「頭医者のつぶやき」

 「慢性頭痛」は私達の日常生活を送る際の問題点に対する”危険信号”です。
 こうした「慢性頭痛」は、どのようにして引き起こされるのでしょうか。
 頭痛改善は、「姿勢」と「食生活」の改善がすべてであり、「健康と美容」のための第一歩です。

NEW !
テーマ:

 最近では、国会では共謀罪法案が成立しましたが、これが以前の治安維持法と同等のものではないかと物議を呼んでいます。さらに、森友学園・加計学園の問題では、安倍首相との関与の有無で論議されていますが、その真相はいまだ明確にされず、すべて与党である自民党の思惑通りに事が運んでおり、ついに都議会選挙に突入しました。
 このように、時間稼ぎをされることにより、時の経過とともに真相・真実は闇に葬られようとしています。


はじめに


 前回は、専門家の間では、片頭痛は病気であり、それも脳の病気とされていることを述べました。今回は、前回述べたことを補足するためのものです。
 まず、簡単に要約しておきます。このように「片頭痛は病気であり、それも脳の病気」とされている理由は要約すれば・・・


 最近、片頭痛を起こす脳のメカニズムが明らかになり、からだの痛みをコントロールしているセロトニン、サブスタンスPなどの脳内物質に異常が起こっており、片頭痛が脳の様々な変化で起こることがわかった結果、片頭痛のメカニズムに有効な治療薬も開発されたとされます。
 片頭痛は脳の一部で細胞の活動が高まり、頭痛発作の震源地となります。そのからの脳の興奮が周囲に拡がり、脳の機能に様々な影響を及ぼし、脳の血管が拡張して激しい痛みを生じたり、吐き気とともに光・音過敏状態にもなります。
  片頭痛のときに起こる脳の変化は、PET、MRI(BOLD法)といった脳の新しい方法で、脳の病気が画像として確認されました。片頭痛発作中にはかなり激しい脳の変化がおこりますが、発作が治まると脳も完全に正常な状態に戻ることもわりました。すなわち、片頭痛は発作性に頭痛が起こるたびに脳に病気が起こる。ただ、頭痛のないときには脳は全く正常で、本人もケロッとしているというわけです。
 片頭痛の治療は、発作のメカニズムを治療することが可能になりました。セロトニンのレセプターを活性化するトリプタン系の薬剤が使われます。
  片頭痛のメカニズムは、トリプタン製剤の作用機序の面から説明され、基本的に、片頭痛発作時には、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質が減少あるいは機能が低下しており、片頭痛発作の時に、脳内セロトニン様作用をもつトリプタンを投与することによって、機能低下状態に陥っているセロトニンをバックアップしています。


 このように、片頭痛の病態(メカニズム)は各種のトリプタン製剤の作用機序の面から研究され、説明されてきました。


 その結果、肝心要の”中枢神経系でセロトニンが減少する”理由についてはまだ謎とされます。
  片頭痛の患者さんは,そうでない方と違って特別に興奮しやすい状態があるのではないかとされ、このような「脳過敏」を起こす原因もこれまた、不明とされます。
  そして、前兆に関連して、「大脳皮質拡延性抑制」が提唱されていますが、この「大脳皮質拡延性抑制」を起こす原因が分かっていないとされます。
  その前兆のかなり前に予兆と呼ばれる症状があります。あくびが出るとか,異常にお腹がすくとか,イライラするとか,眠くなるなどの症状があってから前兆が起こり,さらに激しい発作が起こること,発作が鎮まった後も気分の変調があったり,尿量が増加したりするなど全身の症状を伴うことが分かりました。そうなると,片頭痛は脳の血管,あるいは脳だけの局所的な疾患ではないのではないかという疑問が持たれています。
  このような観点から病態を説明する最大の問題点は、片頭痛が慢性化する理由が、一切、見当がつかないとされていることです。

 
 このように片頭痛の病態をトリプタン製剤の作用機序の面から説明してきたことによって、以上のような諸々の疑問点が生まれてきているところから、最近では、脳のなかに異常のない頭痛と”定義”される片頭痛が、”片頭痛発生器”というものを脳幹部付近に想定することによって、”中枢性疾患”という脳のなかに異常のある頭痛とまで、”基本的な定義”さえ覆されています。


 このようにして、専門家の間では、片頭痛は、”中枢性疾患”という脳のなかに異常のある頭痛であるとまで、考え方が改められています。

 これまで、片頭痛は、本来なら「脳のなかに異常のない頭痛であるとされていたものが、このように「脳の病気」であると明らかにされたと宣われ、専門家は、これを頭痛学の進歩であると自画自賛され、これがいつの間にか、あたかも”真実”であるかのごとく一般の私達に述べられています。
 さらに、群発頭痛の発作時には、視床下部が異常に活性化する事がPET、MRIなどの新しい測定法で発見されたことから、頭痛持ちの頭痛といわれるもののなかに「頭痛そのものが脳の病気」であることがわかってきたとされています。


 このように本来、脳のなかに異常のないものと定義されたものでありながら、「頭痛そのものが脳の病気」といった奇妙奇天烈な表現・解釈をされ、どうして、このような病像が、PET、MRIで捉えられるのかという原因に対する考察がまったく欠如していることに気がつかれることはありません。


        閃輝暗点と脳内病変?
         
https://ameblo.jp/yoyamono/entry-12192902125.html


        「慢性頭痛の基礎」15.閃輝暗点
          
https://ameblo.jp/yoyamono/entry-12187188162.html

 


 この根本的な原因は、頭痛治療の世界にトリプタン製剤が導入されて以来、全世界の頭痛研究者は、トリプタン製薬メーカーおよびトリプタン御用学者の作成された「国際頭痛分類 第3版β版」を頭痛研究の”絶対的な基準(教義・教典)”とされたことにあります。


 国際頭痛学会は、「国際頭痛分類」を作成して、慢性頭痛、とくに片頭痛の診断基準を作成し、片頭痛を厳格に定義することにより、片頭痛を見逃さないようにして、片頭痛を正確に診断して、トリプタン製剤を処方させるようにしました。
 これが、国際頭痛学会が作成した「国際頭痛分類」です。
 このため、”片頭痛と明確に定義された”「国際頭痛分類 第3版β版」の基準に合致しないものが緊張型頭痛とされ、いわば緊張型頭痛は”ゴミダメ”的な性格の強い頭痛とされ、専門家の間では、極めて”取るに足らない頭痛”とされています。
 「国際頭痛分類」が作成されてからは、片頭痛と緊張型頭痛は厳格に区別されるとの考え方が徹底して啓蒙されることになりました。
 

 それは、医師に対しては、片頭痛にトリプタン製剤を処方させるためであり、一般の方々には、片頭痛にはトリプタン製剤という”特効薬”があることを知ってもらうためです。
 

 このようにして、緊張型頭痛と片頭痛はまったく別の範疇の頭痛とされてしまいました。

 
 このように、片頭痛と緊張型頭痛はまったく別の範疇の頭痛であるといった”教義”が専門家の間で作られることになり、専門家は、片頭痛と緊張型頭痛それぞれの特徴的な症状を対比して挙げ、製薬メーカーはこれを基にしてパンフレットを作成し、広く一般の方々および医師に配布され、啓蒙されてきました。
 現在でも、このような考え方は、ネット上に当然のように広く流布しています。


 頭痛専門医には”独特な頭痛の問診方法があります。”


 臨床神経学は、”問診に始まり問診に終わる”というのが基本原則です。とくに、神経症候の「発症様式」は極めて重要とされ、オンセットが”いつなのか”を明確にさせ、その後、現在に至るまでの経過が最も重要視されています。
  サドン・オンセットなのか、緩徐な緩やかな発症なのか、いつとはなしに発症したものなのかということです。さらに発作性に周期的に出没するのかということです。これにより病因を推定する根拠とされるからに他ならないからです。
  そして、生活習慣、生活環境を確認することが最低限度要求されます。
 

 ところが、頭痛専門医には驚くような”独特な頭痛の問診方法があります。”
 簡単に表現すれば、現在、一番困っている頭痛について要領よく聞き出し、ここから推測される頭痛の種類を「国際頭痛分類 第3版β版」に準拠して、可能性のあるものをすべて挙げることです。そして、最も可能性のある・困った頭痛に対して、「慢性頭痛診療ガイドライン」に従って、適切とされる薬剤を処方するということを原則とされます。
 このため、専門家は、こうした「国際頭痛分類 第3版β版」を巧妙に組み込んだ形の・問診表、問診方法を叩き込まれ、独特な診察スタイルを構築されます。
 これまでの神経学の問診方法とは、まったく異なることに驚かされます。
 ということは、慢性頭痛の大半は片頭痛であり、片頭痛を見落としなく拾い上げ、トリプタン製剤を間違いなく処方するということです。


