こんな時ど~する?

テーマ:

はぁ~~疲れた・・・昨日の夜7時から朝の10時まで仕事だった。本当に何かがおかしい・・・


も~~~ぽ~~~ん。



こんな朝はどうする?やっぱり朝から大瓶のエビスをラッパ飲みでいくしかない・・・



文では表せないほどおいしい。



今を頑張って生きている諸君!頑張ってくれ!自分のために国のために。がっははははっ~~



ここで、こんな時ど~する?シリーズ第一弾!!



Ex:仕事で疲れてどうしようもない時に「元気が出る方法を教えて」と訪ねたら、


     「『ひまわり畑』って英語っぽく言うと元気が出るよ」


あぁ・・・バカですね・・・相当いっちゃってますね。


だが、一人でボ~ッとしているときに何気なく言ってみると・・・なんかテンションが上がる。


彼は、やっぱ天才なのか?




こんなんを募集します。コメントください。笑いが欲しい・・・・っと・・・おっ思う・・・よっ

AD

I.W.G.P.

テーマ:

「宮藤官九郎」僕の大好きな脚本家だ。彼の作品は本当に面白い。

 

なかでも「木更津キャッツアイ」「池袋ウエストゲートパーク」は本当におもしろい。

 

 

木更津は一回見てすごく気に入ってしまって、妹の知人にDVDを焼いて貰った。I.W.G.Pも焼いて貰いたかったが、何回も頼むのは失礼かな?と思いずっと我慢していました。

 

 

 初めてI.W.G.Pを見始めた時、DVDの1,2を借りただけだった。見たら本当に面白い!見たい欲望は加速するばかり!だが、ビデオ屋にいっても借りられていて全然ない。

 

「カチン。通ったる」

 

その日から1ヶ月間毎日通って全部見ました。暇人と思う人もいるかもしれないが、僕は全然気にしない。それぐらい好きだから。

 

 

 なんとなく暇だからふら~~っとビデオ屋に行って何も借りたいものがない時は、大体借りていた。もう既に、3回も全部を通して借りている。

 

 

 そして今回4回目。何とかしてI.W.G.P手に入れたい僕は、すべての裏技を駆使して、DVDを焼く事ができるフリーソフトをゲットした。そしてやっとI.W.G.Pを自分のものにした。

 

そんな僕に対して友人が一言「そんなに好きなら買えばいいじゃん。やっぱジャケあっての作品じゃねぇ?」

 

 

確かに!でも、僕には2万円も出せません。

 

 

この素晴らしい裏技を手に入れてからと言うものの、DVDを大量生産してしまいます。

 

「今度は、『マンハッタンラブストーリー』でも揃えようかな?」

 

「マジだせぇ~。買えよ~。カッコ悪いことすんなよ!基本的にお前のカッコ悪いところ見たくないんだよね」

 

「ピンポンの台詞じゃん。スマイル!かっちぶ~だけど、金ねぇ~もん」

 

 

実はうらやましいらしい。

 

 

お前にも焼いてやるよ。

 

 

I.W.G.Pは最高です。見た人も見てない人もまた見てください。

AD

ご報告

テーマ:

え~この度、大変嬉しい事がありました。

 

 

みなさんから出遅れ何年もグダグダなフリーター生活から脱出すことになりました。

 

 

昔から知り合いだった人が僕に仕事をあっせんしてくれたのです。ちょっと格好悪いけどコネ入社出来る事になりました。

 

 

今回は、本当に無知の世界に入って仕事をするので今はビビッてますが、いつの日か自分自身に自信を身につけ、更に自分を向上させたいです。

 

 

今まで俺の事心配してくれたみなさん、本当にありがとうございました。新しい社会を経験してきます。

 

 

 

神は私に「偶然」という道を与えてくださった

 

「偶然」は努力した人にのみ与えられるものだと思っていた

 

僕は努力したのだろうか?

 

したのであろうか?

