Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2012-06-20 12:37:09

シュウウエムラ ブライトニング ジェントル クレンジング オイル

テーマ: ┣クレンジング・洗顔
クレンジングはここ2年ほど、THREEのジェントルクレンジングオイルを愛用しています。
”リフレッシング”と”エンリッチング”の2種類あるのですが、どちらも肌に合っているみたいなので、
季節や気分によって使い分けながらずっとリピートしていました。


で、先日、その愛用クレンジングが切れそうだったので仕事帰りに大丸へ。
「仕事帰りにデパートのコスメフロアでお買い物なんて、なんという憧れのシチュエーション(´∀`o)
と、田舎者丸出し&浮かれポンチの私は特に何も考えずにフロアをウロウロしていたのですが、
しばらくしてやっと気付いたんです。


THREEカウンターが無いということに!


愕然として、
「そもそも札幌に上陸していないとか?」
「いやいや、そんなことは無いはず…」
「ということは大丸以外のデパート?」
「東急や三越では無いだろうから(失礼)丸井今井かー?」
と一人で勝手に思考を巡らせていた私。
慣れない仕事上がりで疲れていたこともあり、なんかもう調べるのすら面倒だったし、
もし丸井今井だったとしても(結果正解でしたが)とてもそこから行く気力は無く汗
でもクレンジングは早急に欲しかったのでTHREEは諦めて急遽路線変更することに決めました。
で買ったのがコレです↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-ブライトニング ジェントル クレンジングオイル
シュウウエムラ ブライトニング ジェントル クレンジング オイル 150ml


シュウのクレンジングオイル、ようやく買いました。
メラニンを含む古い角質をオフしてくれる、ブライトニング効果があるものです。
ボトルはブルーですが、中身は普通の透明なサラッとしたオイル。
フローラル系のふんわり柔らかな香りがします。
THREEのクレンジングオイルは精油の香りながらも結構強い香りがするのに対し、
こちらは人工的だけれどずっと穏やかな優しい香りで、これはこれで好きですラブ


実はシュウのクレンジングオイルは以前から気にはなっていたものの、
種類があり過ぎてどれが良いのか全く分からなかったのと、
なんとなくシュウのカウンターに苦手意識があったので、なかなか使うキッカケが無いままだったんです。
そんな中、この流れはシュウに行けというお告げかもしれないと(?)意を決して行ってみたのですが、
今回はとても素敵なBAさんが丁寧に接客して下さり、楽しくお買いもの出来ました。
苦手意識払拭された!(←単純)


カウンターに近付いたらすぐに可愛いBAさんが声をかけてくれたので、
「クレンジングが欲しいけれど、どれを使ったら良いのか分からない」
とそのまま伝えたところ、一つ一つ丁寧に全種類の特徴を教えて下さり、肌悩みから、
2種類(ピンクのフレッシュタイプと今回購入したブルーのブライトニング)をピックアップしてくれました。
フレッシュタイプのピンクのもボトルが可愛かったけれど、
ブルーの方は不要な角質を除去してくれるブライトニング効果があるとのことだったので、
どうせならそういった+αがある方が良いかな~と思ってそちらに決定キラキラ
ちなみに、初めてなのでとりあえずお試しということで小さいサイズ(150ml)にしましたが、
今まで使っていたTHREEが200mlであったことを考えても十分に使い応えのある量だと思います。
もちろんリピートするなら大きいサイズの450ml(デカっ!)の方がお得ですね。


$全てのコスメは美に通ず-ブライトニング ジェントル クレンジングオイル

シュウのクレンジングオイルはほぼ初めてということで
(正確には10数年前、今みたいに何種類も無かった頃に使ってたけど)、
しっかり使い方をレクチャーして頂きました。
手の甲にファンデーションや口紅をガッツリ塗られた上から、
2プッシュ分のオイルをかけ(顔には4プッシュだそうです)、
メイクが浮いてきたらくるくる馴染ませ、適量の水でしっかり乳化させてから洗い流すという感じ。
乳化とか普段チョーテキトーにやっていたのですが(THREEのはあんまり乳化しない)、
シュウのクレンジングオイルは乳化がポイントなんですよね。
あんなにガッツリ塗られたファンデや口紅もほとんど力を入れずに、
あっという間に全く残らず綺麗に落ちていたのはさすがだなぁと思いました。
再現↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-ブライトニング ジェントル クレンジングオイル

