IEEEでは802.16dと802.16eが固定あるいはモバイルブロードバンドの規格WiMAXとして標準化された。

そして、ここ1、2年で新しいモバイルBBの規格、802.16mを標準化するつもりだ。


IEEEは現在802.16mと呼ばれる新しい無線の規格に取り組んでおり、開発グループでは最大データ転送レート1Gbpsを実現すべく取り組んでいる。


802.16mでは、1Gb/sでノマディックモード(遊牧民のように動いては泊まる、移動しながらの通信ではないホットスポット的あるいはホットゾーン的通信形態)、および100Mb/sで高い移動性モード(時速60~250km/h以上)が要求されており、完全に3GPP LTEや3GPP2 UMBの規格を飲み込もうとしている。


さらに、この新しい規格では、変調方式はOFDM、MIMO、AAS等のアンテナ技術を採用される見通しで、LTEやUMBと何ら変わりはない。機能要求としてもIPへの最適化、QoS、セキュリティなどが盛り込まれる予定だ。


IEEEでは、802.16mがWiMAXの一部ではないと主張しているが、2つの規格の間に互換性は持たせる模様。また将来の4Gネットワークとも互換性を持たせたいようだ。


主な802.16mの要求仕様は以下のとおり。


超低速データ通信用レート: = 16 Kb/s

低速データと低速マルチメディア通信用レート: = 144 Kb/s
中速マルチメディア通信用レート: = 2 Mb/s
高速マルチメディア通信用レート: = 30 Mb/s
超高速マルチメディア通信用レート: 100 Mb/s - 1 Gb/s


-IEEEでの802.16mドラフトはこちら


技術の比較はこちら。


Carrier Bandwidth Duplex DownLink UpLink
3GPP WCDMA (HSPA) 2GHz 5MHz FDD 14Mbps 5.8Mbps @5MHz
3GPP2 CDMA2000(RevB) 2GHz 1.25MHz FDD 3.1Mbps 1.8Mbps @1.25MHz
IEEE 802.16 WiMAX 2.5GHz 5-10 MHz TDD 46Mbps 8Mbps @10MHz


Bandwidth(MHz) Duplex DL UL Mobilitysupport
3GPP LTE 2.5,5,10,15,20 TDD/FDD 100Mbps 50Mbps @20MHz ~350km/h
3GPP2 UMB ~20(in1.25MHz) FDD 500Mbps 150Mbps @20MHz ~350km/h
IEEE 802.20 2.5,5,10,20,30,40 TDD/FDD 18Mbps 9Mbps @5MHz 3-120-250km/h

IEEE 802.16m scalable 100M-1Gbps TBD 60-205km/h and more
(注)ピークレートは帯域幅の違いや使うMIMOにより違いが出るので注意




日本で花開くであろうWiMAXは今年ライセンスが総務省からおり、来年にようやく商用展開かという時期に、さらに1Gクラスの、しかもワイヤレスでという新たな規格が登場しそうだ。。。(審議会延ばしたほうが良いかも。。。)



NTTドコモはLTE(Super 3G)への本格展開を表明し来年から評価、トライアルというのに、

せっかく好調を維持していたKDDIもようやくEV-DO Rev.Aの展開をはじめたというのに、

何とか基地局46000局のコミットメントを達成しようと一生懸命なソン様も、

せっかく大々的に松下奈緒を使って宣伝を始めたemも、もがいて何も出来ていないIPモバイルも。。。。。

Yozanも忘れないでね。。。



4Gになると現在のWCDMAとCDMA2000規格は捨てなければならず、全てはOFDMAへ。。。

(IEEEは、802.16mはOFDMA互換といっているけどね。。。)



ましてや2010年までに全国FTTH3000万加入を必達と宣言したNTTまでもが。。。。



せっかく苦労して管理組合まで巻き込んで引き込んだ100Mを1Gにもう取替えんのんか?



もう100Mb/sのFTTHなんていらない。。。



全ては1Gb/sの時代へ。。。

AD

デュアルモード(WiFiと3G携帯)がVoIP over WiFi市場をドライブする


米ハイテク調査会社ジュニパーリサーチによると、全世界のVoIP over WiFi装置の売上げは2012年までに820億米ドル(約10兆円)に達する、うち米国で350億ドル(約4.2兆円)、EMEA (ヨーロッパ、中東及びアフリカ)で230億米ドル、アジア・太平洋で210億米ドルに達すると予測している。

