You★Meの今日もはっぴぃDAY

小学校6年生と4年生、4歳児の一男二女との子育てを中心におでかけ、キャラ弁作り…自らの体験で綴る「子育て情報」ブログです♪


テーマ:

地震直後には正しい情報が知りたくて、テレビはつけっぱなし

にしていたけれど、週末を過ぎた頃からは被災した人たちの

現状が映し出されるのと同時に被害にあったご家族の悲痛

な声が何度も何度も…。



耐えられなくなって思わず、テレビを止めました。



私たちの住む街は節電のために閉まっているお店もありましたが、

お洒落に颯爽とベビーカーを押しながらショッピングをする親子も

いたりして、テレビ報道の中の出来事とはかなり異なる気がします。


そして、喫茶店で普通にお茶を楽しむ方も。


もちろん、皆さん それぞれが不安を持ちながら…という気持ちは

変わらないのだと思いますが、なんだか自分の状況が申し訳ない

気持ちでいっぱいになります。


早く、早く助けが必要な方に手が差し伸べられますように…。

多くの命が助かりますように・・・。


心から祈っています。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2008年は○○な年でした ブログネタ:2008年は○○な年でした 参加中



今月、12日に日本漢字能力検定協会

2008年の世相を象徴する「今年の漢字」「変」

決定したと発表しました。




「変」が選出された理由として・・・

(以下、同協会ホームページ

http://www.kanken.or.jp/event/kotoshi.html より抜粋)


2008年は、いろいろな変化のあった「変」の年 


財団法人日本漢字能力検定協会(本部:京都市/理事長:大久保昇)

は、漢字の奥深い意義を伝授する活動の一環として、毎年年末に全国

の皆様に応募していただき、最も応募の多かった漢字を一年の世相漢字

として発表しております。  


本年も11月初旬から12月初旬までの間、2008年を表す世相漢字

「今年の漢字」を全国公募した結果111,208通の応募をいただき、

「変」が6,031票(5.42%)を集めて1位になりました。  


応募者が「変」を選んだ理由は、大きく以下5つの理由に分類できます。


1.日米の政治に変化 

日本では昨年に引き続き短期間で首相が変わった一方で、

アメリカでは「change(変革)」を訴えたオバマ氏が次期大統領に

決定したことが大きな理由に挙げられています。


2.世界的な金融情勢の変動 

アメリカのサブプライムローン問題、リーマンブラザーズの倒産を

発端として、世界経済が大変動を起こし世界的金融恐慌が起きた

ことや、株価暴落や円高ドル安などの変動などに関する意見が

多数ありました。また金融不安の影響による派遣切りや内定取り消し

などの雇用状況の変化なども理由に挙げられました。


3.生活に不安を覚えた一年 

餃子、事故米、有害物質入り食品問題などが発覚し、食に対する

安全性について意識が変わったことや、ガソリンの価格変動に

一喜一憂したり、物価が上昇して、生活が苦しい方向に変わった

ことなどが挙げられました。秋葉原の無差別殺人のような凶悪で

変な事件が頻繁に起こったことも、世間を騒然とさせました。


4.世界的な気候異変 

世界的な気候異変による地球温暖化問題が深刻化したこと。

また日本の東北地方、中国四川省の地震をもたらした地殻変動

やゲリラ豪雨にみられる天変地異に関心が集まりました。


5.明るい未来に期待をこめて 

平成生まれのスポーツ選手の活躍や日本人のノーベル賞受賞など、

様々な分野で時代のいい変化を感じました。



いい意味でも悪い意味でも変化の多い一年でしたが、明るい未来に

向かって、世の中や自分達が新たに変わっていく年であり、

これからも変わっていきたいという気持ちを込める意見が目立ちました。




・・・との事ですが・・・実は私も先月、別の場所で同様に2008年を

振り返る言葉を漢字一文字で表すと????

