平野博文官房長官とルース駐日米大使が2日に会談した際、大使が「トラスト・ミー(私を信じてほしい)」との言葉を使って具体的な移設候補先を示すよう迫っていたことが分かった。平野氏が5日の記者会見で明らかにした。

【写真特集】米軍普天間飛行場とキャンプ・シュワブ沿岸部

 平野氏によると、ルース大使は普天間飛行場の移設先について「外へ漏らさないから、私を信じて(トラスト・ミー)、具体名を言ってください」と要請。平野氏は「ゼロベースで検討中だ。5月末までに決めるので、トラスト・ミー」と応じたという。

 「トラスト・ミー」は昨年11月の日米首脳会談で、鳩山由紀夫首相がオバマ米大統領に語った言葉と同じ。米側は「年内に現行案で決着」と受け止めたが、日本側が先送りしたため、両国関係がギクシャクする要因の一つになった。【横田愛】

【関連ニュース】
トラスト・ミーについて記者団に答える鳩山首相 (09年12月7日)
牧太郎の大きな声では言えないが…:「暴君」の語源
陸自幹部発言:「トラスト・ミー」同盟維持に不十分
普天間移設:政府、キャンプ・シュワブ陸上案で調整

女子高生につきまとい容疑、警部補を逮捕(読売新聞)
<もんじゅ>下請け2社献金 敦賀市長に5年で222万円(毎日新聞)
核テロ脅威、明文化へ 安全保障サミット 対北・イラン圧力強化(産経新聞)
「ヤミ金融やめていた」初公判で被告無罪主張(読売新聞)
政労が4月上旬トップ会談で調整 雇用問題めぐり政策協議(産経新聞)
AD