Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2011-03-02 09:00:00

シャネル プードゥルユニヴェルセル リーブル 30 ナチュレル

テーマ: ┣フェースパウダー
ヴィタルミエールアクアバーズイドゥラタントリサントと共に、
やはり一緒に使ってもらったフェースパウダーも購入してきました。


$全てのコスメは美に通ず-プードゥルユニヴェルセルリーブル
シャネル プードゥルユニヴェルセル リーブル #30 ナチュレル


実は最初はこちらの購入予定は無かったのですが、BAさんにこちらを勧められた際、
愛用中のRMKのフェイスパウダーが廃盤になってしまって代替品を探していたことを思い出し、
試しに使ってみようかな…と思い購入してみることにしたのです。
候補にはルナソルや人気のローラメルシエ等もあったのですが、
最近シャネルのファンデーションを使うことが多いし、まぁ、なんとなくタイミングですねw
後になって知ったのですが、こちらも人気のロングセラー商品のようですねキラキラ


色はルーセントタイプの10及び、色の付く20,30,40の4色展開で、
私はBAさんが使ってくれた30ナチュレル(標準色)をそのまま購入しました。
中身はこんな感じです↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-プードゥルユニヴェルセルリーブル

愛用中のRMKのフェイスパウダー20と中身を比べてみました↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-プードゥルユニヴェルセルリーブルとRMK

RMKのフェイスパウダー20と比べると若干黄味&赤味が強いかなという感じですが、
そもそもフェイスパウダーなのでそんなにがっつり色が付くわけでもなく、
実際使ってみるとさほど違いを感じません。
ただ、これはシャネルの粉物に良くある現象なのですが、
時間経過と共に若干赤黒くくすんでしまう傾向が無きにしも非ずで、
もしかしたら1トーン明るい20の方が良かったかな…とも思ってます。
でもまぁ全然許容範囲だし、フェースパウダーで白浮きしてしまうのもちょっと嫌なので、
これはこれで良しとします(エラソーだなw)。
そして、パウダーの形状を見て頂くと、RMKは少しダマっぽくなっているのに対し、
シャネルの方はふんわりしていて粒子がより細かい感じが見て取れるかと思います。
上の写真を見ると一般的なフェースパウダーと比較して容器の穴が少し小さいような気がしますが、
このように粒子が細かい為か、実際使ってみると特に粉が出難いとかは感じません。
むしろドバっと出てこないので安心です。


そして、こちらの優れている点は粒子が細かく決して粉っぽくならないのに、本当に崩れ難いところかと思います。
私は脂性肌なので乾燥よりもテカリや崩れの方が気になり、
RMKのも崩れ難い点が気に入っていたのですが、若干粉っぽいかな…と思っていたのも事実。
その点こちらは本当にしっとりしていて肌に馴染み、粉っぽさを全く感じません。
一緒に購入したヴィタルミエールアクアはナチュラルなツヤ感が特徴のファンデなので、
上からマットなパウダーを重ねてしまうとせっかくのツヤが損なわれてしまいかねませんが、
こちらなら(付け過ぎさえ気を付ければ)その心配がないのです。
BAさんがヴィタルミエールアクアと併せて使うのを勧めてくれたのも納得です。
しかも使うと確実にファンデーションが崩れ難くなり、
その辺の一見相反する効果がしっかり両立されているのは、さすがシャネルだなという感じですね。


ちなみに、中身の好評さに対して悪評高きw付属のパフはこちらでございます↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-プードゥルユニヴェルセルリーブル パフ

確かに一般的なパフと比べると毛足というものが全く無くて、一見すると、
「なんじゃこりゃ?」
的な存在なのですが、個人的にはそんなに嫌いではないですw
使い心地は言われているほど悪くないなと思いました。
少なくともプレストタイプの”プードゥルユニヴェルセルコンパクト”の紙のようなパフ(らしきもの)よりは、
随分まともwだと思うのです。
ただ、ケースの大きさに対して一回り小さい為、隙間から粉が漏れそうなのが気になるので、
結局は大きさがぴったりな無印のパフ(大)を入れて粉漏れ防止にしています。
更に言うと、BAさんに、
「パフだと付け過ぎてしまってせっかくのツヤ感が損なわれてしまうので、ブラシで付ける方がお勧め」
と教わり、専らブラシで付けることが多いので、やっぱりこのパフの出番はほとんど無かったりしますw
CHANELのロゴ入りの帯?リボン?はとても可愛いんですけれどねぇ。


