたり、でも、もう合わないと思ったら

スパッと切ったりして、いつも最新の、スタイリッシュな

音楽を提供してきたのは、ここがあるからかも。

と思います。

 

あと、細野晴臣さんといえば

スーパーゼビウスをはじめとした

ゲームミュージック!

ファミコン世代の人は一度は聴いたことある。

でも、間違ってはいけないのは

これは「プロデュース」で、作曲じゃないということね。

こちらの記事を読んでもらえると分かりますが

細野さん自身がゼビウスのファンで

話の流れから、ゲーム音楽をアルバムとして

リリースする際にアレンジを頼まれた

というのが正しいようです。

 

次に山本正之さん

今日のお2人、どちらも

太陽蟹座、月魚座

が共通しています!

この方からのリクエストだけど

そのタイプがお好きなのかも♪

太陽蟹座、月魚座といえば、もう

「感情」

の人ですよ。

理詰めは全く通用しない。

だから、風のエレメントが強い人とは

合わないかもと思います。

月魚座だから、柔軟に対応もできて

誰でも受け容れるところがあるけど

よーく見ていくと、やっぱり好き嫌いはあって

理屈じゃなく、この人とは合わないな、

という判断基準で動いています。

山本さんの場合は火星も蠍座で

火星蠍座は本来の居場所なので

(蠍座の支配星は、冥王星以外に

サブルーラーで火星です)

自分の好きなことにとことん集中して

そこをやっていこうとする。

 

山本さんは中日ドラゴンズの応援歌で

デビューしてたんですね!

それは知らなかった。

私にとってはタイムボカンとヤッターマン。

それと、ウィキペディアにも載ってないけど

「ここはグリーン・ウッド」の

イメージアルバムで、蓮川くんの歌を歌ってました。

 

山本さんの活動を見ているととても感じるのが

ファンとの交流を大事にしているところ。

自分を好き!って言ってくれる人を

大事にしようとしているのですね。

ここが蟹座っぽい。

特にウィキペディアで知った

マサユキ前線という活動。

全国ツアーだけど、非常に小規模な上

赤字覚悟のツアー

と書いてあるところが、蟹座であり魚座っぽくもある。

自分の好きを、好きって言ってくれる人と

ずーっと一緒にいたいのです。蟹座は。

共感してもらえるとすごく嬉しいから。

 

水星は獅子座で、天秤座の海王星とセクスタイル。

仕事では目立つのがいい!

オレ流を通すところもあると思う。

水星は牡牛座の木星とスクエアもあるので

仕事を広げたり、何かチャレンジしたりしようとすると

ちょっと負荷がかかるかもしれない。

 

あとは、太陽天王星コンジャンクションなので

山本さんも、自分の個性を見せていった方がいい人。

だけど、ここに海王星がスクエアなので

自分の理想を打ち出していく時に、

何となく曖昧になってしまったり

天王星との絡みで、1人浮いてしまったりすることも。

 

あと、金星海王星スクエアですね。

この配置はミュージシャンにはいい、と

この間から何度か書いていますが

スクエアだから、その葛藤をバネにして

楽曲を作っていく感じでしょうか。

 

山本さんのライブは、必ず生演奏で

ギターでやるそうです。

その場の空気感や、

やり取りを大事にしているんでしょうね。

 

蟹座の人が大事にしたらいいのが

「笑い」

と関口先生が仰っていました。

確かに、蟹座のお笑い芸人は多いです。

有名なのは明石家さんまさん。

蟹座の、甲羅の中にある

傷つきやすいけど、エネルギーいっぱいの

感情。

これを、笑いに転換して、周囲に放つ。

これができると、蟹座の人は

自分の激しい感情を持てあますこともなく、

周りを喜ばせることで、自分の居場所も見つかり、

安心できるのではないでしょうか。

なぜなら、蟹座は活動だから、

感情も結局、抑えてもダダ漏れてしまうのだそうです。

蠍座みたいに隠しきれない。

だから、抑えない方がいいのです。

変に抑圧するから、激流がいつか来てしまう。

蟹の人は、感じるまま、その感情を

どう生かすか考えていくといいと思います。

私も模索中です(笑)

 

