テーマ:

ある日自分の部屋で寝転がってテレビを見ていたら



男を連れて妹が帰ってきた。



「おじゃましま~す」



いつも顔を合わさず「は~い」という私が



珍しくチラッと見たらいつもとは違う男だった




「こいつは浮気する女だったんだ」と兄ながら彼氏さんを



気遣いながら1人で笑っていた





しばらくすると





妹がふすまを開けて僕の部屋に入ってきて




いきなり引き出しを開けようとした







「なんなんだお前!」




なぜならそこには大事なものが入っている引き出しだったからだ



通帳やら写真やらこれまでの僕の生きてきた軌跡が





下を向いて顔を赤くしている妹は





「ごめんコンドームちょうだい」






えっ?




こいつは何を言っているんだ?



って言うかなんでこの引き出しに入っているのを知っているのか?




「駄目だ。兄のすることではない!っていうか自分のがあるんじゃねえの?」



「それは使えない」





あぁ・・・彼氏との在庫だから使えないのか




「そんなんは知らん。今それを使って、今度同じのを買ってきて補充すればいいだろ!」





「無理・・・今もってるのベネトンだから。どの色のが無くなっているのかが解らなくなるから」



確かに・・・ベネトンはいろんな色が使われている




「あほか!そんなんはしらん。覚えとけば言いだろうが!」



「いいじゃん!そこにあるサガミ頂戴よ」



「ふざけんな。あれはなぁ・・・本当に気持ちいいの」



「でしょ?どうせならそうなってもらいたいし」



「ダメ~~あれはなぁ、職人さんが本当に頑張って開発した賜物。0.02という限界に挑戦したんだぞ。そんな商品を人から貰ったたら遺憾です。俺の友達なんかは常に財布に入れて携帯したり、手の届くところに置とるんだぞ。その男もそれぐらいしとるはずだって。俺は持ち歩いてはいないけど

   



ってか何でサガミがあるの知ってんの?」



「女はねぇ色々探る習性があるの!」



すごく強く言い切りやがった



そこまで言い切るならしょうがねぇ





ふと原点を考えたら




あれ?




「ってか今からやるの?今、俺ここでテレビを見てるよ?」




「・・・・・



お酒でも飲んでこや~」




「物凄く自分勝手ですね。へんな趣味は無いけど、のぞいちゃうよ?」




「はい、これで飲みにでも行って。しかもゴムも頂戴ね」




「5000円っておまえ・・・・





やさしいなぁ。ゴム1個でいい?あれなら3個までなら何とかなるよ?」



「1個で充分です。はいはい出てった出てった」





「行ってきま~す」




本当に情けない兄でした。










あ~~ぁ本当に変な夢だった

AD

コメント(6)