達人の身体操作を「基本原理」から徹底的に個人指導! 武道・武術の個別指導塾 研勢塾 合気道・剣道・古流武術・中国武術

合気道、剣道、古流武術、中国武術などの武道・武術を学ばれているかたに合気、先(せん)、浮き身、発勁などを個別指導で実際に使えるようにお教えします。現在通われている道場などとの相乗効果により一層深い理解が得られます。

達人の身体操作を「基本原理」から徹底的に個人指導!


武道・武術の個別指導塾 研勢塾



合気道、剣道、古流武術、中国武術などの武道・武術を学ばれているかたに、合気、先(せん)、浮き身、発勁などを個別指導で実際に使えるようにお教えします。
現在通われている道場などとの相乗効果により一層深い理解が得られます。

また、現在道場などに通われていなくても、武道・武術の真実を正しく学ぶための入り口としても最適です。



研勢塾とは

NEW !
テーマ:

● ぶつからない、つながる


こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今回は元競輪選手で合気道を学ばれているかたの、研勢塾初級第6回目のようすをお届けします。

今回のテーマはぶつからない、つながるということで、それに関連し浸透する打撃、さらに正しい礼はそれだけで技である、ということもお伝えしました。

まずは基本の立ち方からですが、その形成過程をそのまま色々な崩し技に展開し、立ち方こそが技の根幹だと実感していただきました。

さらに仰向けで尾骨の操作で胸骨を連動させ、骨盤まわりを動かすだけで、体全体を動かせる、ということを確認していただきました。

これを技に使おうとするとき、接点で技をやろうとしない、相手に力を働かせようとしない、と強く自分に刷り込んでおかないと、ついつい末端から動いて筋力でがんばり、せっかくの連動が台無しになります。

また2輪のライディングフォームでコーナリングに入る瞬間の姿勢変化をやっていただき、肩甲骨と股関節の関係を確認、力技でないコーナリングの秘訣を感じていただきました。

さらに仰向けで実感した尾骨と胸骨の連動を使い、浮き身になってその場で足を入れ換える、というのもやっていただきました。

続いてこれを空手における真身の猫足立ちで練習し、より確実なものにしていただきました。

これを使って合気道における入身も、浮き身になれれば簡単になる、と実際にやって確認していただきました。

そして今度は站トウ功も仰向けでやっていただき、尾骨と胸骨の連動で手首を振る、というのを練習していただきました。

これを合気上げに応用すると、手先が動く前に相手を制することが可能になります。

またこれを打撃にも応用し、手首から先を軽く振だけで、1発で人間を倒せるくらいの重さや威力を得る、というのも実感、練習していただきました。

これは武器でも同じに働く原理で、武器を通しても合気や、ゼロ距離での重く浸透する打撃ができる、ということになります。

このときの動きは頼りないほどいい、これじゃあ効かないだろうというくらい弱くやるのがいい、というのも実際に技で確認して納得していただきました。

「目の前で相手を見てしまうと、ついやろうとしてがんばってしまいますね」

そして仰向け站トウ功で、今度は上顎骨と恥骨をトリガーポイントとして意識する、というのに挑戦していただきました。

これはより正中線の復元力を強くするためで、これができると本人とはただ姿勢を正しているだけ、という感覚で技を起こすことができます。

さらに仰向け站トウ功から同じ上顎骨と恥骨の操作を使い、これを剣の素振りへ応用していただきました。

「速っ(笑)!何でしょう、この努力感のなさは。めっちゃ楽ですね」

ここに加えて、胸を落とす、ということも練習していただきました。

これにより素振りは弧を描かなくなり、極めて直線的になっていきますから、所要時間はさらに短くなるわけです。

「立っているときは無意識に力が入っていてわかりませんでしたが、これなら胸を落とす動きがよくわかります」

そしてただ正しい礼をするだけで相手を崩す、ということを練習していただき、この応用でさまざまな技も同じ原理で可能になる、とご理解いただきました。

差し出された手のひらに人指し指1本を立てて座り込ませる、人指し指の先端と先端を触れさせただけで座り込ませる、小指と小指の先端同士でもそれができる、相手の手のひらに下から手を当てて座り込ませる…。

