皆さんこんにちは。
連日暑い日が続いていて、連日熱中症のニュース・・晴れ叫び

暑さ指数(WBGT Wet Bulb Globe Temperature )って皆さんご存知ですかはてなマーク
これは、熱中症を予防することを目的として1954年にアメリカで提案された指標ですひらめき電球
日本気象協会等の熱中症情報として連日都道府県別にアップされていますので、ぜひみなさん参考にされてくださいね目
この指標を参考にして、日常生活や運動を気をつけなさいっていうものなんですが、ここ連日、この指数・・・「危険」メラメラが続いております。。。。


 (生活活動の目安)
「危険」気温35℃以上 WBGT(31℃以上)
     すべての生活活動でおこる危険性がある。
     高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。
     外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。

「厳重警戒」気温31~35℃(28~31℃)
     外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。

「警戒」(25~28℃) 
     中等度以上の生活活動でおこる危険性
     運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。

 (運動に関する指針)
「危険」気温35℃以上 WBGT(31℃以上)
     運動は原則中止 特別の場合以外は運動を中止する。
     特に子どもの場合は中止すべき。

「厳重警戒」気温31~35℃ WBGT(28~31℃)  
   熱中症の危険性が高いので、激しい運動や持久走など体温が上昇しやすい運動は避ける。 運動する場合には、頻繁に休息をとり水分・塩分の補給を行う。
   体力の低い人、暑さになれていない人は運動中止。


これはほんの指針の一部分ですが、このようにみなさんがこのような指数を活用して、ご自分の生活に気をつけて体をいたわってあげてくださいねニコニコ


               みかんの丘施設長でした。晴れヒマワリ
AD