それと、蟹の人は好き嫌いを認める。

好き嫌いをなくすのではなく、

天秤座の「付き合い方」を取り入れると

いいのだと思います。

自分が好きな人との付き合い方、

嫌いだなと思う人も、排除ではなく

どういう距離感で付き合うか。

それを知ると、厚みが増しますよね。

蟹座の世界ってヤクザ、とも言われます。

身内はとことん面倒見る。

でも敵と見なしたら徹底的に戦う。

そんなところが、「戦車」だなあと思います。

でも、そのままいくとペーペーの蟹座を

抜け出せないので、身内じゃない人とも

どのように関わるか、それを考えればいいです。

付き合わなくていい人とは付き合わない、

という選択肢も、蟹座には大事。

我慢に我慢を重ねて、爆発するよりは

最初から距離を置くというのも

お互いの世界観の尊重です。

そうすれば、別に敵もいないし

排除もする必要ないよね。

 

関口先生は、水のエレメントの人は

「誰かを勇気づけられる

(火を取り入れた)

水になるといい」

と仰っています。

私は火のエレメントが1つしかないので

これをずっと課題にしてきましたが、

最近では「裕子さんは勇気と情熱の人に見える」

と言われるようになりました。

だんだん、統合されてきたかしら。

 

関口シュン先生講座の双子座&蟹座を

占星術仲間のJunさんが

素晴らしくまとめていました!

関口シュン先生心理占星術基礎編第6回

 

*--+--*--+--*--+--*--+--*--+*--+--*--+--*--+--*--+

 

たかはしゆうこの

お申し込み・お問い合わせはこちらから

※2月対面個人セッション、満員御礼です♪

3月はスケジュールまだ出していませんが

既に埋まりつつあります!

 

※勇気づけ単発講座3/7(火)に開催予定。

星のまなびば金星編

3月14日(火)、3月21日(火)

開催決定しました!

それぞれ残席4です。

 

今日も読んで下さいまして感謝です♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます!たかはしゆうこです。

このシリーズ、本当に大好評で

私も反響を嬉しく受け止めています☆

過去記事を読みやすくするために

このシリーズを単独でテーマ設定しました。

読み逃したものがある方はこちらからどうぞ♪

12サインへのラブレターシリーズ

 

今日は地のエレメントに戻りまして

こちらの

悪魔の遊び。

これは、山羊座のカード。

以前、クライアントさんから

「私のテーマカードは悪魔って聞いて

それは一生変わらないと言われたのですが

悪魔のカード、嫌です!」

とご相談受けたことがあります。

いえいえいえ…

これは、別に「山羊座が悪魔」

ということではなく。

むしろ、真面目のわっかを外せ!

と、ボイジャーでは言われています。

 

山羊座は欲望をたくさん抱えているサインなのです。

でも、そういう自分を自覚しているからこそ

コントロールする術を心得ているのだと思います。

だから、すごく真面目でストイックな人が多いです。

私も月と木星山羊座だから、その感覚分かります。

ただし、抑えるだけじゃなくて

野心や野望として、何かを達成するために

自分の欲望を使うこともあります。

これは、単に自分のためではなく

安心して生活できる社会のシステムや

自分達を守るための組織作り、基盤作りのために

発揮されることが多いです。

 

ただね。

恒例の「ダメな山羊座」タイムが始まりますが。

山羊座が最も求めているのは何かというと

上にも書いている通り

「安心できる基盤」

なのです。

それを、自分がみんなのために作る、

それに向かって努力をする山羊座になれればいいけど

ペーペーだと、もう不安で不安でしょうがない。

私のような月山羊座の人には多いことなのですが

「小さい頃は優等生でした」

というエピソード。

これは小さい頃からコツコツ努力できた、という意味では

素晴らしいことでもあるのですが

これの原動力は

「不安」

なのですよ。

誰か、自分の安全を保障してくれるもの。

親、学校、社会。

自分の不安が解消するのであれば

そのルールを守る。

だから、言いつけや決まりをしっかり守っているのです。

真面目だから、とも言われるけど

実は既存のシステムに対して依存してます。

私も、心理占星術でこのことを学んだ時

思い当たるフシがたくさんありすぎて

うわー!イタイ、と感じました。

 

そして、自分ひとりでは不安で自信が持てないので

周りに信頼できる人を集めておこうとする。

でも、本当のところ、ペーペーの山羊座は

自分のことも人のことも

信じることができていません。

そうなると…非常に残念な組織が出来上がります。

なぜなら、ペーペーの山羊座は

「いざとなったら人に責任を押し付けようとしている」

のです。

そのためにめちゃくちゃ計算しています。

一番効率よく、合理的に安心できる人で周りを固めて

何か問題が起きても、自分は責任負わない。

 

ホント、嫌な奴

 

じゃないですかね…ショボーン

だけど月が山羊座の私には、

身に覚えのあることばかりなのです。

いざとなったら犯人さがし。

自己評価も本当はすごく低いから

自分が責任を取ることになるとパニック。

予測不能のことが起きると怖いから

とにかく、準備、準備!用意周到に!

