Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-08-29 00:31:20

シャネル ル ブラン メークアップベース 30 リス

テーマ: ┣ファンデーション・下地
シャネルのペルフェクシオン ルミエール フリュイドを購入した際、
合わせて使って頂いたベースも購入してきました。


$全てのコスメは美に通ず-ル ブラン メークアップベース 30
シャネル ル ブラン メークアップベース 30 リス (SPF35,PA+++)


ベースに関してはリニューアル前のホワイトエサンシエルメークアップベースのロゼを持っていたので、
とりあえずはそちらを使えば良いかなと、購入予定はありませんでした。
ところが以前、ルブランの方のベースのサンプルを頂いて使ってみたところ、
使用感や香りがずっと良くなっていると感じたのと、
ペルフェクシオンルミエールフリュイドの色合わせの際にBAさんに、
「新色のリス(ホワイト)が合うのでは?」
と提案され、実際その方がしっくりきたのでこうして買ってきてみたという経緯。


$全てのコスメは美に通ず-ル ブラン メークアップベース 30

私の肌悩みなんかそれこそ数え切れないほどありますが汗
下地に求めるものは、肌の色ムラや凹凸などを目立たなくするという点が大きな割合を占めています。
下地の段階である程度のアラがカバー出来ればファンデーションの量は最低限で済むので、
厚塗りが防げるし、崩れなども目立たないですからねー。
もちろん、ファンデーションが綺麗に付くとか、崩れ難いとかもあるに越したことはないですが、
最近の下地はその辺りは当然兼ね備えていて、それほど差を感じないので、
やっぱり、赤味やくすみ等の色ムラ補正効果で選ぶことが多いかな。


私は元々、顔に赤味が出易くて首が黄色いので、
首に合わせてイエロー系の下地やファンデーションをずっと好んで使っていましたが、
最近は寄る年波には敵わず、時間経過に伴う黄ぐすみも気になるようになってきまして、
ピンク系の下地もくすみが飛んで良いなぁ…と思うように。
で、ホワイトエサンシエルメークアップベースはピンク系のロゼを選択したわけなのですが、
やっぱりなんか白浮きするような、首と顔の色が違ってしまうような気がするんです。
もちろんくすみ払拭効果は抜群なんですけどね!


そこで今回、カウンターでそのことをお話し、イエロー系のミモザの方が良いのかどうか聞いてみると、
「では、ベースメイクを落として肌の色を見てみますね~」
ということで、BAさんに目元から下のメイクを全て落として客観的に見て頂くことになりました。
メイクを落とし、スキンケアをしている段階では確かに赤味が強く出ていたので、
ミモザの方が良いかもしれないということになったのですが、
スキンケア後、ベースメイクに使うものを用意して頂いている間にみるみるその赤味が引いていたのです!
BAさんによると私の肌は、物理的な刺激や温度差等ですぐに赤くなり易いけれど、
同じぐらいすぐにその赤味が引くタイプなのではないかということでした。
だからロゼだと最初はピンクが強く出て首との色の違いに違和感を覚え、
イエロー系(ミモザ)だと最初は良くても時間が経ってから黄ぐすみが気になるのかもしれないと。
自分の肌の特徴なんて自分が一番分かっていたつもりでしたが、
こうして客観的に見てもらって初めて自分が、赤くなり易いけれど引くのも早い肌なんだと気付きました。
言われてみると確かに思い当たる節は多々あるし、その通りなんですよね~。
すごく腑に落ちたというか、スッキリしました。


で、その結果選んでもらったのがロゼでもなくミモザでもない、”リス”だったのです。


$全てのコスメは美に通ず-ル ブラン メークアップベース 30

リスは、ルブランメークアップベースにリニューアルされた時に出た新色だそうで、ご覧のように真っ白。
ロゼからピンク味を抜いた、もしくはミモザから黄味を取った感じでしょうか。
まぁ要は白w
最初は、
「ロゼで白浮きが気になると言ってるのに白!?」
と思わなくもなかったのですが、私の場合、ロゼはその白さよりも、
ピンク味が顔の赤味を助長して首色との不一致を招いて浮かせてしまう原因だったようなので、
そのピンクっぽさが無いリスは意外と馴染むようなのです。
それに、白と言っても良く見るとほんのりベージュがかった温かみのある色なので、
白くなり過ぎるということもなく、上手いことくすみだけ飛ばしてくれます
(上の写真だとのばしきっていないから白いけれど…)。


