• 11 Jun
    • 誰もが苦手? ニュートン算

      今日は、苦手な生徒が多い「ニュートン算」を動画でご紹介します。 ちょうど、今週の6年生の授業でやりましたので。 まず、問題ですが・・・ 大きなタンクに、毎分一定の量の水が入り続けています。タンクの水が1080Lになったときから、ポンプで水をくみだします。2台のポンプでこの水をくみだすと2時間でタンクは空になり、5台のポンプでくみ出すと40分で空になります。どのポンプも1分間にくみ出す水の量は同じです。これについて次の問いに答えなさい。 (1)ポンプ1台で毎分何Lの水をくみ出しますか。 (2)タンクには、毎分何Lの水が入り続けますか。 (3)30分以内にタンクの水を空にするには、最低何台のポンプが必要ですか。 というものです。 一度解いてみてから解説をご覧ください~ 解説は、こちら!

      3
      テーマ:
  • 21 May
    • 欲と希望

      かつて、誰かに聞かれたことがあります。 「欲と希望の違いは何ですか?」 なぜそんなことを聞かれたかというと、 「欲に負けず希望を持ちなさい」 というようなことを、その人に言ったからだったと思います。 欲と希望。 国語的な言葉の意味の違いをここでお話しするつもりはありません。 例えば、私には、希望があります。 違う言葉に置き換えると、夢とか目標と言ってもいいかもしれません。 それは、ワイズの生徒を、4年生、5年生、6年生、それぞれ16人ずつ、合計48名定員一杯にすることです。 今だかつてそれが叶ったことはありません。 16人という人数は、一人の先生が教える人数としては最多だと思っています。 それよりも多くなると、生徒一人一人に目が行き届かなくなり、授業の質が落ちます。 逆に、人数が少なすぎると、生徒にとっては、少し寂しい、活気のないクラスになってしまいます。 それに私だってお金が嫌いなわけではありません。 お金はあった方が嬉しいです。 生徒が48人もいたら、きっと家族をハワイに連れていってあげることができるでしょう。 だから、16人という人数は、生徒たちにとっても私にとってもいいことだらけの人数なのです。 これが私の希望であり、目標です。 さて、そんな目標がありながら、時に私は、仕事なんかしないで、本を読んだり、ボーッとテレビをみたりしていたいなあ、と思うことがあります。 それから、仮に、48名の目標を達成したあと、もっとお金がほしいからと、生徒を1学年20人までに増やすことにしたとしましょう。 ああ、そのとき、私は、授業の質より、手に入るお金を優先したことになるのです。 これら2つはどちらも欲です。 欲を実現させようとすれば、目標は遠ざかり不幸や破滅が近づきます。 子どもはそれほど大きな欲を持ちません。 ちょっと、友達とおしゃべりしたい。 ちょっと、ゲームがしたい。 それらが本当にちょっとで終わるなら、それは大したことではないのです。 でも、そのちょっとが何日も何日も重なると大きな怪物に成長していきます。 ちりも積もれば山となる。 皆さん、夢や目標を叶えるために、欲を捨てる強さを持ちましょう。 それは修行です。 今、皆さんは修行をしているのです。 中学受験は修行なのです。 そして、いつか、幸せをつかんでくださいね。 新3年生10カ月無料授業は4/16スタート! 4・5年生体験授業受付中です! お申し込みは、こちら から!

      3
      テーマ:
  • 18 May
    • 桜井さん、うちの子受かりますか?

