「Nothing But The Blues」 By 山本慎也

日本語ブルーズを歌っています。ライヴ、音楽、執筆文を掲載した雑誌、日本文学、プロレス、日々のことなどを、不定期に綴ります。


テーマ:
色々あった2013年、中古レコードをたくさん漁った1年でした。だので、新譜・新作にはあまり手が出ず。
ということもを踏まえ、全く個人的な備忘録ではありますが、今年も個人的ベスト作品を列記してみます。

頭に★がついているものは、僕が2013年に特にたくさん聴いたものです。あくまでも内容の良し悪しではなく、僕のバイオリズムとの一致の度合いの問題です。全て文句なしの傑作ですので、あしからず。


◎新譜[ブルーズ/R&B]
★《Blues In My Soul》 Lurrie Bell
王道のディープ・ブルース集。前作に引き続き、絶好調。

★《My True Story》 Aaron Neville
キース・リチャーズ全面参加&プロデュースの古典R&B集。「鳴ってなくても構わないキースのサイド・ギター」が実に渋い。

★《Memphis》 Boz Scaggs
往年のメンフィス・サウンドにノックアウト。こんなのずるい。

《I Need a Holiday》 Dan Penn
チープ・ディープ・ソウル。紛れもない趣味の世界ですが、そこにずっぽり。

★《W.C.カラス》 W.C.カラス
日本語ブルースの金字塔。

《1968 Vol.3》 近藤房之助
この躍動感ったら!

《New Face》 トータス松本
溢れだす創作意欲が2枚組に結実。

《Senior Bacchanals》 吾妻光良&ザ・スウィンギン・バッパーズ
ライヴでおなじみの曲がずらり。ついに音源化した〈栃東の取り組み見たか〉に乱舞。


◎新譜[ロック]

★《'Til Your River Runs Dry》 Eric Burdon
イントロからして、躍動感が違う。エリック翁による「How To 最高の歳の重ね方」。

《Time》 Rod Stewart
この方も、良い年の取り方をしましたね。ぴちぴちのR&RとR&Bです。

《Made Up Mind》 Tedeschi Trucks Band
ゴールデン夫婦。

《Zooey》 佐野元春
言葉が立っている、あらゆる音が生きている。


◎発掘・復刻盤

★《A Dord Leading Home ~songs by DAN PENN》V.A.
もう、全部名曲ですよね、そりゃ。

★《Live at Rockpalast 1980》 Ronnie Lane Band
これ、最高。ピアノのステュの手元がこんなに映って、こんなに大きな音で収録されているのは、事件です。ロニーも覇気に満ちています。

《The Show Must Goes On》 Sam Dees
これぞ、必殺のソウル・ミュージック。名盤の復活が嬉しい!

《Sam, Hard and Heavy》 Sam Samudio
ファンキーで土臭い演奏に、ややとぼけた歌。デュエイン・オールマンのスライドが空を飛ぶ! 1971年作。

《Rarities》 Rod Stewart
70年代のレア音源集。さすがのクオリティ。

《I Need Your Love》 Steve Marriott
60年代のスモール・フェイセズ以前の音源から、ハンブル・パイまで。この人のアプローチ、バランス感覚、なぜかツボです。

《Performance ~The Complete Recordings》 Humble Pie
71年5月のフィルモアでの4回のステージをコンプリート。同じ曲が繰り返されますが、その熱気には圧されます。

《悲しいことばっかり》 RCサクセション
1972~73年のカセット録音、突然の、待望のCD化です。すげー黒い!


◎The Rolling Stones
『Sweet Summer Sun』この20年のライヴ作品の中でも、ぴか一です。圧倒的ステージに興奮しっぱなし。



'Til Your River Runs DryMy True Story

Blues In My SoulA Dord Leading Home

MemphisLive at Rockpalast 1980

Sweet Summer Sun
AD
いいね!した人  |  コメント(11)  |  リブログ(0)

テーマ:

Blues and Kichi Amigos
相良宗男(Drums)
小川ヒロ(Bass)
加藤博之(Guitar, Cho)
井川雅之(Guitar, Cho)
山本慎也(Vocal, Harp, Guitar)


4年ぶり?
BaKA再編ライヴ、大雪翌日の横浜で開催しました。電車が動いてよかった!

ドサクサの演奏も一部でありましたが、私以外は大ベテランの豪華メンバーですので、安心して演奏しました。

何と言っても、リズム隊はブルース・クリエイションです。ギターのお二人も40年以上にわたりギター一筋の方々ですので、私がギターを弾く余地はほとんどなく、歌とハーモニカを主担当しました。

最後はストーンズの来日を記念して、関連曲を。あと3週間ですね、盛り上がってきました。

今回のライヴで調子に乗って、定期的に活動するそうです。次回は5月!



1部
 1. Born In Chicago [Paul Butterfield B.B.]
 2. Baby What You Want Me to Do [Jimmy Reed]
 3. I Can't Quit You Baby [Otis Rush]
 4. Rainy Night In Georgia [Brook Benton]
 5. One More Chance With You [Little Walter]
 6. That's All I Need [Magic Sam]
 7.彼女の笑顔 [忌野清志郎]
 8. Looking Inside Out [Grand Funk Railroad]

2部
 1. Hide Away [Freddie King]
 2. Don't Touch Me [Robert Cray]
 3. Early in the Morning [Junior Wells]
 4. All Your Love [Otis Rush]
 5. Heartbreak Hotel (w/ビリー諸川)[Elvis Presley]
 6. I Got a Woman (w/ビリー諸川)[Elvis Presley]
 7. アイ・ラヴ・ユー、O.K. [矢沢永吉]
 8. Mercy Mercy [Don Covey]
 9. Homework [J.Gails Band]

アンコール
 1. Time Is On My Side [Rolling Stones]
 2. Honky Tonk Women [Rolling Stones]
 3. Got My Mojo Working [Muddy Waters]

([ ]内は、元にしたバージョンを参考まで記載しています)



BaKA

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
溝の口の12Bunchに、カラスがやってきた!
僕もハーモニカ4本を持って遊びに行き、勝手気ままにステージに飛び入りしちゃいました。
楽しかったね!

カラスと
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

12/18はキース・リチャーズ誕生日、70歳おめでとう。
ということで、毎年恒例、X-Rayted Moviesのライヴにお邪魔させていただき、ストーンズ・ナンバーを3曲(とアンコール1曲)。回を重ねたからか、過去最高に楽しめました。
家が遠くなって、終演後にゆっくりできなくなったのは残念でしたが。

 1. Midnight Rambler (Vo. & Harp)
 2. Time Is On My Side (Vo. & Harp)
 3. Little Red Looster (Harp)
 4. Brown Sugar (Cho. & Harp)



キース誕生日会!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

10月12日の土曜日、淵野辺アンティークさんのライヴ・イヴェントに出演しました。
弾き語り、マスター加藤さんとのギターデュオ、ベースのヨッピー佐野さんを加えてのトリオと、演奏形態を変えつつ、ブルース三昧。楽しかったー!

20年前は、淵野辺の隣の古淵駅の近所に住んでいたので、ちょっとした凱旋ライヴでした。

共演のビリー諸川&ハーヴェスト・ムーンさんの演奏も、最高に盛り上がりました。
また一緒にやりたいです!



 1. Rambling On My Mind
 2. Kiddeo
 3. Homework
 4. アイ・ラヴ・ユー、OK
 5. 軍手の煮びたし
 6. ウィリーとハンドジャイヴ
 7. ノースモーキン・ブルース
 8. サンセット・ブルース



solo

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。