民主党の渡部恒三元衆院副議長は24日、都内のホテルで講演し、政治資金規正法違反罪で元秘書らが起訴された小沢一郎幹事長への不満を抱える中堅若手議員に対し、自制を呼び掛けていることを明らかにした。

 渡部氏は講演で、「『憎まれるのは俺一人でいい。君らが憎まれ口をいって意地悪されることもないから、参院選までにけじめをつけるから辛抱しろ』と(中堅若手を)抑えている」と説明。

 そのうえで、「今の民主党は大政翼賛会みたいだ。大政翼賛会の時は太平洋戦争になったが、今の民主党には渡部恒三がいる。参院選前に『さすがは』と言われるよう、ちゃんとけじめをつけて党を再生させる」と述べ、党としての自浄能力を発揮するよう働きかける考えを強調した。

 また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題では「鳩山由紀夫首相がしっかりやっている。国民に約束したとおり解決するのは間違いない」と断言した。

【関連記事】
「あの人が煽動」小沢側近が“黄門”渡部氏を痛烈批判
小沢氏、恐怖の“大粛清計画”特捜解体 反小沢派は徹底冷遇
「喜んでもらえるけじめを」渡部氏、七奉行称賛も
渡部元副議長「歴史に残る決断すると思う」小沢氏辞任を示唆
民主七奉行の小沢氏批判 声上げた途端に…

<皇太子さま>外国訪問は周囲と相談し 50歳会見(7)止(毎日新聞)
仙谷大臣、学生時代の“窃盗”告白 薬局の「ケロちゃん」失敬(産経新聞)
菅副総理 来週にも年金改革協議会を開催(産経新聞)
空自千歳基地でF15の20ミリ訓練弾破裂(読売新聞)
新幹線 500系「のぞみ」最終走行 ファンが詰めかける(毎日新聞)
AD