 

山羊座の人の、現実をしっかり見据えて

必ず計画を立てて、プラン通りに推進しようとする

あの真面目でコツコツ努力するところは

この

「過度の心配」

の裏返しなんですよ…

だから、ちょっとでも計画から外れちゃうと

動揺しまくるの。

そして、絶対に失敗したくない!と思っているからこそ

効率や確実性をものすごく重視していて

一回ですんなり達成できるようにする。

権力を欲するのも、不安から逃れるのが動機です。

自分がコントロールできれば、誰よりも効率よく

成功させることができるのは知ってるのです。

だから、誰かに任せられないの。

自分で責任取りたくないのに。

(あー、書いててイタイわ…。)

 

私が一番思い当たるところは

月が山羊座の母親って

自分が子どもの頃から、規則正しく生活する、

ルーティンをしっかりこなすのが得意だったから

(でも上の、不安から逃れる心理が

働いているからなんだけどね)

自分の子育てでも、そのようにスケジュール通り

効率よく、無駄なく1日が過ぎていくのが

すごく安心なのです。

だから、ちょっとでもイレギュラーなことが起きると

もう、発狂。

でも、子どもとの生活なんて

ぶっちゃけ予測不能なことだらけ。

ここから抜け出せないでいると

月が山羊座の母親は、大きなストレスを子育てで抱える。

私も長男が1歳くらいまでは

ずーっとイライラしてたよ…

そしてそんな自分をずっと責めていた。

私なんて月に天王星スクエアで

横っ面はたかれるような、きっつーい

イレギュラーには慣れっこな方なんだけど

それでもダメだったよ。

絶対的な他者不信で、人にも育児任せられなくて

本当にしんどかった…。

 

ここまで読んでもらえれば分かると思いますが

山羊座に天体がある方にぜひ心がけてほしいのは

「まず、自分が自分の人生の責任を取る覚悟」

自分の不安を、信頼できる他者や

既存のシステムで、解消しようとしない。

山羊座はとにかく心配性で

何かとネガティブな発想で

「~だったらどうしよう」

と考えています。

その恐怖から逃れるために計算しているのを

やめること。怖いは怖いでいい。

だけど、それを自分が引き受けて

自分が責任を持って、みんなが安心できる

社会のシステムを作ろうとすること。

支配星の土星の

「秩序とルール」を、自らが創る。

を志すこと。そのためのプロセスを大事にすること。

山羊座の人は結果にこだわるところがあります。

なぜなら、持ち前のストイックさと努力、

効率の良さで、12サイン最速のスピードで

結果を出せてしまうからです。

しかも失敗がほとんどない。

それくらい石橋を叩いて準備もしているので。

でも、だからこそ結果ではなく、

「運営」の内容(共感、支援、育成)に

意識を向けていくことが大事、

と関口先生が仰っていて

私は月・木星山羊座として、

すごく心に響いた一言です。

 

山羊座のテーマは「I use.」

私は使う。

山羊座の人は経営者が多いです。

上に書いたような理由で、みんなと自分を守るための

組織や会社を作ることが得意だからです。

自分を、人を使って、ひとつの安心できるシステムを

しっかり完成させる。

みんなが使える便利で合理的なものを

創り上げる、現実社会の頂点。

それが山羊座の扱うテーマです。

 

シュタイナーの12感覚では

山羊座は「平衡感覚」です。

いわゆる「バランス」のことですが

この単語だけ聞くと天秤座じゃないの?

と感じますよね。

でも山羊座なのです。

平衡感覚は、重力と自分の体の位置を察知して

傾いているか、水平かを感じるための力。

これは、赤ちゃんが立つ時のバランス、

歩く時のバランスに必要なものです。

なので、この感覚は7歳までに育てると言われますが

対人関係のバランスにも、これは応用されていきます。

人と共に生きる力、これが平衡感覚なのだそうです。

山羊座の人が、みんなにとって役立つ

システムを創って、みんなが生きやすい社会にする。

それとつながっている気がしますね。

 

さて、彼らへのラブレター♪

今日はリクエストが中心。

まずは平井堅さん

もちろん私も平井堅さんの歌は

大好きな曲もあるので、存じております!