私は、フェースパウダーは基本あまり浮気せず一つを長いこと愛用する傾向があるので、
しばらくはこちらをリピートすることになりそうです。
良い物に出会えて良かったです。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-10-28 10:04:26

コフレドール ピュアクリスタリッシュコンパクト ライトピンク

テーマ: ┣フェースパウダー
昨日のRMKのフェイスパウダーの記事を書いていて思い出しました。
ラメ&パール入りのフェイスパウダーと言えばコフレドールのも持っていたことを。


$全てのコスメは美に通ず-COF ピュアクリスタリッシュコンパクト
コフレドール ピュアクリスタリッシュコンパクト ライトピンク


これは確か前の仕事(ドラッグストアの美容部員)で新商品セミナーに出た時に初めて使い、
その良さに惚れて後日購入したものです。
その新商品セミナーというのは月に一度、各メーカーから営業さんやBAさんがやってきて、
新商品についての説明を聞き、実際使ってみる…というもの。
”実際使ってみる”と言うのは、自分で自分の顔に使うということももちろんありますが、
実践編として二人一組になってお互いにタッチアップするということも多々あります。
そんなある時のカネボウのセミナーの時、
私とペアになった相手は系列店舗の美容部員の中でも一番のベテランさんでした。
自分がその方にタッチアップする時はそりゃもうめっちゃ緊張したけれど汗
やってもらう時は本当に勉強になるんです。
この時はファンデーションのタッチアップだったのですが、
そのペアのベテランさんは私がいつも使ってるのよりも1トーン濃い目のファンデを付け、
「ちょっと濃いでしょ?でも上からパウダーやらハイライトやら重ねれば丁度良くなるから」
と、今回紹介するピュアクリスタリッシュコンパクトのピンク↓↓↓を重ねてくれたのです。


$全てのコスメは美に通ず-COF ピュアクリスタリッシュコンパクト中

ご覧のようにほんのりピンクのルースパウダーの中に、
その名の通りクリスタルのように輝くパールが入っているパウダーです。
付けるとほんのりと肌が明るくなるので、こちらを顔の中心付近にハイライトのように入れると、
確かに1トーン濃いファンデでも違和感が無くなり、
それどころか自然な明るさとツヤ感が出てとても肌が綺麗に見えたのです。
しかも顔がスッキリ見えて小顔効果も抜群。
私はそれまで顔をスッキリ見せたい時は、どちらかと言ったら明るめファンデで仕上げてから
フェースラインにのみ濃い目ファンデやシェーディングを入れたりしていたのですが、
この時以来、”暗めファンデにハイライト”にすることが多くなりました。
その方が自然で肌が綺麗に見えるような気がしています。
そして、この時ベテランさんにやってもらったベースメイクが私史上一番綺麗だったのと、
付けた感じがサラサラで気持良く、そのあとの化粧持ちも良かったので、
後日すぐに購入したというわけなのですキラキラ


ちなみにこの商品にはこのピンクの他にゴールドもあります。
私は赤味が気になる肌なので本当はゴールドの方が合うのかもしれませんが、
ゴールドはパールの感じがより細かくてナチュラル過ぎると感じたのと、
その自然なツヤが毛穴とテカリが助長されそうだったのであえてピンクにしました。
ピンクの方がラメ感が強く、華やかな感じに仕上がります。
それに今回は暗めファンデの上から重ねて明るさを出す…という目的があるので、
あまりナチュラル過ぎては意味が無いかなと…。
また、ゴールドといってもさほど黄味が主張するわけでもないですし、
ピンクと言ってもすごくピンクピンクしているわけでもないので、
この商品については肌の色に合わせて選ぶというよりも、
華やかさを出したいならピンクを、ナチュラルにしたいならゴールドを…、
というように目的に合わせて選ぶと良いのではないでしょうか。


そして昨日のRMKのフェイスパウダーの記事で書いた、
RMKのP00もパール入りのルースパウダーなので比べてみました↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-RMKとCOFのパール入りパウダー比較

左がPMKのP00、右がコフレドールです。
相も変わらず分かり難い写真で申し訳ないのですが汗
コフレドールの方がより白っぽく明るくなっており、パールも少し多いように見えます。
どんよりとした肌のくすみもwコフレドールの方が目立たなくなっているかな。
共にパール入りでツヤ肌になる分、オイリーな私は全顔には付けられませんが、
RMKの方は自然なツヤ肌にしたい時、
コフレドールの方は肌を明るくさせて立体感を与えたり、華やかにしたい時と、
用途に合わせて使い分けています。