 

したから今日があると思おう

AD

Little rabit but Horse

テーマ:

 最近、僕の友人は電話が鳴らなくて困っているらしい。

 

 

「何回着信履歴見ても、画面が変わらんわ~~。20件の着信メモりーの内、一番古いのが3月の中旬だし、メールも入ってこないし。携帯持つのやめようかな~」と4月10日頃に彼は言っていた。

 

「そんな事ないって!俺だって3月末の入ってるんじゃん?見てみるわ~~。・・・・ごめん・・・・2日前やわ~~」

 

「だよね~~。みんな大体そんなもんだよね~~。ベルにしようかな?」

 

「やめてよ~。俺等が困るじゃん。」

 

「じゃ~発信専用の電話持つわ。これ以上傷つきたくない。」

 

「これからガンガン俺が入れたるから、我慢してよ。」

 

「もう既に、お前のメールばっかだって!」

 

「ごめ~~ん。」

 

 

 

どんどんテンションが低くなる彼を尻目に、どんどんテンションが上がる僕。

 

 

「うさぎは、寂しいと死んじゃうんだよ」

 

 

参りました。僕の負けです。

 

 

これを見て誰か解った人は彼にメールしてあげてください。

 

出張

テーマ:

 はぁ~~マジ疲れた・・・この三日間夜勤だった。

 

 

一日目の夕方の5時集合で静岡まで行って、夜の8時から朝の8時まで過酷な労働をした。

 

当然、静岡に出張なので、泊まりだ。朝チェックインの夕方6時のチェックアウトだったので、泊まりというよりは休憩だった。

 

よく仕事の都合で静岡に行く。だが、今回はいつもとは別の元請け業者の仕事だったので、いつも泊まるホテルではなかった。

 

 朝、寝ぼけ眼でホテルを探していたのだが、なかなか見つからない。しばらく静岡市内をグルグル回っていたら、やっと見つかった

 

                 

                        「ビジネスホテル登美田」

 

 

 いかにもやらしい・・・いやあやしい・・・

 

 

 やっとこさ見つけたビジホ。4階建てで、コンクリートで建てられた素晴らしいホテル。

 

 「いい感じのホテルじゃん。名前勝ちしてるよ」と思った矢先に目に飛び込んできたのは、和のにほゐのする旅館?民宿?が目に入った。

 

 

・・・・こっち・・・・だわな~・・・このコンクリは、マンションかクソっ!

 

 

 

チェックインする時、フロントの人がいない。大きな声で「すみませ~~ん」無反応。フロントに置いてある鈴を上下に揺さ振ると、すぐに老婆が出てきた。

 

 

「いらっしゃいませ。代表の方はお名前と会社名と電話番号をここに書いてください」

 

「お部屋の方は、和室にしますか?それとも洋室にしますか?」

 

「どっちでもいいです」

 

「和室なら別館になります。洋室ならこの上になります。若い人がいるから洋室の方がいいですよね?では、洋室をお使いください。フッフッフゥ」

 

 

微妙な笑いを浮かべながら鍵を渡してから去っていった。本当に薄気味悪かった。

 

 

 いざ部屋に行ってみると何かしらのにほひがする。僕の持っているインドのお香のにおいがする。好きなニオイだから気にはならないが、老婆一人しかいない錆びたビジホでこのにほゐはありえない・・・

 

気にしないようにしていろいろ部屋を物色していると、テレビが目に付いた。テレビの下にはビデオデッキらしきものがある。でも、ビデオデッキにしては大きすぎる。よく見ると「ファミコン内蔵ビデオデッキ」だった。初めて見たそれに大変興味を示した僕は、早速お金を入れてやろうとしたが、お金が入らなくなってた。マジでだるぃ・・・

 

息詰まった空間での唯一の快楽的要素を利用できない。

 

 

しょうがないからテレビでも見ようと思いテレビを付けたら、「特ダネ」がやっていた。朝だからしょうがないけど、なんか腹立った。夜勤明けの小倉はとても辛い。

 

 

テレビを消してタバコでも吸おうと思ったらタバコが無い。あ~~イライラする。部屋を出て自販機を探すが当然無い。フロントに行ってタバコがあるか老婆に聞くと

 

「前の道を左に行って、すぐ右の小さな路地に入って行くとタバコ屋さんございます」

 

えっ?まず最初に有るか無いか言おうよ!まぁ~無いとは思ってたけどね。

 

 

タバコを吸いながらベッドの上でぼーーっとしていると、なんかベッドがザラザラする。「何だ?」と思いベッドの上を手で擦ると、指の間になんかが引っかかる・・・

 

とても長い髪の毛だった・・・しかも、結構な量の髪の毛がある・・・「まいただろ」と思うぐらいの量。

 

 

気持ち悪いからシャワーを浴びようとしたら、ユニットバスにも髪の毛。も~~イヤ。

 

 

バスタオルで体を拭くのがイヤだったので、ビタビタのまま部屋の中へ行き、レイザーラモン住谷の真似をしながら体を乾かしました。

 

 

こんな嫌な思いをしながらの出張でした。二日目も三日目も朝までかかるし、もう体力の限界でした。唯一の救いだったのは、レイザーラモン住谷の申し子とも言える仕事の同士がいたことです。彼には大変救われました。

