合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

合気道、柔道、剣道、空手、中国武術、古流武術などの武道・武術のかたに、達人の動きや技が実際にできるようにお教えしています。東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、世田谷代田、代々木上原、新宿、代田、代沢などからお越しいただいています。

NEW !
テーマ:
● 多くの達人が、なぜ具体的に教えられないのか?の理由も、ここにあるわけです。

こんにちは。川村義之です。

今日は、合気道をされているBさまの、中級第5回目のようすです。

今回のテーマは、理に適った体の使い方の答は、全て剣の理合にあるということです。

合気道も、剣術の理合を素手で表現したものですから、格段に上達できるようになります。

今回は、特に大きな進歩として、脱力を使い、相手に力をぶつけずに、浸透させることができるようになりました。

相手との接触点で力が衝突せず、浸透するということは、剣であれば、刃こぼれしないということになります。

同時に、相手がうっかり受け技など使ったら、そのまま体内に力を伝え、体勢を崩すこともできるわけです。

最初は、肘の抜きを練習しました。

お互い向かい合い、1人は右手、もう1人は左手を前に出し、掌同士を合わせます。

肘をピンと伸ばし、お互いのほうに前進することで、掌同士で押し合います。

掌同士の押し合いから、肘関節を固定していた力を、少しだけゆるめてもらいました。

肘まわりの脱力で、相手の掌ではなく、体幹をダイレクトに押すことができました。

押す力を相手の掌から、体幹まで浸透させることができたんですね。

相手は、体幹が後ろに移動してしまうので、踏み留まって耐えることができません。

次は、手刀と手刀を交差させ、一教の体勢で、肩から肘までの脱力を練習しました。

腕力でやれば、相手は力のかかるポイントを特定できて、かえって抵抗しやすくなります。

体格、腕力が互角なら、腕力では相手の手刀を、斬り下ろすことはできません。

どの筋肉から、どんな順番で力を抜けばいいかがわかると、相手は抵抗しにくくなります。

抵抗する相手の手刀を、簡単に斬り下ろすことができました。

一教で相手の肘を上げ、腕を極めて押さえ込むのも、あっけなくできました。

今回の講座を通して、自分だけのフィーリングを得ることが大事だとわかったそうです。

はじめは、最初にこうして、次にこうして、ここに気をつけて、と覚えなくてはなりません。

しかし、本当にできるには、マニュアル的な取り組みだけでは、追いつかないんです。

達人の動きや技は、同時並列でやることがたくさんあるためです。

動きや技の全体を、まるごと1つのフィーリングで把握すれば、達人の動きや技の再現性が高められるんです。

そして、多くの達人が、なぜ具体的に教えられないのか?の理由もここにあるわけです。

その人その人が、自分だけのフィーリングを得るために、研勢塾の具体的なカリキュラムがあるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、柔道、剣道、空手、中国武術、古流武術などの武道・武術のかたに、達人の動きや技が実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 土日祝日の空き状況について

こんにちは。川村義之です。

土日祝日の枠について、現在の空き状況を、ご案内いたします。

平日は、比較的ご予約がとりやすいので、個別にご相談くださいね。

本日から8月上旬までの、土日祝日の空き状況です。



・現在ご予約いただける日程はこちらです

7月30日(土)10~13時、14~17時、18~21時
8月6日(土)10~13時、14~17時、18~21時
8月7日(日)14~17時、18~21時
8月11日(祝)10~13時、18~21時
8月13日(土)10~13時、14~17時、18~21時
8月14日(日)14~17時、18~21時

土日祝日で受講をお考えのかたは、参考にしてくださいね。

あなたも、研勢塾を始めてみませんか?

