◆東京プリンセス賞・S1(20日、大井競馬場、ダート1800メートル、不良) 南関東3歳牝馬クラシック第二弾の第24回東京プリンセス賞・S1は20日、大井競馬場で16頭が1800メートルを争った。中団を進んだ6番人気の伏兵、トーセンウィッチ(張田京)がゴール前で鋭く伸びて、重賞初制覇を果たした。2着は頭差で1番人気のショウリダバンザイが入った。管理する川島正一調教師は、重賞初勝利。上位2頭に関東オークス(6月16日、川崎)の優先出走権が与えられた。

 ゴール前の攻防を制したのはトーセンウィッチだった。先頭に立ったショウリダバンザイを、内からスターオブジュリアが並びかけた瞬間だった。両馬の中を割るように入り、最後の一完歩でグイッと前に出た。勝利に導いた張田は「気を抜かないように、馬の間に入った。並んだら伸びるのはわかっていたから」としてやったりの表情。

 ◆トーセンウィッチ 父キングカメハメハ、母フサイチフェスタ(父ザビール)。牝3歳の黒鹿毛。戦績14戦3勝(うち中央6戦0勝)。重賞初制覇。総収得賞金3189万6000円(うち中央130万円)。生産者・北海道日高町の有限会社エスティファーム。馬主・島川隆哉氏。船橋・川島正一厩舎所属。

 【関連記事】
福永洋一さん31年ぶり公の場…第1回福永洋一記念
天才騎手が息子と凱旋…第1回福永洋一記念
桑島、船橋ラスト騎乗「感謝」 今月限りで引退
東京プリンセス賞 大井競馬場 張田京 を調べる

最古の刺繍、西陣織で再現 聖徳太子ゆかり中宮寺(産経新聞)
蓮舫氏ら民主議員8人、暗に小沢氏辞任要求?(読売新聞)
8歳女児刺され重傷、32歳女を逮捕 大阪・東住吉(産経新聞)
高齢者向け住まい、比率引き上げを―国交省成長戦略(医療介護CBニュース)
<銭湯>入浴料、据え置き報告 副知事に都対策協(毎日新聞)
AD