あとお人柄が、とても面白くて

トークがとても秀逸ですよね。

印象に残っています。

「歌バカ」という言葉もピッタリですよね。

 

今回書くにあたってホロスコープを見て

「あ!平井さんの太陽のサビアンシンボルが

私のドラゴンヘッドと一緒だ!」

ということに気づいてビックリしました。

つまり、平井堅さんの人生の創り方、生き甲斐と

私の魂の願いが一緒であるということ。

山羊座27度のサビアンシンボルは

「山の巡礼」

このサビアンの特徴は

「高みへの挑戦」です。

自分の到達したい目標に向かって

それはもう、ストイックに努力を重ねる。

この人生の創り方を持っていて

しかも土星・冥王星とのグランドトラインを

持っている平井堅さんは

 

「究極の努力型、山羊座人間」

 

と言えるでしょう。

お名前の「堅」が示すように

堅実で手堅い人生を歩むことになります。

 

私はこちらのインタビューを読ませて頂いて

http://www.hochi.co.jp/entertainment/20160616-OHT1T50237.html

 

「曲作りには平井式が存在する」

とか

「書きだすと結構早い方」

の辺りに山羊座力を感じます。

平井堅さんは水星も山羊座。

そこに牡羊座の火星がスクエア。

火星は牡羊座が本来の座なので

この火星はかなり元気いっぱい。

活力みなぎる火星。

天秤座の冥王星も水星にスクエア。

仕事では底力を発揮していく人で

彼の弁舌はちょっとお説教くさい

正義感あふれるものだったりする。

で、ちょっとエロ話なんかもあったりして…

って感じかな。

 

このインタビューで

自分の弱さを隠さず、納得しないことは背負い込んでいく。

のくだりは、山羊座のコツコツと目標に向かって

ストイックに努力していく姿と重なりました。

 

でね、今回面白いことが分かりました。

アーティストには歌詞に世界観が出る

についてですが、平井堅さんの歌詞を見ていくと

どうも、山羊座の世界観っぽいものが見当たらない。

私が月山羊座だから、違うな、これも…と

ほとんどの平井さん作詞の歌詞を見ていったのですが

かなり歌詞が

「ロマンティック」

なのですよね。

悲恋が多いんだけど、それでも忘れないとか

体が覚えていてあなたを求めているとか

結構切ないのが多い。

幸せ系の恋愛ソングは本当に

あなたがいれば幸せ

みたいな世界。

んー、この感じは…もしかして!

と思って星の配置を見ていくと

金星魚座だった!

しかも、そこに射手座の海王星スクエア

牡牛座29度の土星スクエア…

海王星と土星もオポジションを形成しているので

金星を頂点とした見事なTスクエア

を発見しました。

これは…確かに、恋愛ではロマンティックに

ならざるを得ない感じ。

とても納得しました。

山羊座の人はダメになった恋愛を

美しい思い出にしたりしないことが多い。

誠実さと尊敬を何より求めるから、

何が悪かったのか?と

相手にダメ出ししたり

自分にダメ出ししたりして

それはそれは落ち込んで

立ち直るまでに時間はかかるだろうけど、

自暴自棄になることはほとんどない。

だから、平井さんの美しい恋愛観は

金星魚座と分かって、なるほど!と思いました。

だって

「愛に包まれた世界」

が大好物だから。

ちなみに金星魚座は、ミュージシャンには

理想的とも言われていますし

金星-海王星のアスペクトは

芸術家にすごく多いです。

先日魚座で取り上げたミスチル桜井さんもそう。

(金星魚座&金星-海王星持ち)

 

「私の作る歌は暗くて歌いづらいといわれるけど」

 

とご本人は仰ってましたが

暗いというより、魚座の清濁あわせのんだ

全てが溶け合った世界観だと思います。

 

月はたぶん水瓶座だと思います。

午前中の早い時間生まれだと山羊座の最終度数に来るけど

もともと平井堅さんが持っている堅実さより

昨日書いたように、水瓶座はその山羊座の「安心の枠組み」を

一旦問い直して、より自由になっていくことを

目標にしているサインなので、平井さんの場合は

水瓶座の月で変人個性的な素の自分を打ち出し

濃い顔と言われていますが、なぜかそれでも爽やかさも

まとって、山羊座の地味さに

スパイスを加えている感じがします。

 

次に坂本龍一さん

教授といえば!YMOのメンバーでもあり

世界的に活躍するミュージシャンでもあり

たくさんの人に影響を与えている偉大な方。

私は、昔1人暮らしをしていたところが

千歳中の近くだったので

坂本龍一さんの母校なんだよね~

と思いながら、たまに横を通っていました。

世代的に、坂本教授も学生運動をされていた方で

自由と革新を求めて動き続ける感じが

どちらかというと、山羊座からは

ちょっと遠いイメージなのだけど…

ホロスコープ見て納得。

ほぼ、グランドクロスに近い形なのです!

