不妊治療の専門施設でつくる「日本生殖補助医療標準化機関」(JISART)と、患者団体「Fine」の代表者らが21日、福島瑞穂少子化担当相と面会し、不妊治療費の助成制度拡充などを要望した。記者会見したJISART副理事長の宇津宮隆史セント・ルカ産婦人科院長は「大臣には陳情書をしっかり読んでいただいており、検討していただけると感じた」と話した。
 要望事項は、助成制度の条件見直しと、保険適用範囲の拡大。
 不妊治療の費用は患者に大きな負担となっており、2004年に高度不妊治療に対する助成制度が始まったが、年収による条件や回数制限がある。Fineの調査によると、助成制度を利用しない人が約6割おり、理由は「助成対象ではない」が46.0%で最多、次いで「所得制限を超えている」が27.6%だった。 

舛添新党の名称、「新党改革」に(時事通信)
愛知殺傷、弟2人に事件前「殺して火付ける」(読売新聞)
松本死刑囚への崇拝継続=09年オウム活動状況-公安調査庁(時事通信)
20日に全国学力テスト=事業仕分けで抽出調査に-文科省(時事通信)
<JR北海道>IC乗車券で無賃乗車 グループ会社の6人(毎日新聞)
AD