マンツーマンなので、すぐに質問もできて、その場で疑問が解決できますよ。

やり方がわかると、全くできなかったことも、簡単にできてしまいます。

例えば、相手が動く前に意図を察知して攻撃を未然に抑える先の先は、初級1回目で、できるようになりますよ。

受講のご案内は、こちらをご覧くださいね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、吉祥寺、八王子、代々木上原、新宿、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、柔道、剣道、空手、中国武術、古流武術などの武道・武術のかたに、達人の動きや技が実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 大阪で、納涼会でした。

こんにちは。川村義之です。

昨夜は、鶴橋で、納涼会を開催しました。

和気あいあいの会となり、楽しい時間を過ごしました。

大阪納涼会

合気道、システマ、テコンドー、護身術、居合、古流武術、バレエなど、さまざまな専門分野の受講生のかたが集まりました。

今日はありがとうございました。

研勢塾のマインドを共有できる皆さんとのひと時、とても楽しかったです。

先生からも、皆さんからも、刺激をたくさんもらいました。

自分の可能性を信じないと、と改めて思っています。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

今日は素晴らしいひと時をありがとうございました。

普段お会いすることのない塾生の皆さんと、先生を囲んで共有できたことは、大いに励みになりました。

次回が楽しみです!ありがとうございました!

先を行ってる方の話なども聞けて楽しかったです。

課題もありますが自信の大事さもわかりよくしていきたいと思いました!

とても楽しい時間というだけでなく先生の、また、他の受講生の方のお話を聞き、その姿を拝見できて大変勉強になりました。

「あっという間の時間でしたが、とても楽しかったです。」

みなさん大変楽しんでくださり、本当に嬉しく、ありがたいです。

納涼会やってよかったです。

本当に、感謝感謝に尽きます!

少しでも、みなさんの励みになったのだとしたら、こんなに嬉しいことはありません。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、柔道、剣道、空手、中国武術、古流武術などの武道・武術のかたに、達人の動きや技が実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 1回目で、こんなに中身が濃いんですか!

こんにちは。川村義之です。

今日は、古流武術をされているSさまの、初級第1回目のようすです。

Sさまは、骨盤の角度について調べていて、研勢塾のブログを見つけたそうです。

まずは、先の先を体験してもらいました。

Sさまが、僕の胸板にパンチを出すのを、頭で思っただけの段階で抑えます。

背後からのパンチに対しても、振り向いて、同様に抑えます。

「え、えぇ~っ!」

「これが、できるようになるんですか…、遠い先のことに感じます」

こう言われたので、いや、これは、今日できるようになって帰ってもらいますよ、とお話ししました。

実際、先の先と、対の先、後の先も、今回の受講だけで、できるようになりました。

正中線のある立ち方になると、先を使うのは、簡単にできます。

正中線ができると、骨盤の角度も、無理のないところに、ピタッと決まりました。

立ち方ができたので、先の先のやり方をお伝えしました。

相手がまだ動く前、思っただけの段階で、先回りして、パンチを抑えることができました。

背後からのパンチでも、動き始めの瞬間を抑えることができ、驚きの声が上がりました。

次は、正眼に構え、手刀で面を打ってくる相手に、対の先、後の先が使えるようになってもらいました。

相手の手刀が、振りかぶられてからでも、余裕を持って攻撃を抑えることができました。

続いて、後の先です。

相手の面打ちが、迫ってきてからでも、スレスレでかわすことができました。

「1回目で、こんなに中身が濃いんですか!」

お話によると、道場では、剣で剣に粘りつき、崩す技を多く稽古されるようです。

「でも、いくら力いっぱいやっても、なかなか崩せないし…」

そこで、いくつかのパターンで、脱力による崩しを体験してもらいました。

「この感触は、今の道場に入って、始めて技を体験したときと、同じです!」

やり方をお伝えすると、いきなり腰から崩す技が、その場でできるようになりました。

「あ~っ!本当に力を抜くだけなんですかあ!道場ではいつも、脱力だ脱力だって言われてるんですが」

色々な、達人技とされるものもお見せして、いくつかは、その場でできるようになりました。

根拠を解説しながらなので、そのままやってもらえれば、意外とできることは多いです。

Sさまも、思い切り押さえられところからでも、合気上げや、抜刀ができるようになりました。

合気上げも、手が上がるだけでなく、前傾して押さえている相手を、体ごと引っくり返す威力です。

抜刀は、右手を両手で、お腹に押しつけられていても、軽々と動作を完了できました。

「達人の動き、できちゃうもんなんですね!今日は本当、来てよかったです!」

「やっぱり、日本人ですから、日本人ならではの体の使い方は、できるようになりたいですね」

はい、体の使い方が理に適ったものになれば、今学ばれている武術が、それを実現してくれますよ!

