ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教

仏教は暗いイメージ、葬式イメージ・・・。
違います!
仏教はお釈迦さまの御教えです。
死んでからの教えではありません!
生きている今、仏教のことを知ってください。
どなたでもお気軽にご一読ください。
ひとっしゃん大僧正

東日本大震災で被災された皆さまに

謹んでお見舞い申し上げます

南無阿弥陀仏 ひとっしゃん


浄土真宗の教えについては、大谷光真ご門主より「浄土真宗の教章(私の歩む道)」として示されています。

ご覧ください。

浄土真宗の教章(私の歩む道)

宗名(しゅうめい) 浄土真宗 ( じょうどしんしゅう )
宗祖(しゅうそ)
(ご開山(かいさん))
親鸞聖人(しんらんしょうにん)

ご誕生(たんじょう) 1173年5月21日 ( 承安(じょうあん) 3年4月1日)

ご往生(おうじょう) 1263年1月16日 ( 弘長(こうちょう) 2年11月28日)

宗派(しゅうは) 浄土真宗本願寺派(じょうどしんしゅうほんがんじは)
本山(ほんざん) 龍谷山(りゅうこくざん)  本願寺(ほんがんじ) (西本願寺(にしほんがんじ) )
本尊(ほんぞん) 阿弥陀如来(あみだにょらい) (南無阿弥陀仏(なもあみだぶつ))
聖典(せいてん)
  • 釈迦如来(しゃかにょらい) が 説(と) かれた「浄土三部経(じょうどさんぶきょう)」
    『仏説無量寿経(ぶっせつむりょうじゅきょう)』 『仏説観無量寿経(ぶっせつかんむりょうじゅきょう)』 『仏説阿弥陀経(ぶっせつあみだきょう)』
  • 宗祖 親鸞聖人 (しゅうそしんらんしょうにん)が 著述(ちょじゅつ)された 主(おも)な 聖教(しょうぎょう)
    『正信念仏偈(しょうしんねんぶつげ)』 (『教行信証(きょうぎょうしんしょう)』 行巻末(ぎょうかんまつ)の 偈文(げもん))
    『浄土和讃(じょうどわさん)』 『高僧和讃(こうそうわさん)』 『正像末和讃(しょうぞうまつわさん)』
  • 中興(ちゅうこう)の祖 (そ)  蓮如上人(れんにょしょうにん) のお手紙(てがみ)
    『御文章(ごぶんしょう)』
教義(きょうぎ) 阿弥陀如来(あみだにょらい)の本願力 (ほんがんりき) によって 信心(しんじん)をめぐまれ、 念仏(ねんぶつ)を 申(もう)す 人生(じんせい)を 歩(あゆ)み、この世 (よ)の縁 (えん)が 尽(つ)きるとき 浄土(じょうど)に 生(う)まれて 仏(ぶつ)となり、 迷(まよ)いの 世(よ)に 還(かえ)って 人々(ひとびと)を 教化(きょうけ)する。
生活(せいかつ) 親鸞聖人(しんらんしょうにん)の 教(おし)えにみちびかれて、 阿弥陀如来(あみだにょらい) の み心(こころ)を 聞(き)き、 念仏(ねんぶつ)を 称(とな)えつつ、つねにわが 身(み)をふりかえり、 慚愧(ざんぎ)と 歓喜(かんぎ)のうちに、 現世祈祷(げんぜきとう)などにたよることなく、 御恩報謝(ごおんほうしゃ)の 生活(せいかつ)を 送(おく)る。
宗門(しゅうもん)

この宗門(しゅうもん)は、 親鸞聖人(しんらんしょうにん)の 教(おし)えを 仰(あお)ぎ、 念仏(ねんぶつ)を 申(もう)す 人々(ひとびと)の 集(つど)う 同朋教団(どうぼうきょうだん)であり、 人々(ひとびと)に 阿弥陀如来(あみだにょらい)の 智慧(ちえ)と 慈悲(じひ)を 伝(つた)える 教団(きょうだん)である。それによって、 自他(じた)ともに 心豊(こころゆた)かに 生(い)きることのできる 社会(しゃかい)の 実現(じつげん)に 貢献(こうけん)する。


※ぜひ、ご一読されてご活用ください。

※コピーしてご活用されても結構でございます。

※コピーされる場合は、一声ご報告お願いします。

コピーの方法

コピーしたい文字にカーソルをおき、横に伸ばす。

青くなるので、右クリック。

そして上から3つ目のコピーをクリック。これで終了。

貼り付けたいところで右クリック。

簡単なので、みなさんもどうぞ。

そして上から4つ目の貼り付けをクリック。これで終了。





テーマ:


学歌作製委員会 作詞 / 山田耕筰 作曲


1. 永久に揺がぬ みのり聞き
寄する思想の 波しずめ
久遠の光 まどかなる
真理の大樹 栄ゆけば
見よ黎明の 空澄みて
吾等が学府 光輝あれ .