      「桜井さん、うちの子受かりますか?」 皆さんはこの本をご存じでしょうか? この本は、娘さんを塾に通わせずに、自分だけの力で、桜蔭学園に挑戦した、桜井信一という人が書いた本です。 この方は、サピックスの使い終わった問題を、オークションで購入し、そこに書き込まれている式や図から解き方を研究し、我が子に教えたといいます。 お父様自身は、中学卒業の学歴しかないということで、仕事もあっただろうによくぞそこまで、と思いました。 まだ全部読み終わっていないのですが、よくぞそこまで、というのは、 たった一人の子供を教えただけで、よくぞここまでの境地に達したものだなあ、 という意味もあります。というか、それがとても強いです。 私はもう、26年もこの仕事をしているので、桜井さんが書いていることは当然だと思いますし、常日頃、自分もそう思っていたことですが、普通の親御さんがここまでの境地に達することはなかなかできないと思います。 子供が、根気強く勉強できないことを、女性がダイエットを根気強くできないことに例えている部分などは、うまいなあ、と思いました。 私が読んでいるところまでの内容では、この本は、合格するためのHow to 本というより、中学受験生を持つ親としてどのように子供と接するべきか、どのような心構えでいるべきかを面白く分かりやすく説明した本だと思います。 ついつい、イライラしてしまうお母様には是非読んでいただきたいと思います。 新3年生10カ月無料授業は4/16スタート! 4・5年生体験授業受付中です! お申し込みは、こちら から!

      6
      テーマ:
  • 15 May
    • 5年生からの入塾

      ブログの更新が滞っており、申し訳ございません。 今日は、1時から入試報告会、2時から7時までは、新しく入塾した5年生に4年生の内容を教える補講を行っておりました。 かつては、中学受験のスタートは、5年生だったのです。 しかし、4年生をプレ受験生ではなく、正式な受験生としたカリキュラムになってからは、5年生からの入塾が難しくなりました。 他塾に通っていた入塾希望の子の保護者の方が初めて塾にいらっしゃる際、私はたいてい、前の塾でお子さんが使っていた算数のノートを見せていただきます。 それがとてもしっかりしているか、或いはそれなりに成績が取れているか、或いは、その塾の先生にとても誠意があるなら、私はワイズへの入塾をお勧めしません。 なぜなら、今まで教わった方法で今後も授業を受ける方が良いに決まっているからです。 しかし、たいていの子のノートは、 計算の途中式が省略されている そもそも、式というものが、きちんと書かれていない 線分図や面積図が描かれていない という状況にあります。 先生はきっと黒板にきちんと図や式を書いているはずなのですが、 それを、生徒が実行しているかどうかのチェックができていないのでしょうね。 それだと、きちんとした子だけが伸びていくということになってしまいます。 さて、5年生からお子さんをお預かりする場合、彼らが身に付けた解き方を、ワイズの解き方に塗り替えなければなりません。 式の書き方から図の描き方まですべてをワイズ色に塗り替えるのです。 そうでなければ、これから2年間の授業が空回りしてしまうことは目に見えています。 今日行っていた授業はまさにそれで、これまで、10時間の授業で、ようやく4年生の前半をほぼ終えました。 後半を終えるには、少なくとも、あと10時間はかかるでしょう。 そう考えると、そのような塗り替え作業も、できて、せいぜい4年生の1年分。 つまり、転塾は5年生の今の時期を過ぎると難しくなります。 皆様が思うほど、 「今までとは違う教え方をする先生に習う」 ということのリスクは小さくないのです。 なので、中学受験をお考えなら、 入塾は4年生から、 転塾はしないに越したことはありませんが、どうしてもするならば、遅くとも、4年と5年の切り替わりまで、 にしましょう。 それはとても大事なことだと思います。 3年生10カ月無料授業申込受付中! 4・5年生体験授業申込受付中! 全国統一小学生テスト申込受付中! お申し込みは、こちら から!

      5
      テーマ:
  • 24 Apr
    • ハピオ!

      今日はハピオの動画をご覧ください❗ おやつ大好き。 食べることに生き甲斐を感じてます。 新3年生10カ月無料授業は4/16スタート! 4・5年生体験授業受付中です! お申し込みは、こちら から!

      4
      テーマ:
  • 21 Apr
    • ホームページに動画をアップしました!