さすが、大物のホロスコープという感じがしました。

崩れてはいるけど、活動宮のグランドクロスですから。

本人の人生は、波瀾万丈気味。

でも、物事を大きく動かす影響力がある人だと思います。

坂本龍一さんの場合は、山羊座の水星が

牡羊座の木星・蟹座の天王星のTスクエアに

巻き込まれる形になっています。

坂本龍一さんの仕事や知性は、

木星で拡大され、チャレンジすることがもたらされ、

天王星で革新的なことや、常に新しいことに

取り組むように促されている。

 

太陽と水星が山羊座だけど、あまり山羊座色は

強くないように感じたのはどうしてだろう…

と見ていくと、金星が射手座、火星が天秤座。

金星には冥王星がトライン。

ここが坂本龍一さんのカリスマ性に

つながっているように思いました。

というのは、意外だったのは月は乙女座確定なのです。

何か、山羊座の太陽と乙女座の月の組み合わせは

とても手堅いけど地味にまとまる

というイメージが強いので、坂本龍一さんとは

どうも重ならないな、と思ったのですが

この射手座の金星が、海外に出ていくことや

地のエレメントの「型にはまる」ことから

自由にしていっているのかな、と思いました。

逆に言えば、地のエレメントの太陽・月の人でも

革新的なことに取り組んでいける可能性がある

ということなんですよね。

あと、坂本龍一さんは最初はクラシックを学んで

音大在学中に電子音楽に出会ったそうですが

クラシックという型は、山羊座でしっかり身につけて

それを射手座の金星や、天秤座の火星を使って

自由にしたり、新しいものと古典のバランスを取ったり

ということをしていかれたのかなと感じました。

 

ご本人は、こちらのインタビューで

http://www.mag2.com/p/news/215607

アンダーグラウンドの世界(観)

という言葉を使われていますが

山羊座太陽に天秤座海王星スクエア

山羊座太陽に天秤座火星スクエア

山羊座水星に蟹座天王星オポジション

山羊座水星に牡羊座木星スクエア

この辺りが起爆剤となって

山羊座の手堅さを否定して

別の価値観をどんどん入れていった結果

 

「現実世界で成功する」

 

ということより、魚座のドラゴンヘッドが目指す

霊的な成長と、大きな宇宙とのつながりを示すこと。

こちらへ向かっていってるのかな、と思います。

 

でも、山羊座色を感じる部分として

「ロマンスグレー」

ですよね!

年を重ねてますますカッコいいです。

 

山羊座の人は

「山」

のように、いかなる苦難にも試練にも

揺らぐことのない心の重心を

手に入れることが大切だ、

と関口先生は仰っていました。

そして、山羊座はメリット・デメリットを

すぐに考えて効率よくできるよう

計算ができてしまうからこそ、

反対側にいる、蟹座の「共感」

意識するといいのです。

たぶん、手堅さと、社会で地位を得るための

スキルや信頼に関しては12サイン一ですが

山羊座の野心を、個人の欲望に使うと

悪魔のカードになるってこと。

自分も周りも、欲望でがんじがらめ。

山羊座が目指すのは

「みんなの安心、安全の保障」

ですからね。

 

山羊座に大事なもの、月山羊の私は

こう感じています。

 

・無駄なものはないと知る

・たまにはハメを外すこと

 

ボイジャーの「悪魔の遊び」のカードは

「大人の悪ふざけ」を表しています。

ユーモアや悪ふざけは、山羊座に必要なもの。

効率重視で結果は出せるけど

人間として厚みのない、お堅い人ではなく

一生懸命働き、一生懸命遊ぶ。

これが山羊座に大切なことです。

 

さて、このままさかのぼって明日は射手座!?

と思いきや…違いまーす(笑)

お楽しみに。

 

*--+--*--+--*--+--*--+--*--+*--+--*--+--*--+--*--+

 

たかはしゆうこの

お申し込み・お問い合わせはこちらから

※2月対面個人セッション、満員御礼です♪

3月はスケジュールまだ出していませんが

既に埋まりつつあります!