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、柔道、剣道、空手、中国武術、古流武術などの武道・武術のかたに、達人の動きや技が実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 私、こういうのをやりたかったんですよ(笑)!

こんにちは。川村義之です。

今日は、中国武術をされているNさまの、初級第1回目のようすです。

Nさまは、腰痛になったことから、体の使い方に着目されました。

最初に、いくつか技のデモンストレーションをしました。

先の先では、相手が思った瞬間を捉えて押さえる、というのを体験してもらいました。

「いや~、これは速いわ!動く前に押さえられるなんて…私、こういうのをやりたかったんですよ(笑)!」

続いて縮地、寸勁なども体験され、そのたび驚かれていました。

もちろん、Nさまは、その場でできるようになりました。

体の使い方が理に適っていくと、中国武術の要訣が、自然とできていきました。

まずは、站トウ功からの、下への崩しです。

円く構えた腕で、両手首をつかんでいる相手を、下に崩すことができました。

このとき、特にポイントになるのは、肩甲骨の位置なんですね。

「ええ~っ!たったこれだけで…全然違いますね!」

正中線の出し方も、詳しくお伝えしました。

中国武術でいう、立身中正に相当するものです。

いくつかあるポイントのうち、腰痛の人に特に大事なのは、命門を開くことなんですね。

正中線が出せるようになると、中国武術でいう、跨(こ)を使う、というのもできてきます。

相手に片手をつかまれた状態で、使ってみてもらいました。

立身中正になり、跨を使うだけで、相手を、腰砕けにすることができました。

正中線ができると、最初にお見せした、先の先もできるようになりました。

背後から来るパンチも、ドンピシャで振り向き、ブロックできました。

次は、対の先です。

相手が、手刀で面を打ちに来ます。

比較的ゆっくり動いたのに、手刀を防御することができました。

後の先も、できるようになりました。

やはり手刀での面打ちに、今度はギリギリで対処してもらいます。

振り下ろされた手刀が、頭スレスレに来たところで、かわすことができました。

「確かに、S先生(合気道の伝説的な達人)なんかは、こんな動きをしていますね!」

虚歩、実歩が何を教えているのか?もわかりました。

本当に押され強い姿勢と、本当に正しい1歩目の踏み出し方から、実際に使えるようになったんですね。

前から押さえられていても、そのまま前進することができました。

がんばって押し返さなくても、相手が勝手に後退してしまう。

虚歩、実歩は、そういう風に歩けるようにと、套路に入っているわけです。

「力学ですね!これは、こうやって試さないと、気づかないですよね!」

はい、試して効果を実感しながら、体の使い方を、身につけていただけますよ!

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、柔道、剣道、空手、中国武術、古流武術などの武道・武術のかたに、達人の動きや技が実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 体幹の連動で動けるようになって、套路の動きも、やりやすくなりました。

こんにちは。川村義之です。

今日は、中国武術指導者Hさまの、中級第5回目のようすです。

今回のテーマは、全ては剣、ということです。

人間にとって、理に適った体の使い方が、どういうものか?

達人の動き、故障しない動きとは、どういうものか?

その答は、全て剣の理合にある、という意味です。

それはなぜか?