      ホームページに授業の様子の動画をアップしようと思い立ちましたが、パソコンが大の苦手の私。 相当苦労いたしました。 しかし、ようやく本日成功しましたので、ここにお知らせ申し上げます。 体験授業を受けようかどうしようかと迷われている方の良い判断材料になるのではないかと思います。 また、中学受験の算数の基礎というものがどんなものなのかにつきましても、何となくわかっていただけるのではないでしょうか。 算数の解説を目的とした動画なら、私が説明している部分だけを編集すれば良いのですが、 1問にどれくらいの時間をかけているのかを見ていただきたく、編集なしで、授業のうち、約50分間をアップ致しました。 ワイズはどんな塾なのか、少しはわかっていただけるのではないかと思います。 新3年生10カ月無料授業申込み受付中! 4・5年生体験授業受付中! お申し込みは、こちら から!

      2
      テーマ:
  • 15 Apr
    • カエデの花

      皆さんはカエデ(モミジ)の花を知っていますか? 昔、アップしたことがあるのですが、先週の日曜に発見したので、写メをとってきました。 わかりますかね? 赤い部分がカエデの花です。 これが実になると、プロペラのような形になって飛んでいきます。 鉢にまくと、ちゃんと芽がでてきて、小さな鉢植えのカエデになるんですよ。 紅葉もします。 私は豪華に咲き誇る花よりも、こんな風に、ひっそりと咲く小さな花が好きです。 新3年生10カ月無料授業は4/16スタート! 4・5年生体験授業受付中です! お申し込みは、こちら から!

      3
      テーマ:
    • 中学受験のカリキュラムについていけないのは当たり前

      中学受験のカリキュラムについていけず苦しんでいる子供は相当多いはずです。 なぜだと思いますか? 考えて見てください。 カリキュラムを作るのはどこでしょう? それは塾です。 では、塾の目的は何でしょう? それは、利益を得ることです。 それでは、塾が利益をあげるために必要不可欠なことは何でしょう? 高い合格実績を出すことです。 難関校といわれる学校に一人でも多くの生徒を合格させることです。 ということは、塾はそのために最良のカリキュラムを作成します。 つまり、塾の作ったカリキュラムというのは、難関校用なのです。 難関校には、ごくわずかの才能を持った子供しか合格することができません。 そのために作られたカリキュラムを、全員が使用しているのです。 そもそも問題はそこにあるのですね。 塾としての主張はこうです。 「だからこそ、クラス分けをしているのですよ」 大抵の方がそれで納得してしまうのですが、実は問題の難易度を調整して解決するほど、その差は小さくないのです。 難易度を下げ、しかもスピードも相当落とさなければ、平均的な頭脳を持った子供はついていくことができません。 ワイズの4年生の授業がまさにそうですね。 あり得ないほどゆっくりなペースで進んでいます。 これは、夏期講習などの講習を復習に当てず、すべて通常授業に振り分けているからです。 ですから是非とも、ワイズには4年生から通ってください。 本当は、3年生からが一番よいのですが… 新3年生10カ月無料授業は4月16日からです! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      3
      テーマ:
  • 04 Apr
    • 春期講習終了

      8日間の春期講習が終わりました。 ワイズがどんな塾か、4年生の授業を例にあげてお話ししたいと思います。 この8日間で4年生が習ったこと。 小数のみ。 四谷大塚のカリキュラムでは何と1回分。 つまり、1コマか2コマで終わらせるべき部分です。 では、内容をご紹介しましょう。 まず、0.1と10分の1が同じ数であることを教えます。 当然、0.01と100分の1の関係も。 そのあと、0.1が3つと、0.01が3個集まると、0.33になることを教え、最終的に、0.1が5個と100分の1が17個集まるといくつになるかできるようにします。 次に、0.1が10個集まると1になることから、0.1×10=1であることを教え、10倍することは、小数点を右に1つずらすことだということを教えます。 逆に10分の1ならば、小数点を左に1つ移動させることを教えるのは当然です。 さて、次に、 2㎞=( )m=( )㎝=( )㎜ ( )㎞=250m=( )㎝=( )㎜ ( )㎞=( )m=3000㎝=( )㎜ (        )㎞=( )m=( )㎝=750000㎜ このような穴埋めが、 ㎏と㎎ kLとLとmlでもできるようにします。 その後、 小数同士の足し算と引き算を教え、 250㎝×5-3.5m=( )m のような問題ができるようにします。 それに8日間かかりました。 皆様はそれをどうお考えになりますか? 時間をかけすぎと思われますか? 正直、これだけ時間をかけても、全員が完璧にできるようにはなっていません。 しかし、この単元を、2コマで終えるのとでは大きな違いがあります。 このような単元はこれから先、全てのことに影響を及ぼす重要な部分です。 だからこそ、絶対に生徒をおいていってはならないのです。 カリキュラムを優先するか、子供の理解を優先するか、その答えは明らかな筈なのですが、それを実践できている塾はどれだけあるでしょうか? 新3年生10カ月無料授業受付中です! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      4
      テーマ:
  • 01 Apr
    • 子どもは親次第

