達人の身体操作を「基本原理」から徹底的に個人指導! 武道・武術の個別指導塾 研勢塾 合気道・剣道・古流武術・中国武術

合気道、剣道、古流武術、中国武術などの武道・武術を学ばれているかたに合気、先(せん)、浮き身、発勁などを個別指導で実際に使えるようにお教えします。現在通われている道場などとの相乗効果により一層深い理解が得られます。

達人の身体操作を「基本原理」から徹底的に個人指導!


武道・武術の個別指導塾 研勢塾



合気道、剣道、古流武術、中国武術などの武道・武術を学ばれているかたに、合気、先(せん)、浮き身、発勁などを個別指導で実際に使えるようにお教えします。
現在通われている道場などとの相乗効果により一層深い理解が得られます。

また、現在道場などに通われていなくても、武道・武術の真実を正しく学ぶための入り口としても最適です。



研勢塾とは

NEW !
テーマ:

● 中国武術のかたが研勢塾を受講すると


こんにちは。川村義之です。


もし、あなたが中国武術を学ばれているなら、研勢塾を受講すると以下のことを学べます。


・筋力に頼らず浸透する強打を打つ、発勁・寸勁


・相手の動きを封じ、無力化する化勁


・筋力を超えた力と速さを生む、螺旋の身体操作


それでは、中国武術を学ばれている受講生のかたの講座のようすをご紹介します。


今日は、中国武術の内家拳を学ばれているかたの、研勢塾初級第3回目の講座のようすをご紹介します。

今回は浮き身入門編、というのがメインテーマですが、まずはこちらのかたのご要望で、内家拳の主な稽古法である站トウ功のブラッシュアップからスタートです。

站トウ功とは内家拳に分類されるいくつかの中国武術で使われているもので、特定のポーズでじっと立ち続ける、というものです。

とはいえもちろんそれだけのものではなく、ただじっと立っているだけに見えても、中身は全くそうではない必要があるんですね。

逆に言うと站トウ功は外から見た形や、「氣」という特殊な概念でばかり語られることも少なくありません。

その結果かえって筋肉の緊張がひどくなったり、そのせいで動きが余計居着いたり、体調を崩す例も聞かれたりします。

それは站トウ功が激しく動くものではなく、見た目にはじっと動かないものだから、その中身を明確に把握しづらいからかも知れません。

しかし研勢塾ではそのような形骸化、曖昧化を可能な限り避け、力みをなくし居着きを減らし、体調もよくなっていく方向への修正をご提案しています。

なぜなら本来站トウ功とはそういうもので、武術としての即応性と健康法としての高い効果とを、両方もたらすものだからです。

頭の位置、アゴの引き方、

胸の角度、肩甲骨の位置、

お腹の状態、腰椎の状態、

股関節の状態、太ももの状態、

これらを1つ1つ修正し、より楽で負担なく立てるようにしていきます。

「ああ、これのほうが気持ちがいいですね」

「うん、これなら呼吸も楽です。力も抜きやすいし」

僕が姿勢を修正させていただいていくと、最近調子が悪いとおっしゃっていたお腹が、動き出したのか鳴り出しました。

さらに武術としてのあり方を突き詰めるため、上腕の状態や肘の脱力などをお伝えしました。

すると、僕が仮想の対戦相手になってこちらのかたの手を払うと、やろうとしなくても払われた手が勝手に、しかも筋力でがんばったのでは不可能な速さで反撃に転じるようになりました。

「こんなに簡単なんですか!本当に、何も考えなくても勝手にできますね」

またここから、今度は自分で体幹を軽く揺らして、その動きを手に伝えることで、やはり同じように勝手に技が出るようになる、ということも実感していただきました。

「こういうことを教わりたかったんですよ!」

このやり方だと、手を振り回して一生懸命叩くのではとてもできないくらい、速くて重い、体の奥に届く打撃になります。

さらにはいったん崩れた姿勢で相手に触れ、そこから正しい站トウ功の形になるだけで、相手が軽く吹っ飛ぶくらいの威力が出る、ということも確認していただきました。

「ウッ!…表面を叩くのとは、全然違いますね」

このように、中身も含めて正しく修正すれば、体にもよくて武術的にもその場でレベルアップできてしまう、それが站トウ功本来の素晴らしいところなんですね。

「本当に理に適っているというか、よくできてるんですね」

最後は浮き身入門編に入りましたが、こちらもなかなか順調に感覚をつかまれて、ジャンプしないでその場でスタンスをスルスル左右に開いたり閉じたり、をすぐマスターされました。

また床を蹴らずにその場で真後ろ向きに回る、というのも体得され、あくまで僕の指示に忠実にやろう、とされるひたむきな取り組みの成果だと思います。

「でも、自分ではあまりうまくいかなかった、という印象ですよ?」

いやいや、そのほうがいいんです!