本来の剣術は、野生動物としての人間の動きを、復元するように、創られているからです。

野生動物としての動きとは、体幹の波打つ連動が、動作を主導するというものです。

剣の基本である、正眼からの素振りが、そのことを教えてくれます。

剣の振りかぶりを応用し、単推手で、上への崩しをやってもらいました。

手の甲同士の接触なのに、相手をのけ反らせることができました。

続いては、横回転で、下丹田から中丹田へ、螺旋状に動きを伝えていきました。

各丹田は、順回転から逆回転という風に回します。

下丹田が逆回転するとき、中丹田の順回転が始まります。

両手首をつかまれた状態や、単推手で、相手を横へ崩すのをやりました。

腕力では、どんなにがんばっても、相手を動かすことはできません。

丹田を使うと、抵抗されても、相手の体勢を崩すことができました。

次は、螺旋の力を、剣の抜刀に使ってみてもらいました。

相手に両手で、右手をお腹に押しつけられます。

前の足が、宙に浮くくらい、右手が体に押しつけられています。

腕力では、絶対右手を動かせない状態から、あっさり抜刀することができました。

一挙動で、同じところを左右から斬る、打つ、燕返しもできました。

ここで、中国武術の各門派の代表的な技を、いくつかやってみてもらいました。

各門派の代表的な技1つ1つが、さらに楽に、強力にできるようになっていました。

「こういう仕組みを知らないと、絶対できないですね」

最後には、体幹の連動1つで、床を蹴らずに移動しながら、崩しや打撃、剣技が使えるようになりました。

体幹の波打つ連動、丹田の回転を鍵に、剣と站トウ功が、深いところで、一致したんですね。

理に適った体の使い方、という観点があると、共通する本質が、見えてくるんです。

「体幹の連動で動けるようになって、套路の動きも、やりやすくなりました」

「套路は、体幹の連動がないと、無意味な手足の動きだけになりやすいです」

「それが、体幹の連動で、相手を崩して、即座に打つなど、意味のある動きになってきました」

ありがとうございます!全然進歩が止まりませんね!どこまで進まれるのか、僕も楽しみです!

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、柔道、剣道、空手、中国武術、古流武術などの武道・武術のかたに、達人の動きや技が実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 予想以上にあっさりとできてしまい、今思い出してもつい笑いそうになってしまいます。

こんにちは。川村義之です。

今日は、古流武術をされているSさまからの、初級第1回目のご感想です。

Sさまは、骨盤の傾きは、前傾が正しいのか?、それとも後傾なのか?と、疑問を持たれました。

骨盤の傾きは、重心の位置に関わることです。

大腿部の筋肉や、股関節、腰椎、胸椎にも関係しています。

ですから、非常に重要なことに、気がつかれたんですね。

それで、色々調べ、研勢塾を見つけられたそうです

また、達人はいるとは思っていても、達人になるやり方がわからないので、研勢塾を受講されたそうです。

先の先が、できるようになるということも、気になっていたとのこと。

そんなSさまは、実際に研勢塾を受講され、どんなご感想を抱かれたのでしょうか。

先日はありがとうございました。

最初はいわゆる一般的ではない体の動かし方と聞いて、教えてもらってもできるかどうか不安でしたが、

予想以上にあっさりとできてしまい、今思い出してもつい笑いそうになってしまいます。

特に正しい姿勢については、我流で考えていたものと、実際のそれとの違いに知っている人物から、直接指導してもらう事の重要さを痛感しました。

あれから教えていただいた事、特に姿勢と最初の一歩の踏み出し方に関して気を付けていたのですが、

普段の動きの中で、これまでとは確かに違う、脚力で地面を蹴るとは違う、腰から引っ張られていくような感覚を何度か感じ、こうも早く変化があるものなのかと驚くばかりです。

すでに何かが変わってきているが、肝心要の部分が全然足りてない、まだ知らなければならない事がいくらでもあるのでは、というのが今の正直な感想です。

体の動かし方についてより深く理解するためにも、是非とも今後の受講の継続をお願いします。

ありがとうございます!

気になられていた、先の先も、できるようになりましたね。

対の先、後の先も、すんなり習得されていました。

確かに、姿勢について、我流であれこれ考えることは、誰にでもできます。

達人のパフォーマンスを前提に、となると、話は変わってきます。

達人の動きや技が、まだできないうちは、どうあるべきか?がわからないからです。

姿勢は、それによって、どんなパフォーマンスが可能になるか?から逆算して、導き出されなくてはなりません。

早くも、普段の動きの中でさえ、変化を感じられているとのこと、素晴らしいですね。

おっしゃる通り、まだまだ知るべきことは、たくさんあります。

それが、Sさまが、まだまだ大きく向上できるという、根拠でもあるんですね。

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、柔道、剣道、空手、中国武術、古流武術などの武道・武術のかたに、達人の動きや技が実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
● 【第四巻発売!】宮本武蔵「五輪書」にみる「学び方の極意」DVD 第四巻