ということを尋ねられて、実は・・・「変」を答えていたんですよ。



そして、その理由は日本漢字能力検定協会

が発表されていることに類似していました。


最も、個人的な意見を述べてしまえば、この「変」も単に

「なんか変な1年だったよね・・・」

と言い放ってしまうのではなく、

「じゃあ来年はいい方向に

変えよう!」とポジティブな意味が強かったんです。にひひ



実は、昨晩も大学院の忘年会での飲み会があったのですが、

繁華街はなんだか換算としていて、クリスマスも近いというのに

浮かれ気分で飲んでいる人が少ないんですよね。



かつてなら、連日飲み会で盛り上がっている時期なのにね。ドクロ



来年の今頃は明るい話題でニュースが盛り上がってほしいものです。




余談ですが・・・母は

日本漢字能力検定協会 の存在を息子の

小学校で行われる漢字検定の存在で知ったのでした。



子育てで学ぶことが多い母です。汗





さて、今日も母は大忙しな1日です。

がんばるぞ!グッド!





AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先月「公園の遊具が消える悲しさ・・・ 」というタイトルで

次々と遊具が撤去されることについての寂しいと思う記事を

書きました。




そこで、幼稚園には回転遊具があることを明記しているのですが・・・



先日、その回転遊具の接続部分に不具合が見つかったそうで、現在

は撤去されてなくなってしまいました。しょぼん



昨今は公園に同様の回転遊具の姿を見ることがなくなったこともあって、

園長先生は何が何でも同様のタイプの新しい

回転遊具を取り付けるつもりだったらしいのですが、

なくなった今、逆に落ち着いて冷静になって様々な遊具

を見ているそうです。




子どもは危ない遊具ほど、楽しんでやりたい傾向がありますね。



私は今も回っている扇風機に鉛筆を入れたくなる衝動にかられます。


もちろん、大人なのでしませんけどね。にひひ




幼稚園は教会の中にあるのですが、「日曜学校や宗教

行事の際に遊具で遊ぶ子どもがいる

ことも他の遊具を見ている理由の一つ」

と園長先生はおっしゃられていました。



確かに、幼稚園の先生方のいない場所で遊ばれる危険性をも

考えなければならない運営者としての責任もありますよね。

特に教会は開かれた場所ですしね。


この問題、なかなか難しいですね。


私は「遊具の整備責任は自治体」、

「乗って怪我をするしないは親の責任」

とずっと思っていたのですが・・・



そう簡単にパキッというふうに

分けられないのが今の時勢なの

かもしれません。



先生のお話を伺っていて思いました。かお

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


昨日の土曜日は父は仕事&後輩の結婚式に出席で

留守だったので、子ども二人とまったり公園で過ごしました。



二人でシーソー。

兄妹で遊べるようになるなんて・・・母感動。(^^)



娘はブランコ立ち漕ぎもうまく、さすが保育園児。

教えていないのにね。(^^;



でね、昨日久々に行った公園。

タコ型の滑り台だけでなく、飾られているオブジェにいっぱい

落書きが書かれていました。


公共の施設を大事にしないの、本当に不愉快です。


子どもも大人もひと時の休息を求めて公園にくるのだと

母は思っています。


休息の場所が汚いと心まですさんでくるような気がします。むっ




励みになります!どうぞクリックしていってくださいね!

 育児日記ランキング兄妹2児のママ  子育てブログランキング

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
20060625155319.jpg


子どもってバスが大好きですよね!

平日は混んでいることもあって、なかなか子どもと乗車する機会がない

バスですが、休日なら周りの人に気がねなく乗ることができますね。


子どもにとってはちょっとした冒険気分かな?(^^)


ところで・・・


久々に都バスに子連れで乗って、ベビーカーについての

利用についての考え方が変わっていたことに気づきました。



HPを見ると今年に入って変わっていたのですね。

知らなかったです。


『ベビーカーをご利用のお客様へ
「お子様を乗せたままでも、ご利用いただけるようになります」』


都営バスではベビーカーについては、折りたたむことを基本として

お願いしてまいりましたが、このたび、お客様の自己責任により

車内が混雑していないときに、補助ベルトの固定を要件として、

お子様を乗せたままでも、ご利用いただけるよう取扱いを変更

いたします』




詳しくは・・・

都バスのHP(ベビーカー利用に関する記事) を見てくださいね!