なまじ「うまくできた!」なんて浮かれてしまうと、そこで慢心して進歩が止まりますからね。

上達し続けていくためには、いつでも「大丈夫かな?」と危機感を持つとか、「まだまだうまくできていない」とシビアな目で自分を見るとか、そういうことが必要なんですね。


研勢塾では、


合気道、剣道、古流武術、中国武術などの武道・武術を学ばれているかたに、


合気、先(せん)、浮き身、発勁などをマンツーマンでわかりやすく、実際に使えるようにお教えしています。


現在通われている道場などとの相乗効果により、一層深い理解が得られるとご好評いただいています。


また、現在道場などに通われていなくても、武道・武術の真実を正しく学ぶための入り口としても最適です。


研勢塾では、これまで秘伝とか極意とか奥義とか呼ばれて隠されてきたことを、惜しみなくお伝えします。

それが、体の本当に正しい使い方だからです。

秘伝や極意、奥義と呼ばれるものの真相を知りたい人、飛躍的に向上したい人、努力が報われたい人は、研勢塾をぜひ受講してみてください。


研勢塾は初級コース第1回のみ、単発で受講できます。


ご興味のあるかたは、まず受講されることをおすすめします。


受講のお申込みはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● 前に出した足に体重移動しないで、浮き身で相手の死角に入る


こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今回は剣道と、さらに中国武術も学ばれているかたの、中級第5回目の講座のようすをご紹介します。

まずは基本の立ち方の修正から入らせていただき、少しあった癖を直させていただきました。

正中線を出す、ということにじゅうぶん慣れていないと、つい胸を張りすぎてしまいますが、それでは正中線の直線度を保つことができません。

そうなると正中線の強さを使うこともできないので、ここは正確さが必要になるところです。

続いて剣道の正眼の構えになっていただき、これも正しい体の使い方の観点から修正させていただきました。

つまりポイントは肩甲骨がホームポジションにあるかどうか?で、これが宮本武蔵の言う「愁猴の身」だということですね。

これがきちんとできていて、それが股関節から使えるとき、床を蹴らない移動法である寄り足と、剣の振りかぶりが一体化することになります。

またこれを宮本武蔵自身の剣で再現するため、絵に遺されている武蔵の構えから、最も体力・筋力に頼らずしかも最も速く強力に動く、という例をご覧いただきました。

もちろん練習してできるようになっていただき、宮本武蔵の剣技が剣の本質に基づくものだということ、またそれが站トウ功からも練習できる、ということをご理解いただきました。

次に相手の外に打拳を放ち、それを「防護壁」にして、反応させずに瞬時に相手の死角に入る、ということを練習していただきました。

これを次々に応用に発展させ、触れた瞬間崩しながら死角に入る、同じことを剣でやる、同じ入り方から面を打つ、胴を切る、という風にさまざまにバリエーションをつけていただきました。

こうすることで、あらゆる動作、あらゆる技を貫く本質をよりハッキリ実感していただけるからです。

そしてその根幹を学ぶ方法である站トウ功の姿勢になっていただき、それをより詳しく修正させていただきました。

站トウ功が正しくなると、肘から先を振って平手で軽く叩くだけで、腕全体で叩くより重く深い、より「効く」打撃になります。

ここで複数の中国武術を取り上げて実演し、結局人間の体が同じ設計を共有しているのだから、求めているものは同じであってその入り口が違うだけ、ということを納得していただきました。

その中核にあるのは姿勢の復元力であり、それが最も重要なのは中国武術も剣道も同じ、ということを、実際に技を体験していただいて確認していただきました。

ここでまた再度站トウ功を修正させていただき、相手とのファーストコンタクトの瞬間「相手を見ない」で死角に入ると相手の攻撃は当たらず、逆に相手は崩れる、ということも実感していただきました。

これは中国武術の打拳、剣の両方でくり返し検証して納得していただき、ここに宮本武蔵の「粘る技」を加えて、触れた瞬間相手を固めてしまい、こちらは一方的に打つ、というのも練習していただきました。