レポートの著者Basharat Hamid Ashai氏は、「デュアルモード端末市場が、数年内にWiFiのみのシングルモード端末に比べて急速に成長する。端末市場は誰もポケットの中に2つも3つも端末を持ちたいとは思わなくなってきている。そのため、単一のデバイスで全ての電話をかけたいという強い要因が働いている段階にある。シングルモードのVoWiFi端末を作っているメーカーもデュアルモードの生産に動き始めている」とレポートでは語っている。


もう一つのキートレンドは、VoIPにワイヤレスメッシュ技術の利用である。 現在これらの技術は成熟していないが、データアプリに主に使用されている。 但し、この技術は数年の間に携帯VoIPに向けて成熟してくる。ワイヤレスメッシュのVoIPへの適用がキーとなる動きである。


プレスはこちら


購入もどうぞ。残念ながらamazonにはないみたい。。。。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。




ワイヤレスメッシュ注目企業ははAzimuth, Trapez, Tropos. BelAir, Firetide, Strix、Proximなどなど。。。

AD


マックとドコモ提携 おサイフ携帯でバーガー 電子クーポン発行も
FujiSankei Business i. 2007/2/27

業務提携で握手する日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸社長(右)とNTTドコモの中村維夫社長(26日、東京都港区の六本木ヒルズ)
業務提携で握手する日本マクドナルドホールディングスの原田泳幸社長(右)とNTTドコモの中村維夫社長(26日、東京都港区の六本木ヒルズ)
 日本マクドナルドホールディングスとNTTドコモは26日、携帯電話ででの料金支払いや割引などの電子クーポンの発行で業務提携すると発表した。マックの全国3800店に、非接触式IC内蔵の携帯電話「おサイフケータイ」にクレジットカード機能を持たせた「iD」に対応した読み取り端末を設置。携帯電話をかざすだけで、現金がなくても支払いができるほか、割引サービスも受けられる。

 マクドナルドでは10月から読み取り端末の設置を始め、2年で全店への配置を完了する。

 ドコモが展開する携帯電話をクレジットカードとして利用できる電子マネーサービス「iD」での支払いに加え、「トルカ」と呼ばれる電子クーポン機能を活用した「eクーポン」の提供にも乗り出す。 

 電子クーポンは読み取り機にかざすと携帯に入力されるほか、会員などに通信で配布することも可能で、大幅なコスト削減効果がある。

 また、読み取り端末については、ドコモだけでなく、KDDIやソフトバンクモバイルの非接触IC内蔵の携帯電話にも対応できるように順次、拡大していくという。

 このほか、両社は、携帯電話のICカード機能を活用した市場調査活動「e-マーケティング」も共同で展開する。

 7月に共同で新会社を設立。マクドナルドが10月をメドに設立する会員組織向けのプロモーションや販売促進活動などを企画・運営。電子決済のデータから販売動向などのマーケティングも行う。新会社の資本金は3億円でマクドナルドが70%、NTTドコモが30%を出資する計画だ。

 同日会見したマクドナルドの原田泳幸社長は、「1回当たり3000万円以上の費用と数カ月の時間をかけ、クーポン券を年に十数回で配布しており、コスト削減とスピードアップが図れる」と期待を示した。

 また、ドコモの中村維夫社長は、「トルカにどれくらいのや効果があるのか、徹底的に追求したい」と話した。
AD

3G版「iPhone」は2008年1月発売の噂,AppleInsiderが報道


米Apple関連の有力情報サイト「AppleInsider」は2月23日,第3世代携帯電話(3G)に対応した「iPhone」が2008年1月に発売されるのではないかとする記事を掲載した(「3G iPhone could arrive overseas by early 2008 」)。


記事によると,あるスウェーデンの会社が2008年1月には3G版iPhoneを入手できると,プロバイダから確約を得たのだという。 2007年6月発売予定のiPhoneが採用する携帯電話技術は「GSM/GPRS/EDGE」。


これは第2世代や第2.5世代,第2.75世代と呼ばれる技術。同技術では通信速度が遅く,iPhoneの性能を十分に生かせないと指摘されている。なお,iPhoneが発表された2007年1月のMac関連イベント「Macworld」では,3Gへの対応については言及されなかった。


==========================================================================================


何でも良いから、 早く来い来い!!

