民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)は20日午後、陣営幹部が起訴された北海道教職員組合の違法献金事件に関し、進退を問われていることについて「判決を見極めた上で判断したい」と述べた。党内では、有罪判決の場合には、議員辞職する意向を示唆したとの見方も出ている。
 小林氏は国会内で記者団の質問に答え、「司法の判断はまだ下されていないので、今は申し上げる時ではない」とする一方、「司法判断を尊重したい。(事件に関し)社会的、道義的責任を強く実感している」とも語った。 

防衛省の幹部候補生採用試験で出題ミス(読売新聞)
<重過失致死>パチンコ店駐車場に乳児放置容疑…母親を逮捕(毎日新聞)
閣議了解拒否、首相に伝える=普天間県内移設―社民党首(時事通信)
<ブロッキング>プロバイダーなど4社 自主的に実施を表明(毎日新聞)
DPC病院拡大で後発品売上高が20%増加―日本ケミファ(医療介護CBニュース)
AD