フーザンボー湘光のブログ

俳句を詠んで、配信します。


テーマ:



    花海棠影を残して散り敷きぬ


 12日のブログで、「海棠や夕雨見やるひとの髪」と詠い、楊貴妃のような女性に逢えるかとひそかに期待し、今日鎌倉の光則寺に行きました。

 残念なことにほとんど海棠の花は散ってしまっていました。でも、残り花であっても、さすがは海棠です。薄紅色の八重裂きの花は美しく、唐の玄宗皇帝が楊貴妃の眠り姿を海棠にたとえたのもうなずけます。

 拙句ですが、海棠の花は花影を空に残して散ってしまったけれど、花の下に散った花びらもまた美しい、と詠んだつもりです。


   時空超え海棠未だ夢の中   田湯岬


 光則寺で楊貴妃の「睡れる花」(ねむれる花。海棠のことです。)に逢うことは、しばらくお預けです。







いいね!した人  |  コメント(6)
PR
同じテーマ 「ブログ」 の記事

[PR]気になるキーワード