3GSMが行われているバルセロナでは、携帯電話会社の定額制を加速化するワイヤレスVoIPやワイヤレスIPTVあるいはオンデマンド型放送を実現する端末やサービスの発表が盛んだ。


そのワイヤレスVoIPの世界では、携帯版SkypeともいえるJAJAHREBTEL がマーケットで徐々に認知されつつある。スマートフォンやiPhoneのようなWiFi機能を装備した携帯端末が増えてくると、JAJAHやREBTELのアプリケーションを端末にダウンロードすれば、みあこネットのようなNPOやインテルが提供するフリーのホットスポットや空港など会社が無料で提供するアクセスポイントでは、携帯の無料通話が実現することになる。


ということは、WM6を実装したスマートフォンやiPhoneが普及していく2007年からは、これらの定額VoIPとの競争によってますます携帯電話会社は音声電話料金を迫られる。データでは既に定額性をとっているので、これらのソフトが高機能携帯端末にダウンロードされ(もちろんプラットフォームが対応になればのことだが)どんどん音声はIP化していき、固定電話会社と同じ道をたどることになる。NTTグループでは年間1000億円の損失、KDDIやSBTMでも長距離は500億規模で年間損失し、他でカバーし切れていない。


現在は固定系サービスの赤字を携帯電話が補っている形だが、いよいよ携帯電話会社でも面倒を見切れなくなる時代がすぐそこに来ている。




一方、放送系、メディア系では、YouTubeやSNSができるように各社は端末に凌ぎを削っているが、果たしてこれらをすかすかに実現するためには設備容量を増強しなければならない。ますますトラフィックベースや加入者ベースでの課金では利益を生み出せなくなる。早くコンテンツ主導、広告中心のビジネスモデルに転換しなければならないが、コンテンツは著作権の問題、広告はまだまだiモードのようなクロースドなビジネスモデルから抜け切れないため、トラフィックベース(PVなど)で稼ぐには難しい。。。




こうして考えると最も高い収益源である電話が速いペースでJAJAH、REBTEL(あるいはSkype)にやられると、携帯電話会社はたちまち殺されるのではないか、という被害妄想的なことを考えてしまう。。。。。



確かADSLが市場に出てきて、メッセンジャーやPCホンが出たときや、あるいはSkypeが登場したときも同じようなことを考えたっけ?



でもまだNTTは生きている、本体の身を削りながら。。。。。2010年までは持つかな?



最近携帯のことばっかり書いていたので、ここで少し違うところにも。。。



Wikipediaが資金不足で3~4ヶ月以内に閉鎖かも?


ソースはこちらのようです。

Is Wikipedia really in danger?



だそうで、もし本当のことであれば、結構困る人も多いかも。。。


事実ウチの小学生の子供達ですら、学校の調べ者の際にWikipediaとは何ぞや?とか、

読み方すら知らないのに勝手に使っている百科事典なので、本物の百科事典がない

うちにはちょっと困る。。。



自分自身もインターネットのRFCを調べていたら意外と載ってる。


ボクの場合はなければ、Google自身が辞書・事典代わりになるからそうでもないけど。。。

最近ははてなも似たようなことやってるし。。。



みなさんはどうですか?





CNET あるいは Wireless Weekによると、マイクロソフトは、来週スペイン・バルセロナで開催される3GSMワールドコングレス(名前が悪い!!まだ3G? GSMかよっ???日本ではあまり知られていない)で、新しいWindows Mobile 6を発表する。


マイクロソフトの3GSM専用サイトはこちら



Windows Mobile 6での新機能は、そんなに多くはないらしいが、携帯事業者が新しい収益を生み出すからくり、即ち最近発売したVistaやOfficeとの統合機能を強化して、ビジネスユーザ向けに携帯事業者がソリューションとして売り込もめるようにしているのだろう。


例えば、アウトルックとより連動されるようになり、写真や表が見れたり、ライブ(メッセンジャーやホットメール)との連携も。。。HTMLメールもサポートするので、相手のアクセス状態がわかったり、リンク機能が向上したり。。。

メールについてくる電話番号をクリックすると電話が出来るとか、プッシュ型メールでアップグレードの案内を送ったり。。。


また、スクリーン上のマーケットプレイスアイコンでMSFTのパートナーからダウンロード可能なアプリの掲載されたカタログを提供したりと。。。セキュリティの警告やアップデートの催促。。。日本では使わないブルートゥースも。



併せて、これまでのOS名を以下のように改名するらしい。

  Windows Mobile Smartphone ---> Windows Mobile 6 Standard (ノンタッチスクリーン無線機能付き)

  Pocket PC Phone Edition ---> Windows Mobile 6 Professional (タッチスクリーン無線機能付き)

  旧Pocket PC(無線機能なしPDAデバイス) ---> Windows Mobile 6 Classic




前々回の記事に書いたようにマイクロソフトは電話や通信市場ではこれまで成功していないが、マイクロソフトによると2006年の第4四半期だけでも300万台のスマートフォンが出荷されたらしい。48社の端末メーカー、世界で115携帯事業者がWindows Mobileを採用しているとも言っているので、モバイルに関しては成功し始めているといってよい。



日本ではまだウィルコムのW-ZERO3や、ドコモ、ソフトバンクのhTc端末ぐらいしか見当たらないが、これを気に世の中の認知度が上がっていき、本格的に普及していくことだろう。特にビジネスマンのツールとして。。。。



総務省の『モバイルビジネス研究会』では、MVNOの参入促進に対する議論がさかんで、比較的好意的に参入を促す方向に傾いているが、本当に日本でMVNOは成功するのか?


