8日午前9時35分頃、愛知県半田市馬捨町の市道脇の草むらで、同市板山町、会社員山本博三さん(50)があおむけに倒れ、死亡しているのを通行人の男性(35)が見つけた。

 靴を履いていないことなどから、県警は死体遺棄事件とみて捜査本部を設置した。

 発表によると、山本さんは、死後数時間が経過していたとみられる。黒色ジャンパーにズボン、ネクタイ姿で、着衣の一部が破れ、運動靴の片方が約18メートル離れた草むらに落ちていた。口と鼻から出血していたほか、額に複数の擦り傷があった。県警は9日に司法解剖を行い、死因を調べる。

 山本さんは父(76)、母(76)と3人暮らし。7日午後9時半頃、勤務先を退社して車で帰宅、車は自宅近くの駐車場に止めてあったという。

20年以降 近畿で72件 消火器「攻撃」悩める教会 (産経新聞)
揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)
富士ソフト元課長代理を逮捕=2700万円背任容疑-大阪府警(時事通信)
公益法人など78候補判明=20日から仕分け後半戦(時事通信)
対米関係「大局的に協力できる」 志位・共産委員長が本紙と単独会見(産経新聞)
AD