適当に手元にあったコンシーラーと落ち難い口紅を塗った上からオイルをかけてみました。
結構ゆるめのサラサラ系オイルなので、すぐにタラ~っと流れてしまうのですが、
じわじわとメイクが浮いてきている感じがお分かり頂けるでしょうか(写真上)。
少ししたら撫でるように軽く馴染ませると面白いようにメイクが溶け(写真下)、
あとは乳化させて洗い流せば綺麗さっぱりです。


まぁオイルですから、このぐらいのメイクを落とせるのは当然と言えば当然なのですが、
こちらの優れているところは、とにかく力が全く要らない点とスピーディーに落とせる点かと思います。
それは単にラクというだけではなく、結果として肌への負担も少なくなるということなので、
とても重要なことなんですよね。
また、某クチコミサイトや他の美容ブロガーさんの記事を拝見していると、
アイメイクもこちらで落としている方が結構多いみたいで、
いかにクレンジング力に優れているかが分かるかと思います。
ちなみに私は、普段アイメイクはポイントメイクリムーバーで先に落とす派ですが、
試しにこちらで一緒に落としてみたところ、マスカラと際のアイラインが落ち切らずに、
下瞼がうっすら黒くなってしまいました…ガクリ
多分、私が、目にクレンジング剤が入るのが怖くてギュッと瞑ってしまう為に、
目の際まで馴染ませられないのと落ち具合を確認出来ないのが問題なんだと思うのですが、
あのオイルって、目に入っても大丈夫なのでしょうか?
皆様、一体どうやって際までしっかり落としきっているのか知りたいです…。
まぁそんなわけなので、私はやっぱりアイメイクは専用リムーバーで落としてから、
こちらで全顔クレンジングというように使っています…。
でもこれ1本で全て落とせたらラクチンですよね~。


$全てのコスメは美に通ず-ブライトニング ジェントル クレンジングオイル

また、シュウのクレンジングオイルは全てW洗顔不要とのこと。
そう言われれば昔使ってた時からそうだったかもしれない…と思い出したのですが、
オイリー肌の私にとってそれはちょっと抵抗があるので、以前も今も基本的にはW洗顔はしています。
ちなみに、試しにW洗顔なしで洗ってみたところ、
特に気持ち悪いとか何か肌の状態が悪くなったということもなかったので、
あくまで気分の問題で、面倒な時とか温泉に行った時とかに便利かもしれません。
むしろ洗顔しない分洗い上がりがしっとりするので、乾燥が気になる方にも良いかもしれませんね。
でも私はやっぱりW洗顔はしたいかなぁ。


そして今回もう一つ驚いたことがあって、このオイル、なんと朝の洗顔にも使えるとか。
このブライトニング以外のも使えるのかは聞き忘れてしまったのですが汗
少なくともこちらは普通に朝の洗顔フォームの代わりに使えるそうで、
夜の間に出た皮脂や汚れがオイルで綺麗に落ちて、メイクのノリが良くなるんだそうです。
もしかしてこれって常識だった!?
私、とっても驚いたのですが…。
というわけでこれも恐る恐るやってみたのですが、これまた普通にイイんです。
言われてみると確かにいつもより肌に透明感やハリが出てメイクのりも良いような…。
テカリ出すのも遅かったように思います。
ただ、どうしても洗い流すのに普通の洗顔より時間がかかってしまうので、
たまになら良いけど、毎朝使うのはちょっと難しいかな…と思いました。


そんなわけで、つまりこちら。
1本でポイントメイクリムーバー&クレンジング&洗顔の3役をこなしてくれる優れ物。
でも私は先述の通り、日々のケアでは、普通にポイントメイクリムーバーも使うし、W洗顔もするし、
朝は朝用の洗顔剤で洗い、こちらはあくまで全顔のクレンジングのみに使うことになると思うのですが、
ちょっとした旅行の時などにはこれ1本持って行けばOKなのでとても便利だと思います。
特にこの150mlサイズはボトルも細くて嵩張らないので携帯に良さそうですよね。


