金沢市二俣町の山中で頭部のない女性の遺体が入ったスーツケースが見つかった死体遺棄事件で、石川県警金沢中署捜査本部に男が出頭し、事件への関与をほのめかしていることが1日、捜査本部への取材で分かった。捜査本部は男を重要参考人として慎重に調べている。

捜査本部のこれまでの調べでは、3月29日に県道脇のがけの斜面に落ちていたスーツケースから、年齢20~30代とみられる女性の遺体が見つかった。頭部は鋭利な刃物で切断されていた。司法解剖の結果、遺体は死後2週間~2カ月経過しており、捜査本部はスーツケースの販売経路や、捜索願の出ている同年代の女性との照合を進めている。【宮嶋梓帆、宮本翔平】

【関連ニュース】
<事件の第一報>死体遺棄:スーツケースから頭部のない女性遺体 金沢
<スーツケース遺体遺棄>「こんなのどかな場所で」 住民らに大きな衝撃
<最近の遺棄事件>死体遺棄容疑:自宅プランターに乳児遺体 母親「埋めた」
<最近の遺棄事件>乳児遺体:同じプランターから別の白骨遺体 大阪
<最近の遺棄事件>男逮捕:6カ月長男死体遺棄の疑い 妻と義母も死亡 宮崎

新しい政治のあり方とは? ネット選挙運動、議員もユーザも熱い議論(産経新聞)
射爆場、米に返還要求へ=沖縄の負担軽減-政府(時事通信)
三井マリ子さん逆転勝訴 館長職の雇い止め訴訟(産経新聞)
千葉女子大生殺人、ATM男6回目の起訴 一連の捜査は終結(産経新聞)
力士暴行死の元親方、2審は懲役5年に(読売新聞)
AD