新約聖書 ルカによる福音書 1章39~45節
「そのころ、マリアは出かけて、急いで山里に向かい、ユダの町に行った。そして、ザカリアの家に入ってエリサベトに挨拶した。マリアの挨拶をエリサベトが聞いたとき、その胎内の子がおどった。エリサベトは聖霊に満たされて、声高らかに言った。『あなたは女の中で祝福された方です。胎内のお子さまも祝福されています。わたしの主のお母さまがわたしのところに来てくださるとは、どういうわけでしょう。あなたの挨拶のお声をわたしが耳にしたとき、胎内の子は喜んでおどりました。主がおっしゃったことは必ず実現すると信じた方は、なんと幸いでしょう。』」

天使ガブリエルがガリラヤのナザレという田舎町に住む少女マリアの前に現れました。
そして、彼女が神の子と呼ばれるようになる男の子を産むと告げます。
それも、聖霊(神様の霊)によってお腹に子供を宿すことになると告げたのです。

まだ結婚もしていなかったマリアにとって信じられない知らせでした。
天使は、彼女が神様の全能を信じることができるように彼女の親族エリサベトの話をしました。
祭司ザカリアの妻エリサベトは高齢になるまで子供がありませんでした。
もうあきらめかけていた時、同じ天使ガブリエルがザカリアの前に現れ、二人の間に男の子が与えられると伝えました。
その言葉の通りエリサベトは妊娠し、半年ほど家に引きこもって安静に過ごしていました。
天使はエリサベトに起こった奇蹟の話をし、マリアが神様のなさることを信じられるように助けたのです。
マリアは信じました。

マリアは実際にエリサベトに会いたくなり、急いで会いにいきました。
家に着き、マリアが「こんにちは、マリアです…」とあいさつすると…

なんと、妊娠して半年ほど経っていたエリサベトのお腹の子供が動きました。
エリサベトによれば、「お腹の子は喜んでおどった」というのです。

エリサベトの子はヨハネ。
マリアの子はイエス。

ヨハネは、神様を離れて自分勝手な生き方にはまりこんでいる人々に「神様に向き直る洗礼」をさずけるようになります。
イエスは、全知全能の愛の神様がすべての人を愛し導いておられることを言葉と行動で現すようになります。

二人とも30歳頃に命を奪われます。
ヨハネはユダヤのヘロデ王によって。
イエスはあらゆる人から見捨てられてローマ権力によって。

しかし、マリアがエリサベトを訪ねた時の二人はまだそれぞれマリアとエリサベトのお腹の中。
お母さんのお腹の中で安心して成長しているところです。

でも、お互いの存在を感じることができました。
二人とも、神様の愛を命がけで人々に伝えるという愛のミッションを神様から受けていました。
二人とも神様の愛で満ちていました。
恐れや不安や疑いなんてありません。

それぞれの内にある神様の愛が呼応し合いました。

二人が命がけで伝えてくれたように、

あなたは、神様の宝物。
神様と一緒に宝物として生きられるようにいつも聖霊が導いてくれています。

恐れや不安や疑いに振り回される必要はありません。

神様の愛に心を向ければ、あなたの中の命(愛)もきっと呼応して喜び踊り出します。

あなたは、神様の宝物です。
宝物として命を大切にして生きましょう。
AD
新約聖書 ルカによる福音書 1章24~27節
「その後、妻エリサベトは身ごもって、五か月の間身を隠していた。そして、こう言った。『主は今こそ、こうして、わたしに目を留め、人々の間からわたしの恥を取り去ってくださいました。』 六か月目に、天使ガブリエルは、ナザレというガリラヤの町に神から遣わされた。ダビデ家のヨセフという人のいいなずけであるおとめのところに遣わされたのである。そのおとめの名はマリアといった。」

天使ガブリエルは、祭司ザカリアが一人で神殿で香をたいている時に現れ、高齢の妻エリザベトとの間に男の子が与えられると伝えました。
そしてその後、ナザレという町に住むマリア(今の高校生くらい)の前に現れます。
マリアは婚約していて、夫ヨセフはイスラエル王家の子孫でした。

「天使は、彼女のところに来て言った。『おめでとう、恵まれた方。主があなたと共におられる。』 マリアはこの言葉に戸惑い、いったいこの挨拶は何のことかと考え込んだ。すると、天使は言った。『マリア、恐れることはない。あなたは神から恵みをいただいた。あなたは身ごもって男の子を産むが、その子をイエスと名付けなさい。その子は偉大な人になり、いと高き方の子と言われる。神である主は、彼に父ダビデの王座をくださる。彼は永遠にヤコブの家を治め、その支配は終わることがない。』」(28~33節)。

