大阪にてセミナー

テーマ:
日曜日は大阪で7時間ぶっ続けセミナーがありました。
いつもの様に早朝の高速バスで出掛けたのですが、前日、中学時代の集まりの飲み会でたくさんお酒を呑んだ後、帰宅してそのままコタツで寝たため、気がつくと朝の5時過ぎ^^;
1時間で準備して、家を飛び出ました。
半ば二日酔いで受講スタートしたセミナーでしたが、いろんな気づきがありました‼

たくさんの響いた言葉の中で、「憧れ力はあなたの可能性」というのがありました。
もっともっといろんなコトを知って、憧れることで、なりたい自分になれるというお話です。
さあ、頑張ろうっと☆

写真は、お昼にいただいたお蕎麦。
久しぶりに食べたお蕎麦でした!
photo:01












iPhoneからの投稿

驚異のプレゼン

テーマ:
中学時代の同級生の今朝のFacebookでこの人の存在を知りました。
中学生とは思えない、プレゼン力。
たった1人の情熱がこんなにも拡がって、とてつもなく大きな価値のある
ムーブメントに繋がっていく。
日本の未来も捨てたもんじゃない、いやこのような若者が増えたら、
きっと今よりもっとステキな日本になると確信しました!







今治日帰り旅行

テーマ:
先週の日曜日、仕事が休みだったので、久しぶりに家族で小旅行に出かけました♪

タオル美術館。
娘が2歳位の時に行って以来、2回目。
photo:01


大きなオブジェの前で2人記念撮影。
photo:02


photo:03


photo:04


photo:05



ランチは、主人が食べログで見つけてくれた人気のレストランで。
photo:06


美味しかった~


天気にも恵まれた、楽しい一日でした‼




iPhoneからの投稿

忘れてはいけない・・・

テーマ:
私が尊敬する人の1人である、佐賀県武雄市の首長、樋渡さんのブログ
陸前高田市における東日本大震災追悼式での、遺族代表・小島幸久さんのお言葉・・・
抜粋させていただきます。


追悼のことば

もうあの日から二年の月日が流れ去りました。多くの犠牲者を生んだ「東日本大震災」という名のこんちくしょう。私はその日、家業である電気屋の仕事で、近くの新築工事現場で働いていました。その時、今まで体験したことのない、とてつもない揺れに靴もはかずに家の外に飛び出し、じっと揺れが収まるのを待ちました。

防災無線からは大津波警報が発令され、ただちに高台へ避難しなさいとの警告が、繰り返し、繰り返し鳴り響きました。工事現場が自宅のそばだった事もあり、私は走って自宅に戻り、家族の安全を確認し、あたりまえのように消防団活動へ向かいました。これが私と家族との最後の別れになるなんて、その時は考えもしませんでした。

二年前の明日、2011年3月11日、ほんの少し、まばたきをする間に、一年半前に新しく建てたばかりの自宅、仕事がら必要だった自動車達、そして愛すべき四人の家族。そのすべてが波と押し寄せた建物や車にのみ込まれました。

本日、この場にいる御遺族の皆様、それぞれ一人ひとりが、まったく違った境遇を背中に背負い、そしてそれぞれの想いを胸に追悼式に臨んでいることと思います。そのいろんな想いというものは、こんなちっぽけな私なんかにはとうてい想像もできません。

しかしながら、今回遺族代表という立場を仰せつかりましたので、私なりの言葉を、いまだ見つからない行方不明の方々や犠牲になり天に召されたその御霊たち、そして、残された私たち遺族に捧げます。
あなた達は生きたかったはずです。当時七歳のあなたは、やりたい事がいっぱい、いっぱいあったはずです。これからどんどん大きくなり、やがて恋をし、大好きな人と結ばれ、幸せな家庭を築いたはずです。

死というものは突然に訪れるものだなあと、痛感しました。だからこそ、今を生きている尊さを知ることができました。生きたかったあなた達を想うと、あなた達の分まで生き抜くという気持ちが心の底から湧いてきます。そしてあなたは、私の心の中にこれからもずっと生きています。