こんにちは。川村義之です。

武道・武術の上達のカギは、見取り稽古にあります。

見取り稽古がうまくなると、お手本の先生に、一気に近づくことができます。

パッと見ただけで、真似できるようになります。

質やレベルの違いが、具体的にわかるようになります。

実力の差も、見抜くことができるようになりますよ。

セミナー風景1

宮本武蔵を題材に、上達をグッと加速する見取り稽古のやり方を、詳しくお話しします。

これができると、道場でお手本の先生から、より多くのことを吸収できます。

DVDを観るだけでも、上達できるようになります。

あなたも、上達のカギを手に入れてみませんか?

このようなご感想をいただいています。

目標としている人の動きをまねるという点で、その人自身の性格や感情を読んだりする事で、神経(ニューロン)が発達して、上達しやすくなるという点に驚きを感じた。

今まで、型や技を学ぶ際に、目で見える部分を注意してきたが、今後は、先生の表情や、何気ない発言、性格等にも注意する事で上達していきたいと思います。

特に、内弟子制度や、質問してはいけないといった部分では、その理由を深く納得できました。

わづかなる事にも気をつける事の部分では、自分の試合の時にも今後取り入れて行きたい内容で、非常に分かりやすくて良かった。

人生において非常にためになるセミナーで、本当にありがとうございました。

見取り稽古をする時、手、足等、個々の動きを追う事に精いっぱいで、気持ち、気分を真似るという視点がなかった事に気づきました。

そういえば、●●先生などは、○○先生に、口調がそっくりな事に思いあたりました。

分かり易く、丁寧に解説されていたと思います。

これから、どの様に習うべきかの指針も分かってきたと思います。

「見取り稽古」や「わづかなる事に気を付る事」のお話を直接聞く事ができて、大変参考になりました。

ミラーニューロンの働かせる練習をし、日常生活のいろいろな局面で使えるようにしていきたいと思います。

ありがとうございました。

では、DVDの内容についてお話します。



はじめに

第一部 目に見えぬ所をさとつてしる事

・「目に見えぬ所をさとつてしる」とは何か?

宮本武蔵のいう「目に見えぬ所」がわかれば、達人の技も具体的にわかるようになります。

・どうしたら、目に見えないところがわかるか?

目に見えないことを感じ取れるようにする方法がわかります。

・「観の目つよく、見の目よはく」

・目に見えないところを見る見取り稽古とは?

目標とする人に、見た目だけではなく、質、レベルを近づけることができます。

・目に見えないところを見る見取り稽古は、何がいいのか?

ミラーニューロンを使えるようになります。

・見取り稽古の具体的な秘訣とは?

同じ神経回路が使えることで、同じ質やレベルでできるようになります。

・物真似上手は、学び上手

・見取り稽古の対象は人間だけではない

技や作品から逆算したり、本や動画などからでも見取り稽古ができます。

・見取り稽古がうまくなるメリットは何か?

合気道、空手、古流武術における、見取り稽古の効果がわかります。

第二部 わづかなる事にも気を付る事

・「わづかなる事にも気を付る」とは何か?

わずかの差を大事にする人が早く上達できます。

わずかの差を大事にすると勝負に勝てます。

・「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

・わずかの差は、丁寧さから

・わずかの差の見つけ方

・「極意は口伝にあり」「極意は道場の外にあり」の真意

・悪い結果を出さず、よい結果を出す秘訣

・他人の経験値も自分のために活用する方法

わずかの差に気づけるようになると、最終的には大きな差をつけられます。

・わずかの差とは、完成度の差のこと

・わずかなことにも気をつけるメリットは何か?



