例えば、


弱い犬ほどなんとかって言いますが、

俺様の場合は、ハネムーン期以外、

常に威嚇してるように感じてました。





俺様は機嫌が悪いんだ!
機嫌を取れ!
取らないと暴れるぞ!
殴られたくなければ、言うことを聞け!





ドアは、笑えるほど乱暴に開け閉めします。
開けたドアが跳ね返り、俺様の顔面に当たった瞬間を見た時、

心の中でガッツポーズをしました。笑



廊下や、階段は、大袈裟な大きな音を立てて歩きます。

コップや食器も、ガチャガチャと音を立てて扱い、いつ割れるか分からないので、

俺様専用の食器は、全て百均の物で揃えていました。



口調も、いつも上からです。

「おい」「お前」と呼ばれます。

ハネムーン期は、ちゃん付けで呼ばれていたので、逆にキモかったですが。



テレビの音も、うるさいほど大きくしてました。
聴覚に問題があったのかもしれません。


でも、ボリュームを下げて見てたお笑い番組には、反応が早く

「そんな馬鹿みたいな番組を見るな!」と、わざわざ書斎から出てきて消されてたした。



一緒に車に乗れば、
ダッシュボードに両足を乗せてました。

ただし、地元から離れた場所限定でしたけど。笑


そして、車のドアも、揺れるほど力強く閉めてくれてました。

窓が割れたら面白いのになー、なんて考えてた事もありました。








俺様の人種は、

きっと、威嚇してナンボなんだと思います。


モラハラから覚醒してからは、

威嚇さえ気にならなくなりました。





あぁ

また?




みたいなね。







大丈夫です。


自分が強いって、可愛くアピールしてるだけですから。



AD

コメント(6)