Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2011-01-31 11:21:28

エタノールプレス法による崩壊チークの再生

テーマ:●自作コスメ・裏技他
なんか理系論文の題名のようなタイトルになってしまいましたが(ちょっとわざとですw)、
要は、割れてしまったチークを復活させよう!という記事です。


コスメ好きさんなら誰しも一度はプレストされたパウダーファンデーションやチーク、
アイシャドウ等を割ってしまい、困り果てたことがあるかと思います。
かくいう私は、パウダーファンデーションに関しては最後まで割らずに使えたことは一度もありませんw
というか、残り少なくなってきたアレを割らずに使うことって出来るのでしょうか?
誰か教えて下さい・・・・


そのようにして割れてしまったプレスト系コスメをその後どうするかは人によって様々で、
それこそケースバイケースかと思いますが、主に次のパターンに分類されるのではないでしょうか?


1.メンドクサイから捨てる
2.そのまま家で水平保管に徹してなんとか使い切る
3.途中までは2でいこうと頑張るが、ある時突然我慢ならなくなって1になる
4.なんらかの方法でプレスし直す



例えば私の場合、上記の残り少なくなってきたパウダーファンデーションが割れてしまった時は2になります。
また、かつてお気に入りパレットアイシャドウのうちの1色が崩壊したことがあるのですが、その時は3でした。
私がプレスト系コスメの崩壊で困ったことはまだこのぐらいしか無かったのですが、
この度(といっても結構前)、まだかなり残っているお気に入りチークを落として崩壊させてしまったのです。
そしてしばらくは2で頑張っていたのですが、そもそも特定のチークを毎日使うことは無い為になかなか減らず、
そろそろ3になりそうな雰囲気になってきましてwそれも可哀そうだな~と4を考えるに至ったわけなのです。


調べたところその方法にはいくつか種類があるみたいですが、一番簡単なのが”伊東家の食卓方法”。
これは単に崩れたパウダーを粉々にした後ラップをかぶせ、再び力ずくで圧縮してしまおうというやり方ですが、
簡単に出来る半面、やはり脆くて再び崩れ易いのが難点のようです。
そして他には乳液や美容液、はたまたグリセリン等を混ぜてプレスし直す方法があるようですが、
私が今回採用したのは無水エタノールを使ってプレスし直すやり方です。
どうしてこの方法にしたかと言うと、伊東家の食卓法よりは頑丈に仕上がりそうなのと、
無水エタノールなら最終的には全て揮発する為、他の物を使うよりは元の状態に近くなりそうだと思ったから。
それにたまたま?無水エタノールを持っていたからかもしれませんw


そんな私が今回再生させることにしたチークはコチラです↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-崩れたRMK インジーニアスチークス 20
RMK インジーニアスチークス 20 Silver Pink


イイ感じにグズグズですね~。
最初に落とした時は端っこがちょっと欠けてただけなのですが、気付いたらこんなんなってました…。
しばらくはこのまま水平保管で家で使っていたのですが、使うたびに少しずつ周りに粉が散ったりして使い難く、
捨てようとも思ったのですが気に入っている色だし、廃番商品でもあるのでなんとか復活させたく思った次第です。
ちなみにこんな色↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-RMK インジーニアスチークス20 腕

シルバーピンクという名の通り、ちょっとメタリックな白っぽいピンクです。
かなりメタリックなのでこれ単体で使うことはほとんどありませんが、
他のチークに重ねてパール感や立体感をプラスしたりするのに使っています。


そしていよいよ?このグズグズチークの復活手順についてです。


1.別容器に移し、スプーンなどを使ってルース状になるまで崩す

$全てのコスメは美に通ず-ルース状に崩す

容器もスプーンも何でも良いと思います。
洗うのが手間ならラップの上で使い捨てのプラスプーンで崩しても構いませんし、
残り少ないようだったらそのままケースの中で崩しても大丈夫。
要はパウダーをダマ無く均一に崩すことが必要のようです。


2.崩したルース状パウダーを元のケースに移す

$全てのコスメは美に通ず-ケースに戻す

この時、崩れる前のプレストパウダーがだいぶ減っていて少なかったなら問題無いのですが、
そもそもあまり減っていない状態だったとしたら多分溢れます。
なので、少しずつスプーンで掬って移しながら、スプーンの背等でプレスしつつ様子見ながら移動させて下さい。
私の場合も結構ギリギリでした。
多少山盛りに溢れていてもエタノールを注いでプレスしたらきちんと圧縮されて凹んだのでご安心を。