天使はマリアに「神様があなたと一緒におられる」と告げました。
何のことやら意味の分からないマリアに天使は続けて言いました。

「あなたは男の子を産み、その子は神の子と言われるようになる。彼は民が待ちのぞんできた本当の王となる」

まだ結婚もしていないマリアには訳が分かりません。

「マリアは天使に言った。『どうして、そのようなことがありえましょうか。わたしは男の人を知りませんのに。』 天使は答えた。『聖霊があなたに降り、いと高き方の力があなたを包む。だから、生まれる子は聖なる者、神の子と呼ばれる。あなたの親類のエリサベトも、年をとっているが、男の子を身ごもっている。不妊の女と言われていたのに、もう六か月になっている。神にできないことは何一つない。』 マリアは言った。『わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように。』そこで、天使は去って行った。」(34~37節)

マリアがまだ結婚していない自分がどうして男の子を産むことができるのか尋ねると、天使は聖霊(神様の霊)によってお腹に男の子が宿ると告げました。

きっとマリアは驚いて何も言えなかったことでしょう。

すると、天使は親戚の女性のことを告げます。
エリサベトのこと…

「不妊の女と言われていた」と天使が言っていますが、エリサベトの話はマリアの所にも伝わっていたのです。
そして、みんな「不妊の女」だと言ってうわさ話をしていたのです!

天使からエリサベトが妊娠していること、神様がそうされたことを聞いた時、マリアは神様に自分の身をゆだねました。

神様のご計画の通りになりますように…

ずっと子供ができなくて後ろ指さされていた祭司の妻エリザベト。

彼女の妊娠は彼女自身にとっても大きな救いの出来事でしたが、それはマリアが神様の奇蹟を受け入れるためにもどうしても必要な出来事だったのです。

どんなマイナスの出来事も、神様はプラスに変えてしまわれます。

だから、

「いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。
 すべての事について、感謝しなさい。
 これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。」
                    (テサロニケの信徒への手紙1 5章16~18節)
AD
新約聖書 ルカによる福音書 1章22~25節
「ザカリアはやっと出て来たけれども、話すことができなかった。そこで、人々は彼が聖所で幻を見たのだと悟った。ザカリアは身振りで示すだけで、口が利けないままだった。やがて、務めの期間が終わって自分の家に帰った。その後、妻エリサベトは身ごもって、五か月の間身を隠していた。そして、こう言った。『主は今こそ、こうして、わたしに目を留め、人々の間からわたしの恥を取り去ってくださいました。』」

祭司ザカリアが神殿の奥で香をたく大切な仕事をしていた時、天使が現れました。
天使はザカリアに男の子が生まれることを告げました。

ザカリア、エリサベト夫妻は長年子供が与えられるように祈ってきましたが、ずっと与えられないままでした。
自分が年老いていたので、ザカリアは天使の言葉が本当である「しるし」を求めました。
すると、天使はザカリアがものを言うことができないようにしました。
そして「今度言葉を話せるようになるのは子供が産まれる時」と告げました。

天使の言葉の通り、妻エリサベトは妊娠しました。
流産でもしてしまったら大変です。
エリサベトは5カ月間家に引きこもっていました。
そして妊娠が安定した時、エリサベトは言いました。

「主は今こそ、こうして、わたしに目を留め、人々の間からわたしの恥を取り去ってくださいました。」

エリサベトが「子どもがあたえられないこと」をどれほど“恥ずかしく”“情けない”ことだと感じていたのかよく分かります。

当時、「子供ができないこと」はとてもマイナスなことと考えられていました。
ましてや、夫のザカリアは祭司です。
神様と人々をつなぐ神聖な働きをする祭司の妻に子供ができない…

考えないようにしようとしても、仲間の祭司たちの家族を見れば嫌でも思い知らされます。

何度も何度も泣いたことでしょう、言葉にならない叫びをあげてきたことでしょう。

ところが、年老いてから妊娠することができました。
心の底から神様をたたえています。

聖書全体を通して発せられている神様のメッセージは、

「あなたは私の宝物。だから、宝物として生きよ!」

神様のメッセージは全くブレません。

しかし、人の愚かさ・罪が神様のメッセージに覆いをかけてしまいます。

「こんな私」あるいは「あんなあの人」が「神様の宝物であるはずがない!」と考えるようになってしまいます。

子供ができないエリサベトそして夫のザカリアはみじめな思いを何度もしてきていました。
しかし、神様は二人に特別の祝福を準備しておられ、それによって二人の恥を取り除いて下さいました。

あなたのアイデンティティーを傷つけているものがなんであれ、神様はそれを取り除いて下さいます。

まずは、まったくブレることのない神様のメッセージをしっかり受け止めていてください。

あなたは、まぎれもない「神様の宝物」です。

神様がそのアイデンティティーを傷つけているものをすみやかに取り除いて下さいますように。
AD