2012-05-15 08:50:40

本人請求、交渉のポイント

テーマ:過払い金返還請求
おはようございます、山北です。


前置きなく、さっそく昨日のブログの続きになる

「自分で過払い請求した際の交渉のポイント」についてです。



まず、ネットで皆さん色々調べますよね?
しかし、情報が錯綜していますね。

「○○社だったら、満額+5%回収できる!」
「○○社は10%しか返さない」
「○○社は裁判使っても控訴してくる」
「○○社なら余裕でしょう」


それらの情報は、いつの情報か。
まずは新しい情報を調べて、整理してみましょう。


そして、自分が請求しようとしている相手方ならば、何%は回収できるかどうか?ではなく


「自分は過払金のうち、何%は絶対回収したいか」


という、目標設定をします。
これをせずに、あやふやに相手方と交渉すると、相手はプロですから見事にたたみ込まれます。
誰が聞いても「もっともだ」と思える言葉を連発してきますからね。



さて、整理します。


1.自分が請求しようとしている会社の対応について、なるべく新しい情報を仕入れて整理する
2.過払金のうち、何%は絶対回収するかを決める



至って普通のことですね。
相手方を知る、自分の目標を決める。
この時点でわからなかったり、「そんなものは不要」と思う場合、素直に弁護士・司法書士に相談されることをオススメします。




そして、最後。
3つめのポイントは・・・


「絶対に一度目の電話交渉で示談しない」ということです。



想像してみてください。


あなたは初めての過払い請求で、緊張気味です。

電話をかけます。

オペレーターが出ました。
本人確認として、住所氏名、生年月日を伝えると担当者に替わると言われる

担当者が電話口に。
想像していたより、ずいぶん丁寧な印象。
あるいは、ずいぶん荒々しかったり。

どちらでも構いません。

過払い請求が続いていること
予算が残り少なくなっていること
自社も倒産するかもしれないということ
借りている時は助かったんでしょ?と泣き落とされ

「2ヶ月後に○○万円なら払える準備がありますが」

と、粘りこまれる。
ひたすら泣き落としの文句を並べられて

「楽に手元にお金が入りますよ」

みたいなことを言われる。

最後に、「この金額で弁護士や司法書士に相談しても断られるかもしれませんし、費用も高いですよ」と無根拠な案内を受ける。


その時点で、おそらく本人さんの気持ちはグラグラに揺れ動いていて、


「もうこの条件で示談でいいかな?」と思うでしょう。


そこからは自分への理由付け

「倒産されて戻らないよりマシか」
「裁判とか面倒だし」
「自分でできたならいいか」
「昔は過払い請求なんてなかったんだし」


これらの自分への理由付けをする前に、電話を切りましょう。


交渉のプロである、相手方の担当者から言われた言葉が自分に響いて、自分への理由付けをはじめた時点で示談交渉は失敗です。



交渉の電話で、「あー、相手の言う事ももっともかな?」と思った瞬間、

「いやいや、ちょっと待てよ」と思い直してください。


そして、また電話しますねー、考えておきます、と伝えて電話を切ってください。


そして冷静に考え直しましょう。
相手方の言っていた言葉を。


2~3日考えても、気持ちが変わらないなら示談してOKです。
丸め込まれたのではなく、納得した上での示談になるでしょう。


2~3日考えて、どうも違うぞ、と違和感を感じたら、一旦白紙に戻すか、しばらく電話をしないでおきましょう。



なお、相手方が言ってくる

>過払い請求が続いていること
>予算が残り少なくなっていること
>自社も倒産するかもしれないということ
>借りている時は助かったんでしょ?と泣きおとしてくる

という落とし文句は、まったく根拠がありません。


1.過払い請求が続いていること
 裁判所に行けばわかります。
 過払い請求の裁判が、一時期と比べると相当減ったように見えます。

2.予算が残り少なくなっていること
 それでも裁判すれば、又は判決を取れば支払うのが大手ですね。

3.自社も倒産するかもしれないということ
 あれ?今期黒字って新聞にのっていませんでしたか?

4.借りている時は助かったんでしょ?と泣きおとしてくる
 さらに過払金を返してもらえると助かりますね。


と、揚げ足をとっているようにも見えますが、実際にこのように返事をすると

「まぁまぁ、そのような事を言わずに建設的な話をしましょうよ」と、実際に先週言われました。




結局のところ

1.相手を知り
2.自分を知り
3.断る勇気を持つ

それだけです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

尼崎市の司法書士 山北健司さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

ガッツリweb集客!ホームページ、ブログを集客できる最強の営業マンにマネージメント!
Ferretアクセス解析 ガッツリweb集客!ホームページ、ブログ webツールを最強の営業マンにマネージメント!