合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

NEW !
テーマ:
● うわ~っ!これ道場で使いたいなあ!

こんにちは。川村義之です。

丹田を使って、筋力で生み出す以上に、強い力を、生み出すことができます。

理に適った動きができて、関節の故障を、減らすことができます。

表面を圧迫せずに、手技の力を、深いところまで、伝えることができます。

整体師Aさまの、初級第2回目の様子を、ご紹介します。

初級第2回目は、臍下丹田、中丹田の力を、動きに使う方法を、お教えしました。

研勢塾式アイソレーションで、臍下丹田、中丹田を、動きに使うことができます。

はじめに、臍下丹田を使えるように、骨盤まわりを、水平に回すアイソレーションを、お教えしました。

相手に、両手をつかまれ、押さえられます。

骨盤まわりの、水平回転を伝え、相手を、横に投げ飛ばすことができました。

「うわぁ~っ!凄いですね!」

次は、横倒し回転です。

両手をつかみ、押さえる相手を、横倒しに崩し、ひざまづかせることができました。

続いては、縦回転で、まずは、前回り回転から、お教えしました。

相手に、両手をつかまれ、下から押さえられます。

骨盤まわりの、縦回転で、相手を、座り込ませることができました。

お互いの、手刀同士を交差させた、合気道の、一教の体勢になります。

手刀を、斬り下ろさずに、相手を腰砕けにして、ひざまづかせることができました。

「うわ~っ!これ道場で使いたいなあ!」

後ろ回り回転も、相手に試してみました。

相手に、両手をつかまれ、上から押さえられます。

相手をのけ反らせ、爪先立ちにして、後退させることができました。

「うわあ、相手吹っ飛びますね!スゲエ!」

臍下丹田の、後ろ回り回転から、前回り回転へ、素早く切り返すというのも、お教えしました。

相手に、片手を、両手でつかまれます。

つかまれたと同時に、臍下丹田を、後ろ、前と素早く回します。

いきなり、相手を、激しく前後に揺さぶり、ひざまづかせることができました。

「こぉれキツいっスね!○○館長っぽいですね(笑)!」

このように、骨盤まわりを、3次元的に回すので、臍下丹田が、球だという感覚が、得られるんですね。

中丹田を使うには、胸郭を、3次元的に回します。

自分は正座し、立っている相手に、両手をつかまれます。

胸郭の、水平回転を伝えると、自分は正座したまま、立っている相手を、横に投げ飛ばすことができました。

次は、胸郭を、横倒しに回転させます。

お互い正座し、相手に、両手をつかまれ、押さえられます。

胸郭の、水平回転で、相手を横倒しに崩し、床に転がすことができました。

胸郭の縦回転も、前回り回転から、試しました。

お互い正座し、相手に、両手をつかまれ、下から押さえられます。

正座している相手を、四つん這いに崩すことができました。

自分は正座、相手は立った状態で、相手に、両手をつかまれます。

中丹田を使い、正座したまま、立っている相手を、座り込ませることができました。

「マジですか!めちゃめちゃ面白いですね!」

中丹田の使い方も、最後は、後ろ回転で、試しました。

相手に、両手をつかまれ、上から押さえられ、合気上げの体勢になります。

相手をのけ反らせ、後ろに、引っくり返すことができました。

講座が終わるころには、2方向の回転で、合気技をかけることも、できるようになりました。

相手に、片手を、両手でつかまれます。

丹田の、水平回転を使って、相手につかまれた片手を、振りかぶります。

反対側に向き直り、今度は、前回り回転を使うと、相手を、仰向けに倒すことができました。

丹田の、2方向の回転で、四方投げができたんですね。

お互い正座し、合気上げの体勢になります。

2方向に丹田を回して、相手をのけ反らせたあと、そのまま横倒しに、床に転がすことができました。

「できる先輩に、よくこういうの、かけられます(笑)。スゲエな…」

「これは本当に、普通なら、何年もわからないまま、って感じですね!」

「いや~スゲエ!、濃密すぎますね(笑)!充実しました!」

自分の力を、浸透する質にして、相手の体の深いところに、届けることができます。

疲労を少なくしながら、パフォーマンスを、向上させることができます。

筋トレでは、長い期間がかかるところを、その場で、筋トレ以上に、パワーアップできるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。

テーマ:
● もう、これだけを勉強すれば、組手はじゅうぶんじゃないですか(笑)

