達人の身体操作を「基本原理」から徹底的に個人指導! 研勢塾

達人を目指すための、知られざる本当に正しい体の使い方をお教えします。

研勢塾


達人の身体操作を「基本原理」から徹底的に個人指導!


達人を目指すための、知られざる本当に正しい体の使い方をお教えします。


研勢塾とは


NEW !
テーマ:

こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今日は、某大手フルコンタクト空手強豪選手のかたの、研勢塾研鑽クラス第11回目の講座のようすをお届けします。

こちらのかたは「先(せん)」の感性が発揮されるのがどんどん日常化してきており、雑踏でわざわざ人をよけなくても当たらなくなってきているそうです。

また空手の組手練習でも、常に先読みされてしまうので、相手から「やりにくい」と言われるようになってもいるとか。

さらに身体操作の面でも、階段の昇りであっても「落ちる」感覚を使い、勝手にスタスタ上がっていく、というのもできるようになられています。

今回は空手の最重要形であるナイハンチから抜粋して、相手の死角に入る・発勁で相手を崩す・その機に乗じて攻め込む、というのを一連の流れ、一挙動でやる、という練習から始めていただきました。

最初は、ファーストコンタクトで腕力を使わず、脱力と正中線を駆使していかに発勁するか?それでいかに相手を崩すか?を練習していただきました。

次に、非常に死角に入りにくいフルコンタクト空手のスタイルの中で、いかに死角に入るか?を練習していただきました。

続いて、死角に入ってからいかに発勁して相手を崩すか?を練習していただきました。

さらに、相手が崩れた瞬間リカバリーの時間を与えず、自分は流れのままに間合いを詰めて攻め込む、という練習につなげていきました。

それを一挙動にまとめ上げ、一連の流れで一気呵成にやる、というところまで持っていき、自然にできるようにくり返しそれも練習していただきました。

この極めて実際的な動きが、実は一見何をやっているかわからないような古伝の形、ナイハンチの中にあるというのは本当に凄いことだと思います。

このあとは蹴りへの対処も練習していただいたのですが、もう僕が動く前に左右どちらの蹴りが出るかがおわかりになって、確かに先回りされてしまうんですね(笑)。

そこで、人間であれば誰であっても「避けられない隙間」を捉えてその瞬間を攻める、ということも研勢塾として初めてお伝えしてみました。

その瞬間を捉えて攻めると、腕立て伏せのような状態からの合気上げでも簡単に持ち上がりますし、打撃であれば特別速くなくても全く反応できません。

持ち上げるべき瞬間も、打つべき瞬間も決まっていてハッキリとそこにある、ということで、それを捉える練習をしていただいたわけですね。

僕が相手を務めて練習すると、僕自身「先(せん)」が使えますから、相手自身の打ちたいタイミングの打撃は全て止めることができたのですが、この「避けられない隙間」を捉えられるとやっぱり反応できませんf(^_^;

目の前にいるのに、相手の攻撃が全くわからない、というのは怖いですよ~!

相手の意図を察知し、相手が動いてからでも余裕を持って対処できる「先(せん)」をもってしても防げない技の体得は、この後強力な武器になることでしょう。

僕自身、今回はまだお教えできるレベルにないかな?と思っていましたが、やってみたら練習法までお教えできました(笑)。

僕はかつて「サンドバッグより巻藁のほうが実戦的である」と習いました。

それは「打つべき瞬間は決まっていて、それは固定点と同じだから」と言われましたが、当時はよくわからなかったものの、こういうことなんですね。

さらにムチミの精度、正中線の精度をより高め、今回の講座は終了しました。

今現役で厳しい試合の現実に立ち向かい、しかも主流でないやり方でというのは、大変勇気の要ることだと思います。

しかしいつも時代を変えるのは、そうした勇気ある挑戦をあえてする人たちではないでしょうか。

新しい時代の達人誕生に立ち合い、そのお手伝いができるというのは本当に幸せなことだなと痛感します。








受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今回は、空手、中国武術、ボクシングなど広範囲にわたりさまざまな武術、格闘技を学ばれてきたAさまというかたからいただいたご感想をご紹介します。

Aさまは体の慢性的な故障のご経験もあり、研勢塾が体への負担を減らすと謳っていることに、非常に興味を持たれたとのこと。

また研勢塾で「先(せん)」の読み、すなわち相手が動く前に意図を捉えたり、相手がもう動き始めてからでも対処できる、などをお教えしているということにも、大変興味を覚えられたというお話でした。

それでお問い合わせいただき、本当にブログの記事にあるように、そんなに短期間で「先(せん)」の読みができるようになるのか?とご質問いただいたんですね。

それで、これまで100%のかたが短期間に、ではなくあくまでも基本がですが、それでもお教えしたその場でできるようになっていますよ、とお答えしました。

また研勢塾の内容は自分にも習得が可能か?とも聞かれましたので、体によほど重篤な問題がない限り、僕の言う通りにしていただければ可能です、ともお答えさせていただきました。

達人の動きや技は、人間の体を物理法則に従い、その形状と構造と特性のままに使う、ということを根拠に成立するものだからです。

さて、こうして実際に受講されたAさまが、一体どのようなご感想を抱かれたのか?

ご期待は叶えられたのか?裏切られたのか?

