米T-Mobile USAは2008年9月23日、米グーグルの携帯電話開発プラットフォームAndroidを搭載した端末「T-Moblie G1」を発表した(写真)。端末の開発は台湾HTC。米国での店頭での販売は10月22日からで、179ドルで販売する。ただし、T-Mobile USAと2年間の通話・通信の契約が必要となる。11月には英国、2009年第1四半期にはドイツ、オーストリア、チェコ、オランダで発売する。

 G1は携帯電話の方式として、W-CDMAおよびGSMに対応、無線LANの機能も持つ。ユーザーインタフェースとしてタッチパネルでの操作のほか、スライド式のQWERTYキーボードを備える。

 ソフトウエアとしては、Webブラウザのほか、内蔵の電子コンパスと連携したGoogle MapsやGoogle Street View、POP3やIMAP4に対応したメールおよびカレンダの機能、Google TalkやYahoo!メッセンジャーなどのインスタント・メッセンジャー機能などを備える。

 興味深いのは、Amazon.comが提供する音楽販売のアプリケーションが搭載される点だ。600万曲以上の楽曲を試聴し、購入できるという。米アップルのiTunesに対抗するものだ。さらに、Android向けのアプリケーションの検索と購入が可能なAndroid Marketも搭載する。こちらもアップルの「App Store」とほぼ同様のものだ
AD