南相馬市長の講義

テーマ:

「南相馬市長、桜井勝延氏講義」


11月26日(土)日本政策学校の開学式後の
第一回講義は、今回の東日本大震災で誰もが知ることとなった
南相馬市の市長をされている桜井勝延氏の講義でした。

私自身の講義に臨むテーマ設定は
この誰もが経験したことがない災害の中で
どのような心境の中決断の軸を持って事にあたられたのか
また、それを経て思っていることを理解し
自分自身の心の備えとしておく、をイメージしていました。


テーマは「東日本大震災における南相馬市の状況について」
(以下、講義内容メモを元に私の視点で整理したものです)

地震発生時に市長は、議会で答弁中であった
対策本部を設置、避難勧告を出すも、すぐに津波が(1波、2波)が襲来し
結果的に広大な(杉並区全域以上の広さ)の土地が消失
海岸から2kmの農家は全滅

~原発と放射能、避難指示が出ない地域~

3ヶ月間は、2000名を超える行方不明者が出る状況
すぐに放射能の問題が発生するが、12日の時点で国からも何の情報もなく
20km圏内の地域で避難指示が出ない。
国も県も後から分かった事だが情報はあったが、その時に一切教えてくれない
結果多くの住民が、状況も分からぬまま留まる形になり
とてつもない恐怖を感じた。
(国も県も何も判断しない)

住民が個別判断で避難した人もいたが、
正しい情報が無かったので、
結果的に線量が高い地域にわざわざ動いてしまった人もいた。
原発事故により、南相馬市の人口は7人中6人がいなくなる状況に。

マスコミは真実を伝えるのが仕事であるのに
原発事故の後、大手各社は一切いなくなってしまった。
南相馬市は食料、物資が届かない状況で孤立。
でも、それを伝えてくれるマスコミがいなくなった。

その後、大分経って市内の農家の牛肉からセシウムが出た時には
30社ものマスコミが押しかけて農家を糾弾。
マスコミの使命とは何なのだろうか?と問いかけたい。
その問題意識もあり、その後ユーチューブで海外メディアに発信した。

自分は市長になって一年ちょっとでこの震災に遭遇した。
その中で、首長として「命を守る事」を最優先にしてきた。

特に有事においては、地域毎の首長の決断によって
地域の運命が変わってしまうと実感

13日、14日の時点で
国からも何の情報、指示もない中で
新潟県知事が連絡をくれて、
「南相馬市の人が避難するなら新潟県は全員を受けれます」
と言ってくれた。本当にありがたかったし
これこそが首長だから出来る決断だと。

現在、義務教育を受けている子供達の為に
自分の判断で、30km圏外への通学を実施
バス20台、一日100万円かかっているが
子供達から教育を受ける機会を奪いたくない
(20km圏内は100%学校閉鎖)
除染も自分達で行っている。

「何を大切にすべきか」「誰が命を守れるのか」

これは大切なテーマである。

必要なのは、『使命』
つまり何のために自分の命を費やすのか
首長の使命、政治家の使命、マスコミの使命・・・
それぞれにやるべき事、やならければいけない事があるはず。

よりよい(必要な)法律を瞬時につくっていくことも大切だし
政治家はこうゆう時こそ、メッセージを伝えなければいけない
こうゆう時こそ、この国の国力を示す時ではないのか!?

いま、大切なのは「人の心を再生すること」だと思う。

先人達から受け継いできた命を
(人だけでなく自然や家畜も含め)
大切にするということ。
命は今しかないし、今輝いている命を大切にする
それが政治の使命だと。
人が自らの命を絶たなければいけないような
国であってはいけない
彼らに希望を与えられなければいけない。
そして、最後に
『民の力でしか、国は変えられない』
というメッセージを述べられました。

~講義を受けて~

私のレポートが正確でない部分もあるでしょうし
また、桜井市長の想いを伝えられたとは到底思いません。

私は講義を受ける前に自分で設定してた課題や疑問は
お話いただいた中の具体的な事項とメッセージの中に
全て集約されていました。
正直、この人に今の私に質問出来ることなど無いと
思ってしまいました。

元々、使命感をお持ちの方なのでしょうが
今回の震災の経験を経ながらより大きな使命感を
抱かれるようになったのでは、と思います。

『使命』

自らの命をかけてやれること
そうゆう事を見つけて取り組むこと
正にこのテーマについて考えていた私にとっては
この講義で魂が揺さぶられました。

何も有事に限ったことではなく、平時においても
また政治に関係なく、仕事やプライベートにおいても
とても大切なことだと。

人の命は有限だからこそ、何に命を使うかはとても重要である

それが再確認出来た事が、一番の学びであると。
そして行動をしなければ何も意味はないことも。


追伸:桜井市長の握手はとても力強かったです。




AD

復帰して2週間

テーマ:

あっという間に2週間が過ぎました
仕事のペースには慣れてきましたが
逆に育休の時のペースが保てなくなってきました


特に夜の予定が多く
若と一緒にご飯を食べたり
お風呂に入れたりできませんでした


その間
一番心配していた保育園には入れることになり
そこはホッとしていますが

4月からは送迎があります
どのような感じでやっていけるのか
これから妻と相談していきたいと思います


この2週間で若がくつをはく練習をしています
まだくつをはくと重たいのか
歩きにくそうですが
ちょっとずつ慣れてきてくれています

来月はいよいよ1歳の誕生日です!!