 専門家の行う「頭痛外来」では、多忙を極めるため診療効率を上げるため大半の施設では「問診表」が利用されています。この問診表では、受診時の”最も困っている頭痛”に関する質問が中心となり、「国際頭痛分類 第3版β版」の診断基準に基づいて片頭痛の診断を下すため、過去の”些細な極く軽度”の緊張型頭痛は無視されることになります。
 こういった理由から、多忙を極める頭痛外来を担当される先生方は、緊張型頭痛と片頭痛は別物であるといった錯覚を”日常的に植え付けられる”ことになっています。
 

 しかし、世間一般で頭痛の”名医”とされる先生方は、問診表を使わずに、時間をかけて腰を据えて、過去の極く些細な緊張型頭痛を含めて聴取され、これが「現在の受診のきっかけとなった頭痛」に至るまでの間の「生活習慣・環境の変化」を詳細に把握されます。
  緊張型頭痛に、生活習慣・環境の変化によって片頭痛へと進展していくものと考えておられ、緊張型頭痛も片頭痛も一連のものと考えておられる先生が多いようです。
 このように、専門家の間でも、考え方が2分されていることを忘れてはなりません。
 トリプタン御用学者だけが、まったく別の頭痛と考えているだけです。


 子供の片頭痛とは
 

 年少児の片頭痛は両側性(前頭側頭部)である場合が多く、成人にみられる片側性の頭痛パターンは思春期の終わりか成人期の初めに現れるのが通例です。このように、子供さんの片頭痛は、大人の片頭痛と異なり、緊張型頭痛のようなパターンを示すことが多く、そして痛む時間も4時間以下であることがほとんどです。
  大人の片頭痛発症の当初は”緊張型頭痛”のような状態から、ある一定期間を経過して片頭痛を発症してきます。このことはこれまでも度々記事にしてきました。

 
 こうした点は、子供の慢性頭痛の発症様式は、大人の片頭痛の発症様式を典型的に示しているといえます。子供の片頭痛は、大人の場合の緊張型頭痛と片頭痛の中間に位置するような「頭痛のタイプ」と考えるべきです。
  「子供の慢性頭痛では複数の頭痛が同時に存在することがある」とされているのは,このことを意味していると考えるべきです。


   子供と慢性頭痛
        
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12282125961.html


 ここに、緊張型頭痛と片頭痛が一連の連続したものであるという論説も掲載していますので、是非、参考にして下さい。
   
   
 さらに、次のような興味あるデータがあります。


片頭痛の”緊張型頭痛”はsmall migraine


       片頭痛
     big (true ) migraine
       連続体
緊張型頭痛                                  
緊張型頭痛
small migraine        
             (脳内セロトニンの低下)

                                                 
 ということは、片頭痛での緊張型頭痛はsmall migraine で、本格的な片頭痛はbig(true ) migraine で、これが連続しているということです。
 緊張型頭痛はこれとは別に、独立して、存在するということです。
 この差異は、「片頭痛素因」の有無で決まるとされています。


・片頭痛患者は片頭痛、片頭痛様、緊張型頭痛を経験します。
・各頭痛に対するスマトリプタンの効果を二重盲検法で検討しました。
・249 患者/ 1576 回の中等度~高度頭痛について分析しました。
・投与後4時間目に、すべてのタイプの頭痛においてトリプタンはプラセボに勝りました。


  ・片頭痛66 % : 48 % P < .001
  ・片頭痛様71 % : 39 % P< .01
  ・緊張型頭痛78 % : 50 % P < .001
   (早期服用のために有効率が高い?)


 片頭痛患者さんは片頭痛、片頭痛様、緊張型頭痛を経験します。各頭痛に対するスマトリプタンの効果を249 患者に対して1,576 回の中~高度頭痛について分析した結果、投与後4時間目に、すべてのタイプの頭痛においてトリプタンはプラセボに勝りました。つまり、片頭痛の前の緊張型頭痛(仮面片頭痛)にもトリプタンが有効ということになります。 症候的には緊張型頭痛でも、本態的には片頭痛small migraine ということです。


 このような結果からは、起こり始めの緊張型頭痛の段階でもトリプタン製剤が有効ということのようです。
 このことは、本来、「緊張型頭痛も片頭痛も一連のものである」ということを明らかにしているものと思われます。


 Lipton RB et al. Sumatriptan for the Range of Headaches in Migraine Sufferers: Results of the Spectrum Study. Headache 2000;40(10):783-791
 Spierings ELH: Migraine, Big and Small. Headache 2001;41:918-9

 

群発頭痛の場合


 また、群発頭痛の場合、最初は片頭痛のようなパターンをとりながら、ある時期から群発頭痛へ移行したり、片頭痛と群発頭痛との間を行ったり来たりする場合も経験します。片頭痛と群発頭痛の中間の位置にあるひともいます。
  群発頭痛は「体内時計」の乱れによって起きてくることが従来から指摘されています。体内時計は、ミトコンドリアセロトニンによって制御されています。
 
 運動をすることや飲酒、入浴などによって急に血行が良くなる場合や、早朝の自律神経の切り換えにともなう血流の変化やホルモンの分泌量の変化にともなう僅かな血流の変化も片頭痛持ちの人では活性酸素の発生の要因となってしまいます。
  私達は睡眠中はおよそ2時間おきに、深い眠りと浅い眠りを繰り返しています。じつは浅い眠りのときには脳が活発に活動するため、血流が増加します。血流が増加することによって、活性酸素が産生され、これが刺激となって、頭痛を引き起こしてきます。片頭痛で明け方に発作を起こしたり、睡眠時頭痛を引き起こす一因になったり、群発頭痛が夜中に起きるのはこのためです。
  このように、片頭痛と群発頭痛を引き起こす要因は共通しています。


          「目覚まし時計頭痛」って何??? 群発頭痛との関係
       
https://ameblo.jp/yoyamono/entry-12047908855.html


「その他の一次性頭痛」では・・


  「その他の一次性頭痛」は、国際頭痛分類第3版では以下のように分類されています。
 

    4.1 一次性咳嗽性頭痛
    4.2 一次性運動時頭痛
    4.3 性行為に伴う一次性頭痛
    4.4 一次性雷鳴頭痛
    4.5 寒冷刺激による頭痛
     4.5.1 外的寒冷刺激による頭痛
     4.5.2 冷たいものの摂取または冷気吸息による頭痛
    4.6 頭蓋外からの圧力による頭痛
     4.6.1 頭蓋外からの圧迫による頭痛
     4.6.2 頭蓋外からの牽引による頭痛
    4.7 一次性穿刺様頭痛
    4.8 貨幣状頭痛
    4.9 睡眠時頭痛
    4.10 新規発症持続性連日性頭痛(NDPH)

  

  「その他の一次性頭痛」についての詳細は以下をご覧下さい。
 
      
   「その他の一次性頭痛」
       
http://taku1902.jp/sub347.pdf

 