こうした、一見あり得ないような技の数々が、簡単にできるようになっていただけました。

正中線で動く、という感覚ができてきたことで、技の効きが直線的に、ダイレクトになったことも実感していただけました。

そのため合気上げや触れた瞬間に座り込ませる、などの技を不用意に食らうと、首を痛めかねないほどの技の威力とキレを体得されました。

さらに浮き身を使った入身のとき、ここに剣の素振りを応用し、相手が殴ってくるパンチを一切つかまずに一挙動で小手返しをかける、というのもできるようになっていただけました。

相手と和する、戦うことに応じないのが合気道の本分ですが、そのためにはやはりこうした実効性があるかどうか?も検証・練習しないといけませんよね。


研勢塾では、


合気道、剣道、古流武術、中国武術などの武道・武術を学ばれているかたに、


合気、先(せん)、浮き身、発勁などをマンツーマンでわかりやすく、実際に使えるようにお教えしています。


現在通われている道場などとの相乗効果により、一層深い理解が得られるとご好評いただいています。


また、現在道場などに通われていなくても、武道・武術の真実を正しく学ぶための入り口としても最適です。


研勢塾では、これまで秘伝とか極意とか奥義とか呼ばれて隠されてきたことを、惜しみなくお伝えします。

それが、体の本当に正しい使い方だからです。

秘伝や極意、奥義と呼ばれるものの真相を知りたい人、飛躍的に向上したい人、努力が報われたい人は、研勢塾をぜひ受講してみてください。


研勢塾は初級コース第1回のみ、単発で受講できます。


ご興味のあるかたは、まず受講されることをおすすめします。


受講のお申込みはこちら













 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)
NEW !
テーマ:

● 剣道で膝を痛めないために


こんにちは。川村義之です。


剣道のかたにも、膝を故障されているかたは多いですよね。

中でも多いのが、構えたときに前になる右の膝です。

これは、剣道特有のフットワークが原因です。

剣道では、カカトを床から浮かせるように厳しく指導されます。

特に後ろになる左のカカトは、床に着けると注意されますね。

これは、左足の拇趾球で床を蹴り、その反動で跳び込むフットワークをするためです。

右足を床から離して前に踏み込み、着地していくときに今度は左足で床を蹴る。

一度スタンスが大きく広がって、また元の幅まで閉じる。

これが、剣道のスタンダードなフットワークですよね。

しかしこれをやると、跳び込んで着地したときの勢い、加速された体重がそのまま右膝にかかります。

さらに2歩、3歩と継ぎ足をすれば、右の膝で体をかき寄せるような動きも入ります。

これでは、右膝を酷使しすぎです。

ボクシングのそれによく似たフットワークですが、これは剣道が西洋スポーツ的な運動理論の影響を受けているからです。

宮本武蔵の著書『五輪書』を見ると、カカトは浮かすなと書いてあります。

また、跳んでもいけない、とも書いてありますね。

つまり戦国時代末期から江戸時代初期にかけての剣術では、剣道とは全く違う、まるで反対の動きをしていたわけです。

そして、ルールのない場で真剣を使って戦っていた時代の動きが、現代競技のそれより劣っていたはずがないんです。

そのキーワードは浮き身で、これができれば跳び込むよりずっと相手に読まれないで間合いを詰めることができます。

何より、浮き身では床を蹴らず、跳ばないので右膝に大きなショックがかかりません。

研勢塾では、このように現代競技では失われた武術本来の体の使い方をお伝えしています。

それは膝を壊さない体の使い方で、相手に読まれにくい体の使い方です。

これは剣道有段者のかたがたにも、驚きをもって大変ご好評いただいています。

日本武道の中でも特に長く続けられることの多い剣道ですから、故障に悩まされないで稽古していければ、こんなにいいことはないですよね。


研勢塾では、


合気道、剣道、古流武術、中国武術などの武道・武術を学ばれているかたに、


合気、先(せん)、浮き身、発勁などをマンツーマンでわかりやすく、実際に使えるようにお教えしています。


現在通われている道場などとの相乗効果により、一層深い理解が得られるとご好評いただいています。


また、現在道場などに通われていなくても、武道・武術の真実を正しく学ぶための入り口としても最適です。


研勢塾では、これまで秘伝とか極意とか奥義とか呼ばれて隠されてきたことを、惜しみなくお伝えします。

それが、体の本当に正しい使い方だからです。

秘伝や極意、奥義と呼ばれるものの真相を知りたい人、飛躍的に向上したい人、努力が報われたい人は、研勢塾をぜひ受講してみてください。


研勢塾は初級コース第1回のみ、単発で受講できます。


ご興味のあるかたは、まず受講されることをおすすめします。


受講のお申込みはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● 皮膚かぁ…いやぁこの発想はなかったですね!面白いなぁ


こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

大阪開講初日最後は長年柔道をされてきた、陸上自衛官のかたの研勢塾初級第2回目でした。

まずは胸のエクササイズ2種をお伝えし、特に重要になる胸椎の動きを練習する、ということを実感していただきました。

次に操体法を応用したコンディショニング法もお教えし、さまざまなやり方での体のゆるめ方や骨格の歪みの調整法などを覚えていただきました。

さらに皮膚へのアプローチで体を動きやすくする、皮膚へのアプローチで力技でできないことをたやすくやってのける、ということもお伝えしました。

「皮膚かぁ…いやぁこの発想はなかったですね!面白いなぁ」

ここで“侍立ち”こと研勢塾の基本の立ち方をお伝えし、この成立過程にあらゆる技の根本原理があることを実感していただきました。

そして今回の内容が、全てこの基本の立ち方ができるようになるためにある、とご理解いただけたと思います。

さらにマッケンジー体操で胸椎の動きをやりやすくする、ということをお伝えしたあと、それをもとに正しい正座も練習していただきました。

これにより昔の武士が日常生活をそのまま戦闘要員としての訓練にしていた、ということがわかります。

「合理的というか、昔の人はよくそこまで考えが及びましたよね!」

これは食事の作法や、西洋における食事のマナー、社交ダンスのリードなどでも共通しています。

「面白いですね!いや本当に面白いです!」

そしてメインであるアイソレーションをお伝えし、技の根幹になる体幹の動きの基礎をつくる、ということも練習していただきました。

こちらのかたのご専門は柔道ですから、アイソレーションの動き1つ1つを全て柔道なり、または合気道的な動きなり、実際に崩しや投げに展開して体験していただきました。

さらに終盤、ご本人からの要望である効率的な走り方についてもご指導させていただきました。

何より自分の体重や、重い装備などの重さを推進力にする、という感覚は、自衛官としての日常に大きく貢献できるものだと思います。

こちらのかたは長年柔道を修行されてきた上、陸上自衛官ですから筋力を鍛える、筋力でがんばるということにかけては大変なエキスパートです。

しかしそういうかたが研勢塾でお伝えしていることのアドバンテージを認めてくださり、達人技が実際に可能だと実感してくださる、というのは僕にとっても大変心強いことだと思います。

とことん鍛え抜いた人が、鍛えることに依存しない体の使い方を体得したらどれほど強くなるのか?僕も今から興味津々です。




研勢塾では、


合気道、剣道、古流武術、中国武術などの武道・武術を学ばれているかたに、


合気、先(せん)、浮き身、発勁などをマンツーマンでわかりやすく、実際に使えるようにお教えしています。


現在通われている道場などとの相乗効果により、一層深い理解が得られるとご好評いただいています。


また、現在道場などに通われていなくても、武道・武術の真実を正しく学ぶための入り口としても最適です。


研勢塾では、これまで秘伝とか極意とか奥義とか呼ばれて隠されてきたことを、惜しみなくお伝えします。

それが、体の本当に正しい使い方だからです。

秘伝や極意、奥義と呼ばれるものの真相を知りたい人、飛躍的に向上したい人、努力が報われたい人は、研勢塾をぜひ受講してみてください。


研勢塾は初級コース第1回のみ、単発で受講できます。


ご興味のあるかたは、まず受講されることをおすすめします。


受講のお申込みはこちら












AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● 初速が速い突きは表面に衝突する突きで、動作の終わりのほうほど速いのが浸透する突き


こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今回は、大型高性能バイクでライディングを探求され、古武術も学ばれているかたの研勢塾初級第6回目のようすをご紹介します。

こちらのかたはその習得、上達の早さに研勢塾内でも注目が集まっています。

「いや、自分も他の人についての記事を見て“えぇっ!そんなことができるのか!”と驚いてますよ」

「自分はただ、言われたことを言われた通りにやってきただけなんで」

今回のテーマはつながる、ぶつからないということと、正しい礼はそれだけで技である、ということです。

それを、コンディショニングのおさらいを主な題材にやっていく、という風に進めていきました。

まずは基本の立ち方で、もうかなりできてきているのですが、それでも動きの不十分なところを探していきました。

ここで胸椎の動きにまだ固さが見られたので、胸のエクササイズ2種をおさらいし、胸椎を的確に動かす、という練習をしていただきました。

「これは、数をこなすしかないですね」

次に仰向けで尾骨を操作し、腰椎・胸椎・胸郭に連動させる、というエクササイズをやっていただきました。

これは突き詰めていくと、頸椎や頭、膝や足裏までも勝手に、自動的に連動させることができるようになります。

ここから站トウ功をやっていただき、細かく修正させていただきました。

「あぁ、これならずっと立っていても楽ですね」

そして仰向けでも站トウ功の姿勢になっていただき、脱力していても腕を挙げていられる感覚、腕の重さで肩甲骨の位置を保つ感覚をつかんでいただきました。

「確かに、腕の筋肉に全然力が入っていないですね」

この仰向けでの感覚を保ったまま、もう一度立って站トウ功の姿勢になっていただき、よりやりやすくなっているのを確認していただきました。

続いて再び仰向けになっていただき、肩甲骨の操作で手先が勝手に飛び出すということ、お尻の操作で膝から下が勝手に跳ね上がるということを実感していただきました。

これは、末端から先に動かないということそのものです。

またこれは両手を合わせたところからやれば、そのまま剣の振りかぶりになります。

これも立って再度やっていただき、腕力、脚力を使わず手技、浮き身、蹴り、剣の素振りができることを確認していただきました。

さらにまた仰向けになっていただき、ここまでにやったことを、正中線の復元だけでやる、という感覚をつかんでいただきました。

「なるほど…初級が6回だという理由がわかりましたよ(笑)」

「4回、5回のころは自分がやっていることがよくわからなくなっていたんですが、これで1つにつながりました」

また、肩の“行って、戻る”突きも肩ではなく、同じように正中線の復元力でやる、という風に練習していただきました。

「(あまりの速さに)うわっ…初速より、突きが伸び切る寸前から戻りのほうが速いですね!」

はい、初速が速い突きは表面に衝突する突きで、動作の終わりのほうほど速いのが浸透する突きです。

またここで、以前公開したダンサーのかたの動画にあった歩き方を練習していただき、ムチミで歩ければ歩きはそのまま蹴りになる、と実感していただきました。

すると歩きながら、まるでパンチのジャブのように蹴れるようになり、そのあまりの速さにご本人も笑ってしまうほどでした。

また站トウ功の感覚を加味して細部の形、姿勢にこだわりながら抜刀も練習していただき、楽に、速く抜けて、しかもブレずにピタリと止められる、ということを実感していただきました。

