代々木上原の弁護士 マイルストーン総合法律事務所のブログ

刑事、入管問題、代々木上原ランチ、離婚、相続などなど


テーマ:
五月雨ですみません。一番関心のあるところを訳しました。前にアップしたのと重複しますが、ご容赦ください。


2014/7/24 規約人権委員会の日本政府に対する最終報告書(抜粋)

過去の最終報告書
5 委員会は政府の第4回及び第5回の報告審査後に出された勧告の多くが実行されていないことに懸念を表する。委員会は、過去の勧告と同様に、今回の委員会によってされた勧告を実効化すべきである。
国内裁判所での規約上の人権適用について
政府によって批准された条約は国内法上の効果があることについて言及してきたにもかかわらず、裁判所によって条約上保障された権利が裁判所によって適用されたのが限定的であることにつき、委員会は懸念を表する(規約2条)。

6 委員会は過去の勧告(CCPR/JPN/CO/5,第7項)を繰り返すとともに、条約の適用及び解釈が下級審を含む全てのレベルの法律家、裁判官、検察官の専門的研修として形づけることを確実に行うことを政府に要請する。政府はまた、条約で保障された権利を侵害された場合の効果的な救済手段を保障すべきである。政府は個人通報手続を提供する選択議定書の加盟を熟考すべきである。


(原文)
Previous concluding observations
5. The Committee is concerned that many of its recommendations made after the consideration of the State party’s fourth and fifth periodic report have not been implemented. The State party should give effect to the recommendations adopted by the Committee in the present as well as in its previous concluding observations. Applicability of the Covenant rights by national courts
6. While noting that treaties ratified by the State party have the effect of domestic laws, the Committee is concerned at the restricted number of cases in which the rights protected under the Covenant have been applied by courts (art. 2).
The Committee reiterates its previous recommendation (CCPR/C/JPN/CO/5, para. 7) and calls on the State party to ensure that the application and interpretation of the Covenant forms part of the professional training of lawyers, judges and prosecutors at all levels, including the lower instances. The State party should also ensure that effective remedies are available for violations of the rights protected under the Covenant. The State party should consider acceding to the Optional Protocol to the Covenant providing for an individual communication procedure.

難民申請者及び非正規滞在者の追放及び収容

19 委員会は、送還中に劣悪な取り扱いを受けたと報告されている事件について懸念を表明する、その結果として2010年には死亡事件も起きた。委員会はまた、入管法が改正されたにもかかわらず、ノン・ルフールマン原則が実務において効果的に実現されていないことについて懸念を表明する。委員会は今なお、理由を適切に告げられない行政手続きによる収容と、収容決定に対する独立した審査が存在しないことと同様に、庇護申請を認めない決定に対して、停止効のある独立した不服申立手続の欠如について懸念を有し続けている(規約2条、7条及び13条)。

 政府は、
(a) 政府は送還中に外国人が劣悪な取り扱いを強いられないことを保障するためあらゆる適切な方策を取るべきである。
(b) 国際的な保護を求めているあらゆる人々が決定及びルフールマンからの保護についての公正な手続へのアクセスを与えられること及び不認定決定に対する停止効を伴った独立した不服申立手続にアクセスできるように、確保すること
(c) 収容が最小の適切な期間のみ許され、また、それは行政手続きによる収容の現存する代替手段が十分に考慮され、、外国人が彼らの収容の合法性について決定をする裁判所の面前での手続への出頭が可能となる場合に限られることを確保する方策を採ること

(原文)
Expulsion and detention of asylum-seekers and undocumented immigrants

19. The Committee expresses concern about reported cases of ill-treatment during deportations, which resulted in the death of a person in 2010. The Committee is also concerned that, despite the amendment to the Immigration Control and Refugee Recognition Act, the principle of non-refoulement is not implemented effectively in practice. The Committee remains further concerned at the lack of an independent appeal mechanism with suspensive effect against negative decisions on asylum as well as at the prolonged periods of administrative detention without adequate giving of reasons and without independent review of the detention decision (arts. 2, 7, 9 and 13).
The State party should:
(a) Take all appropriate measures to guarantee that immigrants are not subject to ill-treatment during their deportation;
(b) Ensure that all persons applying for international protection are given access to fair procedures for determination and for protection against refoulement, and have access to an independent appeal mechanism with suspensive effect against negative decisions;
(c) Take measures to ensure that detention is resorted to for the shortest appropriate period and only if the existing alternatives to administrative detention have been duly considered and that immigrants are able to bring proceedings before a court that will decide on the lawfulness of their detention.

事務所のHPもよければ見てみて下さい。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

マイルさん(マイルストーン総合法律事務所のイメージキャラ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。