北米ではやっているBlack Berryってご存知ですか?
http://www.blackberry.com/

日本のヴォーダフォンに最近ノキア社製携帯端末が追加されましたが、見た目はそのような感じで、どちらかというと携帯がPDAに近づいた感じの端末です。

北米では既存の第二世代(2G)で実現しており、使い方は通勤にそれを使い、社内メールやシステムとシンクアップして、メールとか電話、WEBとか効果的に使っている便利なツールです。

日本だとせいぜいiモードやEZWEBにメールを転送してとか、WEBも見せかけの携帯事業者オリエンテッドなものしかないので、あまり有機的なシンクロは取れていないし、是非日本にも取り入れて欲しい、特に電車通勤者については、もてあます時間を有効に活用したいものです。

日本は3Gの導入が世界で最も進んでいると政府・総務省や通信事業者は威張っていますが、せいぜい伝送速度や着うた・着メロなんかのコンテンツが充実しているに過ぎません。これは端末を安くで配ったりとか、政府が周波数をオークションにかけず、通信事業者がタダで周波数を手に入れたからできる技で、モデルが海外と全く異なるからです。

利用者は別に3Gやi-modeを利用したいわけではなく、価格が安く、つながれば基本的にいいのです。(TUKAのじじばば端末のように)。端末が安いのでついつい機種変してしまいますが、使い方はそんなに進化していません。むしろ、通話料・コンテンツ利用料は上がるばかりです。そういう意味では、通信事業者は新しい需要は作り出しているかもしれませんが、ユーザがどう使いたいとかそういう観点ではあまり作られていないように感じます。

最後に、この記事はブラックベリーを使っていない筆者が、あくまでもニュースや憶測でコメントを書いていますので、私の理解が間違っていたらご指摘・ご容赦ください。
AD

やはりAT&T買収へ

テーマ:
危ない危ないって言われていた米AT&TがSBCコミュニケーションズという中部の大手地域会社に買収を打診されているというニュースがウォールストリートジャーナルや業界紙に掲載されました。

元はといえば、アメリカは電話事業をAT&Tが支配していたのに、FCCにより民営化され、独禁法上地域に分割され、長距離通信のAT&Tとベビーベルと呼ばれる地域通信7社に分割されました。しかし、その後長距離系はAT&TとMCIやSprint等が競争し、地域会社もCATV会社が通信サービスを始めるようになり、すべてが自由競争という状況になりました。その結果、地域会社はSBC、ベルサウス、ベライゾン、クエストの4社が残り、MCIは破産し、携帯通信会社が台頭してきました。


その後、AT&TはCATV会社をTCIに売却し、携帯通信会社もシンギュラーに売却し、残るは長距離通信と企業通信のみとなっていましたが、地域会社も長距離通信に進出し、VoIP会社による長距離通信バイパスによる電話収入の減でいよいよといわれていた矢先の出来事でした。

これを日本に置き換えるとNTTは持ち株、東西地域会社、長距離、ドコモ、データと分けられたのですが、このうち長距離のNTT-Cは同じように減収減益で、この先同じ状況に陥るでしょう。地域会社もソフトバンク、イーアクセスなど新興系、携帯電話への移行、IP電話による電話収入の減を受けて、東西会社はさらなるリストラを強いられます。ドコモだって安泰できません。日本発の営業利益一兆円企業も減収減益で、今後新規参入があると通信定額制とか、低価格化により益々収益が悪くなるでしょう。

こうなると誰がインターネットや携帯のインフラを担うのでしょうか?せっかくBBや携帯の普及に伴うECも伸びてきて活発化しているのに。。。確かに弱肉強食の自由競争もわからなくもないですが、全体がシュリンクすると元も子もない。誰かがインターネットはタダと言ってますが、実は誰かが払っているんです。誰かが相互接続しているんです。ボランティアではないんです。ってことを認識した上で、インターネットや携帯を楽しみましょう。

そのうち、水、電気、ガスのように税金的になるかも。。。
AD