「Nothing But The Blues」 By 山本慎也

日本語ブルーズを歌っています。ライヴ、音楽、執筆文を掲載した雑誌、日本文学、プロレス、日々のことなどを、不定期に綴ります。

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
色々あった2013年、中古レコードをたくさん漁った1年でした。だので、新譜・新作にはあまり手が出ず。
ということもを踏まえ、全く個人的な備忘録ではありますが、今年も個人的ベスト作品を列記してみます。

頭に★がついているものは、僕が2013年に特にたくさん聴いたものです。あくまでも内容の良し悪しではなく、僕のバイオリズムとの一致の度合いの問題です。全て文句なしの傑作ですので、あしからず。


◎新譜[ブルーズ/R&B]
★《Blues In My Soul》 Lurrie Bell
王道のディープ・ブルース集。前作に引き続き、絶好調。

★《My True Story》 Aaron Neville
キース・リチャーズ全面参加&プロデュースの古典R&B集。「鳴ってなくても構わないキースのサイド・ギター」が実に渋い。

★《Memphis》 Boz Scaggs
往年のメンフィス・サウンドにノックアウト。こんなのずるい。

《I Need a Holiday》 Dan Penn
チープ・ディープ・ソウル。紛れもない趣味の世界ですが、そこにずっぽり。

★《W.C.カラス》 W.C.カラス
日本語ブルースの金字塔。

《1968 Vol.3》 近藤房之助
この躍動感ったら!

《New Face》 トータス松本
溢れだす創作意欲が2枚組に結実。

《Senior Bacchanals》 吾妻光良&ザ・スウィンギン・バッパーズ
ライヴでおなじみの曲がずらり。ついに音源化した〈栃東の取り組み見たか〉に乱舞。


◎新譜[ロック]

★《'Til Your River Runs Dry》 Eric Burdon
イントロからして、躍動感が違う。エリック翁による「How To 最高の歳の重ね方」。

《Time》 Rod Stewart
この方も、良い年の取り方をしましたね。ぴちぴちのR&RとR&Bです。

《Made Up Mind》 Tedeschi Trucks Band
ゴールデン夫婦。

《Zooey》 佐野元春
言葉が立っている、あらゆる音が生きている。


◎発掘・復刻盤

★《A Dord Leading Home ~songs by DAN PENN》V.A.
もう、全部名曲ですよね、そりゃ。

★《Live at Rockpalast 1980》 Ronnie Lane Band
これ、最高。ピアノのステュの手元がこんなに映って、こんなに大きな音で収録されているのは、事件です。ロニーも覇気に満ちています。

《The Show Must Goes On》 Sam Dees
これぞ、必殺のソウル・ミュージック。名盤の復活が嬉しい!

《Sam, Hard and Heavy》 Sam Samudio
ファンキーで土臭い演奏に、ややとぼけた歌。デュエイン・オールマンのスライドが空を飛ぶ! 1971年作。

《Rarities》 Rod Stewart
70年代のレア音源集。さすがのクオリティ。

《I Need Your Love》 Steve Marriott
60年代のスモール・フェイセズ以前の音源から、ハンブル・パイまで。この人のアプローチ、バランス感覚、なぜかツボです。

《Performance ~The Complete Recordings》 Humble Pie
71年5月のフィルモアでの4回のステージをコンプリート。同じ曲が繰り返されますが、その熱気には圧されます。

《悲しいことばっかり》 RCサクセション
1972~73年のカセット録音、突然の、待望のCD化です。すげー黒い!


◎The Rolling Stones
『Sweet Summer Sun』この20年のライヴ作品の中でも、ぴか一です。圧倒的ステージに興奮しっぱなし。



'Til Your River Runs DryMy True Story

Blues In My SoulA Dord Leading Home

MemphisLive at Rockpalast 1980

Sweet Summer Sun

テーマ:

Blues and Kichi Amigos
相良宗男(Drums)
小川ヒロ(Bass)
加藤博之(Guitar, Cho)
井川雅之(Guitar, Cho)
山本慎也(Vocal, Harp, Guitar)


4年ぶり?
BaKA再編ライヴ、大雪翌日の横浜で開催しました。電車が動いてよかった!

ドサクサの演奏も一部でありましたが、私以外は大ベテランの豪華メンバーですので、安心して演奏しました。

何と言っても、リズム隊はブルース・クリエイションです。ギターのお二人も40年以上にわたりギター一筋の方々ですので、私がギターを弾く余地はほとんどなく、歌とハーモニカを主担当しました。

最後はストーンズの来日を記念して、関連曲を。あと3週間ですね、盛り上がってきました。

今回のライヴで調子に乗って、定期的に活動するそうです。次回は5月!



1部
 1. Born In Chicago [Paul Butterfield B.B.]
 2. Baby What You Want Me to Do [Jimmy Reed]
 3. I Can't Quit You Baby [Otis Rush]
 4. Rainy Night In Georgia [Brook Benton]
 5. One More Chance With You [Little Walter]
 6. That's All I Need [Magic Sam]
 7.彼女の笑顔 [忌野清志郎]
 8. Looking Inside Out [Grand Funk Railroad]

2部
 1. Hide Away [Freddie King]
 2. Don't Touch Me [Robert Cray]
 3. Early in the Morning [Junior Wells]
 4. All Your Love [Otis Rush]
 5. Heartbreak Hotel (w/ビリー諸川)[Elvis Presley]
 6. I Got a Woman (w/ビリー諸川)[Elvis Presley]
 7. アイ・ラヴ・ユー、O.K. [矢沢永吉]
 8. Mercy Mercy [Don Covey]
 9. Homework [J.Gails Band]

アンコール
 1. Time Is On My Side [Rolling Stones]
 2. Honky Tonk Women [Rolling Stones]
 3. Got My Mojo Working [Muddy Waters]

([ ]内は、元にしたバージョンを参考まで記載しています)



BaKA


テーマ:

12/18はキース・リチャーズ誕生日、70歳おめでとう。
ということで、毎年恒例、X-Rayted Moviesのライヴにお邪魔させていただき、ストーンズ・ナンバーを3曲(とアンコール1曲)。回を重ねたからか、過去最高に楽しめました。
家が遠くなって、終演後にゆっくりできなくなったのは残念でしたが。

 1. Midnight Rambler (Vo. & Harp)
 2. Time Is On My Side (Vo. & Harp)
 3. Little Red Looster (Harp)
 4. Brown Sugar (Cho. & Harp)



キース誕生日会!


テーマ:

10月12日の土曜日、淵野辺アンティークさんのライヴ・イヴェントに出演しました。
弾き語り、マスター加藤さんとのギターデュオ、ベースのヨッピー佐野さんを加えてのトリオと、演奏形態を変えつつ、ブルース三昧。楽しかったー!

20年前は、淵野辺の隣の古淵駅の近所に住んでいたので、ちょっとした凱旋ライヴでした。

共演のビリー諸川&ハーヴェスト・ムーンさんの演奏も、最高に盛り上がりました。
また一緒にやりたいです!



 1. Rambling On My Mind
 2. Kiddeo
 3. Homework
 4. アイ・ラヴ・ユー、OK
 5. 軍手の煮びたし
 6. ウィリーとハンドジャイヴ
 7. ノースモーキン・ブルース
 8. サンセット・ブルース



solo

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。