 

 老婆と朝からフゥ~~~

万博

テーマ:

やっと念願の万博に行ってきた。

 

 

すごい混んでるのを予想していたが、意外にも人はいなかった。

 

 

いろいろ入れたのでちょっとばかし紹介します。ちゃんとした写真を含め盗撮した写真も。

 

b

ロボットちゃん。

 

 

sasa

サツキとメイの家の台所

 

 

aa

サツキとメイの家の外観

 

ss

今回、ギネスに登録された藤井フミヤの大地の塔

 

 

 

こんな感じでした。

筋肉番付

テーマ:

僕の彼女はたくさんの女性達と一緒に働いている。

 

彼女が同僚達と普通に会話していると、ある女の人がこう言ったらしい。

 

「私の彼氏さぁ~すごい鍛えていてぇ~~お腹が8個に割れてるの~~。なんかね~普通の人は、鍛えても6個しか出来ないらしいよ。8個ある彼氏が自慢してきたの~~すごくない?」

 

 

 

「あぁ・・・すごいッスねぇ~~」と彼女

 

「あなたの彼氏はどうなの?普通に6個ぐらいなの?」と同僚

 

「ふっ普通です・・・」と彼女

 

 

 

「私さぁ~同僚にこんな事聞かれたから、うそついちゃった。言われた時に下向いちゃった」と彼女は僕に言ってきた。

 

 

 僕は、彼女に対して顔だけでなく、体でも迷惑掛けているんだな・・・変わんなきゃ俺・・・

 

 

 

だが、彼女よバシっといってやれ!「私の彼は、縦じゃなくて横に3個に割れてます!これもあんまりいないですよね!若者では!」って

 

 

 

 

鍛えるよ・・・

 

 

ポン引き

テーマ:

先日、久しぶりに友人と銭湯に行った。彼とは、たまにおっさん気分になって、おっさんの行動をする。昼からビールを飲んだりとか・・・

 

 

 

前々から気になっていたマッサージコーナーが「10分1000円」とかなりお得な感じがして、「後で

やってみようか?」と僕が言うと「いいねぇ~」と友人。

 

 

彼は、マッサージ師のポスターを見て「俺は、あの女がいい

 

ばかじゃねぇの?指名なんてできねぇ~よ。ピンクいお店じゃねぇぞ」と、バカみたいな話をしながら風呂に入った。

 

 

風呂から出てさっぱりして、再びマッサージコーナーの前に足を止めると、店の前に立っているおばさんが話しかけてきた。

 

どうです?今なら待ち時間無しでご案内できます。フットマッサーとボディーマッサーとがあります。どちらともお値段は一緒です。20分だと1900円になるのでこちらもお得になります

 

どうする?」と僕

 

俺もどっちでもいいよ」と友人

 

 

僕はなんとなくやってみたかったし、いかんせん腰が痛いのでやろうと思っていたら

 

 

お二人ともお若いので、もし良かったら指名の方も出来ますよ」 

 

 

このばーさんありえない。そんな事普通言うかと思った。単なる銭湯ごときでそういう言葉を発してはいけないと思う。僕は、この言葉でマッサージをするつもりがなくなった。「辞めよっか」と言おうと思い、かれを見たら、下を見ながらニタニタしていた。

 

そんな彼の手を引っ張り、ビールを飲みに行った。そしたら彼の方から「あの状況で、あの言い方はないよな~」と。僕は、唖然としました。ちょっとやりたそうだったから。あれはまんざらでもなかった。

 

 ごめんよ~~俺が駄目なばかりに・・・君の些細な幸せを奪ってしまって。

 

 

 

それからと言うもの、そこを通る度におばさんがポン引きに見えてしょうがない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ぽっ~~~~ん

テーマ:

 はぁ~~。

 

 

 最近は、仕事がすごい暇で先週からず~~っと暇で、家に引きこもっていた。

 

 

 

会社からの久々の仕事の依頼の電話がやっと鳴った。

 

 

「6日の午後2:45集合で仕事があるんだけど、どう?」

 

 

「あ~~はいっ!えっ?今日?」

 

 

 

えぇ・・・そうだったんです。今日の朝に電話があったんです。最悪です・・・

 

 

金が無いからやるに決まってんだろ・・・・

 

 

 

で・・・・この時間かよばかやろ~~!

 

 

 

早くこんなやくざな仕事やめてやる~~

 

 

 

こんな時間に俺を支えてくれるのはビール・・・お前だけだ

 

 

 

ありがとう。

 

 

Can I get good morrow if I get drunk.