2. 仰げば高き 雪山の
姿をうつす 御教に
おもいをはせて たゆみなく
心をみがく 幾千の
同信の友 相集う
吾等が学府 光輝あれ


3. 世運の流れ 遷るとも
正法萬古 変わりなし
公孫樹の蔭に法幢を
真心こめて 守りゆく
若き学徒の 相集う
吾等が学府 光輝あれ

美しい学歌でございます。
僕も、浄土真宗本願寺派の僧侶になるべく、龍谷大学へ進学したいと思っております。
そのためにはまず、学力を向上せなければ・・・・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

質問

Q、仏教!?古臭いなぁー。そんなん死んでからでいいやないかー。

A、仏教とは釈尊の御教えです。何も古臭くありません。死んでからでは手遅れです。

  現代の仏教は、葬式仏教です。もちろん葬式で宗派に対する興味・関心を持つのは大変よいことです。

  しかし、お寺に気軽にお参りできる、そういう生活を心がけたいものです。

  生きている今、仏教の御教えを知り、ご自分の宗派について知識をつけるべきです。


Q、●●したらバチがあたるで~。

A,よく聞く言葉です。脅し文句にも聞こえますが・・・。

 大いなる慈悲の持ち主であられる仏様は、我々凡夫に対してバチなどあてません。ありえません。

 阿弥陀さまは常に我々凡夫の為にお働きでございます。

 そのお働きに感謝をして、お念仏申しましょう。


Q、やっぱ初詣は神社ー。ご利益ありそうやしなぁ。

A,いいえ。お寺で初詣というのは何もおかしくありません。仏教徒であれば、菩提寺のご本尊に新年のご挨拶を

 するのが正式です。浄土真宗は、神祇不拝・弥陀一仏の御教えです。念仏行者を常に諸天は守護してください

 ます。初詣はお寺に参りましょう。


Q、商売繁盛は●●神社、家内安全は●●神社。

A.よく、祈願の種類によって、さまざまな神社に行ったり、祈願の種類によって、神仏を使ったりする人がいま

 す。これは、神仏に対して大変失礼です。まず、「いつも有難うございます」と感謝をすべきです。

 そして感謝のお念仏を申しましょう。


七五三は神社。

初詣も神社。

結婚式は教会。

葬式はお寺。


日本人はこのように多種多様な宗教とかかわりがあります。

仏教徒であれば、


七五三はお寺。

初詣もお寺。

結婚式もお寺。(仏式がちゃんとございます)

葬式もお寺。


と、このような生活スタイルを目指しましょう。

そして、菩提寺と尊いご縁を結ばれてください。

結婚式は、キリスト教や神道もありますが、仏式がございます。

尊き仏さまの前で、2人で人生を送ることを誓うということは大変仏教徒としていいことです。

仏教徒なのに、キリスト教で愛を誓うというのはおかしいと思いませんか?

皆様の、仏教への興味・関心が高まりますよう期待をします。






皆様からの、ご質問もお受け致します。

コメント欄にてお願いします。

なお、不適切と判断しましたコメントは表示を拒否しますので、改めてご了承ください。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教

説明


・アメンバーについて

基本的にはどなたでも受け付け致します

ただしひとっしゃんが不適切と判断した場合はお断りします予めご了承ください

▼以下のような方は大歓迎です

・仏教仏像お寺宗派などに興味がある方

・浄土真宗の門徒の方

・ご住職僧侶の方

※ひとっしゃんはさまざまな宗派とコミニケーションしたいと考えておりますので天台宗や真言宗など他宗の方でも大歓迎です


・ぺタについて

どなたでも大歓迎です

どんどんお願いします


・コメントについて

どなたでも大歓迎です

ブログ運営の力となるのでどんどんお願いします

※ただしひとっしゃんが不適切と判断した場合はお断りします予めご了承ください


・読者登録について

どなたでも大歓迎です

どんどんお願いします






仏教は暗いイメージ、葬式イメージ・・・
違います!
仏教はお釈迦さまの御教えです
死んでからの教えではありません!
生きている今仏教のことを知ってください
どなたでもお気軽にご一読ください
ひとっしゃん大僧正


もっと詳しく仏教を知りたい方は


公益財団法人 全日本仏教会(全仏) Japan Buddhist Federation


の公式サイトをご覧ください





AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回は「仏教と祈祷」というテーマで書きます。


●各宗派の祈祷について

天台宗・護摩祈祷

真言宗・護摩祈祷

浄土宗・(ほんの一部護摩祈祷寺院有り)

浄土真宗・祈祷は絶対しません、認めません。

臨済宗・大般若祈祷

曹洞宗・大般若祈祷

日蓮宗・木剣祈祷


※上の資料から見て、浄土真宗以外のすべての宗派が祈祷をすることがわかります。


それでは、詳しく各宗派の祈祷について見ていきましょう!