ちなみにブライトニング効果の程はなんとも…と言ったところですが、
他のクレンジングと比べて洗い上がりがツルツルするような気がするので、
古い角質とかは綺麗に落とせているのかなぁと思います。
まだ使い始めたばかりなので、長く使い続けたらもっと良いことありそうな予感。
AD
いいね!(3)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011-11-14 16:21:45

シャネル デマキヤン ユー アンタンス

テーマ: ┣クレンジング・洗顔
何度も書いているけれど、私は目の周りの皮膚がとても弱く、
ちょっとでも合わないものを使うと痒くなったり赤くなったりしてしまうんです…。
もちろん目の周りというのは誰しもデリケートな部分ではあると思いますが、
私の場合、どうも何らかの成分にアレルギー反応のようなものを起こすようで、
本当に合わないものはどう頑張っても使えないという…。
特にアイラインやマスカラには弱くて、30%ぐらいの確率でかぶれますガクリ
一度かぶれると、目の際にプツプツした赤い物が出来たり蚯蚓腫れみたいになったりしてめちゃ痒く、
2~3日は治らずアイメイクもままなりません。
でも昔からそうだったわけではなく、元々は何を使ってもびくともしない鈍感肌が自慢だったぐらいでした。
ところが3年前の秋、それまで普通に使っていたリキッドアイライナーで突然かぶれ、
その時はまさかそのアイライナーが原因とも思わずだましだまし使っていたらどんどん悪化。
しまいには皮膚科通い&ステロイドで半年以上もまぶたを赤く腫らし、
アイメイク出来なくなってしまったという暗~い過去があるんです…どよーん
だからもう2度とあんな思いはしたくなくて、それ以来アイメイク関係にはかなり慎重になっています。
まぁそれでも今は使えるアイライナーもマスカラも見つかっているわけだし、
アイシャドウとかだってこれだけ色々使えれば御の字だと思うんですけどね。


そして、アイライナーやマスカラほど劇的に合う合わないがあるわけではありませんが、
いわゆる2層式のポイントメイクアップリムーバーも乾燥して赤くなってしまうようになったので避けていました。
当時はまだ合うマスカラも見つけられずに完全につけまつ毛派となっていたこともあり、
特に2層式の強力リムーバーである必要もなくなっていましたしね。
一度つけまつ毛の魅力にハマってしまうとこれがなかなか抜け出せず、
「もうマスカラなんてしないかも~」
なんてつい最近まで思っていたものですが、なんとなく思い立って手持ちの数少ないマスカラを試してみたら、
これがすごく新鮮で魅力的に感じてしまい、現在マスカラを色々探している最中だったりします。


前置きが長くなりましたが汗
そんな感じでマスカラを使うようになって真っ先に困ったのがリムーバー。
最近の強力WPマスカラは愛用のロゴナじゃビクともしない。
というわけで、手元にあったサンプルで好感触だったこちらを購入しました↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-シャネル デマキヤン ユー アンタンス
シャネル デマキヤン ユー アンタンス


これまた今更私なんかが書くまでも無い程の超ロングセラー商品ですよね。
昔2層式リムーバーを使っていた時から気になっていたものではあったのですが、
安くてそこらで買える資生堂のものをリピートしていた私にとっては高嶺の花でしたw
ですが資生堂のは乾燥してすぐに赤くなるようになってしまったので、
今回はお値段関係無く、とにかく刺激の少ないもの…という条件で探したところ、
やっぱりこれが一番良さそうかなと思ったのです。
とは言っても、たまたま手元にあったNARSのリムーバーのサンプルとこちらのサンプルを使い比べたのと、
@cosmeでの情報のみで決めたのですがw


$全てのコスメは美に通ず-シャネル デマキヤン ユー アンタンス

上の透明な層は高純度のオイルからなっており、メイクを優しく落とす働きが、
下のブルーの層はローズ抽出物とコーンフラワーウォーターが配合され、
素早く肌を鎮めてリフレッシュさせる働きがあるそうで、良く振ってから使います。
ローズ抽出物の影響かは分かりませんが、ほんのりとローズの香りがします。
どうでも良いですが、この手の2層式リムーバーってどうして下層はブルーなのでしょう?
別に着色料とかはそれほど気にならないのですが、ピンクや緑じゃダメなのかなぁといつも思いますw
まぁ入ってないならそれに越したことは無いかな(ルナソルとかは透明だったような?)。


$全てのコスメは美に通ず-シャネル デマキヤン ユー アンタンス

口はこんな感じでドバっと出ないようきちんと中蓋が付いているのですが、
容器が柔らかめのプラスチックだからか、持つ時にどうしても指で押してしまうらしく、
気を付けないとドバドバと出てしまうので要注意。
私だけ?


