泉佐野市羽倉崎
構造見学会開催中です。
案内は随時受付中です。
ご予約してください。
住宅ローン専門相談事務所

AD

住宅ローンの相談に来られる方で、一番多いのは

 

不動産会社でむちゃくちゃにされてから来られる方が

 

全体の30%ぐらいいらしゃいます。

 

ご来店いただいた方でも、5人に1人はどうにもできない方が多い

 

本当にかわいそうで仕方がありません。

 

当社でも5年待たなければいけないのか?

 

10年待たなければいけないのか?

 

不動産会社は始めが肝心ですよ!!

 

偽造とかややこしいことを言う会社は危険ですのでご注意ください。

 

㈱YSホーム

㈱ワイエス住宅ローンサービス(住宅ローン専門相談事務所)

TEL:0800-888-8358(フリーダイヤル)

http://www.e-yshome.com

http://www.3850.co.jp

 

 

AD

空き家を相続すると、相続税が高くなるの!?

注目は2点 

1:相続税の基礎控除の引き下げが決定されました

平成2711日以降の相続や遺贈について、

基礎控除が6割に引き下げられました。

これによって、相続税の課税となる対象者が大幅に増える見込みです。 

平成2711日から基礎控除の金額は下記の計算方法が適用されます。 

基礎控除額=3,000万円+600万×法定相続人の数 

 

相続には、土地以外にも、預貯金、株式、家財、自動車といったものも対象となりますので基礎控除額を超える可能性は十分にあるのです。 

2:空き家を相続すると、相続税が倍に!?

どうやって対策すればいいの?

相続税の対象になりやすい、東京や大阪、名古屋などといった都市に住んでいる方の為に、小規模宅地等の特例が今回改正されました。 

相続税を収めるに不動産を売ることを回避する為に考えられた制度であり、適用面積は240㎡から330㎡へと拡充されました。

しかし、

空き家を相続する場合にはこの特例を受けることができません。 

少子高齢社会の日本では、

空き家を相続する人はさらに増え続ける事が予想されています。

そんなとき、空き家を相続された場合の相続税の計算や対策方法などは、

お客様の個々の状況では様々ですので

ご相談は、無料ですのでお気軽にご相談下さい。


 

㈱YSホーム

㈱ワイエス住宅ローンサービス(住宅ローン専門相談事務所)

TEL:0800-888-8358(フリーダイヤル)

http://www.e-yshome.com

http://www.3850.co.jp


 

 


 

 

AD

離婚で転落・破産する人の典型例

 

【離婚で転落人生(1)住宅ローン破産】

例えば、マイホーム購入後間もなく離婚することになると、多くは住宅ローンが大量に残っている。

仮に、離婚して自宅の連帯保証人である元妻と子供が家にそのまま住み続け、元夫が住宅ローンを返済していた場合。

元夫が返済をしなくなると、元妻に一括で返済が請求されることになるのだ。

払えない場合は自宅の競売、さらには自己破産へと一気に突き進んでしまう危険もある。

離婚が破産危機を含む重大なトラブルにつながるケースのほとんどは、この住宅ローンが原因なのである。

 

【離婚で転落人生(2)熟年離婚で収入ゼロ】

神奈川県に住むYさん(63)は自営業。若い頃は羽振りがよく、高級マンションや高級車を乗り回すゆとりのある暮らしをしていた。

若気の至りで年金も未払い。その後、不況で事業も低迷し、奥さんのパート収入に頼るようになっていた。

く還暦を前にして奥さんから離婚したいと持ちかけられ協議離婚に。離婚は成立したものの、

収入のないYさんはたちまち住宅ローンが払えなくなり、自宅は競売になり、現在は生活保護を受けて生活している。

このYさんの場合、支出の偏りや老後資金の準備状況に大きな問題があったが、それをしっかりやっている人でも、

離婚をきっかけに、一気に破産の危機に追い込まれるケースは少なくない。

特にポイントとなるのは、夫が定年退職した後だ。収入は当然減るので、よほどの貯蓄がない限り、

生活のやりくりの破綻リスクは増大する。それに加えて、離婚となると……。

悲惨な熟年離婚を防ぐにはどうしたらいいのか。

 

【離婚話が持ち上がったらすぐすべきこと】

まず、離婚話が持ち上がったら、不動産に関する問題を把握・整理することが大切だ。

離婚は不可避の情勢となったら、協議をする前にするべきことがある。

それは、不動産の名義や住宅ローンの契約内容、保証人など、

現状がどのような権利関係になっているかしっかり確認することだ。

 

これを実践するのは意外とハードルが高い。なぜなら購入の際は、

マイホームを取得できる喜びでいっぱいで権利関係の内容まで把握していないケースが多いからだ。

改めて内容を調べたいという場合は、地域の法務局で不動産の登記簿謄本を取得するのが手っ取り早い。

また、売却するのなら、不動産業者に土地・建物の査定をしてもらい、あらかじめ資産価値を把握しておくのもいいだろう。

 

 

㈱YSホーム

㈱ワイエス住宅ローンサービス(住宅ローン専門相談事務所)

TEL:0800-888-8358(フリーダイヤル)

http://www.e-yshome.com

http://www.3850.co.jp

 

なぜ、妻への「不動産の所有名義の変更」は難しいか

 

ここで、住宅ローンを引き受ける妻が新たに住宅ローンを申し込み、

残債を妻の名義で返済する方法もある。

 

しかし、専業主婦などで返済基準を満たす年収ない場合は担保となる自宅があっても、

住宅ローンの借り替えは厳しいのが現状だ。

 

妻に所有権移転登記だけすることも可能だが、

もし住宅ローンの返済が滞った場合などに、

離婚の事実や不動産の所有名義が変更になっていたことが金融機関に知られると一括返済を求められることもある。

 

つまり、不動産の所有名義の変更は、

住宅ローンが残っている場合においては意味をなさないことを覚えておきたい。

ローンが払えないと、マイホームを手放したり、

 

最悪の場合は自己破産したりするしか道はないのだろうか? 

「対処法はたくさんある。少しの知識で好転することがある。

 

㈱YSホーム

㈱ワイエス住宅ローンサービス(住宅ローン専門相談事務所)

TEL:0800-888-8358(フリーダイヤル)

http://www.e-yshome.com

http://www.3850.co.jp