「あ、そうか。本当に本質は同じなんですね」

「確かに、これなら相手が反撃しようとしても間に合いませんね」

また、正座から立て膝になりながらの抜刀で、座った状態からの浮き身の練習をしていただきました。

これで普通なら「イチ、ニイ」になる抜刀を「イチ!」にする、ということを実技で体得していただきました。

これが武術の極意の1つである「一調子」というもので、座った状態でこれができるなら、立った状態ではもっと簡単にできるようになります。

その成果で、立った状態からの抜刀では、360°全方位に浮き身で瞬時に対処し、どの方向にも同じ所要時間で刀が抜ける、という風になっていただきました。

さらに站トウ功で、より正しくできてくると勝手に浮き身がかかってくる、というのを確認していただき、達人の動きの仕組みを解読していきました。

チョコチョコ小走りに後ろに進み、背中で当たるというのを例として使ったのですが、正しくできると相手は後ろに吹っ飛ばされてしまいます。

この感覚を活かして、前に出した足に体重移動しないで、浮き身で相手の死角に入る、ということも練習していただき、良好な結果を得ることができました。

「最近、重心から動く、という感覚がより鮮明になってきたんです。本当に(大事なのは)足じゃないんですね」

またこの動きの本質は社交ダンスのリードでも同じだということも示し、それはそのままフェンシングなどの西洋剣術でも同じ、ということもご理解いただきました。

だからダンスのリードのうまいジェントルマンは決闘にも強い、とわかるので、食事のマナーやダンスなど、パーティーでの動きを見れば頼れる男性かどうか?がわかったというわけですね。

要するに全ては「動きの自動化」をするということで、これを改めて剣道の構え、站トウ功の両方でさらに突き詰めて仕上げていただきました。

結局同じ人間の体を使うのですから、全ての動作で正しいやり方は共通しているわけで、それを体感できる機会をどれだけ日常生活の中に作れるか?が24時間練習する、ということの真意なんですね。
















受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● 今回も、驚異の内容をありがとうございます(笑)


こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今日は、合気道を経て現在は中国武術を学ばれているかたの、研勢塾初級第2回目の講座のようすをご紹介します。

今回はコンディショニング中心のカリキュラムですが、研勢塾のコンディショニングはそのまま体の使い方の練習も兼ねる、というところに特徴があります。

まずお伝えしたのは、研勢塾オリジナルの「胸のエクササイズ2種」で、胸椎/胸郭を大きく動かすものと、小さく動かすものとをやっていただきましたが、その1つ1つがそのまま技、ということですね。

さらに操体法で骨盤のズレを矯正、脚の長さを均等に揃える方法を覚えていただきました。

「立った感じが全然違いますね。楽です」

次に、皮膚へのアプローチで体の動きをやりやすくする、というのをお伝えし、足を足の甲の中から指まで動きやすくする、というのをやっていただきました。

「うわ~全然違う!野生動物ってこんな感じなんですかね」

はい、それが足の本当の機能が発揮されてきたということですね。

さらにやはり皮膚へのアプローチで脚の振り上げ、腕の曲げ伸ばしもやりやすくする、というのもやっていただきました。

「うわっ、(動きが)軽い!」

「今回も、驚異の内容をありがとうございます(笑)」

「これ、みなさんに喜ばれるでしょう!」

はい、みなさん大変喜んでくださいます。

続いて、両手で右手を押さえられたところから、相手に向かって真っ直ぐ抜く抜刀、というのも体験・練習していただき、力に対して真っ向勝負で脱力で勝つ、ということを具体的に実感していただきました。

さらに仰向けの状態から、上から足首を押さえられながら、相手をキリモミ回転させて崩す足合気なども体験していただき、筋力に頼らない、末端から動かない、技をやろうとしない、ということが何より大切、と確認していただきました。

加えて体をゆるめる施術もいくつかさせていただいて、終わったあとは、

「無重力ですね(笑)!」

「もー、これだけで幸せです(笑)」

「視界がクリアになりましたね!」

と言っていただけました。

その次は研勢塾式にアレンジしたマッケンジー体操で、これにより胸椎の可動性を回復し、腰への負担を減らすとともに、胸から腕、手先への運動エネルギーの流れをよくする、ということのためのコンディショニングを覚えていただきました。

これをより深めるため、肩甲骨のホームポジションをご紹介し、肩甲骨の位置さえ正しければ仮に腕力で動いても、簡単に相手とつながる、ぶつからないということができてしまう、というのを実感していただきました。

これを例として蟷螂拳の構えに当てはめ、こちらから接触したり、受講生のかたから攻撃したりしていただいて、蟷螂拳でも中身が入っていれば、触れた瞬間相手を崩して自由を奪う、というのは可能だと確認していただきました。

「いやー凄い。凄くて…」

最後に今回のコンディショニングのメインである研勢塾式アイソレーションをご紹介し練習していただいて、その1つ1つの動きがどう技へ展開するか?も実技でその都度体験していただきました。

要するにコンディショニングは正しい姿勢や正しい動きの無意識化、自動化のためにやるもので、それができていれば技はもはや技ではなく、技以前の術になる、ということですね。