 

※勇気づけ単発講座3/7(火)に開催予定。

星のまなびば金星編

3月14日(火)、3月21日(火)

開催決定しました!

それぞれ残席4です。

 

今日も読んで下さいまして感謝です♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます!たかはしゆうこです。

私はボイジャータロットで

この「星」が、1・2を争うほど好きです。

真ん中の観音様がすっと立ち

周りは宇宙と星。

このカードは、水瓶座のカード。

というわけで、風のエレメントの方

お待たせしました!

やっと水瓶座で風がきましたよ~。

 

私は水瓶座に天体はありません。

しかし、我が家は私の月木星山羊座を

ぶち壊すために、長男が水瓶座、

次男が魚座で生まれてきています。

長男は、太陽水星金星海王星が水瓶座。

ただ、この人はアセンダント蠍座、

月牡牛座、土星獅子座で

「不動のクロス」

ができちゃってるので

なかなかに、ひとりでいても葛藤激しい

バネをいっぱい抱えて生まれてきた人です。

 

さて、水瓶座を語る時には大抵

「変人」

という言葉からは逃れられない感じがしますね。

いやいや…ここは、個性的、って言いましょうよ。

とフォローしたいところではあるのですが

ペーペーの水瓶座の人達の

 

「説明を面倒がって

すっ飛ばす」

 

には、本当に迷惑かけられてるんです!(キリッ)

でね、説明がないから「意味が分からない」

って言うと

 

「あなた達、頭悪いからね」

 

みたいな反応されることがあってね。

確かに、水瓶座はとても頭がいいです。

だけどさ、だからこそ、民草にも分かるように

説明してよ~、と思うわけです。

 

水瓶座の人達って

「ありふれたもの」

には興味を示さないです。

関口シュン先生は

「抜きんでて変なのがいるとすぐにとびつく」

と表現されていましたが、まさに。

ペーペーの時の水瓶座は、

「特別感」

というのをすごく重視します。

「自分は人と違うんだ」をアイデンティティにしている。

だから奇をてらうのです。

 

ただ、水瓶座は、もともと「天から授かった水」

つまり「知恵」を水瓶に入れて

人々のためにふりまくことがテーマ。

水瓶座が「独自性」とか「自由」を好むのは

決して人々を支配して、従わせる目的ではなく、

むしろ「既存の価値観に疑問を呈し

みんなが平等で、自分らしさを生かした世界を

創り上げること」が理想なのです。

その理想に向かって、進みたいと願っています。

 

その時に、自分に見えている目的の説明を怠ったまま

「そのルールはおかしいんじゃない?」と

疑問を投げかけ、だから自分は守らない、と抵抗し、

ユニークな発想をどんどん投げかけてくる。

この辺りが誤解されやすい原因です。

 

でも、本当のところ突き詰めていくと

水瓶座の支配星は、今は天王星だから

「変化と革新」古いものをどんどんリノベーションする、

必要ないと思うところはバッサリ切っていく。

土星の秩序や規律、計画性と相反するのですが、

実は、水瓶座の支配星は古典では土星なのです。

水瓶座って、説明込みで、どうしてそう考えたのか?

それは何の目的で言ったりやったりしているのか?

って聞いてみると、きちんと論理立てて、筋も通っているのです。

決して、突拍子もないところからきたことじゃなくて

客観的にデータを集め、熟考した結果なのです。

説明の過程をすっ飛ばすから、分かりにくくなるの。

ロジックはものすごくきちんとしているのです。

感情とか打算じゃなくて。

この辺りは土星の秩序を感じます。

 

あと、もうひとつ水瓶座を複雑にしているのは

願いは、それぞれの人が個性を発揮して

みんなが自由な世界なのだけど、

ペーペーの水瓶座だと、

自分が特別であることに固執してしまうのです。

3区分では不動のエネルギーを持っていますから

自己は確立しているわけですが

自分をどのように活用するか、のところで

自分の豊かな個性やユニークな発想を

こじらせた形で発揮してしまうと

「特別なんだから」

を押し通して、ゴリゴリ押していく。

これは反対側の、獅子座がマイナスに出た時と同じ。

水瓶座が、獅子座に逃げ込んでしまった時のパターンです。

獅子座は自分の希望を表現することで、

周りを勇気づけますが、

水瓶座はみんなの希望を目指して、個性を引き出すことで

自由を目指そうとしているのです。

だから、自分が!に逃げ込んだら、残念な水瓶座。

水瓶座がひとりの時間を好むのは本当ですが

志が同じ仲間との交流もせずに

引きこもってひとりでいる水瓶座は

自信のなさの裏返しの、ペーペーの水瓶座かもしれません。

 