こんにちは。川村義之です。

片腕1本でも、腕力に頼らず、相手の両手の力に、打ち勝つことができます。

体の中心から、力を生み出し、相手の中まで、伝えることができます。

体幹を、ゆっくり動かすのに、突きを、猛スピードにまで、加速することができます。

空手をされているNさまの、中級第4回目の様子を、ご紹介します。

中級第4回目は、腕や脚を、脱力したまま、体捌きで動かす練習をしました。

「居合も始めて、1年くらいになるんですが、組太刀で、不思議なことを言われるんですよ」

「こっちは、ただ軽く打っているだけなんですが、技が重いですね、って言われるんです」

「全然、剣のことはわからないんですが、研勢塾で、ずっとやってたからですかねえ(笑)」

はじめに、研勢塾式スワイショウVer.2の、第一段階を、お教えしました。

腕を脱力し、ぶら下げた状態で、体幹の向きを、ゆっくりと変えていきます。

体幹を停止させると、腕力を使わず、肘を曲げ、手を、肩の高さに、振り上げることができました。

相手に、こちらの片手を、両手でつかまれ、押さえられます。

腕を脱力したまま、手を肩の高さに上げ、相手の体を、横に崩します。

相手の手首を極めて、そのまま、相手を座り込ませることができました。

脱力の感覚が磨かれ、相手の突きを受けるのも、その場で、大きく上達しました。

相手の突きを、迎えに行くように受け、体捌きで、腕が、受け技の形になるようにします。

相手の突きを逸らし、さらに引き込むことで、一瞬で、相手に、背中を向けさせることができました。

次に、研勢塾式スワイショウVer.2の、第二段階を、お伝えしました。

肘を曲げ、手首を、胸の下に引き上げた状態から、第一段階と同じ、体幹の動きを、行います。

体幹を停止させると、腕を脱力したまま、猛烈な速さで、真横を突くことができました。

拳を、脇に引き、ゆっくりと前進します。

足を、後ろから踏み出した瞬間、前進を、ピタリと停止させます。

腕を脱力するだけで、前方を、鋭く突いて、すぐ引くことができました。

相手に、前から、両手で拳を押さえられた状態でも、ゆっくり踏み出し、停止してみました。

両手で、拳を押さえられていても、腕は脱力しているのに、相手を吹っ飛ばしながら、突くことができました。

「なるほど、自分が動いて、壁に当たったように止まれば、突きは勝手に出るということですね!」

相手の突きを、片手で受け、そこからどくように、横に逃げます。

横に逃げて、止まった瞬間、自動的に、受けと逆の拳で、相手を突くことができました。

「そうかあ。普通は、相手の突きを、どけようとしますが…」

相手の突きを、どけようとすると、力と力が衝突し、自分の動きが、かえって居着いてしまいます。

「自分のほうが、どいてしまえば、相手の突きは、当たらないということですよね!」

相手の突きを受けて、自分がどいたときには、自分の突きを、死角から、当て終わっていることができました。

「もう、これだけを勉強すれば、組手はじゅうぶんじゃないですか(笑)」

続いて、研勢塾式スワイショウVer.3を、お教えしました。

腕を、体の左右にぶら下げたまま、骨盤まわりを、振り子のように、前後に揺らします。

股関節を素早く引き、骨盤まわりの揺れに、急ブレーキをかけ、減速Gを、生み出します。

脱力したままの両腕を、減速Gで、勢いよく、振り上げることができました。

相手に、両手をつかまれた状態で、研勢塾式スワイショウVer.3の動きを、やってみました。

相手につかまれた両手に、減速Gを伝えると、相手を、激しく吹っ飛ばすことができました。

抜刀にも、股関節による、減速Gを、使ってみます。

右手を、両手で押さえる相手を、軽々と、吹っ飛ばすことができました。

「なるほど、ここ(右手首)に、いくら力をかけていっても、両手に敵うはずがないですもんね!」

鞘を引く左手にも、同じ減速Gを、使ってみました。

左手を、相手に両手でつかまれ、引けないように、押さえられます。

股関節を使って鞘を引き、相手を、自分の後ろに、吹っ飛ばすことができました。

「ちょうど今朝、素振りをしていて、こんなようなことに、ちょっと気づいたところだったんです」

「いつも、川村先生がおっしゃるように、股関節を使ったらいいんじゃないかと…」

最後は、研勢塾で、「鞭の動き」と呼ぶ、脚のエクササイズを、お教えしました。

股関節、膝、足首と、関節部分を前後に揺らし、下半身を、S字波形で動かします。

脚力を一切使わず、脚を、もう片方の脚に、巻き付けることができました。

相手に、斜め後ろから、足首をつかまれ、前に蹴り出せないように、押さえられます。

「鞭の動き」を使って蹴ると、蹴りで、相手を、前方に吹っ飛ばすことができました。

この「鞭の動き」を使って、三戦の歩法も、やってみました。

前にあるほうの足に、体重を偏らせず、体を左右に揺らさずに、前進することができました。

相手に、前から両手をつかまれ、前進できないように、押さえられます。

「鞭の動き」を使った、三戦の歩法で、相手を後退させながら、軽く前進することができました。

「非常に、わかりやすかったです!これだけで、ずいぶん違ったものになったと思います!」

「本当に、わかりやすいご指導をしていただいて、ありがとうございました!」

体を動かす勢いではなく、動きを停止する減速Gで、手や足を、急加速することができます。

脚力に頼らずに、蹴りで、両手で押さえる相手を、吹っ飛ばすことができます。

体の仕組みと、力学的な理に従い、筋力で出せる以上の力を、生み出すことができるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。