息子がまだまだ小さい、今から4年くらい前、都バスのバス停がすぐ

近くだったこともあり、比較的バスに乗ることの多かった母。



たくさん荷物を持っていて、子供が寝ているのに、ベビーカーを

折りたたむことを言われる経験を何度かして・・・




その後、バスにはあまり乗らなくなりました。

どこに行くのもタクシー使用が多くなり・・・



いつしかベビーカーも使用しなくなりました。



抱っこの方が精神的に楽なのでね。(^^;



娘が生まれて、ベビーカーを使用する機会が激減し・・・

気づくと娘はベビーカーは1年くらいだけの使用でした。




あれから4年・・・

少しずつ子育てに社会は優しくなっているのでしょうか。



そんなことを考えたバスの旅でした。(^^;




励みになります!どうぞクリックしていってくださいね!

   育児日記ランキング兄妹2児のママ  

子育てブログランキング   

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

昨日の午前中、母は大学で行なわれた修士論文の中間発表で

出かけ、午後は主人が仕事でおまけにお天気が雨だったことも

あり、子供たちはずーーーーと家の中で過ごすことに。


雨だろうが、何だろうが、元気いっぱいの子どもたちは体力を

もてあましていて、」「どうしたものか・・・」と思っていたら、

嬉しいことに昔、母が一緒にお仕事をしていたお友達家族全員で

遊びにきてくれたんです。


再び会えたことも嬉しかったけど、子どもたちの気分転換にもなるし

「やったーーーー!」って感じでした。ニコニコ


実は母、午前中の論文発表では指導教授との息が合わず、

副査の先生から「先生、納得していたんじゃないの?」

と後から突っ込まれる始末。


だって、指導教授、話していたことすぐ忘れちゃうんだもの~!むっ


だから母、結構落ち込んでいたので、友人家族の訪問は

すっごく感動したグッドタイミング的出来事でした。

よかったら・・・お友達ブログも訪問してね!



っで!

日が変わって今日、日曜日。


夜はね、父方の祖父の家でお食事だったのですが、昼間がね

何も予定がなかったので久々に親子ビクスに行ったんです。


そしたらね・・・なんと私たちだけ!

・・・つまり3人だけ・・・。ガーン


しかもそこで主催者から打ち明けられたこと・・・

「残念ながら今日でおしまい・・・。」しょぼん




聞くと1年間は行政から助成金がもらえるので、

行なってきたがこの4月からは実費。



しかし、4月になって現在まで開催された5回のうちのうちの


3回がなんと!たった1組だけの参加。

なので、残念ながら今日で終わりにせざるを得ないとの事でした。


確かにに、いい企画なのだけに、「なぜみんな参加しないのぉ~!」

っていう思いはあったけど、正直参加を促す主催者側の努力が見られ

なかったことも事実。


「2歳児までを対象をするなら平日開催がベストだと思います」

とか「ワーキングママの子どもを対象にするなら、土曜日開催も

視野に」とか「いつきてもいい」じゃなく、「3ヶ月開催」で行なう

などなど・・・会の継続のために結構、色々お話してきたんですよね~。


だって、「いつきてもいいんですよ・・・」って言われると

結構出席していた我が家でも「気づくと2ヶ月行かない・・・」

なんてことになっているのだもの。


でも、主催者は「無理強いするものではないと・・・」との事。


なんかね・・・

このあいまいな姿勢こそが「公立学校進学者減少

と私立学校希望者の増加」

につながるような気がしてならなかった母です。パンチ!