本来、水瓶座は、山羊座が完成させた

「みんなのために役立つ秩序やルール」に

本当にそれ、必要?と疑問を投げかけ、

「誰もが未来に希望を持つために

誰かの作ったレールや決まりはいらない」と

問題提起していくサインです。

なので、トリックスターとして世界に登場することになる。

彼らは、天才肌で時代を先取りしすぎているので

考え方も言うこともやることも、先駆的すぎて

ついていけないことも多い。

だから、その時その時は評価されないことも多い。

 

でもね。

それは、水瓶座が価値がないから、じゃないのです。

むしろ逆。

「変化と革新」という、大きなことを、

自分のためではなく、みんなのために、

社会が幸せになるために、やろうとするのです。

水瓶座が目指している世界も、大きな目標。

 

水瓶座はSNSやネットワークに強い、とよく言われますが

これについて、関口先生は

「水瓶座は、フリーウェアを作って、みんなで良いものを

シェアし合おうとするから」

と話されていました。

そのために風通し良く、情報交換する。

 

水瓶座のテーマは「I know.」

私は知っている。

頭できちんと理解して、論理に落とし込みたいのです。

そして得たロジックを、自由を縛るものではなく

世の中にあふれている矛盾や

目に見えないもの、感情などの

割り切れない、形のないものをも

きちんと整理し、分かりやすくしようとするのです。

 

水瓶座はシュタイナーの12感覚では

「嗅覚」です。

表面的なものに惑わされない、

本質をつかむために、嗅覚を使う。

危険や、嘘を「かぎ分ける」

これが嗅覚の司る部分。

私達は、嗅覚で「判断」をしています。

水瓶座の論理性と重なりますね。

 

さて、彼へのラブレターです。

今日は、やはり旬の人でもありますし

ザ・水瓶座だよね、と感じるこの方!

星野源さん。

でも、私は源さんに関しては

ファン歴は筋金入ってなくて

以前から何となく知ってたけど~

いいよね☆くらいな感じで

去年までずっと来ていたのですが

「真田丸」の秀忠役で、おおおーと思いました。

なので、ファン歴長い方ごめんなさい。

私が知っていることは多くないです。

ただ、私の独自の切り口で源さん語ってみますね♪

 

まず、源さんといえば

「自由の森学園出身」

ここがインパクト強いです。

この学校、知る人ぞ知る、

自由と個性を重んじる中学・高校で

卒業生で芸能人になっている人も多いです。

(浜野謙太くんとか、吉岡秀隆さんとか)

私は大学の時の先輩が自由の森学園出身で


真面目な人だけど変人

 

でした。

その先輩は、今は大学教授になっています。

 

自主性を大切にする学校なので

自分が~したい!と思う子にはピッタリで

指示待ち、受動的な子には合わない。

とよく言われます。

ここでは自由学園の是非については書きませんが

とにかく

 

個性派の人を排出する学校

 

であることは確かです。

源さんは太陽水星火星が水瓶座。

太陽には、天秤座の木星・土星がトライン。

しかも、木星・土星がグレートコンジャンクションの世代。

20年に一度で、次は2020年に起きるので

注目されている星の動きなのですが

時代の大きな変化の時である、と言われています。

源さんはこれが「太陽」にかかっているわけですから

彼の人生の創り方、生き甲斐が、

たくさんの人に影響を与え、社会を変えるきっかけにまで

発展するようなところがある、と読めますね。

風サインでのトライン、しかも水星と火星も水瓶座。

彼の頭の回転の速さ、トークやアドリブのうまさは

ここから来ているんだろうなと感じます。

タモリさんに自分の名前を間違えられたことを

ツッコミながらもネタにしてしまうところなど

風のさわやかな、相手も自分も傷つけないで

笑いに持って行ってしまう上手さを感じました。

 

特に、源さんは水瓶座の水星に

蠍座の天王星スクエア

射手座の海王星セクスタイル

天秤座の冥王星トライン

と、水星に全てのトランスサタニアンが絡む配置。

 

…きっと、小学校時代、大変だっただろうな…ショボーン

 

でも、水星にこれだけ、強いエネルギーがあるから

トークがパワフルになり、

風のクールで賢い雰囲気を残しつつも

インパクトが強くなる。

天王星で、独創的でオリジナリティにあふれて

海王星で、言葉を広げる力(作家に多い配置)

