幼児日本語教師養成コース

まだコミュニケーションスキルが未熟な乳幼児にどのようにして第二言語の習得をさせていくのかを学ぶコースです。

乳幼児の言語発達やバイリンガルの事を知っていれば、どのように子供に第二言語をアプローチするのか、どのように新しい言語を習得させるのかがわかるはず!


テーマ:
こんにちは‼️って言いつつも夜中です。

日にちが変わりましたが、数時間前にパースの日本語ラジオ番組にゲスト出演しましたおねがい

初めての生放送で、ドキドキキョロキョロしましたが、日本語で話して大丈夫とのことだったので、一安心。

英語でのやり取りかと思い、プロデューサーさんから前もって質問事項をメールでもらい、回答を英語で作成し、カンペとしてスタジオに持参。

でも、オーストラリア人のプロデューサー兼DJの方は、日本に17年くらい住んでいたということで、日本語で問題なく番組が進められました。

出演依頼のお電話を頂いた時には、英語での会話でしたし、メールのやりとりも英語だったので、てっきり番組も英語かと思って構えていたら、日本人のスタッフさんというかパーソナリティの方が「日本語で大丈夫よ~」っておっしゃってくれたので、日本語でお話しました。

公共の電波で私のつたないジャグリッシュを流すなんて、苦情がきちゃう~ガーンってヒヤヒヤ。

友人達にも出演を知らせていなかったのですが、日本語で良いと言われて安心したので、仲の良い友人達にだけメッセージを直前でしました。

夕食準備に忙しい時間だったけれども、ラジオのチューナを合わせて聞いてくれていました。

嬉しいわおねがい

今回、ラジオの出演依頼は、幼児日本語教師とは関係がなくえー、日本人カウンセラーという別の肩書きで出演しました。

ご存知の方もいますが、私はカウンセラーでもあります。

従って、日本の心身症患者の抱えている問題についてや、心身症患者への周囲の反応や対応についてや、日本とオーストラリアの心身症の扱い方の違いなど、お話をしました。

前もって日本とオーストラリアの心身症に関する認識度をはかったリサーチの結果など、参考にと思い、英語で書いて手元に置いていたにもかかわらず、日本語で話しているので、英語の文章が入って来ず、カンペは役に立たなかったショボーン

日本語のカンペも用意しておくべきだった~えーん

でも、専門家としてのお話というよりは、日本人パーソナリティの方とディスカッションという形式だったので、楽しかったです‼️

1時間の番組でしたが、あっという間に終わってしまったびっくり

今度は、幼児日本語教師として呼んでもらえたら良いですね‼️


AD
いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。