ホワイトエサンシエルメークアップベースのロゼと比べてみました↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-ル ブラン メークアップベース 30

ロゼと並べるとリスはやっぱり白いですが、のばすとほとんど変わらないんです↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-ル ブラン メークアップベース 30

むしろリスの方が馴染んでいるかも。
と言うか、ホワイトエサンシエルとルブランでは結構テクスチャーも変わっていて、
前者がかなり緩めな乳液状なのに対し、後者はもう少し固めになっていて、
クリームと乳液の間のような質感になっています。
それに伴い、ホワイトエサンシエルはツヤのある(ちょっと油っぽい?)仕上がりだったのが、
ルブランになってややマット寄りのサラッとした仕上がりになりました。
なので上の写真でも前者がややギラっとしたツヤが残って浮き気味なのに対し、
後者は肌と同じ質感で馴染んでいるように見えるのかもしれません。
マット寄りとは言っても、微細なパールが入っているらしく(目では確認できない程度)、
こちらのシリーズの特徴である肌そのものが発光するような自然なツヤは感じられるので、
イマドキ感はきちんと残っています。
どちらが良いかは人によるかと思いますが、個人的にはルブランの方が好みなので、
今回のリニューアルは嬉しいリニューアルかな。
SPF値も30から35にアップしましたしね。
あ、あと香りも以前までのピーチ系の甘くフルーティな香りから、
ホワイトニングのスキンケアやヴィタルミエールアクアと同じフローラル系の香りに変わりました。
正直以前の香りはあまり好みでは無く、一方で今回のフローラル系の香りはかなり好きなので、
こちらに関しても嬉しい変化。


しばらくはこちらを愛用していきたいと思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2012-08-22 15:48:03

シャネル ペルフェクシオン ルミエール フリュイド 20 ベージュ

テーマ: ┣ファンデーション・下地
随分前にサンプルを頂いてからずっと欲しい欲しいと思いつつ、
なかなか在庫が減らなくて機会がなくて、今更ですがようやく購入して参りました↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-ペルフェクシオン ルミエール フリュイド 20
シャネル ペルフェクシオン ルミエール フリュイド 20 ベージュ (SPF10)


今年の4月に発売以来、様々なブログで紹介され、@cosmeでも好評なファンデーション。
今更説明するまでもないですね~。
ナチュラルながらもマットで涼しげな肌に仕上げ、
ロングラスティングが売りのどちらかというと夏向けのファンデーションなのに、
夏のピークを過ぎて秋の気配を感じる頃になってから購入するという私クオリティー。
万年オイリー肌だから良いんです。


$全てのコスメは美に通ず-ペルフェクシオン ルミエール フリュイド 20

こちら、手に出すと普通のリキッド~クリーム状のファンデーションなんですが、
肌に伸ばすとあっという間に水分?油分?が揮発してサラッサラになるタイプ。
かなり独特の使用感だと思います。
塗ってるそばから乾いていく感じがあるので初めてサンプルを使った時は、
「これは絶対ムラになる!」
と思って慌てたのですが、これが不思議と水分が飛んでからもちゃんと伸ばすことが出来て、
ムラ付きするようなことはありませんでした。
イメージ的には、リキッドが肌の上でパウダーに変化し、
そのパウダーがそのままスルスルとのびていくような感じでしょうか。
故にかなりマットな仕上がりになります。
とはいっても、いかにも~なマット肌ではなくて、
肌そのものが発光しているかのような自然なツヤ感もあって、
まさに”ルミナスマット”と言うにふさわしい仕上がりです。
”陶器肌”とか言うとイメージに近いかな。
毛穴も瞬時に消えていくのですが、毛穴に入り込んでカバーするのではなくて、
あくまで肌の上に1枚ヴェールがかかったようになり(シャネルの言うところのセカンドスキン)、
光を乱反射させて見えなくさせる感じなので、毛穴落ちの心配もありません。