励みになります!どうぞクリックしていってくださいね!

   育児日記ランキング兄妹2児のママ  

子育てブログランキング   

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:


最近、「児童虐待を見つけたら児童相談所へ」

といった内容の政府広報のCMを見かけるようになりました。


「みたことないよ!」って方は是非こちら からどうぞ!


今日はお仕事の関係で「児童自立援助ホーム」 という

「乳児院」「養護施設」を出ても自立できず行き場のない子供や

「少年院」「自立施支援施設(かつての教護院)」を出ても親元に

戻れない子供など・・・精神的自立を援助する「新しい家」とも

言えるホームを運営する人々の代表者に会いました。

興味のある方はこちらを見てね!


実はこの方に会うのは、今回で2度目。

しかもこの間、2年近くの月日が流れています。

でも、お電話では何度も話をしてきたんですよ。(^^;


実は自分の子供(現在4歳のなる息子)を身籠った時

「私は虐待をする母親になるのではないか・・・」という懸念

から私の意志とは別の、自分の子供を守るために色々調べて

いた中で見つけた事柄でした。


ご存知の方も多いと思いますが・・・・

私は元々某メディアで仕事してきました。


そして私の表現方法は等身大の目線であること。

そして、自分の目で見て聞いたものしか信じない。

それが絶対条件。(^^)


ということで、独身時代はいろんなジャンルでガンバル女性に注目!

そして母となった今、やっぱり気になるのは日本中、いや世界中の

子供たちの幸せな未来。


なかなか子育てをやりながら、大学院の勉強もあり、

思ったように仕事はできませんが、やれることからコツコツと・・・。


人生は折り返し地点にきてしまいましたが・・・

いや!まだまだ半分ある!!

・・・といういうことで・・・「がんばらなきゃ!」っと、

改めて思った今日一日でした。


今日は思いっきり私信的な内容で失礼致しました!

・・・っていつもか。ぷぷぷ・・・。


励みになります!どうぞクリックしていってくださいね!

   育児日記ランキング兄妹2児のママ  

子育てブログランキング   

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

来週、帝王切開で出産を控えているかつての仕事仲間の

お家を昨日、尋ねました。


私は彼女を結婚式で見た以来だったので、お会いするのは

本当に久しぶりで、3年以上の月日が過ぎたのではないかな?

と思います。

彼女は一緒に仕事をしていた頃と全然変わってなくて・・・

でもしっかりママになっていました。(^^)


彼女も私もブログの読者なので、この記事読んでいるかな?(^^;

さ○○○、昨日はお邪魔しましたぁ~!(と私信ですみません・・・)


話を戻して・・・

彼女は現在、2歳の娘さん(我が家の2番目と同級生です!)のママ

でもあり、教職者です。

私と一緒にしていた仕事を辞めた後に「児童養護施設」で働いてきました。


ご存知の方も多いかと思いますが・・・

数年前の児童福祉法の改正に伴い、地方自治体の責任下である

児童相談所や児童福祉施設などの児童虐待対策への措置範囲が

広くなっています。


今までは虐待をしてい事実がある親でもその親から

「子供を返してほしい」と言われると、従わねばならない状況下でした。

それが、「NOと言えるようになった」と説明すればわかりやすいでしょうか。


つまり、「子供を親の所有物として見る」考えから「一人の人間として見る」

考えに移ったと言えるでしょう。


「あたりまえじゃん!」と思われることですが、法律改正が行なわれていない

頃は、親に「子供を返せ!」と要求され、家に戻し・・・そのために虐待死をした

子供も多いのです。本当に悲しい出来事です。

(児童虐待防止対策に興味のある方は詳しくはこちら をみてね!)