      よく、 「本人にやる気がないのに無理にやらせても仕方ないでしょう」 という言葉を聞きます。 実際、私もそう言うことがよくあります。 しかし、私は、やる気がない子どもには何をさせても無駄、とは思っていません。 どんなにやる気がなくても、その子を見捨てるのでなければ、その子にとって受け入れられる最大限の努力はさせるべきです。 例えば、本人にやる気があまりない。 でも、辛うじて塾へは嫌がらず通っている。 でも、積極的な学習をするわけではないから成績は振るわない。 そこで出てくる言葉。 「そんなのならやめれば?」 それは違うと思います。 積極的にできなくても、その子なりにやっている。 それなら、それを続けさせれば良いではありませんか? お父様やお母様には、ご自分の理想とする「学ぶ姿」のようなものがあって、お子さんがそれに一致しない場合、 「そんなやり方ならやっても仕方ない」 と結論を出してしまうことがあります。 しかし、お父様やお母様とお子様は別人格。 その子にはその子の、そしてその時の限界というものがあって、その先を今すぐ望むのは無茶です。 逆に、もっと高いところにその子の限界があるのに、ちょっとお子さんが弱音を吐いただけで、すぐにそれを受け入れてしまう保護者様もいらっしゃいますが… なかなかうまくいかないものですね。 要は、その子の限界を見極め、そこに達する努力をしていれば、それはすべて受け入れるべきだと思います。 その限界の見極めは非常に難しく、たくさんの子どもを教えてきた経験のある人でないとなかなかできません。 ですから、どうか、塾の先生に相談して下さい。 その時私たちは、塾の利益を中心にものを考えてはいけないのです。 それは、教育者としてのプライドだと思います。 新3年生10カ月無料授業受付中です! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      4
      テーマ:
  • 29 Mar
    • 違う角度からものを見る

      公立中高一貫校では、入試試験ではなく、適性検査が行われます。 適性検査では、暗記のような努力は評価されず、その場での思考力、判断力、表現力などが要求されます。 ということは、簡単に言えば、 「頭の良い子」 を選抜する検査と言うことでしょう。 これから先、文部科学省の方針によって、判断力、表現力、思考力がどんどん問われることとなり、必死な努力で得点を稼ごうとする子どもは、なかなか評価されなくなるという懸念があります。 しかし、少し角度を変えてこの事柄を見直してみましょう。 「努力をする」 ということは、大抵の場合、塾などの指導によって行われる訳です。 ということは、経済的に余裕のある家庭の子供の方が有利になりますね。 しかし、才能は、貧富に関係なく与えられるものですから、才能を検査する適性検査というのは、ある意味、フェアな選抜方法かもしれません。 なので、私は、このような選抜方法を否定はしませんが、すべてを、それ一色に染めてしまうのには反対です。 努力と才能。 どちらも同じくらいずつ、評価される仕組みを残して欲しいと思います。 新3年生10カ月無料授業受付中です! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      5
      テーマ:
  • 28 Mar
    • 成長と挑戦

      今日も新大学生が3名塾に来てくれました。 Facebookを見ていても、私と繋がっている卒業生の、大学卒業、高校卒業の写真が、たくさんアップされています。 みんな、一つの節目を越えて、一まわり大きくなっていくんですね。 彼らがどんどん成長して、頼もしくなればなるほど、私は年をとっていくわけで、何か少し複雑な心境です。 いつまでも挑戦し続ける人間でいたいですね。 新3年生10カ月無料授業受付中です! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      3
      テーマ:
  • 27 Mar
    • 理社の再テスト