夏向けのマットなファンデーションというと、去年のルブランフリュイドがカバー力ガッツリで、
その分時間経過と共に崩れや毛穴落ちが目立ってしまってあまり良い印象が無かった私。
ところがこちらはマットながらも仕上がりは意外とナチュラルで、
ヨレや毛穴落ちといった崩れもほとんど気にならず、
まさに謳っている通りの仕上がり&ロングラスティング。
この季節どんなファンデーションを使ってももれなく崩れる私はとても気に入りました。
一般的にはマットなファンデーションほどカバー力が高くなる傾向があると思うので、
こちらはちょっと珍しいタイプだと思います。
もちろん気になる部分は重ねればカバーできますが、
何度重ねても厚ぼったくならないのが不思議なファンデーションです。
余談ですが、先日記事にしたケイトのジュエリーモードアイズに付いていた、
KATEの新作リキッドも肌の上でパウダー状に変化するという似た質感でしたが、
あちらは厚塗り感が出ることもあり毛穴落ちやヨレがかなり気になりました…汗
まぁシャネルとケイトを比べちゃいけませんねw


もちろんこのロングラスティング効果は、単にナチュラルだから崩れが目立たないというのではなく、
医療用創傷保護フィルムの技術を応用して作られた”パーフェクト スキン コンプレックス”
というものが、肌の凹凸や伸縮にぴったりフィットしてくれるからなんだそうです。
私の場合、一般的なファンデーションだとどうしても時間経過と共に皮脂で浮いてきて、
毛穴落ちしたり小鼻の横等にヨレてしまったりするのですが、
こちらはまさにフィルムが張り付いているかのようにピターっとフィットしたままで、
まさにセカンドスキンのような感じ。
正直、皮脂は普通に出るのでテカるのは一般的なファンデーションと変わらないのですが、
その先”皮脂でファンデが浮く”ということがないから、いつまでたっても崩れないんですね~。
ちなみに、こちらの計算しつくされた仕上がりを最大限活かす為には、
パウダーは重ねないか、重ねてもごく少量が良いようです。


$全てのコスメは美に通ず-ペルフェクシオン ルミエール フリュイド 20

こちらはこのようなポンプタイプ。
シャネルのリキッドといえば、ヴィタルミエールアクアを秋冬に好んで使っていますが、
あちらは容器自体はルブランメイクアップベースとかと同じでコンパクトで良いのだけど、
めっちゃ振らないと分離して出てきてしまうのが難点でした。
こちらは瓶なので携帯には不向きかもしれませんが、
軽く振るだけでOKなのと(分離しない)、適量が分かり易くて良いですね。
1プッシュでは多くて0.7プッシュぐらいで丁度良いぐらいです。
そうそう!
こちらはブラシ付け推奨なので、カウンターでももちろんブラシで付けて貰いましたが、
それでも1プッシュ必要ないぐらいだったので、
本当に少量で良くのびて、肌を綺麗に見せる効果が高いのだと思います。


でも実は私、リキッドファンデーションのブラシ付けが苦手…ガクリ
慣れだとは思うのですが、何度やっても結局は手(指)が一番簡単に手早く綺麗に仕上げられるし、
それにリキッドをブラシで付けると消費量が飛躍的に増えてしまい、
経済的でない点も気になってあまりチャレンジしようと思わないまま今に至っています。
ところが、この使用量なら手で付けるのとそんなに変わらないし、
気軽に挑戦(練習)出来るかなと思いブラシも一緒に購入してみようかと思ったのですが、
悲しいかな、カウンターでの仕上がりがイマイチでして汗
「これだったらサンプルを手で付けた時の方が綺麗だったぞ…」
と、結局またブラシは使わずに手で付けているってゆうね…。
でもあれだけBAさんや他の美容ブロガー様達が推奨してらっしゃるということは、
手だとこのファンデーションの良さを100%発揮していないということで、
それは非常に勿体ないことなので、そのうち自分でもチャレンジしてみようと思ってます。