MVNOの参入が先行した米国では代表的なMVNOとして、Virgin Mobile , Disney Mobile , Helio , Amp'd Mobile , TracFone , Boost Mobile , ESPN等55のアクティブなMVNOがいる。

それぞれのターゲットは、有力コンテンツを持つバージンやディズニー、ESPNといった新しい分野からの参入や、へリオ、アンプドモバイルといった先端の端末を若者向けにといった参入組、プイペイドで儲けようとする参入組等さまざまだ。


しかしながらその雲行きは怪しい。


ディズニー傘下のESPNは昨年12月末でサービスを終え、ホストMNOであるベライゾンや他社に乗り換えるようアナウンスを出した。ディズニーはGPSによる子供のロケーション検索、子供向けの端末等まだサービスは続けているが、ヘリオやアンプドモバイルも加入獲得目標の数百万加入にはるかに及ばない惨憺たる状況だ。


100万加入以上を獲得したMVNOはトラックフォンの750万、バージンモバイルの460万、ブーストモバイルの300万超、合計でも2億加入いる米国全体の10%程度2,000万加入程度だ。


唯一注目されるのはMVNOを積極的に利用しているスプリント・ネクステルがタイムワーナー、コムキャスト等大手CATV事業者とJVを組んで新しくAWSで獲得した周波数を活用してスプリントのMVNOとなり『四重殺(クワドラプル・プレイ) 電話、CATV、インターネット、携帯』を提供しようとする試み(日本ではJ:COMがPHSを使ってサービス開始)だが、その他のMVNOは大手3~4社程度に絞られていくだろう。


失敗の要因としては、MVNOが携帯電話事業者に支払う回線料がリーズナブルだったかどうか、新規顧客を1人獲得するだけで最大400ドルのコストがかかる、サービス提供のためのバックエンド技術の構築(課金、認証、等々)とそのコスト、サポートにかかるコスト、新しい技術の展開の速さについていけたかどうか、等々が考えられる。


携帯が繋がらないこと、不満・文句を果たしてレコード屋さんのバージンが対応できるのだろうか?(もちろんスプリントにかけるかスプリントのコールセンターにアウトソースしていただろうが。。。。)繋がらないと自分達のブランドも傷つけてしまうリスク。




総務省の研究会では、公正な競争環境を作るための策として、(1)販売奨励金の禁止、(2)端末-網インタフェースを国際標準に完全に準拠させる、(3)相互接続に関して透明性を確保する、(4)携帯電話網をMVNOが借りる際に多大な費用、期間がかからないネットワーク設計にする、(5)接続料金/卸料金を通信にかかわるコストだけで算出する、(6)一部の公衆無線LANを値上げする、(7)携帯電話事業者の認証や課金プラットフォームをMVNOに貸し出すことを義務化する--が上げられている。


携帯キャリア側が新たなMVNOブランドで加入者を拡大できるか、またMVNOの持つコンテンツやサービス開発能力によりデータのARPUを上げられるか、MVNOに卸した分のマーケティングコストを低減させて収益性を上げられるか、一方のMVNOは少ない設備投資で囲い込んだ顧客を獲得してモバイルマーケティングにより売り上げ拡大につなげられるか、双方がそれぞれの得意な能力を発揮してWIN-WINの関係になることが成功の鍵だろう。


日本ではPHSで日本通信(JCI) がウィルコムのMVNOとして既に提供しており、今のところは双方うまくいっているようだ。(記事参照 ) また、ADSLの分野ではイーアクセスやアッカネットワークスがISPをVNOとして成功したモデルが出来ている。あんな100人にも満たなかったベンチャーが100万以上の加入者を獲得できたのだから。。。もちろんこれにはLLU(ローカルループアンバンドリングルール)の改正により安くでNTT局舎、設備を開放できたことが鍵だった。


しかしながら、NTTドコモがNTTブランド以上の集客能力があるブランドに卸せるだろうか?若者にブランド受けしたKDDIが開放するだろうか?(グーグルホンなら期待できるかも!!)、ソフトバンクの場合はヤフーという強力なある。



果たして日本でMVNOは成功するだろうか?


消費者としては、3社寡占状態で高い携帯料金を競争促進で低減させていくこと、MVNOによる新しいサービスの開発/提供による利便性の向上等、強く望んでいる。