      ワイズでは理科と社会にプリントがあります。 そのプリントは穴埋めの暗記なのですが、合格できないと何度でも再テストをします。 その再テストがたまりにたまって、それが辛くて塾をやめた子もたくさんいます。 なぜそこまで厳しく再テストをするのか? 暗記にこだわるのか? 正直、難関校と呼ばれるような学校では、あまり暗記は必要ありません。 その場で与えられたグラフや条件から考えて答える問題が多いからです。 しかし、再テストに苦しむような子は、国語も算数も苦手な子が多いのです。 国語や算数はそれぞれの子に限界があって、小学生のうちにその限界を超えることはとても難しく、 その点、理科や社会の暗記部分は努力さえすればなんとかなります。 努力してもどうにもならないものは受け入れる。 努力さえすればなんとかなるものなら努力させる。 簡単に言うとそういうことです。 そして、そのくらいの子が受ける学校の理科や社会の問題は、結構暗記が通用するのです。 算数と国語ができれば2科目に絞ってしまっても良いのですが、中学に行ってからのことを考えると、極力4教科をとった方がよいと思います。 あと、暗記は将来は必要ですから、今のうちに暗記ができるように訓練しておくことも大切ですね。 特に文系の子には。 みんなに頑張って欲しいです。 新3年生10カ月無料授業受付中です! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      3
      テーマ:
    • 大学合格おめでとう!

      今日は5人の卒業生が大学合格の報告に来てくれました。 子供たちにお菓子もいただきました。 みんな、おめでとう。 そして、ありがとう。 みんなが自分の進む道のことを話しているのを聞いて、嬉しく、羨ましく思いました。 ご両親に対する感謝の気持ちを忘れずに、思いきり生きてください。 そして、自分にとって最も価値のるものを手に入れて下さい。 新3年生10カ月無料授業受付中です! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      3
      テーマ:
  • 26 Mar
    • 効率

      昨日、「効率」の話を少ししましたが… 教育ということに関しては、「効率的な方がよい」ということは、ほとんどないのではないかな、と思います。 逆に、効率など考えずに、我々にとって、面倒くさい、非効率的なことをすればするほど、子供たちにはよい影響を与えられるのではないかと思います。 だから、私はあえて面倒なことをどんどんとりいれていきます。 例えば、スタンプカード。 生徒が正解する度にトランプを1枚ずつ配り、その枚数に応じて、授業後にスタンプを押します。 それがなければもう少し授業が早く進むかも。 それから、漢字プリント。 生徒が持ち物や宿題を忘れる度に、1枚渡し、誰に何枚渡したかを記帳します。 そして、それが提出されたら消し込みをし、すべての漢字が間違えていないかチェックします。 これがなければどんなに楽でしょう。 漢字プリントを渡す時間や回収する時間のことを考えると、漢字プリントがなければ、授業時間が増えるのも当然です。 それから、再テスト。 私が毎日早く帰れないのは、この再テストの丸つけと、一人一人への結果のお知らせメールのためです。 ああ、これがなかったらどんなに楽だろうと思います。 しかし、それをやめてしまえば、覚えるのが嫌いな生徒は、そのまま、中学生や高校生になってしまいます。 それでも、これまで、再テストが嫌で塾をやめてしまった生徒が何人もいたのは、何かとても複雑な心境です。 実は社会や理科の再テストにはもっと深い意味があるのです。 それはまた明日にでも。 そして、最近始めた交換ノート。 でも、これは正直楽しいです。 それでは! 新3年生10カ月無料授業受付中です! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      3
      テーマ:
  • 25 Mar
    • 有名校合格至上主義が生み出すもの