●護摩祈祷ってなぁに~


焚焼(ふんしょう)・火祭りという意味の梵語「homa」を音写したもの。密教で、不動明王や愛染(あいぜん)明王などの前に壇を築き、火炉(かろ)を設けてヌルデの木などを燃やして、煩悩(ぼんのう)を焼却し、併せて息災・降伏(ごうぶく)などを祈願する修法です。


⇒つまり、お寺の本堂で不動明王の尊前などで、檀をつくり、火を燃やし祈祷をすることです。


●護摩祈祷の写真


ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教

ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教

こんな感じです。火の扱いに注意しないと火事になります。


●貴重!浄土宗での護摩祈祷


ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教

これはめっちゃ貴重です。めったに見られません。






●大般若祈祷ってなぁに~


この法要は、導師が説草を唱える合間に、大般若経600巻を複数の僧侶で転読(てんどく)し、地区の安全、五穀豊穣、また地区住民の厄災消除、家内安全を祈願するものです。転読とは、経本を1巻1巻正面で広げ流し読むことで、それによって清らかな”般若の風”が起きるとされています。
また、それぞれの僧侶が、1巻1巻「大般若波羅蜜多経 巻第○○(巻数) 唐三蔵法師玄奘奉詔訳ー!!」と、大音声で経巻数を唱え、最後に「調伏一切大魔最勝成就!」と唱え、締めくくります。


⇒つまり、お経の本をパタパタとするのです。 説明へたでゴメンナサイ。


●大般若祈祷の写真



ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教

ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教

ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教

↑こんなにパタパタするんですよー





●木剣祈祷ってなぁに~


日蓮宗は特殊な木剣祈祷というのを行います。

この木剣祈祷というのは、ある一定の大荒行という修行を成満した僧侶にだけ、秘伝祈祷法を教えます。

ここでは詳しくいいませんが、大荒行という日蓮宗の苦行はとてもつらく、過去には死者も出ています。

木剣祈祷というのは、数珠と木をくっつけて独特な音を出す木剣を使った祈祷法です。


●木剣祈祷の写真



ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教 このような独特の祈祷道具があります。



ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教

ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教

↑こんな風に、日蓮宗の信者さんに僧侶の方が祈祷します。

 とっても迫力のあるご祈祷です。


これでも、ひとっしゃんは分かりやすく全力で説明したつもりです。

みなさんも次のことを注意してください。


注意1.まず、自分の家は何宗か?

注意2.自分の家の宗派は祈祷をするのか?

注意3.どんな祈祷をするのか?


以上のことを心がけることで、仏教や宗派に興味が持てますよー。



















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

『いまささぐ(ささぐみあかし)』
~仏教徒のための祈りの歌~
作詞:神田寺教化部
作曲:林良夫

仏教徒の歌です。
みなさん歌ってみてください。
※この歌のあとに、カラオケも入っています。

いまささぐ このみあかし
まことの道を あかしたまえ
このあかり とわにたえず
つたなき歩み てらしたまえ

いまささぐ きよきこのか
まことのかおり うつしたまえ
このかおり とわにたえず
わがゆくさきに かおりたまえ

いまささぐ このはなたば
まことのこころ さかしたまえ
このはなぞ とわにたえず
われにほほえみ においたまえ


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

アップアップクラッカー
ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教

4月8日は何の日かわかるでしょうか?




実は、




お釈迦さまのお誕生日

なんですよー。


いやー。実におめでたいクラッカーアップクラッカーアップクラッカーアップクラッカーアップクラッカーアップ



もう少しで、4月8日がやってきます。



この日は、国民全員で、お釈迦さまのお誕生日を心からお祝いいたしましょう。




ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教



仏教の開祖お釈迦さまのお誕生日なので、各宗派もそれぞれ法要を行います。



12月24日はキリストさんの誕生日。クリスマスですよね。



仏教徒ならば、クリスマスより、お釈迦さまの誕生日を祝いましょう。



別に、4月8日にケーキを食べてもいいのですよー。ツリーもかざっちゃおーぅ!



それでは、みんなでいいましょう!



