平野博文官房長官は16日午前の記者会見で、政府が国会提出している高速道路上限制度の関連法案に関連し「政策会議を行って議論しており(法案を)通すとか、通さないという議論は理解に苦しむ」と述べ、政府案の成立を目指す考えを強調した。

 法案をめぐっては、衆院国土交通委員長を務める民主党の川内博史氏が「委員会を通さない」と反対している。

【関連記事】
橋下知事が阪神高速の料金変更に「自公政権よりひどい」と批判
高速無料化の経済効果は1500億円 馬淵副大臣が発表
高速実質値上げ 詐欺も同然の公約違反だ
高速料金上限 休日1000円→毎日2000円に 
平日長距離お得感も「実質値上げだ」 高速道新料金、批判の声
外国人地方参政権問題に一石

<小林市長選>元副市長の肥後氏が初当選 宮崎(毎日新聞)
雑記帳 24金製サッカーボール…公式球と同じ大きさ!(毎日新聞)
<大阪弁護士会>高校生にも法教育 府内270校で出前授業(毎日新聞)
殺人 短期マンションで腹刺され男性死亡 外国人か…三重(毎日新聞)
ホテルで少年ポルノ撮影 容疑のデザイナーら逮捕「少年愛は崇高な世界」(産経新聞)
AD