達人の身体操作を「基本原理」から徹底的に個人指導! 研勢塾

達人を目指すための、知られざる本当に正しい体の使い方をお教えします。

研勢塾


達人の身体操作を「基本原理」から徹底的に個人指導!


達人を目指すための、知られざる本当に正しい体の使い方をお教えします。


研勢塾とは


NEW !
テーマ:

こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。


テニスの実際の試合では、相手はこちらが対処しにくいところばかりを狙ってボールを打ってきます。


ですから前後左右に、瞬時にダッシュできる能力は必要不可欠なんですね。


しかし、現行のテニスの基本通りである前傾姿勢のままでは、そんなことはできないか、できても相当な負担となり、遅かれ早かれ故障の原因となります。


それは体にとってブレーキである、足の前半分に荷重がかかってしまうためで、前傾姿勢が最初からダッシュしにくい、動きにくい姿勢だからです。


それでもみんながそうしているのは、単純にみんながそうしているからで(笑)、故障したところでそれは運のせいだというくらいにしか思おうとしないからです。


人間は前にやっかいなことがあるとき、逃げたくて無意識に前傾姿勢になるんです。


頭を前に、お尻を後ろに突き出して、足の前半分に荷重をかければ、体は前には行きにくくなり、後ろつまり逃げる方向には行きやすくなるからです。


そう、前傾姿勢はただ腰が引けているだけなんですね。


こんな姿勢から前後左右に咄嗟にダッシュしようとするのですから、動きにくくて大変ですし、かなり一生懸命脚をバタバタさせなければならず、しかも故障する確率も高くなってしまうんです。


ちなみにテニスでは、ほとんどの人がカカトを持ち上げて、爪先で地面を蹴りますね。


脚の前半分に荷重しているからですが、これが誤りだということを実験で証明してみましょう。


まず体をスキージャンプの選手のように前に傾けて、カカトを持ち上げてみます。


何も起こりません。


今度は前傾したところから、爪先を浮かせます。


誰もがおっとっと、というくらいバランスを崩し、前につんのめったと思います。


つまり、カカトを持ち上げてもバランスを崩しやすく=動きやすくはならない、ということ。


爪先で地面に突っ張った状態は、ちょうど坂道を下るときと同じ、ブレーキをかけた状態なんです。


ブレーキをかけながら加速しようとすれば疲れるし、それをくり返せば壊れるのは当たり前ですし、しかも当然スピードも乗らないんですね。


悪いことづくめです。


ですが爪先を上げたときのように、足の前半分にかかる荷重がゼロになれば、あとは体のほうで、すなわち姿勢で重量バランスを崩せていれば、体は勝手に前進してしまうようにできているんです。

前傾すると、わざわざブレーキを効かせた状態を作らなければいけませんから、実験はともかくこれは実戦向きではありません。


実戦でダッシュするときには、前傾せずに逆に後ろに傾くんです。


というか、一瞬だけほんのちょっと頭を後ろに引くだけでじゅうぶんです。


これで、自分の重心に前向きの慣性モーメントがかかるからです。


このとき足の前半分に体重を載せていなければ、体は勝手に前に出ていきます。


これをダッシュにするのであれば、行きたい方向に出ている脚の股関節から、ガクッと脱力すればいいんです。


そうすると膝が浮き、カカトが浮くので、突然片足立ちになったのと同じになりますから、重心は元の場所に留まることはできず、一気に崩れ落ち流れ出すことになるわけです。


ここで頭が進行方向と逆に一瞬引けていないと、足が浮いたほうへ進んでしまいますから、斜め前にしか進めないことになってしまいます(;^_^A


こうして正しくスタートができたら、今度はカカトを持ち上げないで、腰を後ろに引かないで、足首を深く倒して曲げることで、やはりスキージャンプの選手のように、ここで初めて前傾すればいいんです。


うまくいくと、驚くほどラクに、驚くほど速く走れることになります。


というか、最初はあまりに速いというか、自分でがんばっていないのに異様に速いので、かなり怖く感じる人もいると思います。


自分の質量=運動エネルギーに勝手に持っていかれる感覚がわかると、これまで必死にがんばっていたのが何だったのか?とさえ思うほどですよ。


ここから止まる技術については、また日を改めて。











>>故障したくない!強くなりたい!方はコチラ
 


無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』ご登録はコチラ
 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

骨盤を前傾させると腰椎がきつく曲がり、いわゆる「反り腰」になる、と主張する人たちがいます。

そうなると腰痛の原因になるから、骨盤は前傾させてはいけません、というわけです。

それで、そういう人たちの薦めるのは骨盤を垂直に立てる、というものか、さもなければ骨盤を後ろに倒す、というものであることがほとんどです。

これは、人間の体が本来どのように動くものなのか?を知らない人たちの主張です。

骨盤は体が垂直に立ったとき、やや前傾でなければなりません。

そうしないと、股関節を自由に使えないからです。

またそうしないと、股関節の動きを全身に伝えられないからです。

股関節の動きというのは、同時に骨盤の動きでもあり、いずれにせよ股関節、骨盤が動かしやすい状態でなければならない、ということです。

股関節を単なる固定軸、骨盤を単なる上体を支える台座、としか捉えていないと、おかしな結論に到達せざるを得なくなります。

さらに、胸椎の可動性についても理解がないと、おかしな結論に行き着かざるを得ません。

反り腰になるのは、胸椎が動いていないからです。

胸椎が動いていないのは、頭の位置が間違っている、肩甲骨が動いていない、骨盤の角度が間違っている、この3つの原因によることがほとんどです。

頭が前に出すぎていれば、というか現代ではほぼ全員がそうですが、後頭部から背中にかけての筋肉が張られて緊張してしまいます。

これは、アゴが前に出すぎていても同じです。

また首から肩、腕や手、指などに力みがあると、肩甲骨まわりの筋肉も緊張し、肩甲骨は動かしにくくなります。

肩甲骨は体幹の横、かつ後ろにぶら下がっているのが正常なので、この位置にない場合は胸椎の動きを邪魔します。

さらに骨盤が前傾するとき、骨盤の下側が上がる、つまりお尻が上がるように前傾すると、腰痛の下半分が突き上げられ、きつく反ってしまいます。

そうではなく、骨盤の下側が後ろ斜め下に向かって落ちるように、股関節の前側を引いて骨盤を前傾させ、腰椎を逆に伸ばすようにするんです。

胸椎は体の中でも特に関節が多く、特別しなやかに動くように造られているところです。

ですから腰の限られた範囲できつく反るのではなく、胸椎の広い範囲でゆるく大きく反ればいいわけです。

合気道や居合の座技は、このことの重要性を教えてくれます。

骨盤を垂直に固定したり、後ろに寝かせたままにしていたら、できなくなることがあまりにも多すぎるからです。

逆に胸椎が広範囲でしなやかに動かせるようになり、骨盤がやや前傾でいて、しかも自由に動かせるとき、できなかったことの多くがあっさりできてしまったりするんですね。

姿勢を指導する人は、腰痛などの症状を出さないことだけを目的にしてしまうと、動きにとって不利で不合理、不自然な指導を正しいと誤解してしまい、本末転倒になることが多いです。

そうではなく姿勢というのはあくまでも動きのため、動くためにあるのだということ、症状が出るのを抑えられたら何でも正しいわけではないということ、そこを念頭に指導しないといけない、ということですね。







受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ




AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

こんにちは。川村義之です。今日もこれから、本当に理に適った体の使い方についてお話ししましょう。

正しい体の使い方をするためには、体を大切にしなければなりません。

体を大切にとは、自分の我で一生懸命がんばって、力いっぱい体を酷使する、などは一切しないということです。

筋肉を鍛える、筋繊維を肥大させる、体をビルドアップするということは、自分の我で一生懸命がんばり、力いっぱい体を酷使する、ということです。

それはストレッチをしようがサプリメントを飲もうが同じで、そもそも体をいじめなければ逞しい体型にはならないんですね。

自分の体にこのように取り組む人は、動くときにも同じ感覚でやってしまいます。

自分の我を、止まっている自分の体に押しつけて、一生懸命がんばり、力いっぱい体をいじめて無理矢理動かすわけです。

この行き着く先は故障ですが、故障する人はまだ考え直す機会が与えられたのですからよかったとも言えます。

故障していない人は、自分の体への接し方を見直す機会がありません。

ですから体に自分の我を押しつけ、一生懸命がんばり、力いっぱい体をいじめて動かす、ということをなかなか疑えないんですね。

疑えないということは、手放せない、捨てられないということです。

壊れない体であるせいで、今の使い方が間違っているとなかなか心底思えないわけです。

また、がんばったことを褒められるのを励みにしてきた人は、がんばった実感がないと不安になり、いわゆる「やった気がしない」状態になります。

またそういうのが習慣になっていると、今の自分にできないことができるようになるためには、今よりさらに必死でがんばらなければならないのではないか?と思ってしまいがちになります。

でもこのような人でも、故障まではしなくても筋肉痛にはなるわけです(笑)。

ちなみに僕はもう、仮に今の感覚でかなり力ずくで動いても、筋肉痛にはなりません。

筋肉痛になるほど筋肉に力を入れない、その感覚をもう忘れているということですね。

いずれにしても体を大切にする気持ちがあれば、壊れないように壊れないようにと、そっと静かに丁寧に扱うはずです。

一生懸命がんばるとは乱暴に扱っているということで、力ずくで動くというのは雑に扱っているということです。

それでは、体を正しく使うなどは到底できません。

武術の技でも同じで、相手の体をどうせ壊すのだからと乱雑に扱えば、その反作用が自分に返ってきて、逆に効率が著しく下がります。

芸術でも鑑賞する人、観客を第一に考えたら、粗雑な動きはできなくなるでしょう。

施術でも相手の体を自分の思い通りに治そうとかゆるめようとかしてしまうと、所定の効果は挙がらなくなるはずです。

全て、自分の我の思い、自分勝手な願望を、いきなり無理矢理実現させようと焦った結果です。

自分を、相手を大切にしていないんですね。

そうではなく、今直面している最初の1ミリをいかにそっと静かに丁寧に、優しく大切に扱うか?が必要なんですね。

そういう1ミリ1ミリの積み重ねの果てに、期待通りの結果があるわけです。

この1ミリずつを1つ飛ばすごとに、動きは粗く効率の低いものになっていくんです。

そうではなくてむしろ1ミリずつを0.1ミリずつに変えていく、という取り組み方のほうが必要です。

動きを0.1ミリずつ、そっと静かに丁寧に、優しく大切にと注意深くこなしていくということが、細心ということです。

そしてそれが、動きに思いを込めるということです。

それが本当の柔らかさであり、それが動きの美として感じられるんですね。

そしてこれが例え一瞬の間のことであっても、そこに100の行程が必要だとしたら、その100の行程を1つも飛ばさず一瞬でできる、というのが本当の大胆さだということですね。

宮本武蔵が著書『五輪書』に書いた「大胆/細心」とは、実際にはこのようなものなんです。










受講をご希望のかたはこちら
 

無料メルマガ『格闘家が故障しないで強くなる体の使い方講座』登録はこちら

 

~研勢塾~

研勢塾とは

受講生の声

講座の様子

よくあるご質問

お申し込み・お問い合わせ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

[PR]気になるキーワード