第一部、第二部を通して、見取り稽古の極意について、お話ししています。

目に見えぬところを悟って知るのも、わずかなことにも気をつけるのも、見取り稽古がうまくなるということを指しているんですね。

見取り稽古がうまくなると、習得・上達が早くなります。

お手本の先生と同じ神経回路が使われるようになると、目標に最短時間で近づくことができます。

動画や写真、文章からだけでも、ミラーニューロンを働かせられるようになります。

習得の秘訣や、その原理をいち早く理解することができます。

形に隠された本当の意味を理解できます。

相手の次の動きが予測しやすくなり、試合を有利に進められます。

わずかの差を大事にする人が早く上達でき、わずかの差を大事にすると勝負に勝てます。

他人の経験すら、自分の役に立てることができます。

昔の達人の逸話も、具体的に参考にできるようになります。

目標とする人と自分のレベルの差がどんどん縮まっていきます。

わずかの差が、最終的には大きな差になります。

宮本武蔵「五輪書」にみる「学び方の極意」DVD 第四巻



価格は、22000円(税込み・送料無料)です。

DVDのお申し込みは、こちらです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
● 合気上げができるだけでなく、相手の体勢も崩し、転がすこともできました。

こんにちは。川村義之です。

今日は、古流武術をされているWさまの、中級第1回目のようすです。

最初は、正中線・先の先の、応用例を練習しました。

向かい合って、1人が正面から相手の体スレスレのところを、指で突きます。

もう一方の人は、先の先で、意図を察知して、相手が動く前に食い止めます。

これは、相手の注意力の穴を狙う練習です。

人間の注意力は、実は、蛍光灯のように点滅しているそうです。

常時一定でなく、虚になる瞬間があるんですね。

相手の注意力に、穴が開いたと同時に突くと、相手はその動きを感知できません。

相手に反応もさせず、無防備にして突くことができました。

「ああっ!本当だ!穴が開くのがわかりますね!」

「こんなことが、できるんだな~。正中線大事ですね!」

次はこれを、相手に手首をつかまれた状態で、試します。

合気上げで、相手の押さえる力が弱まる瞬間を狙うんですね。

何のテクニックも使わず、押さえられている手を、簡単に持ち上げることができました。

「あぁ、わかりますね!何となく“いける”というのが」

合気上げができるだけでなく、相手の体勢も崩し、転がすこともできました。

力が弱まる瞬間は、相手を見ていないほうがわかる、というのも、実際にやって試してみました。

相手に、背後から片手をつかまれて、その場に固定されます。

見ていないと、相手の力が弱まる瞬間が、より早くわかります。

つかまれた手で、背後の相手を、簡単に下に崩すことができました。

「うちの宗家も、相手を見るなと言いますが、そういうことなんですね」

ここからは、中級1回目のメインとなる、居着かないことを練習しました。

居着かないためには、浮き身がうまくなるのが一番です。

浮き身のとき、左右どちらの足にも、荷重が集中していません。

各種浮き身練習法や、「4つの動作」などを復習すると、また新しい発見があったそうです。

両足どちらも軸にせず、浮き身のまま、歩けるようになりました。

浮き身の状態で触られると、それだけで崩しがかかります。

前進して、肩に手を置くだけで、相手に尻餅を着かすことができました。

最後には、体捌きだけで、床を蹴らずに、前進できました。

両足とも滑らせて、ジャンプしないで、スルリと移動できたんですね。

「思ってたのと、全然違う動きですね。これは、習わないと思いつかないわ…」

「全く脚の力を使わないですね!まさに筆の穂先のような動きですね!」

「いつも、自分が間違ったことをしているのではないか?と思っているんです。ここで、こうして確認できるのがいいですよね」

ありがとうございます!確認と修正を重ねて、さらに高みへと進みましょう!

合気道や柔道などの武道の技がどんどん極まる!個別指導塾「研勢塾」

東京都世田谷区代田5丁目35-30-101
(下北沢駅西口より徒歩2分)
03-5464-3310

合気道の達人になれる!合気道の技がラクに極まる方法
研勢塾 受講のご案内
受講生の声
アクセス
お問い合わせフォーム
・ 電話 03-5464-3310

東京、都内、下北沢、新代田、池ノ上、渋谷、代々木上原、新宿、吉祥寺、町田、八王子、代田、代沢などからお越しいただいています。

合気道、柔道、剣道、空手、中国武術、古流武術などの武道・武術のかたに、達人の動きや技が実際にできるようにお教えしています。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)