3.無水エタノールをひたひたになるまで注ぐ

$全てのコスメは美に通ず-無水エタノールを浸す

直に注いだら勢い余って溢れたり粉が飛び散ったりしかねないので、
出来ればスポイトに移して注いだ方が良いかもしれません。
私はスポイトが見当たらなかったので楊枝を使い、それに伝わらせるようにして注ぎました。


4.ティッシュで余分なエタノールを吸い取り圧縮

$全てのコスメは美に通ず-プレス後

3の状態を見ると、ティッシュでプレスなんかしたらごっそり粉体ごと持ってかれそうな感じですが、
エタノールを浸したパウダーはしっかり一つに固まっているので意外に大丈夫です。
ただティッシュに皺があるとその跡がくっきリ残ってしまうので、
その辺り気になる方は皺無く綺麗に折りたたんでプレスした方が良いかもしれません汗
何度かティッシュの面を変え、エタノールがほとんど沁み込んでこなくなったら終了、
そのまま2日間ほど蓋を開けておいて乾燥させれば完了です。


ちなみに、ドラッグストアで市販されているエタノールにはいくつか種類があって、主に、


●無水エタノール
●消毒用エタノール
●消毒用エタノールIP



があります。
が、ここで使うにはやはり”無水エタノール”をお勧めします。
と言うのも、消毒用エタノールはエタノールが約20%の水によって薄められているものなので、
完全に乾くのにかなり時間がかかってしまうのです。
水分だけがいつまでも残るとカビや雑菌の心配が出てきてしまいますよね。
その点無水エタノールはその名の通りほぼ100%純粋なエタノールなので、すぐに揮発してくれるので安心です。
また、3つ目の”消毒用エタノールIP”についてですが
(ここから先は以前勤めていたドラッグストアの薬剤師さんや登録販売士の方からの受け売りです汗)、
IPとは”イソプロパノール”という成分のことで、酒税対策の為に添加されているものです。
エタノールはお酒の製造に転用出来ることから酒税(正確には酒税相当分というらしい)がかかっており少々高め。
そこに添加物を加えてお酒の製造に使えないようにし、酒税がかからないようにしたのが、
”消毒用エタノールIP”というわけなんですね。
よってこの”消毒用エタノールIP”がこの中で最も安価なわけですが、
やはりこのケースでは避けたほうが良いように思います。
と言うのもイソプロパノールはエタノールと比較して人体に取って毒性が高いらしいのです。
具体的どう有害なのかとかは私は専門家では無いので詳しくは知りませんが、
まぁ少なくとも化粧品向けではないかなぁ…という風に思います。
つまり、


●消毒用エタノール(エタノールを水で80%程に稀釈したもの)
           …人体への消毒用
●消毒用エタノールIP(消毒用エタノールに酒税対策でIPを添加したもの)
           …人体以外の消毒用(手指程度なら問題なさそう)
●無水エタノール…消毒以外の用途(溶剤や手作り化粧品等)


といった感じで使い分けると良いようです。
ちなみに、エタノール100%の方が消毒効果が高そうですが、殺菌するにはあまりにすぐに揮発してしまうので、
80%ぐらいの濃度が当該部分とエタノールの接触時間が長くなり、最も消毒の効果が高いみたいです。
お値段は高い順に、
 無水(1300円/500ml程度)>消毒用(1000円/500ml程度)>>消毒用IP(500円/500ml程度)
となっております。
この場合価格の半分は税金なのですねぇ…。
でも無水エタノールは1個あると、
頑固な汚れの掃除・手作りコスメ・消毒(水を足せば消毒用になります)と何かと便利なのでお勧めですよ。
個人的にはアロマに使うエッセンシャルオイルのベタベタを拭くのに良く使っています。
ドラッグストアで売られているのはだいたいが500mlだと思いますが、
ネットだともう少し少ない量で販売されているのも見かけましたので探して見ると良いかもしれませんね。


なんか後半エタノールについての記事になってしまいましたが…。
このようにして無事復活したチークは今のところ特に崩れたり使い難いということもなく、
とても快適に使用出来ています。
もっと早くやっておけば良かったな~汗2
AD
いいね!(5)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。