2010-09-08

東京島

テーマ:日本映画【た行】
私は生きる。男たちはどうする。

無人島に漂着した、
23人の男と、ひとりの女。
ここは、地獄か楽園か…




あなたなら、どうする。




直木賞作家・桐野夏生の同名サバイバル小説の映画化。


夫婦二人で結婚20周年記念世界一周クルーズの途中で嵐に遭い、無人島に漂着した清子と隆。その後、16人の若者たちが漂着する。清子たちはその島を「東京島」と名付け共同生活を始める。清子の夫・隆が死亡し、清子を女王様崇める男たち。やがて、密航に失敗した中国人6人も漂着し、男22人、女ひとりの生活が始まるが・・・



衰弱していく夫とは対照的にサバイバル生活に順応するアラフォー女。エルメスよりも不要なのは夫だと確信するあたりはナイス選球眼だ。自分を”トキ”に例え多数の男をコントロールしようとするしたたかさは恐ろしくもあり、強くも感じる。
肉食系な中国男子と比べ、無人島脱出より安住を選択し、シブヤ、ブクロ、ジュクなどの集落やコミュニティを作る日本の若者は最近流行の草食系だ。生命を誕生させる女とただ種をまくだけの男との強さの対比はおもしろい。
しかし、皆小奇麗で空腹感もないサバイバル感の漂わない内容にはシラケてしまう。またラストの対比も意図はわかるが清子の執念が感じられない。バカな男たちを余所目に、図太く生き生還する女を描いてほしかった。


評価:★★


監督:篠崎誠
原作:桐野夏生「東京島」
出演:木村多江、窪塚洋介、福士誠治、柄本佑、木村了、染谷将太、山口龍人、南好洋、結城貴史、清水優、阿部亮平、テイ龍進、趙民和、鶴見辰吾・・・他
製作国:日本
配給:ギャガ

【東京島】
http://tokyo-jima.gaga.ne.jp/


評価・紹介No.:2010-169


東京島 (新潮文庫)/桐野 夏生
¥580
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

七海見理さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD





ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。