冥王星で、言葉にこだわり、極める

水星は仕事でもありますから

源さんが多才なスキルで、ミュージシャンも

ラジオのパーソナリティも、役者もこなすのは

この辺りのエネルギーが強そうですね。

そこに火星コンジャンクション

火星は海王星とトライン、冥王星とセクスタイル

自分のやりたいことをどんどん広げて

究極なところまで実現していこうとする。

職人肌ですね。

 

源さんの土台のところでいうと

月が蠍座で太陽とスクエアのみ。

金星は山羊座で冥王星とスクエアのみ。

「精神の安定」

という意味では、いつも葛藤は抱えていて

そこが源さんの原動力になっているのでは。

と思います。

直接角度は取っていないけど

水瓶座と蠍座のスクエアを持っているので

人との距離の取り方が難しいかもしれません。

ベッタリ一体化したいのか。

志が同じ人達と、一定の距離感を持って

楽しく交流していきたいのか。

自分でもよく分からない、ある意味気分次第、

になってしまうところがあるかも。

 

源さんの紅白を見ていて感じたのは

及川光博さんとの共通性だったのです。

ミッチ―は太陽蠍座で、天秤座に星が多い。

源さんは月蠍座で、水瓶座と天秤座に星が多い。

2人の音楽や表現の中には

「死生観」

というのが、ベースに流れながらも

風の客観性で、重苦しい感じにならず

みんなを楽しませる中で

人生の深いところを感じさせるようなイメージ。

すごく、観客とのやり取りを大事にしていますよね。

(ミッチ―は蠍座の回で詳しく書きます♪)

 

魚座の回で、私は

アーティストには歌詞に世界観が出る

という話を書きましたが

源さんの歌詞をざっと見させてもらうと

やっぱりベースは蠍座の世界観なのだけど

最後は未来を目指していくような

希望も感じさせる内容になっていることが多いな、

と感じました。

火のエレメントのようなテンションではなく

「ま、大変だけどさ、やっていこうね」

みたいな、軽くしてくれる感じ。

これは風の良いところですよね。

マイナスに出ると「全部他人事」って言われちゃうけど汗

 

水瓶座の人達が大事にすることは

「他人を讃える」

という姿勢だと、関口先生は仰っていました。

反対側にいる、獅子座の「褒める」を取り入れる。

獅子座は、司会などで自分も目立ち、

周りの人も全員あげる、が得意だったけど

水瓶座は、みんなの個性を見出して

ステージに送り出す人なのですって。

そして、山羊座では「組織が自分を守ってくれる安心」

を手に入れたけど、それを超えて

「集団の中でみんなが自由に、あるがままの個性を

発揮していく未来に向かっていく希望」

を、水瓶座は目指しているのです。

だから、今あるルールや社会の枠組みに

疑問を投げかける役割を担っているのです。

これも、とても難しいチャレンジです。

 

でも、水瓶座には、あるのです。

「智恵の泉」が。

水瓶座が持っている知識を、自分を特別なもの、と

自己顕示欲の方に使うのではなく、

みんなが共通に、平等に利益を得られる世の中を

創っていくために、シェアしていくこと。

世界を住みやすくしていくために

いつも希望を失わず、自分の叡智を使っていく。

これが、本当の水瓶座の目指す

 

「みんな違って、みんないい」

 

の世界なのです。

だから、浮いてても変でも

彼らの個性は、みんなが自分の個性を

生かす世の中のため、使われるものなので。

 

愛すべき個性派

 

と、私は水瓶座の人に感じています☆

 

これは余談だけど

星野源さんが、三浦大知くんの

この曲のダンスをすごく褒めてくれて。

 

大知くんも、源さんの恋ダンスを見て

「歌って踊れるすごいアーティスト」と

褒めていたそうで。

ここ、獅子-水瓶ラインでの認め合いを感じました☆

 

*--+--*--+--*--+--*--+--*--+*--+--*--+--*--+--*--+

 

たかはしゆうこの

お申し込み・お問い合わせはこちらから

※2月対面個人セッション、満員御礼です♪

3月はスケジュールまだ出していませんが

既に埋まりつつあります!

 

※勇気づけ単発講座3/7(火)に開催予定。

星のまなびば金星編

3月14日(火)、3月21日(火)

開催決定しました!

それぞれ残席4です。

 

今日も読んで下さいまして感謝です♪

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。