テーマ:
● 筋力は今のまま、動きのトルクを増して、力強く動くことができます。

こんにちは。川村義之です。

臍下丹田、中丹田を、実際に、具体的に、動きに使うことができます。

筋力は今のまま、動きのトルクを増して、力強く動くことができます。

力の質を、表面にぶつかる質から、内部に、浸透する質にすることができます。

ヨガインストラクターAさまの、初級第2回目の様子を、ご紹介します。

初級第2回目は、動きに、丹田を使えるようにする、身体調整法をお教えしました。

臍下丹田、中丹田は、研勢塾式アイソレーションで、動きに使うことができます。

はじめは、臍下丹田の、水平回転からです。

相手に、両手をつかまれた状態から、骨盤まわりを、水平に回します。

回転の、慣性質量を、腕に伝え、相手を振り回し、横に投げ飛ばすことができました。

「本当だ!手には、何の力も、かからないですね!」

自分の両手をつかむ、相手の手を引っ張るのではなく、相手を、背中から動かします。

相手が、横向きに重ねた掌に、人指し指1本をあてがい、臍下丹田の、慣性質量を、伝えます。

指1本で、両手で抵抗する相手を、真横に、吹っ飛ばすことができました。

「これは、普通、わからんわ…」

次は、臍下丹田の、横倒し回転を、お教えしました。

相手に、両手をつかまれたところから、骨盤まわりを、横倒しに回します。

両手をつかむ相手を、横倒しに崩して、床に転がすことができました。

腕力でやったのでは、相手の手に、力をぶつけるばかりで、崩すことはできません。

続いては、臍下丹田の、縦回転のうち、前回り回転です。

相手に、片手を、両手でつかまれ、下から押さえられます。

骨盤まわりを、前回りに回すと、相手を腰砕けにして、座り込ませることができました。

そして、臍下丹田の、後ろ回り回転のやり方も、お教えしました。

相手に、両手をつかまれ、上から押さえられます。

骨盤まわりを、後ろ回りに回すと、相手を、のけ反らせ、爪先立ちに浮かせて、後退させることができました。

中丹田を使う場合は、胸廓を、水平・横倒し・前回り・後ろ回りに、それぞれ回します。

胸廓も、骨盤まわり同様、相手に、両手をつかまれたところから、3次元的に、回してみました。

中丹田でも、臍下丹田と同じように、腕力では崩せない相手を、腕力に頼らずに、崩すことができました。

「本当に、全く違うことをやるんですね!これは、教わらないと、わからないですよ!」

相当に筋力アップしても、不可能なくらい、パワーアップすることができます。

同じパフォーマンスなら、今までより、筋力の使用を、減らすことができます。

丹田が使えると、力に頼らないという、達人の動きが、どんなものか、体で覚えることができるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。

テーマ:
● いや~、合理的ですね!姿勢を復元する力っていうのは、凄く強いんですね!