 これらを要約すれば、以下のようになります。


   一次性咳嗽性頭痛は、頭蓋内痛覚受容器の感受性亢進とセロトニン神経伝達系の不安定の存在が想定されています。
    一次性運動時頭痛では、ミトコンドリアの働きの善し悪し如何によって、同じ運動を行っても、ひとによっては”過剰な・激しい運動”になり、活性酸素が過剰に産生されることになり、片頭痛発作の引き金になりうる場合があるということです。
  自分の「ミトコンドリアの働き」に見合った”運動”であれば、活性酸素も過剰に産生されることもなく「一次性運動時頭痛」を引き起こすこともないということです。
  性行為に伴う一次性頭痛も、一次性運動性頭痛と同様に考えるべきです。
  性行為に伴う一次性頭痛の場合は、これに、「脳内セロトニン」のグルーミング、オキシトシンという神経伝達物質の関与が推測されます。
   CTやMRIといった画像診断の無かった時代に生きた人間にとっては、「一次性雷鳴頭痛」という概念はなく、あくまでも「クモ膜下出血」と考え、髄液検査により”血性髄液”を確認した上で、脳血管撮影を4本の脳血管に対して繰り返し、脳動脈瘤の発見に悪戦苦闘し、どうしても動脈瘤を確認できなければ、現在のようにこのような「一次性雷鳴頭痛」とされる症例は”出血源不明のクモ膜下出血”として、厳重な管理下において、ハラハラ・ドキドキしながら2週間入院させた上で、経過観察していた時代が思い出されます。
  ということから、こうした患者さんは一般内科開業医が診るべきものではなく、脳神経外科医に委ねるのが原則と考えております。
   かき氷・アイスクリーム頭痛は、片頭痛のない人の場合と片頭痛のある人の場合とは、謂わば連続しているものと考えるべきと思われます。分かりやすくいえば、頭痛の持続時間で(アイスクリーム頭痛では10分以内に治まる)便宜的に分けているだけのことであり、長時間に渡れば片頭痛と診断しているに過ぎません。頭痛の起こり方を考える場合には本質的でないということを意味しています。国際頭痛分類というのは、このように便宜的に無理矢理分類していることから、本質的なことを見ていないということです。
  「ポニーテール頭痛」は従来、頭痛専門医の間では、ポニーテイルにすることによって頭皮に絶えず刺激が加わることによって、三叉神経を介して三叉神経核に絶えず刺激が送られることによって、これが片頭痛の誘発因子になると主張される方々もおられるようです。
  「一次性穿刺様頭痛」では、従来”三叉神経第一枝領域”とされていましたが、今回の改定で診断基準から疼痛の部位の記載がなくなったことから、大後頭神経痛も含めても問題はないようです。
  私も、以前この「一次性穿刺様頭痛」を経験したことがありますが、私の場合の原因はパソコンのやり過ぎでした。
  私は、居間で座りながらパソコンを操作していますが、操作する場合にアームレストがないので、自分では気が付かなかったのですが、腕全体を少し上げるようにしてキーボードを打っていたのでした。これが、首に負担を掛け神経を痛めていたんです。
   このように、「体の歪み(ストレートネック)」との関連から考えるべきのようです。
  貨幣状頭痛の病態は現段階ではまったく不明で、まさに”不思議で・神秘的な頭痛ですが、緊張型頭痛や片頭痛と同時に存在するものがあることから、慢性頭痛全体に共通する病態が存在するのではないかと思っております。
  「睡眠時頭痛」では、市販の鎮痛薬を頻回に服用することによって、これが”化学的ストレス”となって「脳内セロトニン分泌」を低下させ、これが薬剤乱用頭痛に繋がったものと思われます。市販の鎮痛薬を頻回に服用することによって、ミトコンドリアの働きを悪くさせ、これが「セロトニン神経系」の機能まで悪くさせ、”残業や徹夜も多く、不規則な生活を送ること”から、セロトニン神経系の働きを減弱させ、益々、「脳内セロトニン低下」を来したと考えるべきです。
  このため、睡眠中の”中途覚醒、頭痛”(「睡眠時頭痛」)を引き起こすに至ったと考えるべきです。
  「新規発症持統性連日性頭痛」は、ホメオスターシスの三角が崩壊することに加えて、「ミトコンドリアの活性化」「セロトニン神経系の活性化」「体の歪み(ストレートネック)の是正」といった慢性頭痛の根底に存在する病態が想定されます。
  「その他の一次性頭痛」の中には、インドメタシンで改善する頭痛が知られています。
  「絶対的に有効な頭痛」として、「発作性片側頭痛」「持続性片側頭痛」があります。
  「絶対的ではないが有効とされる頭痛」として、一次性穿刺様頭痛・一次性咳嗽性頭痛・一次性運動時頭痛・性行為に伴う一次性頭痛・睡眠時頭痛・貨幣状頭痛があります。
  これらの根底には、必須脂肪酸の摂取バランスの問題が想定されます。
 

 このように、「その他の一次性頭痛」の病態も、ミトコンドリアおよび脳内セロトニンの関与の観点から考えるべきものです。

 

 

 現在、慢性頭痛は、「国際頭痛分類 第3版β版」では緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛、その他の一次性頭痛の4つに大きく分類され、このような慢性頭痛が発症した段階から、初めから、あたかも「国際頭痛分類 第3版β版」で分類されるような”4つのタイプ”で症状を呈して発現するかのように考えています。このように、これら4つのグループは別の範疇の頭痛とされています。
  しかし、こうした慢性頭痛の方々を発症当初から、詳細に経過を観察してみますと、発症当初は、日常的に感じる極く軽度の頭痛から始まり、これに対して市販の鎮痛薬を服用したり、生活習慣の問題点がいろいろ加わることによって、「国際頭痛分類 第3版β版」で示されるような4つのタイプに変化していっています。
  このような事実は、こうした慢性頭痛の方々を発症当初から、詳細に経過を観察することにより、また個々の患者さんの頭痛の経過を丹念に病歴の上で聴取すれば明らかなことです。


 ”総論”なき現代の「臨床頭痛学」


 従来の「臨床頭痛学」では、慢性頭痛とは何か、といったことが全く論じられることはありませんでした。このような、海図・羅針盤にも等しい概念もなく、頭痛研究が行われてきたために、広大な荒海をただ彷徨うだけのことでしかなく、いつまでも研究の方向性すら掴むことができませんでした。
  ここでいう「慢性頭痛」とは、脳のなかに異常のない頭痛のことです。
  現在の「国際頭痛分類 第3版β版」で慢性頭痛(一次性頭痛)として分類される頭痛には、緊張型頭痛、片頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛(ここに群発頭痛が含まれます)、その他の一次性頭痛があります。
  頭痛研究を行う場面では、これまで専門家は、このように4つに大別された頭痛群をさらに、個々の頭痛を別個に独立させて研究すべきとされてきました。
  そして、片頭痛だけは特別扱い(神格化)され、緊張型頭痛をはじめとした他の慢性頭痛とはまったく切り離して・別個のものと考えてきました。
   トリプタン製剤が片頭痛治療の世界に導入されて以来、頭痛研究は、専ら片頭痛中心に行われ、それも各種のトリプタン製剤の作用機序の面から研究され、片頭痛の病態(メカニズム)もこの観点から説明されてきました。


          ”総論”なき現代の「臨床頭痛学」
            
https://ameblo.jp/yoyamono/entry-12244862301.html


 従来の臨床頭痛学では、慢性頭痛とは何か、といったことが全く論じられることはありません。このような、海図・羅針盤にも等しい概念もなく、頭痛研究が行われてきたために、広大な荒海をただ彷徨うだけのことでしかなく、いつまでも研究の方向性すら掴むことができなかったということです。


 このことは、伊藤内科医院のブログ(伊藤欣朗先生開設)で、日本の医師について、以下のように評価されていることを片時も忘れるべきではありません。


 医者はCPUのついてないコンピューター? 巨大なハードディスクはついてるけど・・

 

 医者は「論文を読んでいるのかもしれないが、本を読んでいない。本を読んでないので、一般人より医学知識が遅れている。学校時代から、暗記は限りなくできるが、考えることをしていない。結果的に、患者を見ず、権威、教授やガイドラインやマニュアル、に従うだけの医療になってしまいます。
 日本の医学会が、欧米医学の受け売りで、いかに頭を使っていなかったか、ばれてしまいます。

 
 ミクロの世界を分析する事に重点が置かれ、重箱の隅をほじくるごとくのような枝葉末節(中心から外れた事柄)のことを追求する傾向が大きいために、患者の病気の部分しか診ない医師、その部分を薬で治せばいいと考える医師、患者の全体像を掌握できない医師 こういった「木を見て森を見ない」医師が少なくなく、今の医学研究に見られる傾向があります。
  結果、体全体をマクロで捉えられない医師が非常に増えてきていますし、これからもこのような傾向が続くと思れます。


 このことは、まさに現在の頭痛研究者を言い当てたものと考えられます。
 この点を念頭に置いて、現在の頭痛診療および研究を直視すべきです。


 このため、欧米のトリプタン御用学者の文献的エビデンスにただひたすら盲従するしかできなかったということです。それを如実に示すものはHMSJです。


Headache Master School Japan(HMSJ)とは 


 2013年3月には、国際頭痛学会主催でHeadache Master School 2013 in Asia が東京で行われ、世界のトップエキスパート14名(Burstein, Charles, Diener, Dodick, Ferrari, Goadsby, Gobel, Guidetti, MacGregor, Purdy, Schoenen, Schoonman, Rapoport, Zagami)が来日し、頭痛医学の最新の進歩を参加者一人一人に伝授されました。
 学会を主導される方々が、この世界のトップエキスパートとされる先生方は、いずれも”トリプタン御用学者”と称される先生方です。
 学会を主導される方々は、これが日本の頭痛診療・教育のあるべき姿を示すものと盲信され、平成25年、学会独自のHeadache Master School Japan(HMSJ)が「日本の頭痛教育プログラム」の中心として継承されることになりました。
 そして一昨年はHeadache Master School Japan(HMSJ)2015です。昨年7月26日には、東京で開催されました。
 このように、毎年、Headache Master School Japan(HMSJ)が開催されています。平成28年は盛岡と大阪で2回にわたって行われました。
 このように欧米の学者の考え方・研究業績を最優先する考え方は、Headache Master School 2013 in Asia から、Headache Master School Japan(HMSJ)へと引き継がれています。
 以後、Headache Master School Japan(HMSJ)は、毎年、学会が主催して行われ、「国際頭痛分類 第3版β版」が徹底して教え込まれ、これが頭痛診療および頭痛研究の”絶対的な基準”とされています。