ここから剣術にも応用し、それを中国武術の推手に応用する、というのもやっていただきました。

「本当に、合気と剣は同じ原理なんですね」

次は仰向けで練習した尾骨から胸郭への連動を使い、触れた瞬間相手を崩し、その動きを封じる、というのをやっていただきました。

これができると指1本、あるいは手で軽く触れただけで相手を固め、座り込ませたり吹っ飛ばしたりできるようになります。

そしてかなり練習されているというアイソレーションもおさらいし、さらに高度な課題を提案させていただきました。

「難しいですね(笑)…でも、数をやるしかないですね。今できることをやっても仕方がないので」

はい、今できないことに取り組むのが練習ですからね。

そして僕が両手で片方の手首をつかませていただいたところから、ただ礼をするだけで崩して立っていられなくして、そのまま正座して最後まで礼をすると、相手も正座して礼をせざるを得なくなる、というのも練習していただきました。

これは立ち方、さらには礼のときにも体が順番通りに動いているかどうか?ができるためのポイントになります。

最初は戸惑われていましたが、練習の結果これもできるようになっていただけました。

最後には股関節と胸椎の連動だけで、床を蹴らずに同じスタンスのまま移動する寄り足、同様にして左右の足を入れ換える歩み足もできるようになっていただけました。

このとき、研勢塾の基本練習法である4つの動作のうち、重心先行もおさらいしていただいたのですが、これにより浮き身も飛躍的な上達をされました。

空手の形の中でもかなり難しい、ピンアン五段にある、足で床を蹴らずに浮き身で跳びながら、横に移動しつつ180°向きを変える、というのさえほぼできたくらいです。

そのため浮き身を使って垂直に跳び上がる、空中で同時に両脚を畳んで正座のようになる、というのはもはややすやすとこなされます。

「こういう歩き方は、できるようになるとは思ってなかったんですけどね。でも、できるようになっちゃいましたね(笑)」

「研勢塾に入って、バイクの乗り方は本当に“ゼロ”になっちゃいましたね(笑)。前とはまるで変わってしまいました」

「でもバイクに乗っていて何かあっても余裕がありますし、インストラクターからも“余裕があるね”と言われます」

「えっ、修了ということは中級に行ってもいいんですか?中級行けると思ってなかったんですよ」

「“できた!”とかはあんまり思わないです。できたと思ってないというか、“あぁ、できたのか”くらいにしか思わないんで」

ありがとうございます!素晴らしい心構えですね。

これからも、着々と進まれることを期待しています!
















受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● でも、まだまだこんなものじゃない、という気がしているんです


こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今回は、フルコンタクト空手強豪選手のかたの講座のようすをお届けします。