どうぞ私を見守っていてください。これからどんどん劇的に変わっていくでしょう、私たちの故郷陸前高田が一歩一歩前進する姿をいっしょに感じ取っていきましょう。最後に、震災後、私を支えてくれた多くの仲間たち、私の住む陸前高田を支えてくれた全国、世界中の仲間たちに感謝の気持ちを送ります。

東日本大震災で犠牲になられた皆様の御霊のやすらかなご冥福をお祈りします。

まだあの日からたった二年しかたっていません。未来はこれからだと思います。

平成二十五年三月十日
小 島 幸 久


人はいつ死を迎えるかは分かりません。
自分もそして愛する人も。

今幸せに生きることができていることに感謝し、東日本大震災のことを忘れてはいけないと強く感じました。







タラバガニ

テーマ:
昨日は、昨年クライアント様からのご依頼で開催した、婚活パーティーの打ち上げという名目で、関係者が集まる会にお招きいただきました!

幹事の会長さんが大家になる焼き鳥屋さんがお店だったのですが、会長さんが、大きなタラバガニを取り寄せしてくださっていました。
デカイです^^;
photo:01




会の中では、女性は私一人。
他は会社の幹部の方ばかりで、普段聞けないようなお話が飛び交ったり、為になるお話がたくさんあったりで、とても楽しく、有益な会でした!

会長さん、いつもありがとうございます‼
お仕事でお返しできるよう、がんばります☆










iPhoneからの投稿

表彰状⁈

テーマ:
朝起きたら、机に娘からのお手紙が‼
見ると、「表彰状」と書いてあります。

はて?と思って読むと、どうも表彰してくれている様子ではない。
どちらかといえば、ただし書のような感じ。

つまりは、夫婦仲良くしなさい!という、娘からの忠告でした^^;

しっかり者の娘さん、ありがとね♡
かしこまりました♪
photo:01











iPhoneからの投稿
昨日は2~3ヶ月に1回行なっている、中学時代の恩師と同級生の3人での飲み会でした。

恩師は現在、養護学校の先生。

先生が話してくださったことはあまりに衝撃的でした。

今、不登校の女子生徒(高校生)がいるそうですが、その両親は、娘が学校に行くことに大反対。

おまけに、お母さんはアル中、お父さんは奥さんや子供に無関心。子供は時に暴力や食事を与えられないことあるそう。

その子は幼少からきちんと歩けず、今も補助がないと歩けません。

学校も年間30日位しか通えていないので、勉強もままなっていない・・・

でも彼女は学校に行きたいという気持ちが強いので、私の恩師は何とかして彼女を登校させようと必死なのです。

両親に説得に行ったり、彼女を送り迎えしたりと懸命に動いているそうです。


そんな話を聞いて、自分が如何に幸せで、そのことに感謝できていないか、思い知らされました。

学校に行きたくても行けず、親からの愛情もろくに得ることができない・・・

早く彼女が堂々と登校できて、一刻もはやく両親から自立した生活を送ることができますように・・・。





$「よよと」の徒然なるままに

すっぽかしてしまった!!!

テーマ:
先週の土曜日から娘がインフルエンザにかかったので、昨日から学校を休んだため、私も仕事を休みました。
そんなこんなで、バタバタしていたというのもあったのですが、今朝は早朝からある団体のセミナーに行かせていただくことになっていたのに、まったく忘れて寝ていた私。

朝5:30に一緒に行くメンバーからの電話も「なんでこんな早朝に?!」とむしろ腹立たしく思って再び寝ようとする私。
2本目のもう一人からの電話でようやくコトの次第が分かりましたあせる

ひえっ~、でもどうしようもないので、理由を話て謝罪。
セミナーは欠席させていただくことになりなした。

いかんいかん。

今回はこれで通ったものの、普通は許されません・・・

気を引き締めて参ります・・・

「よよと」の徒然なるままに