はっぴーばーすでぇぃでぇいぁ

お釈迦さまー。

はっぴーばーすでぇぃとぅーゆークラッカーアップ

パチパチパチラブラブ!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【第三章】

善人なおもて往生をとぐ、

いわんや悪人をや。




【第四章】


浄土の慈悲というは、

念仏して、いそぎ仏になりて、大慈大悲心をもて、

おもうがごとく衆生を利益するをいうべきなり。



【第五章】


親鸞は、父母の孝養のためとて、

一辺にても念仏申したること、

いまだそうらわず。




【第六章】


親鸞は弟子一人も

もたずそうろう。


【第七章】


信心の行者には天神・地祇も敬伏し、

魔界・外道も障碍することなし。


【第八章】


念仏は行者のために

悲行・悲善なり。




【第九章】


久遠劫よりいままで流転せる

苦悩の旧里はすてがたく、

いまだうまれざる安養の浄土は

こいしからずそうろう。



【第十章】


念仏には、

無義をもて義とす。





※もっと詳しく知りたい方は、

インターネットや本で調べてください。


「歎異抄」検索




いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

【第二章】

たとい法然聖人にすかされまいらせて、

念仏して地獄におちたりとも、

さらに後悔すべからずそうろう。



 京に戻った親鸞聖人のもとに教えを受けにくる関東の弟子は唯円だけではなかった。法然聖人はいう。「自分の念仏は中国や日本の学僧たちのいう念仏ではない。ただ往生極楽のためには南無阿弥陀仏と申して、疑いなく往生すると思い取るほかに別の子細はない」と。
 この師の言葉は、さらに親鸞聖人から唯円に伝えられたのである。

「たとえ法然聖人にだまされて地獄に堕ちても悔いはない」「なぜなら、他の行ができる人ならだまされたということもあろうが、どんな行もできない自分には、もともと地獄が定めの住処なのだから」という言葉を添えて。

この言葉から、親鸞聖人がどれだけ法然聖人を慕っておられたかがよくわかるだろう。


次回予告

第三章

お楽しみに☆


今日、2011.3.11(日)は、ちょうど1年前に東日本大震災が発生しました。


◎震災被害状況

死者 15854

行方不明 3155

避難者 343935

ガレキ 3県で2253トン

備考

死者,行方不明は310日警察庁まとめ

避難者は223日復興庁まとめ

ガレキは38日環境庁まとめ


今日は、各地で追悼行事が行われました。

さまざまな宗教・宗派では考え方は違いますが、「世界の平安」を願う心はどの宗教・宗派も一緒です。(一部のカルト宗教をのぞく)

わたくし、ひとっしゃんは浄土真宗なので、2時46分に黙とうをしながらお念仏を申しました。仏教の教えで「諸行無常」とあります。なにひとつ変わらないものなどないということです。臨済宗、曹洞宗、黄檗宗などで読まれる「般若心経」にも「空」の教えが説かれています。浄土真宗では「般若心経」は読まないのですが、個人的にはとてもすばらしいお経だと思います。

この大震災をうけ、本当に宗教・宗派同士の団結が必要です。

人を幸せにするのが、宗教の役割であって、

人を不幸にする、金目当て、信者めあての宗教は正しいとはいえません。

いまこそ、本当の意味で、

がんばろう、日本!

がんばろう、東北!

そして、

がんばろう、仏教!


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


【第一章】

本願を信ぜんには、他の善も要にあらず、

念仏にまさるべき善なきゆえに。


唯円が書き残した師の言葉の最初は「弥陀の誓願不思議にたすけられまいらせて、往生をばとぐるなりと信じて、念仏もうさんとおもいたつこころのおこるとき、すなわち摂取不捨の利益にあずけしめたまうなり」である。

「弥陀の誓願不思議」とは、阿弥陀仏の本誓(本願)は人の思慮分別を超えたものであり、本願の働きは神秘であるということ。その本願力に助けられて浄土に往生したいという気持ちが起こり、それを信じることができて、念仏を口にしようと思い立つ心が起これば、「すなわち摂取不捨の利益」をいただく。

摂取不捨とは、阿弥陀仏が念仏の人を見捨てることはないということだ。



次回予告

第二章

お楽しみに☆





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


【異端の信仰を歎く書】

『歎異』は親鸞聖人の寂後、弟子の一人によって著された。

親鸞聖人が弟子に直接語った肉声が記されたもので、なかでも第三章の「善人なおもて往生をとぐ、いわんや悪人をや」という語句は広く知られており、親鸞聖人に関心がない人でも、おそらく聞き覚えがあるだろう。

『歎異』という書名は、冒頭に「ひそかに愚案を回らして、ほぼ古今を勘うるに、先師の口伝の真信に異なることを歎き、後学相続の疑惑有ることを思う」と記されていることに加えて、末尾で「泣く泣く筆を染めて、これを記す。名づけて歎異沙という」とあることによる。師の滅後、さまざまな異端が生じたことを歎き、糺すというのが、この書物の趣旨である。その異端とは「異安心」とも呼ばれる信仰で、おもに関東の門徒のあいだに生まれた。

南無阿弥陀仏 合掌


次回予告

第一章

お楽しみに☆



ひとっしゃん大僧正の現代に生きる仏教
㊤図:宗祖親鸞聖人

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。