回を重ねて研鑽クラス16回目、ますますとんでもない成長を遂げられていましたね。

例えばパンチ1つとっても、もはや同じ体重はおろかずっと軽い体重の、しかもプロボクサーにすらまず見ないほどの速さです。

正直、僕にも見えないくらいで(笑)。

これをさらに速くする秘訣、蹴りもパンチ並みに速くする秘訣、加えて蹴りを簡単に、しかも猛烈に効くようにする秘訣もお伝えしました。

蹴りを触れさせて止めた状態からやっていただくと、腹筋を突き破るかのように刺さり、腹腔内が焼けつくような苦痛が炸裂します。

また廻し蹴りも途中がないかのように、瞬時に相手の構えの中に侵入するものになりました。

そしてこれらを、日常的な歩きの中に込めていく、という練習もしていただき、普段の生活がより高度な練習になるようにご指導させていただきました。

これにより、既に極めて少なくなっている予備動作やモーションが、さらに少なく小さくなったと思います。

また武術本来の居着かない動き、寄り足についても精度を上げる練習をしていただき、フットワークではない移動を突き詰めていただきました。

さらにこれが発勁の基礎、合気の基礎となるような練習もしていただき、触れれば、触れられれば即相手を崩す、ということを実感していただきました。

そして相手にとって一番嫌な位置で、しかも自分にとって一番何でもできる位置に一挙動で入る練習もしていただきました。

体の使い方の見地から、試合での有効性を最優先に練習していくことで、自然に昔からの形稽古の素晴らしさがより感じられるようになったとのことでした。

何より、強大な威力や見えないほどの速さ、相手の意図を察知する先(せん)の感性と常識離れした能力を体得されながら、

「いずれ、試合に出ない方向になっていく気がするんですよね」

と語られていたのが素晴らしいと思います。

それはあくまでも格闘スポーツであるフルコンタクト空手にあって、対すれば相和すの境地が実感されつつある、ということだからです。

―だいぶ、別人になってきましたね。

「でも、まだまだこんなものじゃない、という気がしているんです」

はい、その通りです。

まだまだ始まったばかり、これからが本番ですからね。















受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● 正中線の形成過程が達人技の原動力


こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今日は研勢塾大阪開講初日、一番手として合気道、システマを学ばれてかきたかたの中級第2回目のようすをご紹介します。

まずは基本の立ち方を煮詰める、ということからスタートです。

具体的には基本の立ち方の前半と後半とで分けて練習していただき、正中線が出るまでの過程を掘り下げていただきました。

これにより立ち方の前半と後半、どちらの段階でも相手が触れれば勝手に崩れる、ということを確認していただきました。

それは、立ち方すなわち正中線の形成過程がそのまま達人技の原動力だからです。

前半では、仰向けになって尾骨の操作で胸郭、肩甲骨、足裏、頭までを動かす、ということを練習していただきました。

これにより立ち方の前半だけで、正中線の動きで体中が勝手に動く、ということが実感できます。

これは崩し技、浸透する力、浮き身など達人技の全ての初期動作そのものの根本原理です。

ここで結果として末端が動いているのを、自力でやろうとしてしまうと普通の動きにしかなりません。

なかなかできないとつい焦れてしまうのは人間の心情ですが、それでも我慢して勝手に、自動的にできるのを待たないと、本質的な変化は望めません。

また立ち方の後半部分では胸郭を小さく、しかも段階的に異なる方向へ連続して動かす、という過程をより精密にしていただきました。

このときお腹の脱力がうまくいかなかったのが抵抗になっていたようなので、施術でのゆるめ方をお教えしました。

いずれにせよ練習では、やってできなければ前の段階に戻ってやり直し、できたらまた先に進むということが大切です。

また仰向けの練習では、壁に背を当てても同じことができる、というのも確認していただきました。

次に股関節の行って、戻る動きで後ろの足を勝手に前に出るようにする、という練習をしていただきました。

これは上顎骨と恥骨の操作で動くということ、言い換えれば正中線で歩く、ムチミで歩くという練習です。

これにより武術と普通の動きとを分ける、末端である足から歩かない、前にある足に体重移動しない、という境界線を認識し、超えていくことができていきます。

続いて琉球空手における肩の行って、戻る動きによる突きから、ぶつからない、つながる、抵抗をものともしない、という動き方を実感していただきました。

これを站トウ功に応用し、肩の行って、戻る動きを導入する、ということも練習していただきました。

これらによって末端から動くと達人技ができない、末端から動かなければ達人技ができる、ということや、技が勝手にできるとか自動的にできるとはどういうことか、をさらに深く、具体的に感じていただけたと思います。

あとは、こちらのかたが日々の練習の中で取り組み方をどうしていくか?の問題です。

幸い大変熱意があり、ちょっとの成功で満足しないかたですから、この日の体験が後々大きなプラスになると思います。







受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

こんにちは、川村義之です。


もうすぐゴールデンウィークですが、もうご予定はお決まりですか?


他の人が遊んでいるこの機会に、グッと差をつけてみませんか?