$全てのコスメは美に通ず-ペルフェクシオン ルミエール フリュイド 20

色は結局カウンターで合わせてもらって、サンプルと同じ#20ベージュ(標準色)にしました。
シャネルのファンデーションはどうも毎回色選びに悩むところがあったのですが、
今回は珍しく、自分でもサンプルの色で丁度良いんじゃないかなぁと思いつつ、
念の為とBAさんに選んでもらった時もほとんど悩まず一発で決定したので、かなりしっくりきています。
シャネルは同じ色番でもシリーズによってかなり色出しが違うみたいなので、
その都度色選びが必要となってきますね。
ちなみに、ヴィタルミエールアクアのB20と比べてみました↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-ペルフェクシオン ルミエール フリュイド 20

思ってた以上に違ってびっくりです。
ヴィタルミエールアクアのB20の方が少し暗めで、赤味が強いですね。
ペルフェクシオンの方は標準色の割には結構黄味寄りかなと思います。
前者は確かに気持ち赤味が気になっていて、使うときは下地や白粉で調節をしていたので、
個人的には今回の色出しはとっても有難い。
確か去年のルブランフリュイドもサンプルで20の色を試したことがあるのですが、
そちらは明らかに白浮きしてしまったので、やはり同じ色番でもかなり差があるみたい。
ペルフェクシオンもヴィタルミエールに比べれば明度は少し上がっていますが、そこまで気にならず。
ただ、下地に使ったルブランメークアップベース(前身はホワイトエサンシエル)を、
今までだったらくすみやトーン落ちをカバーするためのピンクのロゼか、
赤味をカバーするためのイエローのミモザを使っていたところ、
今回はどちらにも寄らないホワイトの”リス”を使ってもらいました。
これが結構意外というか、目からウロコだったので、
ホワイトエサンシエルのロゼがまだ残っているのに、一緒に購入してきてしまったっていう。
そちらについてはまた改めて記事にする予定です。


残念なのは、日焼け止め効果が非常に低いことぐらいでしょうか。
SPF10のみでPAは無し。
もちろん下地を使うからこれのみで使うことはありませんが、
特に夏は下地のSPF値等をしっかり考えながら使わないといけないですね。
私は今は基本的にルブランメークアップベース(SPF35,PA+++)と一緒に使っているので、
日常生活にはそれほど問題はないけれど、
バーズイドゥラタントリサント(SPF20,PA++)を使う時等は、別個日焼け止めを塗らないと心配かな。
その点以外は全て本当にとても気に入っているファンデーションです!
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2012-03-24 22:28:22

ディオール ディオールスキン フォーエヴァーコンパクト 021 リネン

テーマ: ┣ファンデーション・下地
ラディアントベースフォーエヴァーフルイドと共に、
昨年の各美容雑誌のベストコスメで上位にランキングされていたこちらももちろん購入しました↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-ディオールスキン フォーエヴァーコンパクト
ディオール ディオールスキン フォーエヴァーコンパクト #021 リネン(SPF25,PA++)


ファンデーションは基本リキッド派なうえ、
パウダーファンデーションはお気に入りが幾つかあるので実はこちらは最初買うつもりなかったんです。
だから例のサンプルセットの中でもコンパクトだけはあまり期待してなくて、
しばらく手を付けることすらありませんでした(なんてモッタイナイ)。
ところが昨年、ふと手にした各美容系雑誌のベストコスメランキングで、こちらが上位を総なめしているのを発見!
しかも時を同じくして、私がいつも参考にさせて頂いているブロガーさん達がこぞって紹介しており、
「これは試さねば!」
といそいそとサンプルを使ってみることにしたのです。
するとこれがかーなーり好みな仕上がり。
元々フルイドの方を使っていてフォーエヴァーシリーズの良さは実感していたのですが、
まさにその仕上がりがパウダリーで手軽に再現出来る感じとでも言いましょうか。
普段リキッドを好んで使っているのは、やっぱりパウダーファンデより圧倒的に綺麗に付くからで、
その仕上がりがもしパウダーファンデで再現出来るなら、手軽な分そちらの方が良いですよね。
明らかに今までに持っていないタイプだなと思ったので購入してしまいました。