肝心の落ち具合は、アイシャドウやアイライナーなんかはもちろんするっと簡単に落とせますし、
難関のWPのマスカラも少し時間をおいて馴染ませれば問題無く落ちる感じでしょうか。
今まで使ったことのある2層式リムーバー(資生堂、メイベリン、NARS)とほぼ同程度かそれ以上だと思います。
WPマスカラといってもまだマジョマジョのラッシュエキスパンダーとヘレナぐらいでしか試していないのですが、
どちらも落ち難いことで知られているのでだいたいのマスカラがこちらで落とせるのでは?
ちなみに以前資生堂のものを使っていた時は毎回必ず2~3本の睫毛が抜けていたのですが特にナシ
こちらはほぼ抜けることは無いので、そういった意味でもこちらの方が落とし易いんじゃないかと思っています。


それともう一つ。
個人的に最も重要な、”乾燥しない・赤くならない・痒くならない”という点ですが、
やはりオイルだけで出来たロゴナのリムーバーに比べたら多少の乾燥は否めないものの、
今まで使ったことのある2層式のリムーバーの中では最も良いです。
資生堂のとかだと、すぐにカサカサして粉拭いて痒くなって赤くなるパターンなのですが、
こちらなら長時間放置とかしなければそういったことは一切ありません。
ちなみに、最初にサンプルで比べたNARSは多少乾燥を感じたのでシャネルに決めたという感じです。
ただ、念には念を入れて、面倒でもマスカラはこちらで落とし、
その他のアイメイクはロゴナで落とすようにした方がより調子が良いので、基本的にはそうしています。


$全てのコスメは美に通ず-シャネル デマキヤン ユー アンタンス

最近気付いたのですが、シャネルって実は意外と低刺激だな~と思うんです(私的に)。
件の目元のかぶれ事件?から顔全体も敏感になってしまった私は、
アイメイク関係はもちろん、スキンケアでも結構合わないものがあるのですが、
考えてみたらシャネルで今まで使ったことのあるものの中で合わなかった物って一つも無いんですよね。
例えば大好きなカネボウだって、リキッドアイライナーや美白美容液、クリームに劇的に合わない物がありますし、
NARSはアイベースやクリームシャドウが調子が悪いと赤くなったりします。
ディオールはカプチュールワンがダメだったし、
資生堂は先述のアイメイクアップリムーバーやスキンケアが合いませんでした。
こんな感じでだいたいのメーカーに合わないものが存在する中で、
シャネルだけは相性が良いみたいで今のところ全く不安要素が無いのです。
まぶたが化粧かぶれを起こして赤くなっている中、本当はアイメイクなんてご法度なのでしょうが、
そんな時でもシャネルのアイシャドウなら付けても悪化しないでいてくれるので、
今まで何度レキャトルに救われたことか。
ただこれはあくまでシャネルと相性の良い私の場合であって、
他の人にも必ず当てはまるというわけでは無いのでご注意下さいね。
シャネルは元々好きだったけれど、実はそういった点も好きな理由の一つなんですという話でした。
AD
いいね!(2)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011-11-12 13:58:57

THREE ジェントルクレンジングオイル (エンリッチング)

テーマ: ┣クレンジング・洗顔
とある有名クチコミサイトの懸賞で当たって以来、クレンジングはTHREEのオイルをリピートしています。
先日切らしてしまった際、代わりに使っていたMARKS & WEBのクレンジングジェルもとても良かったのですが、
やはりTHREEは常に手元に置いておきたい、私にとっての鉄板クレンジング。
というわけでやっぱりリピートすることにしました↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-THREE ジェントルクレンジングオイル
THREE ジェントルクレンジングオイル (エンリッチング)