そういえば、今月16日の朝日新聞で児童虐待についての統計が発表されて

いましたが、ご覧になりましたか?以下は記事からの抜粋です。


「昨年1年間に両親など保護者から強姦(ごうかん)など性的な児童虐待を

受けた18歳未満の被害者は前年より17人増の56人に上り、統計が残る

99年以降で最多だったことが16日、警察庁のまとめでわかった。

児童虐待全体は229人で前年より10人減ったものの高い水準が続いており、

警察庁は「児童虐待への関心が高まり、表面化しにくかった被害が明らかに

なっている」と分析している。

 まとめによると、摘発された児童虐待事件は222件(前年比7件減)で、

242人(同11人減)が検挙された。死者は38人に上った。 」

(警察庁発表の元記事はこちら



彼女が話していたことで、大変興味深く、「やっぱりそうなんだぁ~」

思ったことがありました。


それは「ママたちが勉強熱心なこと」


特に教育学については教育学部を卒業して、しかも教職の資格を

持つ彼女でも知らないことを知っているというのです。


「モッテソーリ」や「シュタイナー」などの教育メソッドはあたりまえ。

他にもこんな先生がいて・・・という話が出るんだそうです。


片や児童虐待で死んでいく子供たちが増えていく中、

片や多くの愛情を受ける子供たちがいる不思議な世の中。


また、少子化に伴い、出産の形もより贅沢に、より優雅になっています。


私は最初の子供が卵巣脳腫があって逆子だったために

脳腫の摘出を兼ねて帝王切開で出産をしました。


私が出産した病院は当時、工○静○の第一子出産で騒がれた病院で、

担当医はその後、松○菜○子や広○涼○の担当医も勤めたことから、

一時期女性週刊誌に大変取り上げられていた方でした。

無痛分娩で有名な病院でもあります。


確かに、先生は帝王切開の手術は上手で、脳腫と子供とを一緒に

取り上げ(?)傷口もびっくりするくらい小さなものです。


息子の出産は35歳なので、いわゆる高齢出産ってやつですね。


でも、やはり二人目は自然出産をしたくて、別の病院に転院。

某病院の女医先生のおかげで、娘を自然分娩で出産しました。


二度目のお産とは言え、最初のお産は産道を通したものでは

なかったので、出産にかかった時間は初産のごとく・・・。

「すぐに生まれるわよ!」との助産婦さんの励ましも空しく(?)

娘が外に出てくれたのは陣痛でいきみだして12時間が過ぎた頃でした。


担当医も諦め、帝王切開の手術の準備をしていたら、観念したのか

出てきた感じでした。(^^;



でもね、今となってはどんな出産方法でも関係ないかな・・・

って気がしています。


確かにあの瞬間は「どこで生むか」「どうやって生むか」が私にとって

最大の関心事でした。


でも日々、子供たちと生活をしていくことで、そのたった数日間のことよりも

大事なことがいっぱいあるような気がしているのです。


はたった2年前のことですが、あの出産も遠い昔の想い出に

なりつつあります・・・。



私は自分が母親になって、他人の子供もかわいいと思えるようになりました。


そもそも私は子供が大嫌いで、自分の子供が生まれると児童虐待をする

母親になるのではないかと懸念していたほどです。


私はより多くのママたちに自分の子供を通じて、この世に誕生した全ての

子供たちの幸せを考えるようになってもらえたらなぁ・・・と思っています。




二人目も女の子だとわかり、がっかりする友人に「三人目を・・・」と促すと・・・

「何人子供を育てるのはいい!でも妊婦だけはもうイヤ!」

確かに・・・。



私も娘の妊娠中は、辛かったです。

仕事&子育てで妊娠中毒症にもなったしね。


なんか今日は久々に友人と会って、取り留めなくたくさん話をした

余韻が残っていてまとまらない文章に・・・

お許しください!



励みになります!どうぞクリックしていってくださいね!