こんにちは。川村義之です。

形稽古によって、鍛えて得られる力より、はるかに強い力を、出すことができます。

体にかかる負担を軽くするので、年齢を重ねても、技の力を、強くし続けることができます。

床を蹴らず、脚力に頼らないという、古流の歩法の極意を、体現することができます。

古流武術をされているWさまの、研鑽クラスの様子を、ご紹介します。

今回は、空手形ナイハンチで、スポーツとは違う、武術の身体操作を、磨き上げました。

「ナイハンチ、凄く興味があったんですよ!」

まず、肩幅の八字立ちから、爪先を合わせて、閉足立ちになります。

浮き身を使い、両足同時に滑らせて、一挙動で、閉足立ちになることができました。

「最初から凄いな(笑)」

次に、閉足立ちから、右に横歩きをする部分を、練習しました。

臍下丹田、中丹田、上丹田と、体幹を、段階的に、螺旋状に、右に動かします。

左脚の力で、踏み出さず、左足を、体捌きで、自動的に、右足の右真横に、着くことができました。

「普通、右足の前に、踏み込んじゃいますよね(笑)」

閉足立ちの状態で、相手に、右から、両手で、肩を押さえられます。

相手に、押さえられたまま、相手の体ごと、右真横に、難なく進むことができました。

左足を、右足の右真横に着いても、そこで居着かず、止まらずに、移動し続けることができます。

体幹の操作で、右足も、脚力で踏み出さずに、ナイハンチ立ちになることができます。

右足を踏み出し、ナイハンチ立ちになるだけで、自動的に、右真横に、右手刀受けを、突き出すことができました。

腕力を使わず、体幹を、軸回転させずに、右真横に、右手を突き出すことが、できたんですね。

「勝手に出る!スゲエ…」

右手を、相手に両手でつかまれたところから、右真横に歩いて、ナイハンチ立ちになります。

腕力を使わず、右手刀受けを出して、相手を、勢いよく、右真横に、投げ飛ばすことができました。

腕力でやろうとすると、逆に、自分の肘や、肩を、痛めかねないくらい、体にかかる負担を、強くしてしまいます。

「ナイハンチ、素晴らしいですね!」

この動きは、そのまま、居合術や、剣術の抜刀に、応用することができます。

右手を、相手に両手でつかまれ、お腹に押し付けられます。

各丹田を使い、体幹を、螺旋状に動かして、抜刀します。

右手を、両手で押さえ、踏ん張って抵抗する相手を、吹っ飛ばしながら、抜刀することができました。

「もう、ここまででも、だいぶ凄いですね!」

右手刀受けから、筋肉の、伸長反射を使い、自動的に、左肘打ちを出すことができます。

自分の左斜め後ろから、左前腕を、相手に両手で押さえられます。

左前腕を、両手で押さえる相手を、左肘打ちで、自分の左斜め後ろから、右真横まで、振り回すことができました。

ナイハンチ立ちを、維持しておくと、この時点で、左真横への、左下段払いの、初動ができています。

左手を、相手に両手でつかまれたところから、左真横に、左下段払いをやってみました。

臍下丹田、中丹田、上丹田と、体幹を、段階的に、螺旋状に、左に動かします。

左手を、両手でつかむ相手を、左下段払いで、右から左に振り回し、左真横の床上に、転がすことができました。

左肘打ち、左下段払いとも、腕力や、体幹の、軸回転でやったのでは、そもそも、身動きすること自体、困難です。

腕力や、体幹の軸回転でやると、体が末端から動いてしまい、それでは、力学的な効率が、大きく落ちてしまうからなんですね。

「こういうことを、知ってると知らないとじゃ、形(かた)の意味が、全く違ってしまいますね!」

右拳を、相手に両手で押さえられたところから、右鉤突きを、出してみます。

伸長反射と、螺旋の身遣いを、同時に使えるので、体の中心からの力で、強力に突くことができます。

拳を、両手で押さえる相手を、右鉤突きで、左真横に、吹っ飛ばすことができました。

これも、末端である、拳から動こうとしても、相手に両手で押さえられた状態では、最初から、動くことそのものが、ほぼ不可能です。

「本当に、何の力も、使ってないですね!」

右手を、相手に両手で押さえられたところから、右内受けの形に、右前腕を、突き上げます。

相手の、両手の力に、右腕1本で勝ち、相手を、左に、横倒しに崩すことができました。

「いや~、合理的ですね!姿勢を復元する力っていうのは、凄く強いんですね!」

ここから、体幹を縦に波打たせて、左内受けと、右下段払いを、同時に出します。

相手に両手をつかまれたところから、左内受けと、右下段払いを、同時に行います。

両手をつかむ相手の体を、右に、横倒しに崩して、そのまま、仰向けに倒すことができました。

左廻し受けから、左裏拳への動きは、手刀同士を交差させた、一教の形に、応用してみました。

相手の手刀を、左下に流して、相手の体を、左に崩すことができました。

剣術に使えば、切っ先同士を交差させた状態から、相手の切っ先だけ、左下に、逸らせることができます。

相手の切っ先を、下に誘導し、相手の体の右側を、がら空きにして、こちらの剣に対して、無防備にすることができました。

「威力が、凄いですね!奥が深いですね!」

波返しは、鍔迫り合いのときの、崩し技として、使ってみました。

お互いの、手刀同士を交差させ、手刀を出している側の足で、波返しを行います。

浮き身を使うと、波返しをするだけで、相手を崩し、着地の瞬間、相手を、横に吹っ飛ばすことができました。

相手が、差し出した両手に、自分の両手を乗せて、波返しを行います。

両手で、相手の両手を、強く押さずに、相手に、一気に、尻餅を着かせることができました。

「強烈ですね!抵抗できないですね!」

左への、諸手突きは、左右の拳、それぞれを、相手に押さえてもらい、威力を検証しました。

左拳を、相手に両手でつかまれたところから、左真横に、左の突きを出します。

左真横への突きで、相手を、右から左に振り回して、左に、軽々と、放り投げることができました。

右拳を、相手に両手で押さえられたところから、左真横に、右鉤突きを出します。

下段払いからのときと同様に、右鉤突きで、相手を、左真横に、吹っ飛ばすことができました。

「力を使うっていうことが、いかに合理的でないかというのが、わかりますね!」

相手が両手で抵抗しても、片手で、相手を、投げ飛ばすことができます。

やり方が合いさえすれば、その瞬間、達人の動きで、技を使うことができます。

普通に稽古しているだけでは、知ることのない、古の侍の身体操作を、実践することができるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。