それを実感していただくため、自由にかかってきていただいて、

相手につかみかかられ、触れられた瞬間に崩す、

相手にこちらから手のひらで触れ、触れた瞬間に崩す、

相手の手のひらにこちらから両手の小指で触れ、触れた瞬間に崩す、

相手のパンチを自分に当たる寸前にかわし、その瞬間に崩す、

相手が差し出した手のひらに人指し指1本を立て、そのまま崩す、

相手が胸ぐらをつかんできた、その腕に小指1本を立て、そのまま崩してそのまま押さえ込み、立ち上がらせない、

映画の『E.T.』のように、人指し指の先端同士を接触させ、そのまま崩して押さえ込む、

軽く手のひらで胸を叩くだけで、体の奥まで届く重い衝撃を与える、

などさまざまな形で「術」を感じていただきました。

「こんなことできる人、他にいるんですか?」

いやー、いると思いますよ。『E.T.』状態での崩し、というのは見たことないですけど。

でも、原理がわかってそれが癖になれば、誰にでもできることだと思います。

「普通に考えたらおかしいですよね(笑)。あり得ないですよ」

確かに、常識ではあり得ないことですが、それはそれだけ常識が間違っている、ということですよね。

「こんな強い人いるんだな~…」

いやー、大したことないですよ。

「いやいや!たいていの人より強いでしょう(笑)!」

いや、比較の対象を高いところに設定しているので、いつも自分の実力には不満と不安がいっぱいです(笑)。

「いつも勉強になります!ありがとうございました!」

こちらこそ、ご指導させていただくことが勉強です!またどうぞよろしくお願いいたします!
















受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● 古流武術のかたが研勢塾を受講すると


こんにちは。川村義之です。


もし、あなたが古流武術を学ばれているなら、研勢塾を受講すると以下のことを学べます。


・膝を痛めず上達を早める浮き身の身体操作


・現代では失われた古流の時代の体の使い方


・秘伝としてなかなか知る機会のない技と術の原理


それでは、400年以上の歴史を持つ、由緒ある古流武術を学ばれている受講生のかたの講座のようすをご紹介します。


今回は古流武術を学ばれているかたの、研勢塾初級第6回目の模様です。

今回のテーマはぶつからない、つながるということですが、まずは基本の立ち方のおさらいからです。

そこからこちらのかたのご要望で、正座からの抜刀を正中線、浮き身で解題していきました。

こちらのかたは、片足は正座に近い形で折り畳み、もう片方、右足を前に投げ出した形からの抜刀より、正座からの抜刀のほうが難しいのではないか?と質問してきて下さいました。

普通は前述の座り構えのほうが難しいと考えられがちですが、それは逆なのではないか?と。

まさにご明察で、普通簡単に考えられがちな正座からの抜刀のほうが、本来はより浮き身が使えないとできないので、いかにもな居合の座り構えより、実は難易度は高いんですね。

そこから、相手が腕立て伏せのような体勢で、こちらの両手首をつかんで体重をかけたところからの合気上げにつなげて、正しい正座、正しい合気上げが明治以前の当たり前な武家の人間の体の使い方だ、ということを納得していただきました。

これはお膳で食事をする、障子や襖を開け閉めする、という日常の所作でも同じで、かつては礼儀作法によって、武術に必要な身体操作、身体感覚が育まれ磨かれていた、とわかります。

そして合気が剣術の理合の素手による表現であることを、古流武術に遺された剣の振りかぶりの形をいくつか試すことで、正しく中身を押さえた振りかぶりをすれば、そのまま合気技に発展させられる、ということでご確認いただきました。

力の抜き方、抜く順番、手首の形でさえ全てに意味があり、物理的根拠がありますから、それが正しく守られるか?守られないか?で技が成立するかしないか?が全然違ってしまうんですね。

さらに研勢塾における、ぶつからない、つながる力の練習の白眉である、右手を両手で、かつ全力で押し込まれた状態からの抜刀を練習していただき、力に力で対抗しなければ勝てないと思ってしまう、常識による刷り込みと、実は力を抜いて相手の力に対抗するのをやめれば、相手はこちらを押さえられずあっさり抜刀できてしまう、ということもできるようになっていただきました。

相手がかけてくる力や重みに対し、それと同等かそれを上回る力を生み出さなければ勝てない、というのは実際には物理的根拠のない、単なる先入観でしかありません。

動きの要素を1つ1つ丁寧に修正していくことで、自分自身の動きでその先入観を覆していく、という体験は、こちらのかたが伝承されている古流の形(かた)の本当の意味を理解する上で、大きな助けになっているようでした。

「これ…こんなこと(=本来の動き方や形の意味)誰も知らないまま稽古してますよ((((;゜Д゜)))
でも、これがわからないと本当の意味なんてわからないですよね!」

さらに日本人の身体観の変遷や、日本で武術が発達した文化的要因などについては意見交換の時間も持てて、非常に興味深いお話を共有させていただくことができ、講座がさらに有意義なものになったと思います。