ちなみにこちら、直径約7cmと手のひらに丁度収まるような、コロンとしたコンパクトです。
携帯することはまずありませんが、携帯に便利な形状ですね。
開けるとミラーとちゃんとパフも付いています↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-COF ピュアクリスタリッシュコンパクトopen

このパフは直径約5cmと、さすがにやや小振りではありますが、
そもそも全顔に付けることはないので使い難いとかはあまり感じません。
しかもふわふわで気持ち良く、質はななかなか良いものだと思います。
こちらを使い切ったら中身を入れ替えて携帯用のルースパウダーケースにするのもイイかもキラキラ
と画策しております。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-27 08:12:48

愛用フェイスパウダー ~RMK フェイスパウダーN~

テーマ: ┣フェースパウダー
そういえばフェイスパウダーについての記事って、
以前書いたルナソルのシャイニングフェースカラーぐらいしかありませんでした。
でもあちらは全顔用のおしろいではなく、部分的にラメやパールの煌めきをプラスする為のプレストパウダー。
もちろん、リキッドの後に抑える為の普通の?ルースタイプのフェイスパウダーも所持しています。


$全てのコスメは美に通ず-RMK フェイスパウダーN
RMK フェイスパウダーN 02, P00


私、ファンデーションに関しては浮気性で次々と変えていく上に在庫も過剰気味なのですが、
実はフェイスパウダーはここ6年半ぐらいずーっとこれ一筋だったりします
(間にレヴューのルースを貰ったのでそちらを使っていたこともありますが)。
現在の手持ち在庫もルナソルのコフレに付いていたミニサイズ2個ぐらいで、
私にしては珍しいぐらいスッキリとしたカテゴリーなのですw
でもそれは、このRMKのじゃなきゃ絶対だめ!とかいう理由からではなく、
結構なんとなく…だったりします汗
6年半前にRMKでクリームファンデを購入した際、なんとな~く一緒にこちらを購入し、
なんとな~く不満も無いので今でもこうして使い続けているというわけ。
しょーもない理由でスミマセン…。
でも、今こうして改めて考えてみると、
スッキリしたシンプルな見た目とか、価格の手頃さとか、付属のパフの良さとか、崩れにくいとか…、
色々細々とした良い所があるんですよね。
そういうのがトータルで気に入っていて、特に浮気する気にもならないのだと思います。


こちらは確か、ルーセント、パール入り、ナチュラルに色付くタイプ2色と、計4色あったと思うのですが、
私はずっと、ナチュラルな色が付くうちの濃い方の色02をリピートしています↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-RMK フェイスパウダーN 02
RMK フェイスパウダーN 02


濃い方と言ってもご覧のようにそれほど暗い色ではないかと…。
私はRMKのファンデーションは102か103を使っていますが、この色で丁度良い感じです。
と言うか店頭で明るい方の01と比べてみたこともありましたが、
そもそもそれ程色が付くわけでもないのので、さほど差は無かったような気がします。
これも最初にBAさんに勧められた色をそのまま大人しく使い続けているといった感じ。


私はオイリー肌なのでこういったフェイスパウダーに望むのは、
よりテカリ難くして化粧持ちを良くしてくれることです。
その点このRMKのフェイスパウダーは十分希望通り。
使うのと使わないのとでは全然持ちが違ってきます。
だからと言って粉っぽく浮いたり乾燥が気になったりもしないので、
私はパウダーファンデの時にも上からこちらで軽く抑えるようにしています。
と言うのもパウダーファンデの粒子よりはずっと細かいので、
こちらを重ねることによってよりツルンとした肌理細かい肌に見えるようになるんですよね。
しかも透明感もプラスされるし。
密かに?お勧めですキラキラ


このように、普段ファンデーションの後に抑えるパウダーには上の02を使っているのですが、
ツヤ肌にしたいな~って時はパール入りのP00を部分的に使うこともあります↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-RMK フェイスパウダーN P00
RMK フェイスパウダーN P00


@cosmeではこのP00が結構人気だったのでずっと気になっており、
2年ぐらい前、02が切れそうになった時にあえてこちらを購入してみたものです。
上の写真だと分かり難いですが、アップにするとパールが入っていてキラキラするのが分かります↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-RMK フェイスパウダーN P00