 しかし、これまでの先達の研究業績を綿密に検討し、構築しさえすれば、既に片頭痛の本態は解明されているはずでありながら、このように”自分の頭を使わなかった”ために、結論に至ることはなかったに過ぎません。


 こういったことから、慢性頭痛すべて、脳のなかに異常のない頭痛は東洋医学でいう未病の観点から、さらに西洋医学的観点からすれば「ホメオスターシス(自然治癒力)」の立場から考えればよいというだけのことです。


 すなわち、脳のなかに異常のない慢性頭痛(一次性頭痛)は、東洋医学でいう”未病”の段階にあり、すなわち健康と病気の中間に位置しており、この”未病”は本来、生活習慣の問題点から引き起こされ、ここから病気へと進展するものです。
 このような意味合いから、”未病”の段階にある、慢性頭痛とは「健康的な生活」を送ることを阻害する”生活習慣”に根本的な原因があります。


      片頭痛とミトコンドリア その17 慢性頭痛とは・・
      
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285901721.html

 

   片頭痛とミトコンドリア その18 片頭痛とは・・
      
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285904653.html
 
      「慢性頭痛」の本態解明への”みちすじ”
       
https://ameblo.jp/yoyamono/entry-12267666284.html

 


 このような観点から慢性頭痛を考えていく必要があります。
 「健康的な生活」を送るためには、ミトコンドリアが重要な鍵を握っています。

 
   少なくとも、「国際頭痛分類 第3版β版」を頭痛研究の絶対的な教義・教典としてはならないということです。あくまでも、”診断基準”として活用するのが原則であり、この基準そのものを否定するものではありません。
 
 
 この「国際頭痛分類 第3版β版」について、国際頭痛学会理事長のDr. Alan Rapoportは、「頭痛について世界共通の言語で会話する」ために、以下のように述べています。


 日本であるタイプの頭痛の研究がなされ、米国でも同様の研究を行う場合、全く同じ症状の患者を対象に研究が行われることが理想です。共通の診断基準を用いていれば、それも可能でしょう。また、同じ基準の下で診断がなされていれば、病名を知るだけで、その患者がどのような状況にあるか理解することができます。いずれにしても私が今、強く願っているのは、より多くの日本の医師に、「国際頭痛分類 第3版β版」を使用して頂きたいということです。


 しかし、片頭痛は、これまで述べましたように、極めて多くの要因から発症してきます。ところが、専門家は、「国際頭痛分類第3版 β版」を基にして、あくまでも症状の上から片頭痛と診断された”片頭痛群”という集合体を一括して臨床研究されてきました。このような多面的・流動的な面を持つ片頭痛を一括してコーホート研究という疫学的手法で解析されていることから、科学的根拠の得られる成績は極めて少ないことになります。こうしたことから、片頭痛本態の研究は”迷宮入り”となってしまいます。


 具体的には、日本と米国では、片頭痛患者の生活習慣および生活環境はまったく異なっているはずであり、こうした”症状”だけが「一致」したからといって、片頭痛を引き起こす要因はまったく異なっていることを考慮しなくてはなりません。
 このような嘘をついてまで、「国際頭痛分類 第3版β版」の普及に躍起になっていることを忘れてはなりません。このように、”嘘”の根源は、「国際頭痛分類 第3版β版」そのものにあることを私達は忘れてはならないことです。


 専門家は、「国際頭痛分類第3版」は世界で最も権威ある国際頭痛学会が作成されたと言って、これまで無知の私達を信じ込ませて参りましたが、その作成された経緯を考える限りは、トリプタン製薬メーカーおよびトリプタン御用学者が作成したものです。
 これを「臨床頭痛学」では絶対的な教義・教典としているということです。
 このように専門家は、私達に嘘をついてきたということです。
 このことにより、片頭痛は何時までも原因不明の不思議で・神秘的な頭痛とされたままになり、一生、お付き合いし、片頭痛が起きれば、高価なトリプタン製剤を服用しながら我慢しましょう、ということです。
  その結果、現実にどのような状況に至っているのかを虚心坦懐に反省しなくてはなりません。


  トリプタン製剤による「薬剤乱用頭痛」がなぜ増加したのでしょうか
     
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12264045857.html

 
   片頭痛中心の頭痛医療・・混迷を深める頭痛医療       
    
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12263430814.html


  なぜ、頭痛研究は進展しないのでしょうか
    
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12264310387.html


 以上のように、「慢性頭痛とは一体何なのか」という基本的な命題を明確にしない限りは、頭痛研究は進展しないということです。
 

  片頭痛のときに起こる脳の変化を、PET、MRI(BOLD法)といった脳の新しい方法で、「脳の病気」が画像として確認されたといったような枝葉末節の現象をいつまでも針小棒大に考える発想そのものを改めない限りは、頭痛研究の進歩はあり得ないということです。

 このことは、共謀罪法案が、今後、治安維持法のような使われ方をする方向性にも共通していることであり、救われないのは慢性頭痛患者さんであり、少なくとも、トリプタン製薬メーカーおよびトリプタン御用学者が作成した「国際頭痛分類 第3版β版」を頭痛研究の絶対的な教義・教典としないことです。さもなければ、いつまでも、トリプタン製薬メーカーおよびトリプタン御用学者の思う壺になってしまうということに他なりません。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:

 通常の脳の検査では異常がない


 片頭痛などで頭痛の辛さに悩んでいる人が病院を受診しても、脳のMRIやCT検査で異常が見られないと「原因不明」あるいは「心配のない頭痛」として片付けられてしまうことが未だにあります。脳の検査で異常がないと、脳に異常がないとされるだけでなく、精神的なものと考えられやすく、実際に精神科や心療内科を受診して、パニック障害、うつ病、適応障害などの診断を受け、その治療を受けることもあります。片頭痛の診断と治療にたどり着くのに遠回りする人が少なくないのが現状です


片頭痛の原因が解明されてきた


 片頭痛を起こす脳のメカニズムが明らかになったのは最近です。からだの痛みをコントロールしているセロトニン、サブスタンスPなどの脳内物質に異常が起こっていることもわかってきました。片頭痛が脳の様々な変化で起こることがわかった結果、片頭痛のメカニズムに有効な治療薬も開発され、片頭痛人生が変わった人も増えています。
 片頭痛は脳の一部で細胞の活動が高まり、頭痛発作の震源地となります。そのからの脳の興奮が周囲に拡がり、脳の機能に様々な影響を及ぼし、脳の血管が拡張して激しい痛みを生じたり、吐き気とともに光・音過敏状態にもなります。


片頭痛脳の検査の進歩


 片頭痛のときに起こる脳の変化は、PET、MRI(BOLD法)といった脳の新しい方法で、脳の病気が画像として確認されました。片頭痛発作中にはかなり激しい脳の変化がおこりますが、発作が治まると脳も完全に正常な状態に戻ることもわりました。すなわち、片頭痛は発作性に頭痛が起こるたびに脳に病気が起こる。ただ、頭痛のないときには脳は全く正常で、本人もケロッとしているというわけです。


片頭痛の治療


 片頭痛の治療は、発作のメカニズムを治療することが可能になりました。セロトニンのレセプターを活性化するトリプタン系の薬剤が使われます。病気としての片頭痛のメカニズムが徐々に解明され、また病気の火元を治療することが可能となってきたのです。