テーマ:
● 浮き身によって、キックボクシングの展開で、主導権を握ることができるんですね。

こんにちは。川村義之です。

蹴りの軌道を、相手から防ぎにくいものにし、威力も、重くすることができます。

体に向きを、急激に変えても、膝や腰を、痛めにくくなります。

首相撲で、踏ん張る相手を、横に振り回し、投げ飛ばすことができます。

キックボクシングをされているOさまの、初級第6回目の様子を、ご紹介します。

初級第6回目は、浮き身の練習法の、応用編をお教えしました。

はじめに、浮き身に必要な、股関節まわりからの、脱力の仕方を、復習しました。

立った状態で、両脚から、一気に脱力し、しゃがみ込むだけで、相手を、座り込ませてみます。

相手に、両手をつかまれた状態から、両脚からの脱力によって、ストンとしゃがみ込みます。

手で、相手を下に押さないのに、相手を、腰砕けにすることができました。

ここから、脱力すべき筋肉を、よりピンポイントで、把握できるようにしていきました。

膝立ちになり、立っている相手に、片手を、両手でつかまれます。

股関節まわりから、一気に脱力し、正座になるだけで、相手を、ひざまづかせることができました。

どの筋肉から脱力すればいいかが、明らかになったところで、段階を踏まずに、いきなり、浮き身になってみました。

立って、膝立ちから、正座になったときの要領で、股関節まわりから脱力し、足裏から荷重を抜き、一瞬で、浮き身になります。

足を肩幅に開いて立ち、股関節まわりから脱力して、沈み込み抜重を使って、浮き身になります。

跳び上がらず、両足を、同時に、外側に滑らせて、スタンスを、左右に開くことができました。

相手の肩に手を乗せて、浮き身になり、スタンスを開きます。

手で、相手の肩を強く押さずに、相手を、腰砕けにして、座り込ませることができました。

ここから、浮き身の練習法の、応用編に入りました。

浮き身になっている間に、正中線を、高速で、180°水平に回します。

片足を軸にせず、跳ばず、両足同時に滑らせて、真後ろ向きまで、スルーッと、ターンすることができました。

相手に、両手をつかまれたところから、浮き身になり、10°ほど、ターンします。

踏ん張って、抵抗する相手を、背中から動かして、横に振り回し、投げ飛ばすことができました。

首相撲で、ガッチリ組まなくても、相手を、下や横に、強力に崩すことができるということです。

次に、前にある脚で蹴るとき、スイッチしてから蹴るという、一般的な、2段階の動きを、浮き身を使い、1つにまとめました。

オーソドックススタイルに構え、左前蹴りを出しながら、右に90°ターンします。

蹴りのモーションに入ってすぐ、相手のガードの、インサイドに、左足を、飛び込ませることができました。

最初から、蹴り脚が、相手のガードの、内側を通るように、蹴ることができたんですね。

「なるほど、最初から、相手がブロックできない軌道を通るんですね!」

スイッチ、踏み込み、左ミドルを蹴る、この3つを、1つの動作として、同時に行うことができました。

「浮き身で蹴られると、出が、わからないので、よけられないですね!」

浮き身によって、蹴りの威力も、重いものにすることができます。

相手に、左斜め後ろから、左足首をつかまれ、前に蹴り出せないように、押さえられます。

浮き身を使って、わずかに5°ターンするだけで、蹴りで、相手を、体幹から動かして、前によろめかせることができました。

普通に蹴り出そうとしたのでは、相手の力に負けて、全く蹴ることはできず、相手も動かすことはできません。

相手にとって、よけにくく、より重く蹴れることは、キックボクシングにとって、非常に頼れる武器にすることができます。

右ミドルでも、浮き身を使ってみました。

相手の、右に踏み込むのと同時に、右足を、相手のガードの、インサイドに飛び込ませることができました。

ここでも、蹴るのと、相手の再度に踏み込むのとを、同時に行うことができました。

「なるほど、蹴りに引っ張られて、自動的に、アウトに踏み込めますね!」

首相撲での崩しも、左右のミドルキックも、浮き身の体得で、その場で、レベルアップすることができたんですね。

Oさまは、テニスもされています。

テニスで、体の正面では、ボールを処理しにくい場合に、浮き身を使うと、効果的です。

浮き身になり、90°ターンすると、体を、ボールの側面に向け、処理しやすくすることができました。

「普通にやると、イチ、ニイで忙しくなりますが、これなら、一発で、いい体勢になれますね!」

打ち返すとき、逆に90°ターンすると、ボールを打つのと、すぐ走り出せる体勢になるのを、同時にできました。

体勢を整えるのは、意外に、体力を消耗するので、長丁場が珍しくないテニスでも、浮き身によって、優位に立つことができるんですね。

「浮き身が使えると、あらゆることに応用できて、面白いですね!」

有利な体勢で組めなくても、相手との崩し合いで、優位に立つことができます。

前の脚で蹴るときの、初動を素早くして、蹴りの命中率を、高めることができます。

浮き身によって、キックボクシングの展開で、主導権を握ることができるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。
● 土日祝日の空き状況について

こんにちは。川村義之です。

土日祝日の枠について、現在の空き状況を、ご案内いたします。

平日は、比較的ご予約がとりやすいので、個別にご相談くださいね。

本日から6月末日までの、土日祝日の空き状況です。



・現在ご予約いただける日程はこちらです

※ゴールデンウィークの空き状況は、こちらをご覧ください。

5月13日(日)20時~
5月26日(土)10時~、14時~
5月27日(日)14時~、18時~
6月2日(土)10時~、18時~
6月3日(日)14時~、18時~
6月16日(土)10時~、14時~、18時~
6月17日(日)14時~
6月30日(土)10時~、14時~、18時~

土日祝日で受講をお考えのかたは、参考にしてくださいね。

あなたも、研勢塾を始めてみませんか?