THREEのクレンジングオイルには”リフレッシング”と”エンリッチング”の2種類あって、
今まで使っていたのはリフレッシングの方だったのですが(過去記事1過去記事2)、
今回なんとなくエンリッチングの方にしてみました。
冬でもオイリーな私にはリフレッシングでも何の問題も無かったのですが、
某クチコミサイトでもこちらの方が人気で一度は使ってみたいなーと思ってたんです。


$全てのコスメは美に通ず-THREE ジェントルクレンジングオイル

とは言っても、見た目はほとんど(というか全く)同じで、
リフレッシング同様、天然の精油や植物油の色により黄色いオイルとなっています。
違うのは、テクスチャーのとろみ加減と配合されている精油の種類。


まずテクスチャーについてですが、リフレッシングの方がとろみがなくサラッとしているのに対し、
エンリッチングは若干とろみが強くオイルに厚みがあります。
それほど大きくは違わないものの、前者がスッと馴染んでさっぱりと洗い流せるのに対し、
後者は滑らか~に馴染んで洗い上がりもなんとなくしっとりするような感じがします。
年中オイリー肌の私には特にリフレッシングが乾燥するとかもなかったのですが、
エンリッチングの方がオイルに厚みがある分手と顔の間にクッションが出来ることや、
洗い上がりがより滑らかに感じることから、やはりこちらの方が乾燥肌向けなんだなと実感できました。
私のように特に乾燥が気になる方でなければ、どちらを使うかは完全に好みの問題かと思いますが、
やはり乾燥肌の方にはエンリッチングの方が良いかもしれませんね。
ちなみに、比べるものがないので非常に分かり難いですがエンリッチングのオイルはこんな感じです↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-THREE ジェントルクレンジングオイル

横にダラーっと流れずにオイルの粘度が高め(厚みがある)なのが分かるでしょうか?
今度リフレッシングを買ったら、両者を比べた写真に差し替えときます汗


そして、配合されている精油の違いについてですが、
リフレッシング…フランキンセンス、ティートリー、ベルガモット、ローズマリー
エンリッチング…フランキンセンス、ティートリー、ベルガモット、サンダルウッド
と、大体は同じものの、前者のローズマリーの代わりに後者ではサンダルウッドが入っています。
サンダルウッドといえばお香などで良く使われる白檀のことですが、
そう言われると確かに、リフレッシングはローズマリーのスーッとした香りが特徴的なのに対し、
エンリッチングはもう少し落ち着いたオリエンタルちっくな香りがする…ような…。
と言うか、サンダルウッド自体それほど強い香りのする精油ではないので、
個人的にはむしろベルガモットの香りの方を強く感じるような気もします。
どちらにしても、鼻の鈍い私には両者にそれほど大きな香りの違いは感じないかも汗
ただ、いくら天然の精油の香りとは言え共にかなり強く香るので、
香りに敏感な方はサンプルなどで試された方が良いかもしれません。
私はこの手の香りは大好きなのでめっちゃ癒されるんですけどね~ラブ


$全てのコスメは美に通ず-THREE ジェントルクレンジングオイル

ちなみに、リフレッシングに入っているローズマリーには収れん効果があるので脂性肌向き、
エンリッチングに入っているサンダルウッドには肌の乾燥や老化に対する効果があるので、
乾燥肌やエイジングケアをされたい方に向いている精油だそうです。
当たり前なのかもしれませんが、とても理にかなった配合なんだなぁと感心しました。
また、サンダルウッドの香りには精神的ストレスや緊張感を緩和して心を落ち着かせる効果があるそうなので、
そういう意味でも一般的に夜するであろうクレンジングに向いている精油なんですね。
その一方でローズマリーには神経を刺激して頭をクリアにする効果があるので、
夜使うのはどうなんだろうという気もしないではありませんが。
まぁリフレッシングを使っていた時も、
「クレンジングのローズマリーのせいで頭が冴えて眠れない!」
なんてことは無かったと思うので大丈夫だと思いますw


もちろんどちらもオイルですのでメイク落ちに関しては問題無し。
肌質や香り・とろみ加減の好みで選べば良いと思いますが、
私自身はどちらも捨てがたい良さがありますし、季節で使い分けていこうかなと考えています。
こちらを使っているとすこぶる肌の調子が良いこともあり、
これからもずっとそばに置いておきたいクレンジングです。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。