$全てのコスメは美に通ず-ディオールスキン フォーエヴァーコンパクト

フォーエヴァーシリーズは、乾燥の気になる部分には潤いを与え、
皮脂の多い部分には崩れ難いように作用してくれるという、
誰にでも肌の質感にピタッと合うテーラーメイド仕立てのファンデーションだそうです。
私の場合、冬でも顔のほとんどの部分で皮脂が気になるオイリー肌なので、
テカリ難くて崩れない、皮脂に強いタイプのファンデーションに感じるのですが、
乾燥肌の方には潤うファンデーションに感じるということですよね?
どうなんだろう(ちょっと疑わしげw)。
まぁ、粒子がとても細かくて柔らかでしっとりしてるタイプなので、
皮脂に強いと言えども水分を持ってかれるような感じにはならないんじゃないかなぁとは思います。


$全てのコスメは美に通ず-ディオールスキン フォーエヴァーコンパクト

こちらの一番好きなところは、やはりフルイド同様に毛穴が綺麗にカバー出来るのに、
塗ってます感がさほど出ないところです。
単純にカバー力があるというだけでは厚塗り感が出てしまうものですが、
細かい粒子がピタッと肌に密着する感じで、肌全体を厚く覆い尽くすような付き方をしないので
肌の凹凸はソフトフォーカスしてくれるものの、肌そのものの質感や色味が適度に残るのです。
逆に言えばシミやクマなどの色ムラのカバー力はそれほど高くないとも言えますが、
それが自然に見えるミソなのかなぁと思います。
それに個人的には、
毛穴の悩み>>>シミ・クマの悩み(無いわけではない)
なので、許容範囲。


$全てのコスメは美に通ず-ディオールスキン フォーエヴァーコンパクト

そして付属スポンジは、片面が普通のスポンジ面、もう片面が起毛のベルベット面となっており、
柔らかく自然な感じに付けたい時にはベルベット面を、
よりカバー力ある仕上がりにしたい時にはスポンジ面を使うと良いそうです。
個人的にはこちらの適度なカバー力が好みなのでベルベット面を使うことはほとんどありませんが、
付け方によって仕上がりが調整できるというのは良いですね。


ただ、普通に一塗り二塗りでさらっと仕上げた時は綺麗に付くのに、
このスポンジ面を使って重ね付けしたりするとムラになることがあるんです。
ヨレるというか毛穴落ちするというか…。
多分粒子が細か過ぎるのと、その細かい粒子がさらっとした軽いタイプではなく、
しっとりとしたやや重めなタイプだからなのではないかと思うのですが、
この悩みは資生堂のファンデーションブラシ131を使うことによって解決しました。
詳しくはそちらの記事で書きましたが、この資生堂のファンデーションブラシはフラットな斜めブラシで、
ファンデーションを横に滑らしたりせずポンポンと置くように付けることが出来るので、
ヨレたりすることなく均一にしっかりと付くのです。
しかも、こちらは元々毛穴をカバーする効果の高いファンデーションなのに、
このブラシを使うことにより更に毛穴カバー力がアップするので、
私は付属のスポンジは使わず専らこの資生堂のブラシで付けています。


そして色なんですが、フォーエヴァーフルイドでは標準色の#020が明る過ぎ、#021がやや暗く感じたので、
結局2色購入して混ぜたり使い分けたりしていると書きましたが、
なぜかこちらは#021のリネンでしっくりきたので、#021のみ使用しています。


$全てのコスメは美に通ず-ディオールスキン フォーエヴァーコンパクト

左はサンプル(標準色)の#020、右がそれより黄味が強めの#021です。
フルイドのそれと比べると、#021の赤味が若干少なくて、
その分スッキリとした明るめのイエロー系ベージュに見えませんか?
私の肌色に最も合っていると思われる、カネボウのベージュ系標準色に近い色だと思います。
パウダーファンデーションは主にお直しに使うのでちょっと明るめの色を選ぶこともあり、
そう考えると#020でも良いのかもしれませんが、
先述の通りこのファンデーションはリキッド並の仕上がりが期待できるのでメイン使いすることが多く、
肌により馴染む#021の方がなんとなく安心感があります。


そういえばこのコンパクト、かなり薄くスッキリしている上に、
マグネットで留まるようになっているので開閉がすごくスマートなのも気に入っています。
静かな所やあまり音を立てたくないシーンではコンパクトの開閉音でさえ気になるもので、意外と便利なんです。
ポーチに入れていても今まで勝手に開いてしまったこともないですし、
小さなところだけれどこういう他社にない工夫は嬉しいですよね。
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。