マンツーマンなので、すぐに質問もできて、その場で疑問が解決できますよ。

やり方がわかると、全くできなかったことも、簡単にできてしまいます。

受講のご案内は、こちらをご覧くださいね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。

テーマ:
● 合気道でいう呼吸力の基礎を、短時間のうちに、身につけることができます。

こんにちは。川村義之です。

合気道でいう、呼吸力の基礎を、短時間のうちに、身につけることができます。

腕力に頼らず、腕から発揮するパフォーマンスを、高めることができます。

表面を圧迫しない、浸透する力を、整体の手技に、使うことができます。

整体師Aさまの、初級第1回目の様子を、ご紹介します。

初級第1回目は、胸椎の可動性を、回復させるということに、取り組みました。

はじめに、簡単な体操で、頸椎・胸椎・腰椎まわりを、ゆるめていきました。

すぐに、筋肉がゆるんで、眠くなり、可動域を、広げることができました。

「眠いですね。瞼が重いです(笑)」

「ああ!確かに、さっきより、可動範囲が広くなっていますね!」

続いて、体操で、仙腸関節まわりの緊張も、ゆるめていきました。

骨盤の歪みを整え、左右の脚の長さを、均等に、揃えることができました。

「うわっ!これ、凄いですね!めっちゃいいですね!」

次に、施術で、胸椎・股関節まわりを中心に、全身を、さらにゆるめていきました。

「はぁ~…気持ちよかったです!このまま、寝たいですね。実際、ちょっと意識飛んでました(笑)」

胸椎の可動性を、回復させる方法として、まず、研勢塾の、胸のエクササイズをお教えしました。

先に、胸のエクササイズのうち、胸の動きの大きいほうから、お伝えしました。

胸椎を、可動域いっぱいに動かし、胸廓の、位置と、角度を、決まった順に、変えていきます。

向かい合って正座し、相手に両手をつかまれ、体重をかけて、押さえられたところから、合気上げに、使ってみました。

両手を押さえる相手を、胸椎・胸郭の動きだけで、腕は全く動かさずに、立ち上がらせることができました。

このとき、こちらの手首を押さえてくる、相手の掌を、少しも押していません。

力を、相手との接触点に、ぶつけることなく、相手の体の芯にまで、浸透させることができたんですね。

お互いの手刀を交差させ、正面打ち一教の体勢からの崩しでも、試してみました。

腕力で、手刀を斬り下ろさずに、相手を腰砕けにして、ひざまづかせることができました。

「マジですか!いや~、凄いですね!」

次に、胸のエクササイズのうち、胸の動きの小さいほうを、お伝えしました。

胸椎を、小さく、軽く、リズミカルに動かして、周囲の筋肉を、ゆるめます。

お互いの手刀を交差させ、正面打ち一教の体勢になり、押し合って、膠着状態になります。

胸椎の、ほんのわずかな動きを使って、相手を、手刀で、押してきたり、踏ん張ったり、できなくさせます。

腕力で、一生懸命押しても、動かせなかった相手を、軽く押すだけで、のけ反らせて、後退させることができました。

今度は、相手に両手をつかまれたところから、胸椎の、小さく、軽く、リズミカルな動きを使います。

両手を、軽く下げるだけで、相手を、踏ん張れなくして、ひざまづかせることができました。

このときも、相手の手を、強く押したり、下に引っ張ったりせず、両手を、軽く下げただけです。

「うわっ!マジすか!これヤバイっすね!」

胸椎の、小さく、軽く、リズミカルな動きを、合気上げに使って、相手を、無力化してみました。

相手に、何をされたか、わからせないまま、こちらの手首を押さえられないようにして、相手を、引っくり返すことができました。

相手に手首をつかまれた状態から、相手を、自分の好きなほうへ、誘導します。

胸椎の、ほんのわずかな動きを使い、相手の手を、離せなくして、好きなほうへ、誘導することができました。

「うわ~っ!本当に、手を離せなくなるんですね!」

「こんなことを、やってたんだな…今まで、達人の動画を観ても、わからなかったんですが、何となく、わかってきました」

相手の表面に留まらないで、内部に浸透する力を、生み出すことができます。

体の中心から動いて、相手の体と、一体になって、手技を施すことができます。

解剖学と、力学に基づいて、相手にぶつからない、武医同術の手技を、実際に使うことができるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。

テーマ:
● 浮き身、発勁、合気などを、同時に、1つの動作にまとめて、使うことができます。

こんにちは。川村義之です。

浮き身で進むことで、自動的に、ムチミによる、浸透する技を、出すことができます。

前進・転身などの運足と、突き・受けの動きを、一体にすることができます。

転身するとき、1つの技を、別な形の技に、自動的に、変化させることができます。

空手をされているTさまの、研鑽クラスの様子を、ご紹介します。

今回からは、空手形ピンアン二段の練習を、始めました。

浮き身を使い、足を肩幅に開いて、体幹を、左へ、螺旋状に連動させます。

左肩、左肘へと動きを伝え、腕力を使わず、左鉄槌で、落とし受けができました。

相手の右の突きを、左手で、下から、迎えに行くように、受けます。

左落とし受けによって、相手の突きを、外側に逸らします。

相手の突きの威力で、相手の体を、右に崩して、横倒しに、傾けることができました。

相手を力ませ、立ったまま、一瞬固めることができるので、その間、反撃できなくすることができます。

右に傾いて、立ったまま固まり、動けない相手に、右順突きを、入れることができました。

「怖いですね!これは、防御できないですね!」

相手に、左手首をつかまれたところから、左落とし受けの動きを、やってみました。

手首をつかむ相手を、右に、横倒しに崩して、真っ直ぐ立っていられなくすることができました。

浮き身を使うことで、右順突きも、間合いが詰まった状態でも、前進せずに、出すことができます。

左半身から、浮き身の歩み足を使うと、体幹を、自動的に、縦に波打たせ、ムチミで動かすことができます。

前進せずに、その場で、両足同時に滑らせて、逆構えになり、右順突きを、出すことができました。

「ああ、これ凄いわ!浮き身、ムチミ、螺旋、全部入ってるんですね!」

左落とし受けの直後、相手に、両手で、右拳を押さえられたところから、浮き身の歩み足を、行います。

右拳を、両手で押さえる相手を、右順突きで、数メートルも、吹っ飛ばすことができました

順突きを出し、右半身になったところから転身し、後ろを向き、右下段払いを出します。

後ろ向きに、転身するだけで、自動的に、右順突きを変化させて、右下段払いを出すことができました。

「なるほど、動きが、常に、タメ、タメになっているんですね!」

相手に両手で、右順突きをつかまれたところから、右腕を脱力したまま、転身します。

浮き身を使うことで、相手の両手の力に、全く邪魔されずに、真後ろに、向き直ることができます。

両手で抵抗する相手を、転身で、軽々と振り回し、そのまま、右下段払いで、投げ飛ばすことができました。

「うわ、これ凄いですね!威力、こんななんだ!」

ここから、さらに浮き身を使って、両足同時に滑らせて、スタンスを、わずかに狭くします。

この動きを、右肩、右肘に伝えると、右下段払いを、自動的に変化させて、右鉄槌による、落とし受けができました。

相手に、右下段払いの、手首をつかまれたところから、右落とし受けを、やってみました。

手首をつかまれたまま、右下段払いを振り上げ、右落とし受けで、相手を崩して、尻餅を着かせることができました。

「うわっ、凄い!まさか、こんな威力があるとは、思わなかった!」

右落とし受けから、間髪置かずに、浮き身の歩み足を行い、右半身から、左半身に、転じます。

前進しないで、その場で、逆構えになりながら、左順突きを、出すことができました。

右落とし受けの直後、相手に両手で、左拳を押さえられたところから、浮き身の歩み足を、行います。

左拳を、両手で押さえる相手を、左順突きで、数メートルも、吹っ飛ばすことができました。

「若いころ、さんざん鍛えてきたから、ここの価値がわかるというか、凄いことやってんなあ、って」

「自分のやってきたことが、間違ってたというか、全部、逆をやってたなあって、ここに来てわかりましたね」

浮き身、発勁、合気などを、同時に、1つの動作にまとめて、使うことができます。

前の動作を、次の動作の、タメとして利用し、筋力使用の割合を、減らすことができます。

形(かた)稽古を使って、空手の突きや崩しを、達人の質に、変えることができるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。

テーマ:
● 四方投げは、肩や肘を痛める人が多いんですが、これなら、肩にも肘にも負担はないですね!