また、琉球武術の極意が琉球舞踊の女踊りに隠されている、ということを舞の手のうち「拝み手」で体験、練習していただき、これもまた剣術の理合に他ならない、という事実もご理解いただきました。

そして今回のハイライト、最近お伝えしている「運動エネルギーのバトンタッチ」をお伝えし、最初は感覚がつかめずかなり悩まれましたが、くり返し練習していただいて、最後にはできるようになっていただけました。


研勢塾では、

合気道、剣道、古流武術、中国武術などの武道・武術を学ばれているかたに、


合気、先(せん)、浮き身、発勁などをマンツーマンでわかりやすく、実際に使えるようにお教えしています。


現在通われている道場などとの相乗効果により、一層深い理解が得られるとご好評いただいています。


また、現在道場などに通われていなくても、武道・武術の真実を正しく学ぶための入り口としても最適です。


研勢塾では、これまで秘伝とか極意とか奥義とか呼ばれて隠されてきたことを、惜しみなくお伝えします。

それが、体の本当に正しい使い方だからです。

秘伝や極意、奥義と呼ばれるものの真相を知りたい人、飛躍的に向上したい人、努力が報われたい人は、研勢塾をぜひ受講してみてください。


研勢塾は初級コース第1回のみ、単発で受講できます。


ご興味のあるかたは、まず受講されることをおすすめします。


受講のお申込みはこちら

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● この春、研勢塾をはじめてみませんか?


いつもこのブログをお読みいただき、本当にありがとうございます。

春になって心機一転、あなたも研勢塾をはじめてみませんか?


研勢塾では、


合気道、剣道、古流武術、中国武術などの武道・武術を学ばれているかたに、


合気、先(せん)、浮き身、発勁などをマンツーマンでわかりやすく、実際に使えるようにお教えしています。


現在通われている道場などとの相乗効果により、一層深い理解が得られるとご好評いただいています。


また、現在道場などに通われていなくても、武道・武術の真実を正しく学ぶための入り口としても最適です。


研勢塾では、これまで秘伝とか極意とか奥義とか呼ばれて隠されてきたことを、惜しみなくお伝えします。

それが、体の本当に正しい使い方だからです。

秘伝や極意、奥義と呼ばれるものの真相を知りたい人、飛躍的に向上したい人、努力が報われたい人は、研勢塾をぜひ受講してみてください。


研勢塾は初級コース第1回のみ、単発で受講できます。


ご興味のあるかたは、まず受講されることをおすすめします。


受講のお申込みはこちら

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● 結局は立ち方、歩き方が全ての根幹


こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今回は、さまざまな武術を修められたのち、今は伝統ある古流武術を学ばれているかたの、研勢塾中級第1回目の講座のようすをお届けします。

まずは、基本の立ち方のチェックです。

特に大切なのは、足裏から頭までの位置関係が正確に再現され、正中線が出せていることです。

しかしさらに今回は、それが足裏→膝→股関節→胸椎→頸椎の順で正しく形成できるか?ということも重要視してやっていただきました。

それはこれがムチミの身遣いそのものだからで、脊椎動物としての人間本来の正しい動きの本質だからです。

そしてこちらのかたには、特に体幹を後ろに傾けたとき、首を前に倒しあごを出す癖か見られたので、そこを注意していただくようアドバイスさせていただきました。

その要は首の根元の頸椎七番から体幹最上部の胸椎三番あたりまでで、このあたりから首、このあたりから頭と捉えていただくといい、ということですね。

それは前から胸を押されれば明白で、首が前に倒れていると、背中から後ろに崩れてしまいますが、上記のポイントが守られているとずっと楽に耐えられます。

またこの2つの姿勢から脱力していってもそれはハッキリ違うとわかり、首が前に倒れていると体ごと後ろに倒れてしまいますが、上記のポイントが守られていれば、体は前に崩れ落ちていくんですね。

さらに基本の立ち方から站トウ功に移行していただき、これで肩甲骨のホームポジション、というのを体感していただきました。

やはりこちらのかたも、ご自身の前回の受講から今回までの間にこの「肩甲骨のホームポジション」という言葉をご覧になって、気になっていらっしゃったとのこと。

最初に、第三者に手を払われても、腕を叩き落とされても、肩甲骨の位置さえ正しければ自分の意思で何もしようとしなくても、手や腕が勝手に元のところに戻ってくる、というのを実際にやって確認していただきました。

これが他律的な動きの自動化で、ここからさらに肩甲骨の位置さえ正しければ、手や腕を使えばそれだけで対象と勝手につながる、対象とぶつからない、抵抗をかけられても止められない、という動きになる、という事実も実感していただきました。

