開業医の養父から相続した現金約3億6千万円を隠し約2億円を脱税したとして、名古屋国税局が相続税法違反の罪で、養女の社会福祉法人理事を名古屋地検に告発していたことが6日、分かった。

 関係者によると、告発されたのは、名古屋市千種区の加藤典子理事(50)。加藤理事は平成19年10月に開業医の養父が亡くなった後、親族らと預貯金や不動産など総額約30億円の遺産を相続。20年、税務署に相続税を申告した際、養父が保有していた無記名の割引債を換金した約3億6千万円を故意に計上せず、隠したとされる。

【関連記事】
眞鍋かをりに脱税疑惑! 弁護士を通じ反論
【芸能ニュース舞台裏】意外と…眞鍋かをり月給420万円だった
海砂採取組合5億円所得隠し 福岡国税局が告発
8億円超脱税で弁護士ら起訴 東京地検特捜部
税理士が3500万円脱税 東京国税局が告発
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

<仮処分申し立て>「雇い止めは無効」元スケート五輪コーチ(毎日新聞)
民主党が「仕分け調査員」を募集 1年生議員対象(産経新聞)
前納金返還認めず 4月以降 入学辞退側が逆転敗訴 最高裁(産経新聞)
余部鉄橋に代わる新橋梁、8月に供用開始(産経新聞)
<B型肝炎訴訟>原告が抗議行動…厚労相面談拒否で(毎日新聞)
AD