こんにちは。川村義之です。

片足を軸にせず、両足同時に滑らせて転身し、真後ろを向くことができます。

後ろの相手に、イチ、ニイではなく、イチ!の一調子で、向き直ることができます。

筋力に頼らず、抵抗する相手を、大きく振り回して、投げ飛ばすことができます。

合気道をされているSさまの、初級第6回目の様子を、ご紹介します。

初級第6回目は、浮き身練習法の、応用編をお教えしました。

先に、浮き身練習法の、基礎編を、復習しました。

立っているところから、いきなり、跳ばずに、両足同時に、スタンスを、左右に開きます。

まずは、浮き身に必要な筋肉からの、脱力のやり方を、練習しました。

自分は、膝立ちになり、立っている相手に、片手を、両手でつかまれ、押さえられます。

決まった筋肉から脱力し、膝立ちから正座になると、相手を、ひざまづかせることができました。

立った状態から、同じ要領で、決まった筋肉から脱力し、足裏にかかる荷重を、ゼロにします。

立った状態から、いきなり、両足同時に滑らせて、スタンスを、左右に開くことができました。

ここからが、浮き身練習法の、応用編になります。

段階を経ずに、脱力によって、足裏にかかる荷重をゼロにし、同時に、正中線を、水平に回します。

片足を軸にしないで、両足同時に滑らせて、180°後ろ向きに、ターンすることができました。

浮き身にならなければ、片足を軸にしないと、真後ろに、向き直ることはできません。

片足を軸にすれば、向き直る動きは、イチ、ニイの、二挙動になり、背後を獲られれば、大きく不利になります。

しかし、浮き身を使えば、両足同時に、イチ!の一挙動、一調子で、相手に向き直ることができ、不利を覆すことができます。

相手に、両手をつかまれ、押さえられたところから、浮き身になり、わずかに10°ほど、ターンしてみました。

両手をつかみ、踏ん張る相手を、背中から動かし、大きく振り回して、投げ飛ばすことができました。

相手に、背後から、両手をつかまれた状態からも、浮き身になって、10°ターンしてみました。

それだけで、特に、投げようとしなくても、相手を、背後から前方に、投げることができました。

お互いの、手刀同士を交差させた、一教の体勢からも、同じように、浮き身になり、10°ターンします。

片手の、手刀同士の接触だけで、相手を横向きに回して、相手の背後を、獲ることができました。

短刀捕りにも、浮き身によるターンを、使ってみました。

相手が、お腹を突いてくるのを、手を使って、とりあえず押さえます。

同時に、浮き身になって、90°ターンするだけで、相手の腕を極め、押さえ込むことができました。

四方投げも、浮き身によって、技を強力にしながら、ラクに投げることができます。

片手を、相手に両手でつかまれたところから、浮き身になり、10°ほど、ターンします。

最初の時点で、相手を、のけ反らせ、無抵抗にしたあと、片手を静かに下ろすだけで、相手を仰向けに倒すことができました。

「合気道を、ずっとやってきても、ここまで崩されたことは、ないですね!」

「偉い先生が相手だと、正直、崩れなきゃマズイかなとか(笑)、思ったりしたんですが」

「これだと、耐えようとしても、全く耐えられないですね!」

「四方投げは、肩や肘を痛める人が多いんですが、これなら、肩にも肘にも、負担はないですね!」

両手持ち入身投げでも、浮き身ターンを使うと、崩しと投げを、同時に行うことができます。

わずかに、10°ターンするだけで、相手をのけ反らせ、1歩入身するだけで、相手を仰向けに倒すことができました。

自分は正座し、立っている相手に、四方投げをかけてみました。

片手を、相手に両手でつかまれたところから、正座したまま、浮き身になります。

正座したまま、浮き身を使って回るだけで、相手を、抵抗できなくして、仰向けに倒すことができました。

「○○流の動画とか観て、あんなに声が出てるのは、いくら何でもヤラセじゃないか、とか言ってたんですが(苦笑)」

「ここまで崩されると、自分も同じくらい、声が出ちゃうものなんですね!」

自分は正座し、こちらの両手をつかんで、立っている相手に、入身投げをかけてみました。

相手を、踏ん張れなくすることができるので、立っているときと変わらず、相手を投げることができます。

浮き身になり、膝行で、わずかに入身するだけで、相手を、仰向けに倒すことができました。

「はたから見たら、どうやっているのか、わからないでしょうが、こういう風に教わったら、できちゃうんですね!」

正座したまま、浮き身を使って、合気上げも、やってみました。

浮き身を、持続的に使うことができて、相手の力で、相手を、一気に立ち上がらせることができました。

正座という、一見、浮き身に関係ないような体勢からでも、浮き身によって、崩しの効果を上げることが、できるんですね。

「こうやって、指導していただいてから、○○先生の動きは、こうだよとか言われると、ああそうか!とわかるんですよね」

「でも、ここで教わる前は、できると言われている先生の動画を観ても、サッパリわからなかったですね(笑)」

相手に触れているだけで、手では技をやらなくても、崩しや投げを、極めることができます。

居着きをなくし、さまざまな位置にいる相手に対して、隙をなくして、対峙することができます。

肩や肘などを痛めず、体にかかる負担を減らして、合気道の技を、強くすることができるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。