次にこれが剣術における剣の振り、抜刀、さらにはつかまれたときの合気、ガッチリ組まれたときの相撲、空手などで浸透・貫通する打撃を使う、昔ながらの(洋の東西を問わず)食事の作法、社交ダンスのリードなどでも全てに共通する極意だ、と実技で納得していただきました。

食事の作法、社交ダンスのリードでもこれができるということは、武術で言えば合気に相当することが、ちゃんとした紳士ならできたということです。

つまり昔の西洋ならば、その人がパーティーでどう振る舞うか?を観察すれば、その人の決闘での強さまで判断できた、ということですね。

加えて站トウ功でも楽に立つためのポイントをお伝えし、肩甲骨のホームポジションに続いて、股関節の正しい使い方を練習していただきました。

相手が上向きに差し出した手のひらに人指し指1本を立てて崩す指合気、下向きの手のひらにこちらの手のひらを下から触れさせ、下から触れているのに下に崩す、などの合気技、剣の技、站トウ功を使った崩し技などを用い、股関節の動きが相手に与える影響を実感していただきました。

さらにこうした股関節の使い方と肩甲骨のホームポジションを同時に動きに活かす、ということもやっていただき、そこでも要は首の根元と体幹(背中)の最上部だと、これも実際に試して確認していただきました。

このときのポイントはお臍で、ここが引けていないと姿勢に関する複数の注意点を全て守るのは一気に難しくなります。

そして姿勢を正しくすることによるもう一方のメリット、すなわち先の先、対の先、後の先、機を待つ、などといった目に頼らない、反射神経や動体視力を超えた感性の働きについても、復習するとともに新たなことも学んでいただきました。

古伝の形(かた)稽古、形(かた)演武も、こうした相手が動く前の内部状態の変化や、相手の注意力の粗密を感知する、という前提がなければやはり形骸化はまぬがれません。

もちろん動きの合理化、動きの自動化も前提でなければなりません。

ここでもわかりやすいので、また站トウ功を使って自律的な動きの自動化、すなわち先ほどは第三者に手や腕を払われたり叩き落とされたりして自動的な動きを生み出していたところを、今度は自分で同じ状態をつくる、という練習もしていただきました。

このとき姿勢と動きの基本が正しくできていれば、腕力や筋肉の瞬発力、反射神経による反応などでは明らかに不可能なほどの、素早い反応が極めて楽に、簡単にできてしまいます。

つまり動きの自動化と感性の活性化は1つであり、その両方を、あたかも実際の戦いの予行演習であるかのような形(かたち)で磨いていける、というのが本来あるべき形(かた) 稽古、形(かた)演武の目的だったということなんですね。

そのようにやって初めてそれは稽古、と呼べることになります。

これは昔の武士であったなら、という言わば武士の条件、とでもいうようなことを目標として自分に課していけばわかることで、それは即時即応性、全方位性、実効性だと言えるんです。

緊急事態に即座に対処でき、咄嗟に360°どの方向にも一挙動で反応できて、しかもそれが浸透する、貫通する、抵抗されても止められない、そういう種類の動きでなければならないわけです。

これを今度は正しい正座を題材に、そこから武士の条件を満たす抜刀、という形でお目にかけて納得していただきました。

またこのような動きの質から本当のフォロースルーが生まれる、ということもお伝えし、やはりそれが意図的にではなく勝手に自動的に起こる、ということも実感していただきました。

そして講座はメインテーマである歩き方に入り、最初は寄り足から練習していただきました。

これは研勢塾の基本練習法である4つの動作のうち「重心先行」と同じ身体操作をするもので、構えたスタンスの幅を変えずに両足同時に移動する、という動きになります。

次に練習していただいたのは歩み足で、これも寄り足同様の感覚で、ただ後ろの足を前に出そうとしないで前に出す、という動きになります。

言わばこれは歩かない歩き方で、間合いを盗み居着かずギリギリまで変化の可能性をキープするための、古伝の形(かた)を生きたものとして稽古する指標となるものです。

これらの講座内容により、結局は立ち方、歩き方が全ての根幹、ということをより深めることができたわけですね。
















受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:

● 指1本でできるということは、竹刀なら間違いなくできる、ということですよね


こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今日ご紹介する講座のようすは、剣道をされてきて一時やめていたがまた剣道に復帰されたかたの、初級コース第1回目です。

こちらのかたはさる高名な武道家の先生のところに通っていらしたご経験があったものの、ご多忙のため通えなくなり、色々調べていくうち研勢塾を見つけられたとのこと。

それでまずは、站トウ功で腕力でない力、というのがどういうもので、どれほどのものかというのを体験していただきました。

どうやるか?というと僕の両手首をつかんでいただき、こちらのかたを横に移動させる、ということをやるわけです。

腕力では止められてしまう状況も、站トウ功を使えば相手を腰から根こそぎ引っこ抜くことができます。

これにより、こちらのかたもブログを読まれて気になっていたという、肩甲骨のホームポジションが具体的にどんなものか?をご理解いただきました。

さらに肩甲骨が正しい位置にあれば、武術で秘技扱いされることも少なくない、ぶつからない、つながるということも、勝手にできてしまうと実感していただきました。

つまりぶつからない、つながるというのは腕から手を使うとき、本来は正しい機能として当たり前にできてしまうはずのものだ、ということですね。

このことを、振りかぶるのも斬り下ろすのも、腕力では全く止められず、抵抗をかけようとすると体ごと振り回される剣の振り、ということを通して感じていただきました。

またもちろんやり方もご説明し、その場でできるようにもなっていただけました。

「自分じゃ全然実感がないですね!全くがんばってもいないし。こういうことなんですか。はぁ~…」

そしてこれが宮本武蔵が『五輪書』に記した愁猴の身というものだ、ということもお話しし、納得していただきました。

また歩くだけで技になる、とはどういうことかとご質問いただいたので、「“ただ”前に出る」だけで完全に効かせてしまう「体(たい)の合気」を体験していただきました。

さらに合気技を実感していただくため、相手のパンチを受けた瞬間離れさせなくする「くっつく手」、下向きに差し出された手のひらに、下からこちらの手をあてがい下に崩す、相手が腕立て伏せ状態で体重をかけているところからの合気上げ、なども体験していただきました。

加えてこちらの両手首をつかんだ相手を力ませて固める、逆に相手の力を抜いて踏ん張らせなくする、なども体感していただきました。

「あれぇっ?えぇ~っ?何で?…」

またただ立つだけでも技になる、ということを実感していただくため、正中線のある立ち方をご指導させていただき、普段の立ち方との違いを確認していただきました。

「こんなに違うんですか!ただちょっと姿勢を変えただけなのに…」

続いて、上向きに差し出された手のひらに、こちらの人指し指1本を立て、それだけで四つん這いにまで崩す指合気、こちらの右手がお腹にめり込むくらい、両手で押さえられたところから真正面に抜く抜刀、なども体験していただきました。

そしてこれらが成立するのは氣など不思議な力のせいではなく、質量に加速度をかけて運動エネルギーにして、それを反作用を生まないように伝達したためだ、ということもご説明しました。

だからこそ原理がわかれば誰でもできるわけであり、まただからこそ筋力に頼ってはいけないのであり、体は末端から先に動かしてはいけないんですね。

次にまた正中線のある立ち方に戻っていただき、人間本来の感性の働きである「先の先(せんのせん)」を体験・練習していただいて、実際にできるようになっていただきました。

これは相手が動く前に、相手の中に生じたその動きの命令を捉えて、先手を獲って封じるというものです。

「頭ではわかってないのに、体が勝手に動きますね!」

続いてこの応用である、相手が動き出してからでも余裕を持って間に合うことができる「対の先(ついのせん)」、相手の攻撃が当たる寸前に余裕でよける「後の先(ごのせん)」も体験していただき、できるようになっていただきました。

「全然怖くないし、慌てないです。反射神経では無理ですね」

また、このときの気持ちの余裕が平常心であり、それを生み出せる正しい姿勢が自然体だ、ということもお話ししました。

これをもっと応用して、背後で鳴らされた手を叩く音に同時に反応する、場合によっては先に反応する、というのもできるようになっていただき、

「見えてないのに、わかっちゃいますね(笑)」

と言っていただけました。

またこれも先の感性の応用ですが、相手のパンチが胸に当たってからよける、というのもご披露して実際にやっていただき、それがよけるというより「どく」という感覚だと実感していただきました。

さらにゼロ距離パンチ、見ていなくても相手の顔面寸前でパンチを止められる、ということを通して、宮本武蔵が言う「当てると打つの違い」ということも実感していただきました。

これらは姿勢が正しくなることで脳幹が解放され、それで本来の感性が回復してできるようになるんですね。

次に、正しい正座、正座からの抜刀、食事の作法、社交ダンスのリードなどを通して、普段の姿勢、普段の動きが本当の練習、本当の訓練、ということを実感で確認していただきました。

そこから、前から胸を押された状態から、本当に押され強い姿勢、というのを導き出したり、立った状態から、本当に正しい1歩目の踏み出し方を導き出したりして、常識的な体の使い方が根本から間違っている、と証明させていただきました。

最後に、指1本同士を当てて、それだけで相手に横を向かせる、下に崩す、ということも体験していただきました。

「指1本でできるということは、竹刀なら間違いなくできる、ということですよね。できたら凄いな…いや、できる気がします!」

はい、その通りです!

既に研勢塾には、それができる剣道家のかた、それ以上のことができる剣道家のかたがいらっしゃいます。

人間の体を、元々の設計通りに使う、物理法則に逆らわずに使う、ということができれば、こうしたことは自然にできてしまうんです。

そして正しい姿勢とは、それが自動的にできるためのお膳立てということですから、それさえ身につければほとんど誰もができることなんですね。
















受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● 実力をつけるのは井戸を掘るのと一緒


こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

「相手のパンチが自分に触れたか触れないかの瞬間によけて、すぐさま裸絞めを極める」

大して速いパンチじゃなかったし、顔面パンチじゃなくて胸へのパンチだったけど、できました。

相手のパンチが胸に触れた瞬間によけて、次の瞬間には背後からの裸絞めに入ることができていました。

何年も前に自分の師匠にこれを(顔面への全速力のパンチでしたが)されたときには、何が起こったのか全くわかりませんでした。

格闘技のやり方しか知らないころ、しかしそのやり方で本気で師匠の顔面にパンチを出したら、当たる寸前に師匠はそこから消えて、背後から裸絞めを極めていました。

長年見てきて、さんざん練習もしてきた格闘技の世界には、そういうことをするという概念すらない動き、全く想定外の動きでした。

この日も、まさか自分にそんなことができるとは想像もしていなかったんです。

でも研勢塾の講座中、フルコンタクト空手経験者の受講生のかたにパンチを出してもらって試したところ、できてしまいました。

日頃受講生のみなさんには、実力をつけるというのは井戸を掘るのと一緒ですよ、とお話ししています。

そして今回、真っ直ぐ掘り続ければ必ず井戸から水が湧く、ということを改めて実感しました。

自分がこの次どこに行き着くのか、それがまた楽しみになりました。

ですから今の時点の自分にできることだけで、これから自分にできることを「このくらいだろう」と判断しては、やっぱりいけないんだなと思いました。

水脈があるところを正しく特定し、そこを何があろうと毎日淡々と、しかし丁寧に正確に真っ直ぐ掘り続ける。

そうすれば、乾いた土地にも水が湧く瞬間が必ず来るんです。

ですから水脈のないところを掘ったり、掘るのを途中であきらめたり、真っ直ぐ掘れずに曲がったり、やみくもにあちこち掘ったりしてはダメなんですね。
















受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

● 長年の謎でした○○先生の技解説が一番興奮してしまいました


こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

今日は、合気道を経て現在は中国武術を学ばれているAさまというかたからいただいた、研勢塾初級コース第1回目講座のご感想をお届けします。

Aさまと僕は、同じ合気道の達人に憧れた、という共通点があります。

その憧れに始まりAさまは大学の合気道部で修行され、紆余曲折あって今は中国武術を学んでいらっしゃるとのこと。

合気道には“合気”という、一般的には不可思議に思われ、神秘のベールに包まれた極意があり、同時に中国武術にも“発勁”というやはり不可思議で、神秘的な印象のある技術があります。

どうやらAさまは、こうした神秘のベールの向こう側を、これまでずっと探求されてこられたのでしょう。

その答が研勢塾にあったのか?Aさまの探求心は満足させられたのか?そこをぜひお読みください。


『本日は、御指導頂きましてありがとうございました!


とても、楽しい時間を過ごせました!


長年の謎でした○○先生の技解説が一番興奮してしまいました。


騒がしくてすいませんでした。


よろしければ、次の講習を予約させて頂ければと思います。


宜しくお願い申し上げます』


ありがとうございます!

お喜びいただけたようで、よかったです^^

ご感想の中にある達人の先生のお名前は、勝手ながら伏せさせていただきました。

まあ、合気道に詳しいかたならおわかりになると思いますが(笑)。

ともかく、Aさまが追い求めてこられたものが、研勢塾にあったのは間違いないようです。

それは、一般的には不可思議かつ神秘のベールに包まれている、ということが、実は人間本来の自然な動きそのものだからです。

なぜそうなるか?というとそもそも人間本来の自然な動きというものが、一般的には全くと言っていいほど知られていないからなんですね。

それは生息環境の人工化、武術のスポーツ化、筋トレ偏重、有酸素運動偏重といった身体観の変化、などさまざまな要因によるのでしょう。

しかし元々この体に備わっているものですから、正しい方法で練習していけば、必ずできるようになるものなんですね。

Aさま、これからもどうぞよろしくお願いいたしますビックリマーク

既に2回目以降もご受講いただいていますが、常に新たな驚きを感じていただいていますが、まだまだ先がありますよ。

つまりAさまに元々与えられていた可能性、達人の可能性はまだまだこんなものではない、ということです。

どこまでも可能性を追求されていく、そのお手伝いをさせていただきます!!
















受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