片頭痛のメカニズム・・トリプタン製剤はなぜ効くのか


 トリプタン製剤が片頭痛に効果があるのは、頭痛が起きる仕組みの根幹部分に作用しているためです。片頭痛にはセロトニンという物質が大きくかかわっています。セロトニンは神経伝達物質のひとつで、感情のバランスを安定させる役割を持ち、血管を収縮させます。”ストレスなど何らかの理由”でセロトニンが分泌され、収縮した血管は、役割を果たして減少するにつれて今度は拡張します。
 血管が拡張することによって血管に絡みついた三叉神経が刺激され、頭痛が起きる、というのが一つ。
 さらに、三叉神経が刺激されると、サブスタンスPやCGRPなど炎症を起こす物質が分泌され、血管を刺激して痛みが出てくる、というのが一つ。
 この二つが片頭痛が起きるメカニズムです。
 このように血管の収縮と拡張に大きく影響しているセロトニンですが、トリプタンという薬は、セロトニンと同じような作用を持っています。そのためセロトニンの代わりに血管を収縮させ、拡張によって三叉神経が刺激されるのを防ぎます。
 さらにセロトニンは三叉神経に取りついて、痛み物質のサブスタンスPなどが分泌されるのを抑制する役割がありますが、ここでもセロトニンの代わりにトリプタンが三叉神経に取りつき、サブスタンスPなどの分泌を抑制して痛みが出るのを防ぎます。
 このようにトリプタンは脳の中でセロトニンとして働き、血管を収縮させ、サブスタンスPなどの分泌を抑制する、という2つの役割を果たすことにより、片頭痛の起きる原因そのものを排除します。つまりトリプタンは、片頭痛という病気のより本質に近いところに作用して痛みを取るため、効果が高いというわけです。


 片頭痛発作時には、「脳内セロトニン」が不足した状態にあります。トリプタンという薬は、脳内セロトニンと同じよりに、血管には1Bという鍵穴があり、トリプタンはこの鍵穴に作用して、血管を収縮させ、拡張によって三叉神経が刺激されるのを防ぎます。
 さらに血管の周囲から「痛み物質」が、シャワーのように血管に降り注いで、血管の拡張と炎症が起こっており、シャワーには1Dという鍵穴があって、トリプタンはこの鍵穴に作用して、「痛み物質」の放出をとめます。ここでもセロトニンの代わりにトリプタンが三叉神経に取りつき、サブスタンスPなどの分泌を抑制して痛みが出るのを防ぎます。


 基本的に、片頭痛発作時には、セロトニンと呼ばれる神経伝達物質が減少あるいは機能が低下しており、片頭痛発作の時に、脳内セロトニン様作用をもつトリプタンを投与することによって、機能低下状態に陥っているセロトニンをバックアップしています。

 

 こういったことから、現在、専門家は片頭痛は「脳の病気」と考えています。さらに、上記のように片頭痛のメカニズムをトリプタン製剤の作用機序の面から説明してきたことから諸々の問題点が浮上してきたことから、片頭痛発生器なるものを脳幹部付近に想定することによって、片頭痛が「脳の病気」とされるに至っています。

 このように、本来、片頭痛が慢性頭痛のなかの一つ、すなわち、脳の中に異常のない頭痛であるという基本的な定義すら、覆すまでになっており、まさに支離滅裂な考えに至っていることすら認識されていません。


 このように、日本にトリプタン製剤が導入された段階から、専門家によって説明され、「片頭痛は病気です。病気ですから、医療機関を受診して、片頭痛を治療して、治しましょう」と言って片頭痛患者さんに医療機関への受診を勧め、生活の質QOLを高めて、健康寿命を長くさせましようと、しきりにマスコミを通じて、片頭痛患者さんを病院に誘導し、さらに患者団体まで巻き込んで「なお、片頭痛の恩恵に浴していない片頭痛患者さんが多くいる」といって啓蒙活動を勧めてきました。

 このように啓蒙活動を行いながらも、片頭痛は原因不明の不思議な・神秘的な”遺伝的疾患”とされ、片頭痛の引き金となるものを取り除きながら、一生にわたってトリプタン製剤のお世話になりながら、お付き合いしましようとされています。

 このように、トリプタン製剤の売り込みしか念頭にありません。


 このようにして、トリプタン製剤が開発されて以来、トリプタン製剤によって、片頭痛という辛い頭痛が劇的に緩和されるようになったことから、いつの間にか、「病気」とされてしまいました。


  一般的には、西洋医学では、薬物療法で治療可能なものが、所謂「病気」として扱われており、そのほとんどは対症療法にすぎないものです。
 片頭痛が原因不明とされることから、いかにトリプタン製剤の鎮痛作用が優れているにしても、対症療法にすぎないものです。

 

 このような西洋医学の考え方をもう一度、おさらいしておきましょう。

 

 http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12284254397.html


 西洋医学のスタート、それは「資本主義」のスタートと ほとんど同じで、西洋医学は「資本家がお金を儲ける為に作られた」ものです。
 今世界で主流となっている西洋医学のスタート、 これは20世紀初頭のアメリカです。
 お金持ちにとって労働者は「部品」でしかなかったのです。 しかし、過酷な労働のせいで労働者が身体を壊してしまう事が最も問題になりました。
 労働者をできる限り安く、 最大限に働かせるために、如何に素早く、壊れた労働者というパーツを素早く 労働力として復活させるのか、をポイントにして、そんなお金持ち達の希望を叶える為に発達した技術、 それが日本中の医者が大学で学ぶ医学、つまり 『現代西洋医学』なのです。ですから、治すなんてまどろっこしい事には興味がありません 。
 西洋医学は労働者を限界まで働かせる為にスタート したのですが、 当時のお金持ちは、『病気を治す振りをすればずっとお金が入ってくる』という事に気付きました。
  病気の原因は取り除かず痛みだけを取れば、その場では 治ったように感じても、また痛くなり戻ってきます。 麻薬と一緒です。
 使ったその瞬間は気持ちが良くても、長期的には どんどん身体が壊れていきます。
  問題が増えれば増えるほど出せる薬が増え、 もっともっとお金が入ってくるのですから。
 労働者を働かせる為に利用した手法が『医療』の名の下に 合法的な麻薬として成立してしまいました。
  結果、大きな利益を生み出す『現代西洋医学』は 優先的に研究費が回り、国から優遇され、世界の医学の中心となりました。
 例え一時的だったとしても、痛みを取ってくれるのですから、 多くの人が現代西洋医学を求め、認めてしまったのです。
 『今、この瞬間、すぐに痛みをとってほしい』その欲求を満たして欲しい人達とそれを満たせばお金が物凄く儲かる人達、 それが組み合わさってしまった結果が金儲け主義医療です。
  このように、西洋医学は病気を治す為に存在していません。西洋医学には、歴史的にみても、そもそも治す気がまったくありません。
 この時代のアメリカの西洋医学は、ロバート・メンデルソンの「こうして医者は嘘をつく」http://taku1902.jp/sub534.pdfで克明に記載されていたことです。
 これが、西洋医学の根本的な・基本的な考え方であることを忘れてはなりません。


 このような考え方に基づいて、トリプタン製剤が片頭痛治療の世界に導入され、寝込む程の辛い頭痛が緩和されたことから、片頭痛は「病気」 と考えられるようになりました。
  しかし、そもそも治す気がまったくなく、『今、この瞬間、すぐに痛みをとってほしい』その欲求を満たして欲しい人達(片頭痛患者さん)とそれを満たせばお金が物凄く儲かる人達(製薬メーカー)、 それが組み合わさってしまった結果が”金儲け主義”の片頭痛医療となってしまったのです。
 寝込んで、仕事を休むことなく、労働力が確保できるようになり、経済的損失は少なくなり、さらに片頭痛を根本的に治さないために、お金が物凄く儲かる人達にとっては申し分のないことになっています。

 結局、端的に言えば、片頭痛発作が起きても、トリプタン製剤を服用して、仕事を休むことなく会社に貢献しましょう、ということです。 
 こういったことから、国際頭痛学会は、「国際頭痛分類」を作成し、全世界にこれを普及させることによって、片頭痛にはトリプタン製剤で対処させる基盤を作ったということです。


 このように、本来の「国際頭痛分類 第3版β版」の目的とするところは、片頭痛を明確に定義することによって、間違いなく、片頭痛に対してトリプタン製剤を処方させるためのものです。
 このため、”片頭痛と明確に定義された”「国際頭痛分類 第3版β版」の基準に合致しないものが緊張型頭痛とされ、いわば緊張型頭痛は”ゴミダメ”的な性格の強い頭痛とされ、専門家の間では、極めて”取るに足らない頭痛”とされています。このように全く無視されています。


 脳のなかに異常のない一次性頭痛(慢性頭痛)は、国際頭痛分類第3版では、緊張型頭痛、片頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛(ここに群発頭痛が含まれます)、その他の一次性頭痛に分類されています。
 頭痛研究を行う場面では、これまで専門家は、このように4つに大別された頭痛群をさらに、個々の頭痛を別個に独立させて研究すべきとされてきました。
 このように、片頭痛だけは特別扱い(神格化)され、緊張型頭痛をはじめとした他の慢性頭痛とはまったく切り離して・別個のものと考えてきました。


 このように、日本の頭痛の専門家は、「国際頭痛分類 第3版β版」を頭痛診療および頭痛研究の絶対的な教義・教典とまでされてきました。


 このため、どのような頭痛の研究をするに際しても、すべて「国際頭痛分類 第3版β版」に基づいた研究でなければ研究でないとまでされています。
  脳のなかに異常のない一次性頭痛(慢性頭痛)を、緊張型頭痛、片頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛(ここに群発頭痛が含まれます)、その他の一次性頭痛にわけて個別に研究してきたことによって、頭痛研究は、日本にトリプタン製剤が導入されたことによってまったくストップしてしまうことになりました。
 その原因は、頭痛診療および頭痛研究の絶対的な教義・教典とした「国際頭痛分類 第3版β版」にあります。この基準はトリプタン製薬メーカーおよびトリプタン御用学者の作成したものであるという、生い立ちを考えれば、この至極当然のことです。
 それは、片頭痛の原因が解明され、片頭痛が治るようになれば、メーカーにとっては大打撃になってしまいます。これまでの開発費、プロモーシヨンマネーを考えれば、これらの資金が回収不能となります。こうなっては困るわけです。このことは皆さんも理解されるはずです。


今後、私達はどのように考えるべきでしょうか?