それを、ぜひお読み下さい。


『ご指導ありがとうございました。


正中線を整えるわずかなポイントだけで、あれほど変わるとは思えませんでした。


腕を掴まれて下に引っ張られても平気でしたし、推手をしても、腕や体を掴まれても、簡単なコツであんなに相手を振り回せるなんて信じられませんでした。


反応速度があれほど上がり、相手の攻撃、動きに対応できた訳ですが、簡単過ぎて頭の中が真っ白になりました。
 
しかし、本当の動きというのは、こういった簡単なコツを積み重ねることで、
不必要な苦しみを伴う修行をする必要なく、楽しんで確実に習得できるのだと実感できました。


今後は一つ一つ身に付けながら、修行していきます。


今日になって感じたことは、体が楽です。


姿勢の悪さからか、鳩尾の圧迫感がいつもあり、いつも体が苦しくマイナス思考でしたが、圧迫が少なく,呼吸も楽で、気分も良いです。


頭のボーっとするのも、若干マシになっているような気がします。


続けていくと心身の不調も、劇的によくなりそうです。


ありがとうございました


ありがとうございます!

講座のあとご家族を相手に練習されたのは、背後で手を叩いて音を鳴らしてもらい、それを「先(せん)」の感性を使って、目で見て反射神経を働かせるより早く反応する、というものですね。

Aさまは講座中、何度も「こんなにあっさりできてしまうんですか…!」「えぇっ!こんなに簡単に…」とおっしゃっていましたね。

それが研勢塾の独自性であり、またその根拠が受講されるお1人お1人の体と、地球上という環境条件とに、最初から備わっているということの表れです。

もう最短距離を、一本道を進まれていいんですよ。
 

わずか1回の受講でここまで多くのことを実感されているのが、その証拠です。


研勢塾で学ばれるということは、修行という言葉が適切でなくなるほど、実際には日常的で自然なものだからなんですね。

Aさま、ありがとうございますビックリマーク

受講生のかたが達人の動き、達人技を実際にできるようになる、研勢塾はそのためだけに活動しています。

そしてそれは、お1人お1人がご自身に元々与えられた途方もない可能性と出逢う、ということです。

それはまた同時に、その人その人の本当の、生まれ持った唯一無二の個性を目覚めさせるということでもあるんですね。

これからも、Aさま本来の可能性、Aさまの本当の個性を開花させるお手伝いをさせて下さい!!







受講をご希望のかたはこちら

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今回は、木工作家をされているかたの、研勢塾初級第1回目のようすをご紹介します。

こちらのかたは過去に肩の痛み、両手のしびれなどを経験されたことがあり、また正しい姿勢のための作品造りなども模索中ということで、研勢塾にご興味を持たれたそうです。

僕自身若いころには宝飾職人の経験があり、もの造りにも正しい姿勢や正しい動き方、体の使い方が、仕事の疲労度や作品の出来不出来に大きく関係している、というのを痛感しています。

ですからよりよい毎日のお仕事とよりよい作品造りに対しても、研勢塾の内容が貢献できるのは間違いないと思います。

それで講座の前半は対象にぶつからない、対象とつながる動きとはどのようなものか?筋力に頼らず筋力以上の効果を出す動きとはどのようなものか?をさまざまな実技で体験していただきました。

通常はよほどの名人でもない限り、対象にぶつかる、反作用の返ってくる力の使い方、体の使い方をしていますから、この体験は後々大きな財産として活かしていただけるはずです。

「本当だ~…いや~、本当にブログに書いてある通りのことができるんですね!」

「これは…ブログで読んで知ってはいましたが、やはり実際に体験してみないとわかりませんね!想像していたのとは全然違いました(笑)」

「特に最近、ブログの記事がより具体的になってきているじゃないですか?大丈夫なのか?と思っていましたが、これはブログを読んだだけでは、普通は再現できませんね(笑)」

そして次には正しい立ち姿勢、すなわち正中線が出ている姿勢とそうでない姿勢とで、どれだけ強さや楽さが違うかを体験していただきました。

そして正中線が機能していれば人指し指1本、小指1本でも相手に抵抗させずに床まで崩せるということ、さらには正中線が正しい手順、ムチミで形成されることによってその効果はより高まるということもお伝えしました。

また正中線の精度が高まれば高まるほど、動きの効果はさらに高められる、ということも実感で確認していただきました。

加えて世の中でごく当たり前に行われている、普通の歩き方やさまざまなスポーツ、競技武道の動き出し方の誤りを1つ1つ検証し、ではどういうものが正しい動き出し方なのか?ということもお伝えしました。

そして最後には、正中線の出ている姿勢になることで、感性をも飛躍的に高められるということを、先の先(せんのせん)、対の先(ついのせん)、後の先(ごのせん)を例にこれも実技でご理解いただきました。 

もの造りに従事されるかたであればなおさらのこと、体の使い方を正しくすることも、感性を磨くこともどちらも非常に重要で、というか死活問題ですらあるのではないでしょうか。

かつて戦国時代に来日したヨーロッパ人宣教師たちは、日本人のもの造りの精度の高さ、その芸術的感性の高さに驚愕し、絶賛したものでした。

その根拠が日本人が大切にしてきた姿勢や所作といった礼儀作法にあることも、今回の講座の中で、実際に試して納得していただきました。

日本人らしさ、日本人的であるということの一番の基盤は、身体性にあります。

それが日本人の心性、感性を育み、もの造りという形で結実してきたのです。

こちらのかたの取り組みは、それを企図してのことかはわかりませんが、もしそのように進んでいただけるとしたら、僕にとっても望外の喜びと言っていいと思います。








受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード