合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

NEW !
テーマ:
● バスケットボールで、大きい相手にも、当たり負けしなくなります。

こんにちは。川村義之です。

ムチミ・呼吸力が使えると、バスケットボールで、大きい相手にも、当たり負けしなくなります。

逆に、反則を取られずに、相手を跳ね飛ばすこともできます。

ロングパス、ロングシュートも、極まるようになります。

バスケットボールをされているTさまの、初級第3回目のようすをご紹介します。

最初は、股関節まわりをお盆に見立て、そこに立てた、パフェを運ぶ感じの歩き方を、お伝えしました。

「ああ!凄いラクですね!」

人指し指1本でも、踏ん張る相手を、後退させることが、できました。

これは、筋力を使う割合が低くなったのに、推進力が、増したことになります。

「スゲエスゲエスゲエ、嬉しいな~!」

アイソレーションの復習から、股関節の動きで、膝に負担をかけずに、跳躍できるようになりました。

「はいはいはい!ああ~、これは膝に衝撃がないですね!やったぁ~!」

「膝に衝撃がくるのが怖くて、跳べなくなっていたんですけど、これなら大丈夫ですね!」

ここからは、体幹を波打たせる連動を、練習しました。

体幹を順番通りに、波打たせる動きを、ムチミといいます。

呼吸力は、体幹が、順番通りに波打つことで、使えるようになります。

相手の肩に、両手を乗せて、体幹を波打たせるだけで、相手に、尻餅を着かせることができました。

いくら全力でも、肩を、腕力で下に押したのでは、相手を崩すことは、できません。

肩に飛び乗るように、体重をかけても、下にぶら下がっても、やっぱり崩せません。

前方にいる相手にも、真横にいる相手にも、体幹が連動した力を伝え、相手を吹っ飛ばすことができました。

ボールの取り合いで、相手ともみ合うとき、相手のほうが大きくても、押され負けして、ボールを奪われなくなります。

自分のほうが圧倒し、ボールの取り合いでは、常に優位に立てるでしょう。

腕をピンと伸ばし、相手に拳をつかませて、体幹を連動させて、弾き飛ばすこともできました。

入門講座で体験していただいた、ゼロ距離パンチまで、できるようになったんですね。

パス、シュートの球威を、大きく向上させてくれます。

体重が150kgのライオンが、250kgにもなろうかというウシカモシカを、一撃で地面に組み伏せる。

そのときの、体幹の動きが、この波打つ連動です。

「いや~、たった2時間で、ここまでのことを…ありがとうございます!」

人間も、野生の哺乳類ですから、このように動くのが、体に合っている、すなわち、理に適っているんですね。

バスケットで、当たり負けしなくなり、逆に、当たってきた相手を、跳ね飛ばすことができる。

パス、シュートも、より遠くまで投げられるようになります。

理に適った体の使い方をすれば、バスケットのパフォーマンスは、大幅にアップできるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:
● ゴルフで、右にスウェーしない方法。

こんにちは。川村義之です。

ゴルフでは、バックスイングのとき、右にスウェーしてしまい、困っている人が多いですよね。

バックスイングのとき、右にスウェーしないためには、腰のことを、いったん忘れましょう。

腰を回さないで、胸郭を回してバックスイングすると、右へのスウェーを、なくせます。

胸郭とは、胸のところの、肋骨に囲まれた部分をいいます。

具体的なやり方は、次の通りです。

まず、右股関節を、真っ直ぐ後ろに引くんです。

胸郭は、すぐに回さないで、最初のうちは、前を向いたまま、動かさないようにします。

胸の左側と、背中の左側の力で、胸郭が回るのを、抑えます。

右股関節を、後ろに引いてから、胸郭を動かさないよう抑えていた力を抜くと、胸郭が、右に回ります。

このようにすると、骨盤は右に45°、胸は90°と、理想的な捻転差を作ることができます。

体が、右にスウェーせず、頭も、アドレスしたときから、動きません。

右への体重移動も、意識しなくても、しっかりとできていますよ。

腰を回そうとすると、左にスウェーしやすくなります。

ほとんどの人は、回転の中心を、一点に保てないので、そうなるんですね。

また、グリップが動くのは、胸郭が回った、そのあとにしてください。

胸郭より先に、グリップからバックスイングを始めると、これも、スウェーの原因になりますから。

腰より手より、胸郭を回すことを優先させると、右へのスウェーを、なくせるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 土日祝日の空き状況について

こんにちは。川村義之です。

土日祝日の枠について、現在の空き状況を、ご案内いたします。

平日は、比較的ご予約がとりやすいので、個別にご相談くださいね。

本日から3月末日までの、土日祝日の空き状況です。



・現在ご予約いただける日程はこちらです

3月4日(土)11時~
3月5日(日)17時~
3月11日(土)10時~、14時~、18時~
3月12日(日)14時~
3月25日(土)17時~
3月26日(日)14時~、18時~

土日祝日で受講をお考えのかたは、参考にしてくださいね。

あなたも、研勢塾を始めてみませんか?

マンツーマンなので、すぐに質問もできて、その場で疑問が解決できますよ。

やり方がわかると、全くできなかったことも、簡単にできてしまいます。

受講のご案内は、こちらをご覧くださいね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、柔道、剣道、空手、中国武術、古流武術などの武道・武術のかたに、達人の動きや技が実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 脱力がわかれば、技を効かせられるようになります。

こんにちは。川村義之です。

合気道で、必ずといっていいほど教えられるのが、

「力を抜け」

ということでは、ないでしょうか。

しかし、力を抜いたら、相手に力負けしてしまう。

力を抜いたら、技の力が弱くなる、技が、効かなくなる。

そう思って、力を抜けないという合気道修行者は、非常に多いと思います。

脱力の技には、体を動かす順番を守ることが、必要なんです。

決まった順番通りに、体を動かすことができたら、脱力の技ができます。

力を抜いても、相手に力負けしません。

それどころか、力を抜くからこそ、相手のほうを、力負けさせることが、できます。

力を抜いても、技の力は弱くならず、逆に、格段に強くなります。

脱力がわかれば、技を、効かせられるようになりますよ。

体を動かす順番とは、関節を動かす順番です。

もっとハッキリいうと、決まった筋肉から、決まった順番で、力を抜いていくということなんですね。

決まった筋肉から、決まった順番で、力を抜いていくと、決まった順番で、関節が動きます。

こうすることで、動きは、関節から関節へと続く、流れになります。

自分の体の、関節ごとの質量に、順番に、加速度をかけていきます。

筋力に頼っていないので、動きの流れは、相手との接触点で、せき止められません。

相手の質量にまで、加速度をかけることが、できます。

質量×加速度=力ですから、動きの流れの方向に、力学的な意味での、力を生み出すことが、できるわけです。

さらに、自分と、相手の質量が持つエネルギーを、位置エネルギーから、運動エネルギーにできます。

動き続けようとする、慣性の法則が、働きます。

やはり、動きの流れの方向に、慣性で、体が動き続けようとするんですね。

この、動きの流れに生み出された力、働く慣性が、崩しになります。

理に適って動くとは、こういうことを指します。

力を抜くのに、力を入れるより、強くなる原理が、これです。

研勢塾では、このための体の使い方を、わかりやすく、できるように、お伝えしているんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 介護の歩行介助が、ラクになります。

こんにちは。川村義之です。

居着かない移動法ができると、介護の歩行介助が、ラクになります。

手歩き歩行介助では、利用者さまに無理をかけずに、一緒に歩けます。

寄り添い歩行介助では、自分より重い利用者さまでも、スムーズに誘導できます。

浮き身が上達すると、居着かない移動が、できるようになります。

介護職をされているNさまの、中級第1回目のようすをご紹介します。

居着かない移動法のために、最初にお伝えしたのは、股関節の脱力法です。

股関節まわりが力んでいると、重心は、脚を通して、ダイレクトに床や、地面にかかります。

股関節まわりを脱力することで、重心が、床や地面に、自由落下する状態を作れます。

このとき、両足裏からは、荷重が抜け、浮き身になっているんですね。

相手の肩に手をかけ、股関節から脱力するだけで、相手を座り込ませることが、できました。

この、脱力の感覚を使って、歩くことも、できるようになりました。

「これなら、歩く時間は、全て練習にできますね!」

ここからは、「重心先行」の、最新バージョンを、お伝えしました。

以前のものより、さらに簡単に、さらに早く、浮き身による移動を、身につけることができます。

足を肩幅に開いて立ち、素早く、股関節まわりを脱力します。

浮き身になるのと同時に、胸郭から上の、重量バランスを崩します。

足で移動しない、両足同時に、滑らせて前進する、「重心先行」ができました。

どちらの片足も軸にせず、足で床や地面を一切蹴らず、押さず、跳ばないで、前進できたんですね。

この、「重心先行」を、足を前後に開いた、半身の構えからやると、浮き身の寄り足になります。

相手が差し出している手に、自分の手をそっと乗せるだけで、相手を座り込ませることができました。

寄り足から、両足で滑りつつ、片足を軸にしないで、足の前後を入れ換えると、浮き身の歩み足になります。

普通に歩くより、はるかに力が抜けているのに、前から押さえている相手を、弾き飛ばすことができました。

居着かない移動法ができると、筋力を超えた力が、使えるようになるというのは、こういうことなんですね。

当然、自分の体を壊すことも、少なくなっていくわけです。

あとは、相手を崩したり、弾き飛ばしたりという力を、ボリュームダウンしていけば、介護の仕事に、役立てられるというわけです。

「これを、結果だけ見せられて、やれって言われても、不可能ですね(笑)」

「四六時中できる練習なのが、助かりますよね~」

「本当に、丁寧に教えてくださって、ありがとうございます!」

普通の歩き方は、左右交互に、片足を軸にして、歩くので、必要以上に筋力が必要になり、転倒の危険性も、高いです。

浮き身ができると、軸をつくらないで歩けるようになるので、疲れが減り、転倒の危険性も、下がります。

普段の歩きに、浮き身の要素を採り入れることは、介護の仕事も、達人の方向に導いてくれるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 特殊部隊に求められる、CQCでは、特に役立ちます。

こんにちは。川村義之です。

ムチミ・呼吸力が使えると、発勁、合気ができるようになります。

相手に浸透する技、相手が抵抗できない技が、使えるようになります。

相手と競い合わず、短時間で一方的に、相手を、制圧できるようになりますよ。

特殊部隊に求められる、CQC(Close Quarter Combat、近接格闘)では、特に役立ちます。

陸上自衛官Yさまの、初級第1回目のようすを、ご紹介します。

姿勢を、部分ごとに細かく修正すると、正中線の精度が、高まりました。

正中線の精度が、高まったところで、非視覚的判断である、「先(せん)」もブラッシュアップしました。1つとなるところです。

「この間、対武器の訓練をしていて、正中線を意識したら、明らかに、対処しやすかったです!」

背後の相手が、銃を向けようとする意図を捉え、相手が動く寸前に、先に銃を向けることができました。

これは、先の先(せんのせん)です。

背後の相手が、拍手しようとする意図を捉え、相手の手の間に、見ないで自分の手を、入れることができました。

対の先(ついのせん)を使うと、相手が動いてからでも、結果的に、先手を獲ることができます。

背後の相手が、後頭部に銃を突きつけ、撃とうとした瞬間、相手の側面に、回ることができました。

実際には、指で後頭部を突くのを、銃を撃つ代わりにやりましたが、これは、後の先(ごのせん)の応用例です。

姿勢がちゃんとできると、一般に勘と呼ばれる、非視覚的判断も、大きく向上するわけです。

続いては、胸のエクササイズのうち、胸の動きの大きいほうです。

胸椎は、12個もあり、背骨の中でも、特に、柔軟に動くはずのところです。

ムチミ・呼吸力を使うときの、要の1つが、胸椎なんですね。

車でいえば、トランスミッションだといえます。

胸のエクササイズのうち、胸の動きの大きいほうは、胸椎の可動性を、回復させてくれます。

この、胸椎の動きを、合気上げに、応用してみました。

腕を、全く動かさずに、相手の膝が浮くほど、持ち上げることが、できました。

手刀同士を交差させた、一教の体勢から、同じ胸椎の動きで、相手の手刀を、下に崩します。

腕を、全く動かさずに、相手をひざまづかせるほど、下に崩すことが、できました。

次は、胸のエクササイズのうち、胸の動きの小さいほうを、お伝えしました。

小さく、リズミカルに動かすことで、胸椎の動きを、軽く、柔らかくします。

これは、技に使ったとき、接触している相手の、体の芯を揺らして、崩す効果を生みます。

合気上げに使ってみると、相手を、一気にひっくり返すことが、できました。

相手が、上から押さえてくるとき、相手は、体を末端から、動かしています。

体は、末端から動かすと、体の中心に向かって、反作用を返してきます。

これを、受け止めて耐えるために、相手は体幹を力ませ、土台となる、体軸を形成しなければなりません。

胸のエクササイズのうち、胸の動きの小さいほうの動きは、この体軸を、崩してしまうんですね。

一教でも、お互いの手刀が触れた瞬間、相手をのけ反らせて、後退させることが、できました。

次は、向かい合い、お互い腕を伸ばして、相手は拳を握り、そこに掌をあてがいます。

腕は伸びているので、腕力では押せませんが、胸椎の動きで、相手を押すようにします。

相手の背中にまで力を伝え、数メートルほども、吹っ飛ばすことができました。

人間は、体の芯を揺らされ、体軸を崩されると、本能的に、触れているものを、つかんで離せなくなります。

手首をつかんできた相手の手を、自分の手首にくっつけて、離せなくすることが、できました。

そのまま、相手に抵抗させずに、好きな方向に、誘導することも、できました。

こうして、技に使ってみると、力に頼らない技、筋力ではできない技の多くが、胸椎の動きで、できるとわかります。

だから、胸椎の可動性を、回復させることが、重要になってくるわけです。

CQCでは、こうした動きができると、圧倒的に有利になります。

スポーツの格闘技と違い、1人を倒すのに、何分間もかけている時間が、ないからです。

相手と競い合わずに、短時間で一方的に、制圧できる。

ムチミ・呼吸力の体得が、それを、現実にしてくれるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 武術の体の使い方が、施術家にとっても、大いに助けになるんですね。

こんにちは。川村義之です。

揉み返しや、防御性収縮を起こさせないためには、ムチミ・呼吸力の体得が、有効です。

ムチミは、沖縄空手の言葉で、突きや蹴りを、相手の内部に浸透することを可能にする、体の使い方です。

呼吸力は、合気道の言葉で、力に頼らず、相手に抵抗させずに、相手を崩す力で、これも体の使い方で、できるようになります。

こうした武術の体の使い方が、施術家にとっても、大いに助けになるんですね。

古流柔術にある活法の、名人と呼ばれる施術家たちも、こうしたことを、身につけていました。

整体師Fさまの、初級第1回目のようすをご紹介します。

まずは、簡単な体操をやってもらい、体をゆるめていきました。

「(最初の1回で)もう、だいぶ眠い感じですね(笑)」

眠くなったということは、筋肉がゆるみ、副交感神経優位になったということです。

ゆるみすぎれば、合理的に動くことはできません。

ですが、ゆるんでいなければ、関節を動かすのに、抵抗がありすぎます。

それでは、筋力に依存する傾向を、後押しし、やっぱり合理的には、動けなくなるんですね。

筋肉が、適切にゆるめば、少ない力で動くことや、脱力で動くことが、できるわけです。

次に、正中線の出し方を、おさらいしました。

立った状態だけでなく、正座でも、正中線を出す方法を、お教えしました。

膝の前に、お膳があると想定して、箸で食材をつまみ、口元へ運ぶ動きを、やってもらいます。

普通に正座しているだけだと、相手に押さえられると、右手を、口元へ運ぶことは、できません。

正中線を出すと、両手で押さえられていても、相手の体を浮かせて、右手を口元へ運ぶことが、できました。

さらに、正中線を使って、歩こうとしなくても、自動的に、歩き出す方法を、お伝えしました。

脚を踏み出したり、床を蹴ったりしなくても、歩き出すことができます。

相手に、前から押さえられていても、構わずスタスタと、相手のほうに、歩くことが、できました。

胸椎の可動性を、回復させる方法1つ目は、胸のエクササイズのうち、胸の動きの大きいほうです。

胸椎を、普段は絶対にやらないくらい、目一杯、大きく動かします。

合気上げで、腕を全く動かさずに、相手を持ち上げることが、できました。

腕を動かさないので、押さえている相手の手と、押さえられている自分の手とに、衝突が起こらないからです。

胸のエクササイズのうち、胸の動きの小さいほうも、お伝えしました。

技に使った場合、例えば、自分の胸椎の動きで、相手の体の芯を、揺らして、崩せるようになります。

手首をつかんできた、相手の手を、くっつけて、離せなくすることが、できました。

体の芯を揺らされると、人間は反射的に、そのとき触れているものを、つかんでしまうからです。

一教の体勢でも、相手の芯を揺らすことができると、驚くようなことが、アッサリできてしまいます。

相手をのけ反らせて、抵抗させずに、後退させることが、できました。

合気上げにも、胸の動きの小さいほうを、使ってみました。

相手に、何をされたかわからせずに、相手を引っくり返すことが、できました。

押さえられない動きができれば、力を、相手の表面にぶつけないので、揉み返しも、起こらなくなります。

何をされたかわからなければ、防御性収縮も、起こる理由がなくなります。

揉み返しや、防御性収縮を起こさせない、ソフトでいて、深い施術。

それを実現する突破口は、このような、武術的な体の使い方に、あるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 伝統派空手の組手試合で、圧倒的に有利になる方法とは?

こんにちは。川村義之です。

伝統派空手の、組手試合は、極めてスピーディーな展開が、特徴ですよね。

動体視力、反射神経で対処していたら、間に合わないケースも、多いことでしょう。

先(せん)が使えると、相手が速くても、余裕を持って、対処できます。

先とは、動体視力や、反射神経を超えた、反応能力のことです。

相手に対し、先手を獲った状態になる、感覚です。

研勢塾の入門講座を受けると、先(せん)が、使えるようになりますよ。

入門講座では、3種類の先(せん)を、お伝えしています。

1つ目は、先の先(せんのせん)です。

ただ、やみくもに、自分から、先制攻撃をするのでは、ありません。

相手が、まだ動く前。

これから、動こうと思った瞬間。

その、動こうという意図が、生じたのを、感じ取ります。

パンチならパンチを、出そうと思った途端に、先回りできます。

パンチを、出そうと思った瞬間に、パンチを抑えられたりしたら、相手は、とても動揺します。

先回りして、対処されると、それだけで、相手に、攻撃を出しづらくさせることが、できます。

2つ目は、対の先(ついのせん)です。

相手が、もう動き出してから、遅れて自分が動いても、間に合わせることが、できます。

相手より、あとから動いても、自分のほうが、先手を獲った状態になります。

カウンター、交差法を、狙って極める方法が、対の先なんですね。

3つ目は、後の先(ごのせん)です。

相手の、突きや蹴りが、自分に迫ってきてから、動き出して、先手を獲ります。

相手からしたら、絶対極まる!と思った技を、かわされてしまうことになります。

絶対に、極まるはずだった技を、空振りさせ、相手の体勢を、泳がせて、崩すことができます。

相手は、あさってのほうを向いているので、自分は、やすやすと、死角に入ることができるわけです。

死角に入ることができれば、相手を、一方的に、突いたり蹴ったりできますよね。

この、3種類の先(せん)ができたら、伝統派空手の組手試合で、圧倒的に有利になるでしょう。

今まで、たくさんのかたが、入門講座を受講されました。

みなさん、たった1回の入門講座で、3種類の先(せん)が、できるようになりました。

具体的な原理と、やり方を知らされなければ、一生かかっても、できないことかも知れません。

でも、それを教われば、その場で、できることなんですね。

あなたも、先(せん)が使えるようになりますよ。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● ドラム演奏のクオリティを、大きく向上させることができます。

こんにちは。川村義之です。

ドラムでも、ムチミ・呼吸力が使えることは、演奏のクオリティを、大きく向上させます。

実際、伝説的に語り継がれるミュージシャンの多くには、ムチミ・呼吸力に相当することが、できていたケースが見られます。

本当に卓越した演奏は、発勁、合気と、同じ質の動きができることが、ベースになっているからです。

ムチミ・呼吸力が使えるためには、体幹の関節が、抵抗なく動くことが、重要です。

ドラマーIさまの、初級第1回目のようすを、ご紹介します。

今回は、ムチミ・呼吸力が使える、体づくりの基礎に、取り組みました。

特に、胸椎に的を絞って、可動性を回復させる方法を、お伝えしました。

狭い範囲に、12個もの椎骨を持つ胸椎は、体の中で、特に柔軟に動くべきところだからです。

骨盤の歪みを矯正し、脚の長さの左右差を、少なくする体操も、やってみてもらいました。

「自分でも、右脚が長いなという実感は、あったんです」

1.5cmはあった、左右の脚の長さの差が、ものの数分で、2mm弱程度まで、小さくなりました。

「自分でも、わかります!はぁ~…凄いですね!」

バスドラムを叩くとき、脚の長さが均等だというのは、頼もしい武器になるでしょう。

さらに、施術で、一層体をゆるめました。

「体が、重いです(笑)。重いというのは、やっぱり、力が抜けたからですか?」

重さを支える筋肉がゆるみ、それまで自覚できていなかった、体の各部の重さが、感じられるようになったんですね。

「一瞬でも気を抜くと、倒れそうな感じなんですけど(笑)、これは、いいことなんですか?」

正中線を、出していなければ、ゆるむ度合いが高くなると、フラフラしてしまいますね。

そこで、立った状態で、正中線を出してもらい、精度を修正しました。

正座でも、正中線を出すと、前から胸を押されても、安定して、座っていることができました。

正中線の精度が高まると、対の先も、入門講座のときより、難易度の高い使い方ができます。

背後の相手が、手を叩こうとしたとき、左右の手の間に、見ないで、自分の手を入れることができました。

これが、本当の超一流が、身につけている、「間(ま)」をつかむ感性なんですね。

続いて、胸のエクササイズのうち、胸の動きの大きいほうを、お教えしました。

胸椎を、可動範囲いっぱいに使い、胸のコントロール能力を、高めます。

腕を、全く動かさないのに、合気上げで、相手を持ち上げることが、できました。

お互いの、手刀を交差させた、合気道の一教の体勢でも、試してみました。

腕を、全く動かさず、相手を四つん這いに、崩すことができました。

表面に衝突するのとは違う、浸透する力が、使えるようになったからです。

ドラム演奏で使われれば、深く、重い、次元の違う音が、出せるわけです。

これが、古流剣術の達人が言う、胸を落とすということです。

胸が落ちるか落ちないかで、表面に当たるだけか、刃筋が通って斬れるのかが、決まってしまうんです。

初級第1回目にして、早くも、古流剣術の極意の一端が、できたということですね。

それは、初級第1回目にして、名演奏の根拠となる体の使い方が、できたからです。

基本から、具体的に習うことができれば、普通に練習していってもとても届かない、名演奏の秘密を、手に入れることができます。

伝説的な名プレイヤーと同じ体の使い方が、思っていたよりはるかに早く、できるようになるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 合気上げを、4種類の身体操作でやってもらいました。