研勢塾は、武道・武術の個別指導塾です。

達人技のメカニズムを明らかにし、具体的な練習法をお教えします。

武道歴何十年の有段者のかたがたにも、大変ご好評いただいています。

柔道受講された皆さんの声


「1つ1つ根拠を明らかにしてもらえるのでわかりやすい(I様)」


「武道そのものについての理解がどんどん深まる(S様)」


「色々な達人の先生がたの動きの仕組みを教えてもらえる(A様)」


「体に無理をかけなくなるので、コンディションがよくなってきた(T様)」


「先生(川村)が常に進化し続けているので、毎回新しいことを教えてもらえる(N様)」


「開祖の真意がようやくわかった(S様)」


「脱力の技、力に頼らない技というのが具体的にわかってきた(M様)」


「画期的というより革命。次元が違う(N様)」


「肩の力が抜けて、肩の位置が下がってきた(Y様)」


「プチ達人くらいを目指すつもりが、本気で達人を目指そうという気になった(I様)」


「道場で学ぶのとの相乗効果で仲間に“1つ上の次元に行ったね”と言われた(T様)」



研勢塾では、


合気道、剣道、古流武術、中国武術などの武道・武術を学ばれているかたに、


合気、先(せん)、浮き身、発勁などをマンツーマンでわかりやすく、実際に使えるようにお教えしています。


現在通われている道場などとの相乗効果により、一層深い理解が得られるとご好評いただいています。


また、現在道場などに通われていなくても、武道・武術の真実を正しく学ぶための入り口としても最適です。


研勢塾では、これまで秘伝とか極意とか奥義とか呼ばれて隠されてきたことを、惜しみなくお伝えします。

それが、体の本当に正しい使い方だからです。

秘伝や極意、奥義と呼ばれるものの真相を知りたい人、飛躍的に向上したい人、努力が報われたい人は、研勢塾をぜひ受講してみてください。


研勢塾は初級コース第1回のみ、単発で受講できます。


ゴールデンウィークも休まず開講していますので、このチャンスにぜひ始めてみましょう!


受講のお申込みはこちら


いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● 気剣体の一致


こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今日ご紹介するのは、剣道有段者のかたの研勢塾初級第1回目の講座のようすです。

