入試が近づくと、塾以外に家庭教師や個別の授業を併用し始める方がちらほら出てきます。

しかし、それはとても危険なことです。

なぜかというと、新しい先生が、これまで教わってきた塾の先生と同じ教え方をしてくれるとは限らないからです。

いや、全てを同じやり方で教えるというのはまず無理でしょう。

例えば、これまで、差集め算を面積図で習ってきた子が、いきなり線分図で教えられたら、それはもう頭がこんがらがって当然です。

中学受験の算数の解き方には、さまざまな方法があり、一つの塾でたくさんの先生がいる場合には、解き方を全て統一しなければなりません。

ということは、塾の先生のために、テキストに解説が付いていると言ってもよいかもしれませんね。

四谷大塚の首都圏提携塾は、基本的に経営母体の異なるばらばらの塾ですから、提携塾間で問題の解き方の統一はされていません。

予習シリーズには、解き方が載っていますが、もっとわかりやすい方法がある場合には、私はそちらの方法で教えますし、他塾の先生もそうすると思います。

さて、違う方法で教えられることがどれほどのマイナスなのか?

これは、実力がアップしないだけではなく、マイナスに作用する可能性が大きいです。

つまり、違う先生に習えば習うほど成績は悪くなっていきます。しかし、

「うちはとても良い結果がでましたよ?」

そうおっしゃる方もいらっしゃるでしょう。

確かに、それは事実かもしれません。

違うやり方で教わっても、それを自分が習った方法に変換したり、自分が習った方法を、新しい先生の方法に変換できる力を持った生徒なら良い結果を生むこともできます。

しかし、同じ先生に何度も何度も同じ方法で教わっているにも関わらず、同じような問題がいつまでたっても解けるようにならない子にとっては、マイナスの効果が最大限に出てしまいます。

いくらできないといっても、2年間、みっちり同じ方法で繰り返し教われば、簡単な一行問題程度なら、そこそこできるようになるものです。

しかし、そこに、別の解き方をミックスしてしまうと、全てが台無しになってしまいます。

そして、実は、解き方だけの問題ではないのです。

一問一問にかける時間の長さ、取り組み方(1問やって1問解説するのか、3問やって3問解説するのかなど)などのリズムが違うだけで、力のない生徒はダメージを受けます。

もし、皆さまが家庭教師や個別指導によるテコ入れをお考えなら、必ず、担当の先生に相談して下さい。

ワイズの場合は、本当に私が必要と考えたときにのみ、私の教え子の大学生を紹介いたします。

教え子ですから、解き方は同じです。しかも、中間マージンのようなものは一切頂きません。


それからそれから、

「○○中学対応日曜特訓!」のようなものもありますよね。

それも、実はそれほど必要ありません。

結局、その学校の過去問題をやる程度ですから、それならば、自分で過去問を買って、わからないところを担当の先生に質問した方が良いです。

まあ、塾としては、売り上げも伸びますし、その講座に参加した生徒が合格したら、合格実績として発表できますので、一石二鳥なのですが、皆さまとしては、積極的に塾の利益に貢献する必要はないわけですから、わが子の利益だけを考えて冷静に行動して下さい。


3年生の無料授業は9/10から。
4・5年生の後期授業のお申し込みをお待ちしています。
まずは、ホームページよりお申し込み下さい!












AD