こんにちは。川村義之です。

体の使い方と、意識のかけ方を変えると、合気習得までを、ぐっと短縮できます。

合気ができるためには、普通とはまるで異なる、体の使い方と、意識のかけ方が、必要になるからです。

みんなと同じように、道場で稽古していて、このことに自然に気づくのは、なかなか難しいと思います。

体の使い方と、意識のかけ方が、具体的にわかれば、普通に習っていてもできないことが、できるようになりますよ。

合気道をされているIさまの、入門講座のようすをご紹介します。

Iさまは、師範の体の使い方が、とても柔らかいことに、気づかれました。

しかし、真似しようと思っても、なかなか、うまくいかないのだそうです。

また、古流柔術の人に、その人の指を強くつかんだ状態から、転がされた経験があるのだとか。

「もう、20年も前のことですが、忘れられないですね」

「まるで、無重力のようで、力が入らなくなって、振り回されてしまったんです」

それで、僕の人指し指を、強くつかんでもらい、どんな感じだったか、色々試してみました。

腰砕けに崩し、踏ん張れなくするやり方が、一番近い感じがしたようです。

「ああっ!こんな感じです!」

体の使い方1つで、筋力ではできないことが、その場でできてしまいます。

合気上げを、4種類の身体操作でやってもらいました。

1つ目は、体を、気持ちよく、のびのびと動かすこと。

気持ちいいと感じるとき、体は、野生動物と同様に、自然に動けています。

朝起きて、伸びをするときのように動くと、相手を軽々と、のけ反らせることが、できました。

2つ目は、相手が、押さえてくる力を、相手に返すこと。

相手の力で、自分の関節を動かしてもらい、その力を、関節の動くによって、相手のほうへ、方向転換させます。

相手が押さえてくるほど、相手を、その力で、浮き上がらせることができました。

3つ目は、意識のかけ方を変え、力の作用点を、変えること。

体には、意識したところにだけ、力を働かせるという特性があります。

相手が、押さえてくる力は変わらないのに、急にアッサリと、相手を持ち上げることが、できました。

4つ目は、相手が、こちらの動きを、押さえられなくすること。

相手の力を、押し返さなくても、相手が、こちらを押さえられなくすることは、可能です。

骨格を、巧みに操作することで、相手の力と、まともにぶつからなくても、相手を、持ち上げることができました。

こうした体験により、合気道で言われる「相手と争うな」が、どんなことなのか?も、具体的にわかりました。

次は、姿勢が変わるだけで、外からの力に、どれほど強くなるか?、感覚能力が、どれくらい向上するか?についてです。

立った状態で、正中線を出す方法を、お教えしました。

手首を、強く下に引っ張っても、ただ立っているだけで、ビクともしなくなりました。

同時に、非視覚的判断、「先(せん)」も、使えるようになりました。

先の先では、相手が、パンチを出そうと思った瞬間、相手の拳を、つかんで押さえることが、できました。

やみくもに先手を獲りにいくのではなく、相手が、今まさにパンチを出そう、そう思った瞬間が、わかったんですね。

対の先では、相手が、面打ちを振りかぶった瞬間、相手の手首を、下から押さえることが、できました。

姿勢が崩れ、正中線が失われると、途端にできなくなり、後ろに逃げるだけで、精一杯になります。

後の先では、相手の面打ちだけでなく、胸元へのパンチも、当たるスレスレでかわすことが、できました。

相手は、面打ちを斬り下ろしてからでは、やり直しができません。

本気であればあるほど、途中で止まることすら、できなくなっていきます。

相手に、面打ちも、パンチも空振りさせながら、自分は、相手の側面に、回り込むことも、できました。

体の使い方と、意識のかけ方。

この2つが、具体的に、どんな風であればいいのか?

あとは、慣れるまで練習すれば、普通に道場で習ってもできないことが、できるようになるんです。

研勢塾では、普通とは違う、体の使い方と、意識のかけ方を、可能な限り、具体的にお伝えしています。

だから、入門講座のたった1回でさえ、かなりのことが、その場でできるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

フルコン空手家が、武術の極意で試合に勝つ方法
合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
DVD
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、剣道、空手などの武道・武術、ゴルフ、テニスなどのスポーツで、達人の動きや技を実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)