      塾が有名校合格至上主義にはしるのは当然のこと。 実績を上げればたくさんの生徒が集まるから。 学校もまたしかり。 それはどんなことを生み出すのか? 才能ある子供の奪い合いです。 学校も塾も、テストによって才能ある子とない子を分けます。 そして、才能ある子には徹底的に手をかけ、何としても有名校に合格させます。 だから、せっかく入学試験に合格した子供たちに対して、クラス分けを行う学校が出てくるわけです。 塾ではなんと、クラスを10クラス近くに分けているところもあります。 だってその方が効率がいいですよね。 才能ある子だけを抽出して、そこだけに一点集中する。 保護者の皆様は、このブログを読んで、その様な学校や塾のやり方に疑問を持つかもしれません。 しかし、もしそうだとしたらあなたは少数派です。 だって、そういう塾や学校がどんどん人気を集めているのですから。 ワイズは少数派でいきます。 誰がなんと言おうと、それだけは譲れません。 子供は効率よく接する相手ではありません。 もっと、温かく接するものです。 新3年生10カ月無料授業受付中です! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      4
      テーマ:
  • 23 Mar
    • 今日の交換ノートは16冊

      交換ノート。 結構みんな書いてくれるものですね。 楽しいものもあるし、悩み系のものも。 みんなには、楽しいものには楽しく返すし、真剣なものには真剣に書くよ、といってあります。 これが中学生になると、反応がぐっと減るんでしょうね。 でも、反応が減るのは、それまで大人がきちんと対応しなかったからかもしれません。 その結果、どうせ、話なんかしても無駄だと思うようになってしまったのかも知れません。 そうならないように努力します! 新3年生10カ月無料授業受付中です! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      3
      テーマ:
  • 21 Mar
    • 春の花2

      く今日はモクレンを撮ってきました。 コブシに比べると花びらが大きく、チューリップのように上を向いています。 あと、森林の下草に、シャガというのがあるのですが、これです。 アヤメ科なので、花はアヤメを小さくしたような形です。 それにしても花粉がひどいです 新3年生10カ月無料授業受付中です! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      4
      テーマ:
  • 20 Mar
    • 春の花

      今日、ハピオの散歩に一時間以上かけて行ってきました。 ちょうど気候がよくて、緑道を走っている人がたくさん! ちょっと驚きでした。 しかし、あまりにも花粉がひどい 子供たちが春の花として覚えるコブシが咲いていました。 これです。 このように、植物の写真を撮るときは、遠くから見た様子と、花びらの様子と2枚取るようにすると良いです。 そういえば、モクレンも咲いていました! 明日撮ります! 新3年生10カ月無料授業受付中です! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      1
      テーマ:
  • 19 Mar
    • 小学生と中学生の違い

      私は、中学校と高校の社会科の教員免許を持っています。 最初は、教師になるのなら中学校の教師になりたいと思っていました。 小学生ではあまりに幼すぎてつまらないだろうと思ったのです。 結局、学校の先生にはなりませんでしたが、塾では中学生と、小学生、どちらも教えました。 そしたらなんと、小学生の方がずっと面白かったのです。 なぜかというと… 司馬遼太郎の書いた「竜馬がゆく」のなかに、たしか、竜馬が、西郷隆盛のことをこう評していた場面が合ったと思います。 「西郷はつり鐘のような男だ。大きく叩けば大きく鳴るし、小さく叩けば小さく鳴る」 たぶん、勝海舟から、西郷はどんな男だったと聞かれたときの答えだったと思います。 まさに、それが小学生だと思いました。 こちらが彼らにぶつかっていけばそれなりに彼らは答えてくれる。 何もせずに、見ているだけなら、彼らもうちとけてはこない。 その反応の機敏さ、繊細さに、私は惹かれ、受け持っていた中学生の受験が終わったのを境に、中学生はやめてしまいました。 どうせやるなら小学生と、とことん付き合ってみたくなったのです。 そして、それは、今でも正解だったと思っています。 いつまでたっても小学生と付き合える仕事は本当に面白いと思います。 新3年生10カ月無料授業受付中です! 4・5年、4月生募集中です! お申し込みは、こちら から!

      3
      2
      テーマ:

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ランキング

総合ランキング
238611 位
総合月間
153558 位
先生
1536 位
学び・教育
3258 位

ランキングトップへ

ブックマーク

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。