テーマ:
● 相手が、ラッシュしてくるのを利用して、相手を、ピンチに陥れることができます。

こんにちは。川村義之です。

相手が、ラッシュしてくるのを利用して、相手を、ピンチに陥れることができます。

相手の攻撃のリズムを狂わせて、相手の実力を、出せなくすることができます。

相手の突きを利用して、相手の体勢を崩して、死角から攻撃することができます。

フルコンタクト空手をされているHさまの、研鑽クラスの様子を、ご紹介します。

今回は、相手の突きへの、交差法と、縮地法による、迎撃パターンを磨き上げました。

はじめに、対突きの、受け即崩し、受け即反撃の練習をしました。

相手が、胸板に打ち下ろす突きを、前腕に乗せるように、下から受けます。

相手の突きを、自分の腕の下に逸らし、そのまま、拳を、相手の腕の上を滑らせて、突きを入れることができました。

受け技と、反撃技を、1つの動きで、両立することができたんですね。

この練習を通して、特に、脱力するほうが、崩しの効果を高めるという感覚を、磨くことができます。

腕の力を抜くほどに、相手の突きを、逸らすだけでなく、相手の体勢を崩し、前のめりに、突っ込ませることができました。

相手を、前のめりに突っ込ませれば、こちらの突きは、カウンターになり、相対的に、相手に、よりダメージを与えることができます。

相手の、ストレートな突きを、抱え込むように、前腕の内側で受けます。

受けを、そのまま、下段払いに変化させ、相手の突きを、下に逸らします。

受け崩すと同時に、相手の、胸板の下を、受けに使ったのとは、反対側の拳で、突くことができました。

両腕が同時に動いて、防御と崩し、反撃を、一度にやることができる、夫婦手の技法の1つです。

相手が、胸板に打ち下ろす突きを、前腕の内側で受けて、捌いて逸らします。

相手の体を、横向きに回して、がら空きの腋の下に、肘打ちを入れることができました。

この状態から、さらに、相手に対して、追い討ちをかける練習もしました。

そのまま、相手の死角に入身しつつ、相手の胸骨に、突きを打ち下ろすことができました。

相手の、ストレートな突きを、迎えに行くように、前腕の外側で受けます。

間髪置かずに、体当たりするように間合いを詰め、相手の、胸板の下に、肘打ちを入れることができました。

相手の、ストレートな突きを、相手の突きと、同じ側の、前腕の外側で受けます。

受けた瞬間、相手の突きを、払いのけようとしないで、ただ、腕の力を抜き、相手の突きに、受けに使った腕を、動かしてもらうようにします。

相手の突きの威力で、相手を横向きに回して、がら空きの腋の下に、肘打ちを入れることができました。

全ての攻撃は、次に、攻撃をするための、準備動作、すなわちタメを兼ねているのが、理想的です。

そこから、返す刀で、逆方向から、肘打ちを連打し、さらに、反対側の拳で、突きを入れることもできました。

相手の、ストレートな突きを、抱え込むように、前腕の内側で受けます。

受けた直後、受けに使った腕を、肘を曲げて畳み、そのまま、相手に向かって、密着していきます。

相手の腕を、相手のほうに、押し潰すようにして、相手の胸板の下に、受けに使った腕で、肘打ちを入れることができました。

再び、相手の、ストレートな突きを、抱え込むように、前腕の内側で受けます。

相手の突きの威力で、相手を横向きに回して、がら空きの腋の下に、肘打ちを入れることができました。

続いては、縮地法の練習をしました。

組手構えになり、浮き身の寄り足で、跳ばず、両足同時に滑らせて、前進します。

相手が、ラッシュしてくるのに合わせ、自分の前足の、やや外側に、浮き身の寄り足で、前進します。

相手を、自分のいないところに突進させ、相手の、がら空きの腋の下に、突きを入れることができました。

その場に踏ん張って、まともに受けて立てば、このようなチャンスを、作ることはできません。

相手と、真正面で向き合わないように、動くからこそ、相手を、死角から攻めることができるんですね。

浮き身の歩み足を使って、順突きを使う練習もしました。

相手が、ラッシュしてくるのに合わせ、左右の膝を、くっつけたまま、浮き身の寄り足のつもりで、前進します。

止まる寸前、スタンスを入れ換えて、逆構えになり、相手の腋の下に、右順突きを、入れることができました。

逆構えになることで、相手の突きをかわしながら、同時に、カウンターの反撃を、極めることができるんですね。

さらに、右順突きの体勢から、蹴りにつなげます。

右順突きを、引く動きで、自動的に、左の廻し蹴りを、出すことができました。

こうした、交差法、縮地法の技が、ナイハンチの中にも、多数見られることも、動きを通して、実感できました。

最後は、ナイハンチの、下段払いからの、鉤突きを、練習しました。

下段払いをやってから突くことの、必然性がわかると、ボクシング的な動きより、突きを、はるかに強くすることができます。

拳を、数cmしか動かさないのに、拳を、両手で押さえる相手を、吹っ飛ばすことができました。

下段払いが、次に、鉤突きをするための、準備動作、すなわちタメを兼ねているので、思った以上に、威力を、強くすることができるんですね。

組手に、崩し技を導入することで、自分が攻撃を受ける機会を、減らすことができます。

相手が、こちらのことを、攻撃しにくい戦い方を、することができます。

組手と、我慢比べをしないで、自分にとって、一方的に有利な展開に、持ち込むことができるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。