02と比べて白っぽいですが、色自体はほとんど付かないのでどんな肌色の方にも合うんじゃないかな。
パールもそんなに悪目立ちすることもありません。


ただこちら、店頭で試した時は気付かなかったのですが、
これを元々オイリーで毛穴の目立つ私が全顔に付けると、
ツヤ肌通り越してテカリにしか見えなくなっちゃうんですよね…ガクリ
まぁそもそもテカリ易い私が「ツヤ肌にしたい…」からと、
こういったパール入りのパウダーを全顔に乗せるのが間違いだったわけで、
この手のパウダーは部分的に重ねて立体感を出したり、
パールの煌めきを楽しむのが正解なのだと実感させられました…。
チークやハイライトのラメ&パールは好きですが、
どうも顔全体に付けるファンデやパウダーのパールは苦手みたいです。
なのでこの後結局すぐに02を買い直し、P00に限っては専ら部分使い用となっております。


最初の方にも書いた通り、かれこれ6年半も使い続けているので、
02に関してはもう何個もリピートしているわけなんですが、
こちら、残念なことにレフィル販売が無いんですよね…。
でもそもそもデパコスでパウダーのレフィルを売っていること自体あまり無いのかもしれませんが汗
私、ルースパウダーはバフバフ付けてから余分な粉を落とすように使うのが好きなので、
消費スピードも割と早くて、もう何個も付属のパフが溜まってしまっているのです…。
いや、でもとっても質の良いパフなんですよ↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-RMK フェイスパウダーN パフ

ご覧のように毛足も長くてふわふわだし大きさも直径約6.5cmと程々。
厚みだってあるし、何度洗ってもヘタらず丈夫です。
ドラッグストア等で700~800円ぐらいで売られているものと遜色ないのではないでしょうか。
だからこのような上質なパフが付いてくるっていうのは嬉しいのですが、


そう何個も要らない…


洗い替えとか考えても2~3個あれば十分なんですよね…。
しかも丈夫なのが災いし?今6個ぐらい持ってます…。
だからカウンターに行く度にさりげなく、
「これってレフィル無いんですか?」
とか貧乏くさいことを聞いたりしつつwずーっとレフィルが出るのを心待ちにしていました。
そして今回、この記事を書くにあたって「レフィル出てないかな~」と、
久し振りにRMKの公式HPを覗いたのですが、そこでレフィルどころではない驚愕の事実が判明したのです!


なんと!


このフェイスパウダーそのものが消えてリニューアルされていた!!


のですぴんくむんく


この事実を知った後、しばらく開いた口が塞がりませんでした…。
私のコスメ好き歴十何年。
それなりに愛用コスメの廃盤に遭遇してショックだったこともありますが、
今回は間違いなくトップレベルの大打撃。


「リニューアルなんでしょ?だったらそれ使えばイイじゃん」


と仰るそこのあなた(誰だよ)。
違うのです!
そのリニューアル品は今までの物とは似ても似つかぬ全くの別物なのです↓↓↓

$全てのコスメは美に通ず-RMK フェイスパウダーEX
RMK フェイスパウダーEX(画像は公式より拝借)


このように、なんだかすごく特殊な感じのケースになってます。
まぁ私も実物を見たわけではないのでハッキリとは言えないのですが、
@cosmeを見る限り、どうも真ん中がシリコンのようなものでできていて、
パフを押しつけることによって切れ目から粉が少しずつ出てくるという仕組みらしいです。
そしてこの仕様が非常に粉が出難くて使い辛い模様…。
そしてそして!
一番問題なのが容量と値段です!
今まで使っていたのが25g/4200円だったのに対し、このリニューアル品は4g/4725円。


いきなり一体どれだけの値上げですか?


なんでも「今までがパウダーを使い過ぎ」とのことで、こちらは少量で十分効果を発揮できる(足りる)らしく、
だから実質値上げではないのですよ~的な感じみたいです。
しかも限りない透明感を実現させる為の特殊なパウダーとやらを新しく配合し、
大変上質なパウダーに生まれ変わったとか。
だがしかし。
私はそんなことは望んでなかった…。
オイリーでテカリ易く崩れ易い私はやっぱりバフバフ使いたいし、
そうなるとある程度のお求めやすさはこの商品の大きな魅力の一つでもあったのです。
確かに新しくなって質は飛躍的に向上したのかもしれません。
でもそれは、少なくともRMKには求めていなかったです…↓


RMKに関してはかつてメタリックパウダーアイズの記事でも書いたように、
アイシャドウとチークもリニューアルによって旧タイプとの相互交換性が無くなってしまい、
しかも実質大幅な値上げをされてしまって遠のいてしまったということがありました。
あの時も結構ショックでしたが今回のことでなんと言うかもう、


さようならRMK


的な気分になっております…。


さて今使っているのを使い切ってしまったら何を使おう…。
やっぱルナソルあたりか、いっそコフレドールとかでも良いかもなぁ(粉物はカネボウが好き)。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。