こちらのかたはまず開口一番、気剣体の一致、ということをどうやるのか?と質問してくださいました。

これは気合、剣技、体捌きが一体となって竹刀で打ち込めているようすを表した言葉です。

実は僕は剣道用語としての気剣体一致、というのを知らなかったのですが、実技をお見せしたところ、納得していただけたようでよかったです。

武術では本来、気持ちと技と移動とが別々、というのはあり得ません。

しかし剣道ではこれがなかなか1つにできず、悩まれているかたも少なくないようなんですね。

ですが人体はむしろこうした、一挙動で全てを済ませてしまうような体の使い方をするように設計されているんです。

ですからそれを体が思い出せれば、逆にこうした動きのほうが簡単なんですね。

また剣道が本来持っていたはずの剣術の理=合気の理も体験していただき、目を丸くして驚かれていました。

素手で触れた部位に大きな力をかけずに相手を崩したり、動きを封じたりコントロールできたりすれば、それは竹刀や刀でもできるということになります。

加えてやはり人間本来の能力である先の先、対の先、後の先などもその場でできるようになっていただいたときは、言葉を失われていました。

本気で面に打ち込んでいただいたのですが、全て当たる寸前にかわし、同時に真横に入身する、というのをお目にかけて、非常に驚いていただけました。

もちろんやり方をお伝えし、その場で同じことができるようになっていただきましたよ。

そして武術本来の必須三要素、即時即応性、全方位性、実効性についても、実際にやってお目にかけ、体感しておわかりいただけたようでした。

それは一言で言えば居着かないことであり、その必須要素は浮き身とムチミであり、その要は正中線ということになります。

西洋スポーツ的な運動理論に影響されると、こうした概念は全て排除され、瞬発力、持久力、緻巧性、この3つしか語られなくなってしまいます。

ですがそれでは年齢を重ねるごとに強くなるとか、故障する確率を下げながら長く続けられるとか、そういうことは夢物語にしかなりません。

でも正しい体の使い方ができてくると、そのような心配はどんどん少なくなっていきます。

そして同時に普通はできると思われていない、達人技までもが現実に可能になってくるんですね。

さらに剣道以前に限らず現代人の多くが陥っている誤った体の使い方と、本当の正しい体の使い方との違いも、実体験でご理解いただけたと思います。

そのためか最後は満面の笑顔で、面白かったです!と言っていただけました。


















受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● 研勢塾的五輪書解説3 たけくらべ


こんにちは。川村義之です。


宮本武蔵の著書『五輪書』水之巻の中に、「たけくらべ」という一節があります。

原文では、「たけくらべといふは、いづれにても敵へ入込む時、我身のちぢまざるやうにして、足をものべ、こしをものべ、くびをものべて、つよく入り、敵のかほとかほとならべ、身のたけをくらぶるに、くらべかつと思ふほど、たけ高くなつて、強く入る所、肝心也」と書かれています。

つまり、「敵の間合いに入るときは、体を縮めないで全身を伸ばし、敵の顔と自分の顔とが並ぶようにして、そこからさらに背比べで勝とうとするときのように、自分の身長を高くするつもりで、強く進入するのが大切だ」という意味です。

ビジネス書などでは、これを単に自分を大きく見せるとか、位負けしないで精神的に優位に立つとか、そんな解釈しかしていません。

ですがこれは、正中線の話をしているんですね。

全身を見た目に真っ直ぐ伸ばすというより、体幹、腕、脚それぞれの芯に、機能としての正中線を形成しろ、と言っているのです。

そして正中線が出ているとき、関節で骨と骨をつなぐインナーマッスルが使われるので、体はとても強い状態になっています。

これは受動筋力と呼ばれる働きで、自分の意思で力ませられる表層の筋肉の力、つまり筋トレで強くなる筋力の約2倍から3倍と言われています。

さらに正中線とはあくまでも機能であり感覚なので、常に直線にしてピンと張っている必要はないんです。

姿勢をカチッと決めたときには強靭な鉄骨のようになりますが、崩してひもやムチのようにすることも可能なんですね。

戦国時代に、見た目でいくら相手より背が高いように見せたところで、相手はアドレナリンが出まくっていますから、何の役にも立ちません。

また真剣勝負の果たし合いでも、相手は最初から死ぬ覚悟をしてきていますので、自分より背が高かろうが低かろうが、子供じゃないんですからその程度では怯みません。

宮本武蔵の自画像を見ると、背中を丸め顔を突き出した、だらりとした姿勢です。

ここから瞬時に正中線をピン!と直線に復元することで全身一致、複数動作が一挙動にまとめられた、防御も回避も困難な技が勝手に、自動的にできてしまうわけです。

さすがにこれは、自分も同じ種類の動きが実際にできる人でないと、理解はおろか想像もできないと思います。

ビジネス書の著書のかたとかでは、申し訳ありませんが最初から、わかる道理がないということですね。

宮本武蔵の技は、正中線の感覚があり、実際に機能としてそれを動きに使える人でないと、できません。

逆に言えば、同じレベルかどうかはともかく、宮本武蔵と同じ種類の動きというのは、正中線が獲得されれば現実にできる、ということなんですね。



研勢塾では、


合気道、剣道、古流武術、中国武術などの武道・武術を学ばれているかたに、


合気、先(せん)、浮き身、発勁などをマンツーマンでわかりやすく、実際に使えるようにお教えしています。


現在通われている道場などとの相乗効果により、一層深い理解が得られるとご好評いただいています。


また、現在道場などに通われていなくても、武道・武術の真実を正しく学ぶための入り口としても最適です。


研勢塾では、これまで秘伝とか極意とか奥義とか呼ばれて隠されてきたことを、惜しみなくお伝えします。

それが、体の本当に正しい使い方だからです。

秘伝や極意、奥義と呼ばれるものの真相を知りたい人、飛躍的に向上したい人、努力が報われたい人は、研勢塾をぜひ受講してみてください。


研勢塾は初級コース第1回のみ、単発で受講できます。


ご興味のあるかたは、まず受講されることをおすすめします。


受講のお申込みはこちら

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