 片頭痛は、約3割が自然に治癒し、約4割が症状は変わらず、残りの3割が慢性化して増悪してくると言われています。


 これをどのように解釈すべきなのでしょうか?


 自然治癒した3割は、ホメオスターシス、すなわち”恒常性を維持するための「環境に対する適応力」により治癒したものです。
  4割の方々は、「ホメオスターシスの三角形」を構成する自律神経、内分泌系、免疫系のいずれかに問題があって”歪み”が継続されるため、症状が変わらない状態(発作がいつまでも繰り返される)が持続することになります。
 「ホメオスターシスの三角形」を構成する要因が全て”完成・障害”されてしまえばこの”ホメオスターシスの三角が崩壊”することになってしまいます。 このため、2~3割の方々が慢性化・増悪することに至ってきます。

 

 このようにホメオスターシス(自然治癒力)の観点から捉えるべきであり、このことは冒頭で述べたように、発作が治まればケロっとしている、すなわち、ホメオスターシス(生体の維持機構)により正常に戻るのです。


 さらに枠を拡げて考えれば、専門家が絶対的な教義・教典とされる「国際頭痛分類 第3版β版」には、人間が経験するありとあらゆる頭痛、すなわち、脳のなかに異常のある二次性頭痛と脳のなかに異常のない一次性頭痛(慢性頭痛)が記載されています。
 ということは、脳のなかに異常のない一次性頭痛(慢性頭痛)から 脳のなかに異常のある二次性頭痛へと進展していくものと考えるべきものです。このように推測され、こうした観点から研究されるべきです。

 

(例えば、クモ幕下出血と一次性雷鳴性頭痛(入浴頭痛)との関連からです)

 

  入浴関連頭痛・・先程の”クモ膜下出血”に関連して・
       
https://ameblo.jp/yoyamono/theme-10086424635.html

 

 このように、「国際頭痛分類 第3版β版」で記載されている頭痛すべて連続したものと考えるべきものです。これまで、専門家は、これらはすべて、全く別個のものと考えてきました。

 

 最低限、現段階では、脳のなかに異常のない一次性頭痛(慢性頭痛)と 脳のなかに異常のある二次性頭痛は、画像検査によって厳然と区別できますが、脳のなかに異常のない一次性頭痛(慢性頭痛)は一括して、一括りで考えるべきです。


 こういったことから、単純に、脳のなかに異常のない一次性頭痛(慢性頭痛)・・緊張型頭痛、片頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛(ここに群発頭痛が含まれます)、その他の一次性頭痛・・これらはすべて連続したものと考えれば理解しやすくなります。


 このように、日常的に感じる極く軽度の頭痛、緊張型頭痛、片頭痛、群発頭痛、薬物乱用頭痛、慢性片頭痛はすべて、連続した一連のものであり、生活習慣の問題点から引き起こされ、これによって上記のような各種のタイプの慢性頭痛に進展していくものと思われます。
  ところが先述のように、”片頭痛と明確に定義された”「国際頭痛分類 第3版β版」の基準に合致しないものが緊張型頭痛とされ、いわば緊張型頭痛は”ゴミダメ”的な性格の強い頭痛とされ、専門家の間では、極めて”取るに足らない頭痛”とされています。

 そして、緊張型頭痛と片頭痛は、このようにまったく別の範疇の頭痛とされていることは忘れてはなりません。

 しかし、慢性頭痛そのものを一連の連続したものと考える限りは、片頭痛も緊張型頭痛も一連のものと考えなくてはならないことになります。こうしたことは、これまで以下の記事で述べてきたことです。


  ”総論”なき現代の「臨床頭痛学」
     
https://ameblo.jp/yoyamono/theme-10086045076.html

 

 
それでは、慢性頭痛とはどのように考えるべきでしょうか


 私達は、仕事が忙しかったり、ストレスが重なりますと日常的に「体調不良」を感じます。このような「体調不良」は、具体的には、疲れやすい、胃腸の調子がよくない、身体が冷える、身体がだるい、疲れがとれない、よくめまいを起こす、肩こりがひどい、食欲がない、よく眠れない、頭が重い・頭が痛い、足がつる、耳鳴りがする、夢をよくみる、喉のつかえ、むくみやすい、風邪をひきやすい、顔色が悪い、気分が落ち込む・すぐれない、活力がでない、元気がでない、何となく調子が悪い、寝起きが悪い、等々の訴えです。
 このように頭痛とは、「体調不良」のなかの訴えの一つにすぎないものです。


 このような体調不良の訴えは、東洋医学では、本来、”未病”ともいうべき範疇にあるものです。
 このような”未病”とされる病態は、本来、生活習慣の問題点から引き起こされ、ここから病気へと進展するものと東洋医学では考えられています。
 ということは”養生”次第では、”未病”は治るものです。
 このように考えれば、”未病”の段階にある、このような体調不良の訴えとは「健康的な生活」を送ることを阻害する”生活習慣”に根本的な原因があるということです。
 このため「体調不良」を改善させるためには「健康的な生活」を送ることを阻害する”生活習慣”を改善することが重要になってきます。


 このように、”脳のなかに異常のない”「慢性頭痛(一次性頭痛)」は、東洋医学でいう”未病”の段階にあり、すなわち健康と病気の中間に位置しており、この”未病”は本来、生活習慣の問題点から引き起こされ、ここから病気・難治性の頭痛へと進展するものです。
 このような意味合いから、”未病”の段階にある、慢性頭痛とは「健康的な生活」を送ることを阻害する”生活習慣”に根本的な原因があります。

 ということは、片頭痛は”未病”の領域にあり、ミトコンドリアの活性低下という”遺伝素因”を基にして、日常的に感じる極く軽度の頭痛・緊張型頭痛を起点として、さまざまな生活習慣の問題点が重なることによって「いろいろな段階の片頭痛」へと進行し最終的に「慢性片頭痛」という難治な段階に至ることになります。このように進行性疾患です。


 「健康的な生活を送る」ためには、”ミトコンドリア”が重要な”鍵”となり、生命の根源ともなるべき役割を果たしています。


 現在では、人が罹るあらゆる病気の90%は活性酸素が関与していると言われ、さらに、感染症以外の、ほとんどの現代病である生活習慣病(片頭痛、動脈硬化、ガン、認知症を含めて)は、「後天性ミトコンドリア病」と考えられています。
 ミトコンドリアがエネルギーを産生する際に必然的に生み出されるのが活性酸素です。
 「後天性ミトコンドリア病」とは、馴染みのない病名ですが、これは”ミトコンドリアの機能が低下する病気”です。
 今までは、先天性の病気”遺伝的疾患”として考えられていましたが、現在では後天的な発症や、薬による副作用で発症することが証明されています。


 そして、緊張型頭痛と片頭痛の基本的な差異は、ミトコンドリアの活性低下という”遺伝素因”の有無でしかありません。しかし、遺伝病ではありません。


 片頭痛の患者さんでは、緊張型頭痛の場合と異なって、遺伝素因としてミトコンドリアの活性低下が存在することから、ミトコンドリアの働きを悪くし、セロトニン神経を弱らせる要因の影響を、とくに受けやすいことになります。
 ところが片頭痛のように遺伝素因としてミトコンドリアの活性低下が存在しなくても、生活習慣の問題によってミトコンドリアの働きが極端に悪くなり、さらに「脳内セロトニンが枯渇」してくれば、片頭痛と同様の難治性の頭痛を引き起こしてくることになります。