   育児日記ランキング兄妹2児のママ  

子育てブログランキング   


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日で娘の通う公立保育園はお休みです。

っで、年明けは4日から・・・。


今年は元旦が日曜日ということもあり、どこもお正月休みが

短いと聞きました。

そのせいかな?娘の保育園も4日からスタートなので、

厳密のお休みは6日間


息子の私立幼稚園が約1ヶ月のお休みに比べると

本当に短いお休みです。


こんなところにも私立と公立の違いを見ることができます。



さてどっちがいいのか???



私にはわかりません・・・。



でも、一つだけ言えることは、

「娘の保育園は4日から行かなくてはいけないのではなく、

4日から園が開いているということ」です。



つまり行っても行かなくても、それは自由、

一人一人が決めることができるということです。



それって子育ての大変さを軽減する重要なポイントですよね。



今日の朝日新聞にフランスの少子化対策の記事がのっていました。

何でも3人目を産むと月々10万円以上の援助の他、住居確保など

子供を産めば生むほど裕福になるとの事。


「日本でも取り入れるべきかも!?」

そんなことを考えさせる記事でした。


でも、記事の中で紹介されていた方は6人目を妊娠、

そしてそれぞれの子どもの父親はバラバラとのことでした。


そう、この記事には書いていないことありました。

フランスは非婚夫婦が大変多く、また避妊の考えが元々ない

お国柄ということもあって、産むと収入が増えるこの制度がとっても

うまくいったのかも????


・・・ということが残念ながら書かれてはおりませんでした、確か。(^^;




大学院でメディア研究をしている母ですが、研究が西欧主体であることが

多々指摘されています。少子化対策の研究も西欧模範?(^^;


逆に発展途上国をはじめとするアジア諸国のほとんどが相変わらず

人口は増加中。そのことが指摘されていましたが、子供が増えるのは

単に「性教育の不勉強」と「就業場所の不足」だけが要因なのかしらね?


そんなことを娘の保育園の終業に伴い考えた今日でした。


そうそう、犬と猫の飼育総数が14歳までの子ども人口を上回っている

そうです。その事の方が、子供が増えないことより深刻かもしれません。



今日もつたない内容をご覧頂きありがとうございました!

←是非、クリック応援お願い致します。


他にもいろんなランキングに参加!

もしよかったらプロフィール欄のところにある色々・・・

ポチッとお願い!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

このところ毎日、栃木県・今市市で殺害された少女のニュース

を目にします。やるせなくて涙がでます。

犯人が早く捕まると・・・心から願います。

本当に身が切られる思いがしますよね・・・。



去年、大学院の授業で「コミュニティマーケティング論」という科目を

履修しました。端的に言えば、その授業では「日本の総郊外化」と

その問題を考えることが課題でした。


授業で使われたサブ的な教科書は先生が書かれた著書

「ファスト風化する日本 郊外化とその病理」というもので

「なぜ不可解な犯罪が地方で頻発するのか」という疑問を

マーケティング通じて検証している本でした。


この本では幼児誘拐や少年犯罪など、かつての日本では

考えられなかったような犯罪が起こりやすい地域を特定しています。


そのポイントは・・・

①高速道路のインターチェンジがある

②ジャスコなどの大型ショッピングセンターがある

③その地方の主要都市ではないこと

④テーマパークやリゾート開発にある意味、失敗している

⑤電車の特急、急行はとまらないが準急はとまる

(新幹線なら「ひかり」は止まらないが「こだま」はとまるという感じ)

⑥基本的に車がないと生活できない


細かく分けるとこんなことが書いてあります。


特に「大型ショッピングセンター」「高速のインターチェンジ」

がある街は要注意なのだそうです。

そういえば、今市市も東北自動車道の今市インターチェンジが

ありました・・・。


興味のある方は是非、読んでみてください。


また、同じ方が↓こんな本も書いてベストセラーになっています。


大変、興味深く胃が痛くなる本です。(^^;


今日もつたない内容をご覧頂きありがとうございました!

←是非、クリック応援お願い致します。


他にもいろんなランキングに参加!

もしよかったらプロフィール欄のところにある色々・・・

ポチッとお願い!


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。