ツイッターでも育休+αつぶやき中です

↓↓↓

@tkhsysnr


AD

職場復帰しました

テーマ:

今日は職場復帰の初日

多少の戸惑いみたいなものがあるかなぁと

思っていましたが、自分でも驚くくらいなかったですね


なれなかったのが、大人数での会議ですね


この1カ月、基本的に妻と若と3人の時間が多かったので

人が多いことにちょっとストレスまでいかないですが

違和感ありました


あとは、皆がパワーポイントで資料を話すときの

情報量の多さですね


絵本や若との会話は

極めてシンプルそのもの!



なので、みんな大人は早口で

わかりにくい環境で生きているんだなぁ

と変な実感がありました



育休期間に身に付けた家事や時間のバランスみたいなものを

忘れないように上手にやっていきたいです


雪がはげしく降り始める中、いそいそと帰宅すると

若、満面の笑顔でお出迎えしてくれました


ホッとして、とても嬉しかったです^^







ツイッターでも育休+αつぶやき中です

↓↓↓

@tkhsysnr


AD

育休を振り返って。

テーマ:

育休28日目②(最終日)



いよいよ今日で育休が終わり

明日から仕事に復帰します


この1カ月を表現するなら


”本当に楽しくて素敵な時間だった”


というのがピッタリです



若の日々の変化、成長を感じる事が

出来たのは何物にも代えがたい経験でした


また、私の家事レベルは確実にアップしたと

自分で思います

(というより、普通になって意識が上がった)

というべきでしょうか


また、妻とは生活のことや若も含めた

自分たちの将来のことを

折に触れて話したり考えたり

それも大切なことでした


あとは、保育園のことや

日常の買い物や散歩を通じて

街のこと、行政のこと、家事や育児に追われる

人達の感覚

全部ではないですが、十分感じられたし

少しは理解できたと思います


本当に休んでよかった!!


また、明日から仕事も頑張ろうと思います


最終日のご褒美か、若はお風呂上がりに

ベビーマッサージしてあげたら


仕事人の育休日記(元恵比寿の社長日記)


ごきげんさんで、いびきをかいて

かわいい寝姿を見せてくれました



仕事人の育休日記(元恵比寿の社長日記)


最後に、根気よく私の事を見守って指導してくれた(笑)

妻と新米パパに最高の笑顔で接してくれた若に感謝したいと思います


これが終わりではなく、何かが始まったと感じさせてくれた時間でした


せっかく復活したブログなので

今後も育児のことや、仕事と子育てのことなど

書き続けていきたいと思いますので

よろしくお願いします



ツイッターでも育休+αつぶやき中です

↓↓↓

@tkhsysnr

育休28日目(最終日)


前回のブログで、育休取得までのプロセスについて

書きましたが、今回は上司や周囲への説得や

コミュニケーションについて書いておこうと思います


まず注意すべきは自分の上司の価値観ですね

これを知っておく必要があります


制度があるからといって勝手に休む訳にはいかなしし

そうしてしまうと後でしこりが残りますしね


私の場合は、よく飲みに行った時に

その人の育児に対する考え方などを

さりげなく聞いていました


彼が前職でばりばりの時に、子供が小さく

共働きだったときは、土日は自分が全部面倒を見て

よく冷凍した母乳を飲ませていた、などのエピソードを

聞いていました


なので一定の理解はあるんだろうな

と思っていました


ですが世の中には、もう少し古い世代の人は

育児は奥さん中心でするもので、会社の命令は絶対という

価値観で生きてきた人もいます


そうでないことを認めるのは

自分の生き方を否定されたように感じるかもしれません


そうゆう人に育児をと言っても、往々にして

「営業成績残してから言え!」みたいな

リアクションがくることもあるでしょう


そうです、そう言われないように

仕事もちゃんと成果を残すことも

大事だと思います


私も、育休取得を切りだす前までに

戦略的に絶対実現しなければいけない

大きなPJを10月までの間に当初の

約束通りカットオーバーさせました


もうひとつやったこと

メールで上司や関係各所の責任者に対して

週1回、情報シェアと称して

私と私の部門の活動報告的を行ってきました


そうする事で、私がやってきたことも

部門の動きも理解が進みますし


私が休業することに関するリスクも

それをカバーすることで問題がないことも

間接的に伝えられるからです


前回書いた、組織変更に関することなど

トピックスで随時書いていました


実際、私が休みに入る前に送ったメールの最後に

育休に入るので・・・と書いたら

複数の方から、応援や、自分は昔取れなかったので

先進的な事例になってください、とメールをいただきました


一般の方でしたら、上司への報告メールでいいでしょう。


普通、管理職は報告や接触頻度が高い部下を

信用する確率は高くなります


要は、休みなんか取ってる場合(社員)じゃねぇだろ!

と言われないように

組織から、ちょっと休んだくらいで必要ないと思われない

自分を日常から確立しておくことが必要だと思います


絶対に必要な人材だからこそ、その人の行動を

組織は支援しようとするものです


戻れる人だからこそ、しっかり休めるのも

事実としてはあるかと思います

(権利や価値観とは別の意味でですが)


もし、営業成績を残さないと認めてくれないような

上司なら、本当に成績を残すか

それに匹敵する何か成果を残すことに

全力を傾けるのがまず先決かもしれません


そう、休むのは楽な事ではないからです


後は、直接の対話(コミュニケーションでしょう)

日常から、相手の価値観を理解したり

さりげなく自分の価値観や意向を伝えたり


それはとても大切な事だと思います

参考になったかどうか、、、ですが。




ツイッターでも育休+αつぶやき中です

↓↓↓

@tkhsysnr