 このため、「日常的に感じる極く軽度の頭痛」に対して、日常的にテレビで宣伝される通りに、市販の鎮痛薬を服用し、これまで述べてきましたような慢性頭痛の要因を念頭におくことなく、お茶を濁しておれば、必然的に、頭痛は着実に増悪の”みちすじ”を辿ることになります。
 ここに、ご家族に片頭痛持ちの方がいらっしゃれば、確実に「片頭痛」へと移行していくことになってしまいます。
 すなわち、日常的に感じる極く軽度の頭痛・緊張型頭痛から、ミトコンドリアの働きの悪さという”遺伝素因”を基盤として、これまで述べてきましたような「健康的な生活」を送ることを阻害する生活環境および生活習慣が次々に追加されることによって、最終的に「酸化ストレス・炎症体質」が形成されることによって、片頭痛へと進展していくものです。

  このような「酸化ストレス・炎症体質」はこれまで述べましたように、長い間の生活習慣などにより起こるため、特効薬を飲んだからといって直ぐに治るようなものではありませんし、特効薬などはありません。

 このようなことから、専門家は緊張型頭痛をまったく問題にすることなく、無視されることから、本来、緊張型頭痛から片頭痛へと移行するものでありながら、この間が抜けているために、あたかも突如として片頭痛が発症することになり、片頭痛が予防できないことになっています。


 以上のように、慢性頭痛は、東洋医学でいう”未病”の観点からトータルで考えるべきものであり、さらに片頭痛そのものは自然治癒力の面から捉えられるべきものです。
 ということは、ミトコンドリアの観点から考えるべきものです。


 西洋医学では健康と病気を二律背反的に捉える傾向があります。
 つまり、病気がなければ健康、健康でなければ病気というように絶対的に評価しがちです。「病気」そのものを治療の対象と考える西洋医学では、病気と健康の間のどこかで線を引かないと治療を開始できないと考えるからです。
 しかし、現実の患者さんを診療する場面では、「国際頭痛分類 第3版β版」に従って診断を下す場合、未だ片頭痛まで移行していない片頭痛の疑いの段階にある方々が多数おられます。西洋医学を信じる方々は放置され、片頭痛に移行するまで無視されますが、東洋医学を信じる方々は適切に対処され、片頭痛まで移行させないように指導されます。
 このように、西洋医学では、トリプタン製薬メーカーにとっては好都合のように対処することになっています。このようにまったく正反対の対処の仕方がなされます。


 こういったことから、今回の「片頭痛とミトコンドリア」を企画しました。
  これをもとに、さらに片頭痛とはどのような頭痛なのかを理解を深めて下さい。

 

 

片頭痛とミトコンドリア その1 ミトコンドリアは「生命エネルギーの製造工場」
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285119402.html


片頭痛とミトコンドリア その2 エネルギー制御はどのように・・
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285306514.html


片頭痛とミトコンドリア その3 いろいろな食事の摂り方
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285335273.html


片頭痛とミトコンドリア その4 生活習慣病との関連
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285377352.html


片頭痛とミトコンドリア その5 マグネシウムの役割
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285395272.html


片頭痛とミトコンドリア その6 鉄分の役割
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285401263.html


片頭痛とミトコンドリア その7 脂質の役割
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285407939.html


片頭痛とミトコンドリア その8 バランスのよい食事
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285566328.html


片頭痛とミトコンドリア その9 規則正しい生活
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285583148.html

 

片頭痛とミトコンドリア その10 ミトコンドリアの起源
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285594713.html


片頭痛とミトコンドリア その11 遺伝情報としてのミトコンドリア
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285609849.html


片頭痛とミトコンドリア その12 活性酸素
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285620853.html


片頭痛とミトコンドリア その13 有害物質
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285871310.html


片頭痛とミトコンドリア その14 腸内環境
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285877233.html


片頭痛とミトコンドリア その15 セロトニン神経系
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285884169.html


片頭痛とミトコンドリア その16 姿勢
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285891189.html


片頭痛とミトコンドリア その17 慢性頭痛とは・・
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285901721.html


片頭痛とミトコンドリア その18 片頭痛とは・・
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285904653.html

 

片頭痛とミトコンドリア その19 頭痛相談
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285958551.html


片頭痛とミトコンドリア その20 おわりに
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285979860.html

 

 

 ただ、片頭痛が、後天的なミトコンドリア病であるという考え方は、トリプタン製薬メーカーおよびトリプタン御用学者の利益を守るために隠蔽されてきました。今後も、このような考え方は容認されることはありません。


 以上のように、専門家はトリプタン製薬メーカーおよびトリプタン御用学者の作成した「国際頭痛分類 第3版β版」を頭痛診療および頭痛研究の絶対的な教義・教典とされ、片頭痛患者さんの立場から考える方々は、後天性ミトコンドリア病、すなわち、ミトコンドリアの観点から考えるようになっています。
 このように利害が全く相反することになり、永久に、この溝は埋まることはありません。

 

  今回の記事では、「片頭痛とミトコンドリア」の目的がどこにあるのかを明確にさせるためであり、片頭痛が決して原因不明で、遺伝的疾患ではなく、後天的ミトコンドリア病、すなわち、ミトコンドリアの機能の低下による頭痛であることをきちんと理解して頂くためのものです。

 


 これらをまとめたものが「慢性頭痛治療のガイドライン」です。

 

 

   慢性頭痛治療のガイドライン・・・最新版


     前編・慢性頭痛の基礎
           
http://taku1902.jp/sub543.pdf
     

     後編・片頭痛治療のてびき
            
http://taku1902.jp/sub544.pdf
     

     生活習慣改善のポイント
            
http://taku1902.jp/sub545.pdf

 


 専門家の作成される「慢性頭痛診療のガイドライン 市民版」は「国際頭痛分類 第3版β版」を踏襲した形で作成されていますので、片頭痛をどのようにして治していくのかが記載されていません。

 ただ、片頭痛発作急性期にはトリプタン製剤を、発作回数が多ければ、片頭痛発作間歇期には各種の予防薬の服用が記載され、すべて薬物療法だけです。
 最も必要とされる「生活習慣の問題点」をどのように改善すべきかは記載されていません。


 医療ジャーナリストの船瀬俊介さんによれば、「医者が投薬・治療の“カンニング・ペーパー”としている『ガイドライン』(指示書)は、厚生省・医師・製薬会社の3者が作成する建前となっており、実際はほとんどが製薬会社が作成していて、医師は名義貸しのようなものとされます。
 こういったことから、今後ともガイドラインが改訂されても、従来のものとほとんど変わりがなく、期待できないことになります。


 私の作成した「慢性頭痛治療のガイドライン」では、日常的に感じる極く軽度の頭痛の段階・緊張型頭痛の段階から、どのように対処し、片頭痛まで移行させないようにするかを述べたものです。
 さらに、既に片頭痛まで移行していても、どのようにして改善までもっていくのかを明らかにしています。子供さん、女性の慢性頭痛にどのように向き合うべきかについて言及しています。これらをご覧頂ければ、専門家との考え方の相違が明らかになるはずです。

 

 

         子供と慢性頭痛
          
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12282125961.html


         女性と慢性頭痛
          
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12282184528.html

 

 

 とくに女性の場合は、初潮の始まる13歳前後に発症するのが一般的で、以後、徐々に増悪してくることは目に見えていることですので、発症早期から対処すべきです。対処が遅れれば・遅れるだけ改善までの道のりは遠のくばかりです。このことは、私が敢えて申し上げるまでもなく、皆さん自身がよくご存じのはずです。
 片頭痛に悩まれる皆さんの子供さんが頭痛を訴えた場合は、真っ先に、医療機関で二次性頭痛を否定した上で、片頭痛予備軍として、この段階から対処して下さい。二度と、あなたと同じ苦しみを子供さんに味あわせないように努めていくのが、私達の責務です。


 これまで、自分で片頭痛を克服しようとされ創意工夫を凝らされた方々がすべて片頭痛を根治させている事実を私達は忘れてはなりません。
 このことは、片頭痛が後天性ミトコンドリア病であることを示しています。


 さらに、このようなことは文献的にも、Welch KMA, Ramadan NM 、下村登規夫、小谷和彦、村上文代先生らによって、日本にトリプタン製剤が導入される以前の段階から明らかにされていました。

