スーパーで思うこと

テーマ:

以前から何となく感じていたのだが、


スーパーに行くと、夫婦で買い物に来ている人が多い。


特に、中年夫婦。


チャーミーグリーンのCM(古いでしょうか?)みたいに、仲睦ましく買い物をするのなら良いのですが、


気になる風景はこんな様子・・・


奥様が買い物をする後ろから退屈そうについて行く旦那様。


まるで金魚のふん。


レジで清算する場面でも向こう側に回って、奥様の斜め後ろにスタンバイ。



お二人がそれでよければいいのだが、何か不自然。


旦那様はスーパーに一緒について来る以外にやることはないのだろうか?


そんな旦那様を奥様は嫌じゃないのだろうか?



スーパーに買い物に行ってこんなことを思うのである。




AD

「はじめてのえいごえほん」

テーマ:

永岡書店の「どうよううたのえほん」 シリーズは娘の大のお気に入り音譜


ほとんどの歌をマスターしたので、今度は英語に挑戦!


姉妹本の「はじめての声がとびだす!えほん 」 を購入。


AからZまでの単語とあいさつ、ABCのうたが入っていて、ボタンを押すと流れてくる。 


今はいろんなボタンを押してみて、ヒアリングしているようだ。


自らが興味を持って学んで欲しい。


今後が楽しみだ。



「幸せのちから」

テーマ:
久しぶりに心にしみた映画だった。
幸せのちから コレクターズ・エディション/ウィル・スミス



内容が実話に基づいたもので、アメリカンドリーム的だったこと、


ウィルスミスが実の息子と共演しており、絶妙な親子関係がうまく演じられていたこと、


こんな理由から、最後は涙が溢れて止まらなかった。


夢を持ってあきらめずに自分を信じて努力することの大切さをあらためて感じた。


なんだか勇気と元気をもらった気がする。


原作も読んでみよう!



幸せのちから/クリス・ガードナー






久しぶりに本を一冊完読。

社長、女のセンスを生かせなくて会社が伸びますか/日野 佳恵子
¥1,365

女性経営者として尊敬する日野氏が著書。


今回はタイトルからキツめ。


内容は昨年聴いた日野社長の講演の内容も多くあった。


男性と女性の精神的な根本的相違を認めることから仕事をする・・・



多くの男性経営者にサラッとでも読んで欲しい。


私のボスにもさりげなく渡そうっと!

ダンナが救急車→入院→退院

テーマ:

今朝、いつもなら12時前後に帰宅するダンナが10時過ぎに帰宅した。


あれっ?と思ったら、


「朝、救急車で運ばれた」 と一言。


! ! ! 


話を聞くと、仕事中、急にお腹が痛くなって救急車を呼んだとのこと。


時間が朝5時だったので、うちには連絡せずにダンナの実家に連絡したらしい。


診断の結果、尿道結石。


点滴したら回復して、即退院。



今はTVを観てくつろいでいるが、話を聞いてびっくりした。


ひとまず、義母にお礼の電話を入れる。



何より大切なのは健康。


ダンナがこのまま元気で健康を維持できますように。

お菓子の卸会社

テーマ:


お菓子卸
今日はママ友に誘われて、お菓子の卸会社へいざ出陣。


お菓子が卸値で買えるという代物。


娘には毎日、お菓子はほとんど食べさせていないが、


興味本位と自分達大人用のを主に買おうとご一緒した。


行った先は、大きな倉庫のようなスペースに商品がアナログ的にずらり流れ星


駄菓子やらスナック菓子やらいろんなお菓子が並んでいで見るだけでも


楽しい音譜



娘にはアンパンマンのぺろぺろキャンディ1本だけ買って、



後は、大人用。


かりんとうなんて1袋50円と格安だった。



いつもママ友には有益な情報を教えてもらい感謝しております!


娘共々、楽しい一日であった。

きりたんぽ風鍋

テーマ:


なべ
娘が大好きなTV「それいけアンパンマン」のキャラクターの中に


“きりたんぽさん”というお姉さんが登場する。


先日これを見ていらい、“きりたんぽ”という言葉が頭から離れない。



ということで、昨晩は きりたんぽ風鍋にした。



作り方はとっても簡単。


・ きりたんぽ風は、あったかいご飯をすりつぶして、小判型に丸める。


・ 丸めたご飯を油で熱したフライパンで焦げ目がつくまで焼く。


あとは、煮立てただしに、もも肉を入れ、しょう油、塩で味付ける。


再度、煮立ったら、ごぼう・油揚げ・ねぎなどの野菜と小判型の焼いたご飯を鍋に入れる。



お味はとても不安だったが、ダンナ&娘は喜んで食べてくれた。


よかったよかったドキドキ

「マリー・アントワネット」

テーマ:

冬休みが終わり、やっとお子様向けの映画も少なくなった。


今日から観たかった映画、数本が上映スタート。



まずは、「マリー・アントワネット」を鑑賞。


主演のキルスティン・ダンストはあまり私好みの俳優ではないが、演技はうまく、


現代風マリー・アントワネットを熱演していた。



私としては、もう少し全体が歴史に準じた作品(「ジャンヌダルク」のような感じ)かと思ったが、


音楽もそうだけど、若い人に受け入れやすくしたのかポップな感じになっていたのが


少し残念だった。



しかしまあ、あのヴェルサイユ宮殿で実際に撮影が行われたというからすごい!


リアリティにあふれたシーンが数多くあった。



大学時代の卒業旅行で行った思い出がなつかしくもあった。



次は「不都合な真実」にしよう!



*************************************************************************


ジャンヌ ダルク