 当時は下村登規夫先生によって「MBT療法」が提唱され、この治療成績は9割前後の片頭痛の方々が改善に導かれるとされていました。


  こうしたことから、「片頭痛が後天性ミトコンドリア病である」という考えが決して、一般開業医の戯れ言ではないということです。
 

 最近では、私の「慢性頭痛治療のガイドライン」を作成するに当たって、監修して頂いた分子化学療法研究所の後藤日出夫先生は、独自に「3つの約束」を提唱され、実績を積まれていることも忘れてはなりません。

 

           片頭痛体質改善のための3つの約束
              
http://taku1902.jp/sub415.pdf

 

 

 このように、「片頭痛は病気です。しかし、治ることはありません。一生、お付き合いしましょう」と諭されるのは、専門家だけです。
 さらに、「片頭痛の適切な治療は、発作時に毎回、トリプタン製剤を服用することです。そうすれば、片頭痛はいずれ治ります」 と言うのは、トリプタン製薬メーカーにマインド・コントロールされた方々だけです。
 このように、同じ専門家と言えども申されることに違いがあることを忘れないで下さい。

 こういったことから、ネット上からの情報収集には気をつけなくてはなりません。

 


          未だに、ネット上で幅をきかす脳過敏症候群
           
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12281301551.html

 

     デパケンとミトコンドリア
             
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12283371687.html

 

 

 

 さらに、製薬メーカーの役割・本質を理解しておかなくてはなりません。

 

  健康を維持するためには・・ その6 製薬業界は一般大衆を欺いている


    http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12280445527.html
    http://www4.dr-rath-foundation.org/japan/chemnitzprogramme/chemnitz08.html

 

 

  このように、私達自身は、知識を深め、ネット上の間違った情報に惑わされてはなりません。

  そして、頭痛の専門家は、「国際頭痛分類 第3版β版」という極めて限られた枠内でしか慢性頭痛を考えていないことを認識しておく必要があります。

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 今回のシリーズ「片頭痛とミトコンドリア」を作成する前のシリーズでは、なぜ「片頭痛が治らないのか」を以下の記事で明らかにしました。


  西洋医学は、頭痛診療に役立つのか
    
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12284254397.html


  片頭痛がなぜ治らないのか?
    
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12284535633.html


 結局、「片頭痛が治らない」のは、資本主義社会の産物でしかないということです。
 片頭痛医療とは、資本家が、金儲けのために、一般労働者を極度の労働に駆り立て、一般大衆に「規則正しい生活」・「健康的な生活」を送ることができなくさせた産物であり、これが家族にまで影響を及ぼしているということです。
 そして、頭痛研究者は、国際頭痛学会という隠れ蓑を傘にして、「国際頭痛分類 第3版β版」を頭痛診療および頭痛研究の絶対的な教義・教典とさせ、診療および研究を取り仕切った結果として、片頭痛が原因不明の不思議で・神秘的な”遺伝的疾患”とされたままとなり、このような世界には世の常として、製薬メーカーによって作り上げ・祭り上げられた「カリスマ医師」が蔓延り、日本全国の片頭痛患者さんは挙って、こうした「カリスマ医師」のもとに信者として参詣し、神薬としてトリプタン製剤が授けられます。
 そして、日本全国の医師会の研究会には、こうした「カリスマ医師」が招聘され、仰々しく”ご託宣”を拝聴する構図が生まれてくることになります。
 このようにして、「カリスマ医師」は、信者である患者さんおよび一般の医師(さらに頭痛専門医)までの信仰対象となっています。


 このような日本の頭痛医療の実態は以下で述べました。

         
  従来の「臨床頭痛学」とは    http://taku1902.jp/sub534.pdf


 さらに、頭痛研究では、脳のなかに異常のない慢性頭痛を「国際頭痛分類 第3版β版」に基づいて、緊張型頭痛、片頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛(ここに群発頭痛が含まれます)、その他の一次性頭痛に分類され、これら4群の頭痛を個々の頭痛に分けて個別に研究すべきとされ、頭痛研究の大半は、片頭痛が中心となり、殆どはトリプタン製剤の作用機転からしか論じられることはなく、緊張型頭痛に関する研究は微々たるものであり、群発頭痛に至っては殆ど行われることはありません。
 そして、こうした「国際頭痛分類 第3版β版」は定期的に改訂され、専門家は、これらが改訂されるたびに、個々の頭痛の定義論争に終始し、本質論が論議されることはありません。
 ということは、脳のなかに異常のない慢性頭痛とは、ひっくるめてどのようなものなのかが考えられることはありません。このため、「国際頭痛分類 第3版β版」がすべてであり、この枠を超えた論議はいまだ嘗てなされることはありません。
 このようにして、片頭痛が  原因不明の不思議で・神秘的な”遺伝的疾患”とされたままとなっています。
 このことは、トリプタン製薬メーカーにとっては申し分ないことになっています。


 片頭痛が、後天性ミトコンドリア病と考えられて、かなり年月が経過しました。
 すなわち、片頭痛はミトコンドリアの機能の低下による頭痛です。


 今回のシリーズ「片頭痛とミトコンドリア」は、これを確認することを目的としたものです。

 


片頭痛とミトコンドリア その1 ミトコンドリアは「生命エネルギーの製造工場」
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285119402.html


片頭痛とミトコンドリア その2 エネルギー制御はどのように・・
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285306514.html


片頭痛とミトコンドリア その3 いろいろな食事の摂り方
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285335273.html


片頭痛とミトコンドリア その4 生活習慣病との関連
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285377352.html


片頭痛とミトコンドリア その5 マグネシウムの役割
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285395272.html

 

片頭痛とミトコンドリア その6 鉄分の役割
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285401263.html


片頭痛とミトコンドリア その7 脂質の役割
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285407939.html


片頭痛とミトコンドリア その8 バランスのよい食事
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285566328.html


片頭痛とミトコンドリア その9 規則正しい生活
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285583148.html

 

片頭痛とミトコンドリア その10 ミトコンドリアの起源
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285594713.html


片頭痛とミトコンドリア その11 遺伝情報としてのミトコンドリア
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285609849.html


片頭痛とミトコンドリア その12 活性酸素
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285620853.html


片頭痛とミトコンドリア その13 有害物質
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285871310.html


片頭痛とミトコンドリア その14 腸内環境
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285877233.html

 

片頭痛とミトコンドリア その15 セロトニン神経系
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285884169.html


片頭痛とミトコンドリア その16 姿勢
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285891189.html


片頭痛とミトコンドリア その17 慢性頭痛とは・・
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285901721.html


片頭痛とミトコンドリア その18 片頭痛とは・・
 
http://ameblo.jp/yoyamono/entry-12285904653.html

 

 

 このように考えさえすれば、私達が日常的に感じる極く軽度の頭痛を起点として、片頭痛へと進展していくことが明らかになっています。

 ですから、日常的に感じる極く軽度の頭痛に対して”適切に”対処すれば、片頭痛にまでは移行しないということです。
 このようなことは、トリプタン製薬メーカーが容認することはないことは、誰でも理解できることです。

 そうなれば、現在の頭痛の専門家は、果たして真の研究者といえるかどうか甚だ疑問となり、何のために研究をしているのか、ということになってきます。
 結局、日本の専門家は、トリプタン製薬メーカーおよびトリプタン御用学者の作成する「国際頭痛分類 第3版β版」を頭痛診療および頭痛研究の絶対的な教義・教典とする以上は、今後とも、何の進展もみられることはないということです。
 この改訂のたびに、定義論争をするしか能がないことになります。
 こうしたことから、いつまでもトリプタン製薬メーカー・トリプタン御用学者・カリスマ医師は安泰ということです。


  ですから、私達、慢性頭痛とくに片頭痛で苦しまれる方々は、専門家の研究の成果をいくら期待しようとも何も期待できないということです。
 その証拠に、日本にトリプタン製剤が導入されて以降、過去16年間で、慢性頭痛の研究は進歩したのでしょうか。
 進歩したと自画自賛されるのは、トリプタン製剤を日本に導入した専門家だけであり、どなたも進歩したなどと思う人間は誰ひとりとしていません。


 こういったことから、現在、頭痛の専門家以外の方々の最新の医学的進歩をもとに新たな臨床頭痛学を構築していくしかないようです。
 とくに、現在では、人が罹るあらゆる病気の90%は活性酸素が関与していると言われていることから、こうした考え方をもとにミトコンドリア学の進歩に注目し、さらに現代栄養学にも配慮していくべきと思われます。


 こういったことから、新たな臨床頭痛学は、ミトコンドリア学の進歩によって、今後とも進展していくことになります。ですから、「国際頭痛分類 第3版β版」が幾度改訂されようとも、新たな臨床頭痛学には寄与するものは何もないということです。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。