Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-10-30 20:30:06

シャネル レキャトルオンブル 19 エニグマ

テーマ: ┣アイシャドウ(シャネル)
かなり前に購入したのにまだ記事にしていませんでした…。
とは言っても私にしてはタイムリーな方かw
夏の帰省の時に、レーヴルサンティヤント146148と一緒に購入した秋コレのこちら↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-シャネル レキャトルオンブル 19 エニグマ
シャネル レキャトルオンブル 19 エニグマ


ご覧のように、左上のピンクの他は全て締め色かと思うほどダークなカラーのキャトルです。
実物を見るまでは14のミスティックアイズに似てるなぁと思っていたのですが、
あんまり似て無かったですね…w
ミスティックアイズは黄味や赤味に転ばないクールなグレイッシュカラーですが、
エニグマは全体的に黄味寄りでダークなアースカラーといった印象です。
4色をどう使うにも、おそらく左上のピンクは必ず使う場合が多いかと思いますが、
このピンクがそもそもゴールドパールが効いていて見た目以上の秋らしさを漂わせていますので、
どう組み合わせても秋らしさ満点の目元になりますキラキラ


$全てのコスメは美に通ず-シャネル レキャトルオンブル 19 アップ

ご覧のように、
A.ゴールドに輝くシックなピンク
B.グレイッシュなダークカーキ
C.メタリックなダークグレー
D.プラムパープル
という、他ではあまり見かけない、なんとも不思議な感じのする組み合わせのパレットです。
そしてホントにダーク、ダーク、ダーク。


そして、一見どう使うのだ?という感じで難しそうですが付け方は意外に単純で、
私の場合は、
①左上のピンクを眉下と瞼全体に広げる
②右上のカーキをアイホールに、目尻側を濃いめに入れる
③左下のダークグレーを二重の幅位に入れる
④右下のプラムパープルを水溶きにして目の際にアイラインとして入れる
という感じで使うことが多いです。
ぱっと見た感じ癖のある色が多いので難しそうなんですが、
個人的には苦手な色が入っていないのでカスカベージュほど試行錯誤することなく使えました。
これだけでミステリアスな印象の目元が簡単に出来ちゃいますキラキラ
ただ、Aのピンク以外はかなり濃い目の色で発色も良く、
全色しっかり使うとかなり重めのダークな瞼になるので、
もう少し軽くしたい時は③を飛ばしてしまうことも…。
でも、BのカーキもCのダークグレーもゴールドやシルバーのパールがしっかり効いていて割にメタリックなので、
付け方さえ気を付ければそんなに「目の周り真っ黒~」という感じにはならないと思います。
まぁそれでも私の手持ちの中ではトップクラスでモード感溢れる目元になりますが…。


なんだかんだとやはりちょっと癖のある色味なので、
合わせる他のポイントメイクは少し考える必要があるかもしれません。
とりあえずこのエニグマは、「ナチュラル」とか「健康的」という感じでは決してないので、
バランスを考えると、ナチュラルだけれども健康的に見えるような色味がしっくりくるような気がします。
簡単なのはチークかリップのどちらかを「健康的に見える色」にして、
もう一方に「ナチュラルな色」を持ってくる方法だと思いますが、
前者をリップに、後者をチークにするとかなりモードな感じになってしまいそうで私には無理…。
なので健康的に見えるチーク+ナチュラルなリップという組み合わせで使うようにしています。
具体的には、チークは毎度お馴染みのwローズカラー、NARSの#4028OASIS
リップはやっぱり同時発売で同時購入したレーヴルサンティヤント146148と合わせるのが多いかな。
ちなみに、年末になったら今年のベストコスメランキングみたいのをやろうと思っているのですがw
NARSの#4028OASISは間違い無くランクインすると思いますかお
そのぐらい大活躍。


このエニグマは、最初にも述べたようにかなり秋っぽい色なので秋に使うには持って来いなのですが、
逆にそれ以外の季節には使い難い色のような気はします…。
私が住む街はもう氷がはっているし、初雪も降ったしほぼ冬なのですが、
今年の秋はNARSやルナソルのライティングフォーアイズにハマってしまって、
こちらの出番があまり無かったのがちょっと心残りです。
まぁダークな色なので冬なら合うとも思うのですが、
こちらの良さがより活かせる季節にもっと使えば良かったな~なんて思っています。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-29 14:39:20

保湿力抜群のリキッドファンデーション ~COF ビューティエッセンスリクイド~

テーマ: ┣ファンデーション・下地
久し振りにファンデーションについて記事にしようと思います。
いままで記事にしてきたのは季節的なことや私の肌質(油田持ち)もあって、
主に春夏向けの崩れにくいタイプが多かったのですが、
今回紹介するのは珍しく保湿力が売りのしっとりタイプのファンデーションです。


$全てのコスメは美に通ず-COF ビューティエッセンスリクイド
コフレドール ビューティエッセンスリクイドファンデーション
左からオークルC、ベージュC、ベージュDです。


こちらは去年の秋冬用として発売された、透明感とうるおい感が売りのリキッドです。
透明感を出す為に、ツヤと明るさを演出するパールと、
保湿成分としてははちみつ由来のうるおい成分が使われているのだそう。


そしてまず、多分誰もが思っているであろう次の疑問についてお答えしますw


「何でこんなに持ってるの?」


それは、これまた以前の”ドラッグストア美容部員時代”に、
まず標準色のオークルCを自宅研修用として頂いたものの色が合わずに自分でベージュCを購入し、
それもなんか明るいような気がして、不要になったテスターのベージュDを頂いた…からなのですw
まぁ結論から言ってしまうと、そのベージュDもイマイチ合わなかったわけなのですがw
ま、色についてはとりあえず置いておくこととして、
こちら、そんなに色を揃えたということはかなり気に入ったということなんですよねキラキラ


①まず気に入ったのは、コフレドールにしてはスッキリした高そうな見た目とw
適量が分かって使い易いプッシュ式であるということ。
「そんなこと?」と思われるかもしれませんが、個人的にはコレ結構重要なんですよ。
毎日のことだから、スパチュラで掬わないといけないジャータイプは面倒だし(オワタ)、
朝使うものだから、気分の下がるような見た目の物はちょっと遠慮したい。
もちろん中身がすごく良かったらどんな使いづらくてダサい容器でも構いませんが、
そこがあまりに酷かったら多分”気になるから試してみたい”というところまで辿りつかない気がします。


②次に気に入ったのが適度なカバー力。
保湿タイプのリキッドってだいたい油分が多いのでカバー力が控えめなものが多く、
気になる部分に重ね付けしようとしても、ずるずる滑ってあまり綺麗にカバー出来ない場合が多いのですが、
こちらは隠したいところは重ねれば綺麗に隠れてくれるのです。
また、一度塗りなら透明感あるシアーな仕上がりになりますので、
やたら重ねなければ厚ぼったく感じることもないと思います。


③そして保湿力…というかツヤとハリ感が出るのもとても気に入っています。
これはこの商品の売りそのものでもありますね。
私は基本、脂も水分もたっぷりのオイリー肌ですが、それでも寒くて乾燥してくると、
肌がしぼんだように元気がなくなってくることがあります(昔はそんなこと無かったのにガクリ
そんな時でもこちらを使うと、肌にツヤが出てハリが出たような感じになるのです。
まぁ、最近は保湿を謳っているファンデならこのぐらい当たり前なのかもしれませんが汗
この価格帯では優れている方なんじゃないでしょうか。


ただ、やっぱり”持ち”という点ではあまり期待できないかな。
まぁ元々ラスティング効果は謳っていないですし、あくまで”保湿”に特化した商品だという感じです。
なので、オイリーな私がお直ししないでいると、
お昼過ぎには良く動かす口の周りとかヨレて結構悲惨なことになってます…。
今の仕事は結構動いて汗もかくうえ、お直しもお昼に1回しか出来ないので、
残念ながらこちらは気に入っているものの仕事の時はまず使えないという…ガクリ


そして、最初の方にも書いた色味についてなんですが、
手持ち3色を比較の為に腕に出して見ました↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-COF ビューティエッセンスリクイド色比較

これは腕なので実際の顔の色より少し明るめですが、そんなに遠くはありません。
最初に貰ったオークルCは肌に対してややピンク寄りなうえ、やはり白浮きしています。
ベージュCは赤味が減って黄味が強くなった分オークルCよりは馴染んでいますが、やっぱり少し明るいかな。
ベージュDは明らかに土色で暗いですね…。
コフレドール(カネボウ?)って、同じ色番でも秋冬向けはやや明るめ&ピンク寄りになっているのに対し、
春夏向けはやや暗め&黄味強めになっていることが多く、
私の場合春夏向けはオークルCが、秋冬向けはベージュC,Dがしっくりくるのですが、
このシリーズはどうもぴったりの色が無いのです…。


というかこの色比較をしてて改めて思いました。


CとDの間を作って…


まぁ、混ぜたりシェーディングやハイライトを駆使して使っています…。


ちなみに、今回のビューティエッセンスのオークルCと、
これの1個後に出たラスティングパワーリクイドUVのオークルCと比較してみました↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-COF ビューティエッセンスとラスティングパワー比較

同じオークルCでも結構違うと思いませんか?
こう比べてみると、ビューティエッセンスの方が明るめの色出しであることが分かるかと思います。
春夏向けのラスティングパワーの方が黄味が強く少し暗めなので、
こちらはオークルCでもいけるのですが、ビューティエッセンスのオークルCは私には単品使用は厳しいです…。
色選びってホント難しいですね…。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-10-28 10:04:26

コフレドール ピュアクリスタリッシュコンパクト ライトピンク

テーマ: ┣フェースパウダー
昨日のRMKのフェイスパウダーの記事を書いていて思い出しました。
ラメ&パール入りのフェイスパウダーと言えばコフレドールのも持っていたことを。


$全てのコスメは美に通ず-COF ピュアクリスタリッシュコンパクト
コフレドール ピュアクリスタリッシュコンパクト ライトピンク


これは確か前の仕事(ドラッグストアの美容部員)で新商品セミナーに出た時に初めて使い、
その良さに惚れて後日購入したものです。
その新商品セミナーというのは月に一度、各メーカーから営業さんやBAさんがやってきて、
新商品についての説明を聞き、実際使ってみる…というもの。
”実際使ってみる”と言うのは、自分で自分の顔に使うということももちろんありますが、
実践編として二人一組になってお互いにタッチアップするということも多々あります。
そんなある時のカネボウのセミナーの時、
私とペアになった相手は系列店舗の美容部員の中でも一番のベテランさんでした。
自分がその方にタッチアップする時はそりゃもうめっちゃ緊張したけれど汗
やってもらう時は本当に勉強になるんです。
この時はファンデーションのタッチアップだったのですが、
そのペアのベテランさんは私がいつも使ってるのよりも1トーン濃い目のファンデを付け、
「ちょっと濃いでしょ?でも上からパウダーやらハイライトやら重ねれば丁度良くなるから」
と、今回紹介するピュアクリスタリッシュコンパクトのピンク↓↓↓を重ねてくれたのです。


$全てのコスメは美に通ず-COF ピュアクリスタリッシュコンパクト中

ご覧のようにほんのりピンクのルースパウダーの中に、
その名の通りクリスタルのように輝くパールが入っているパウダーです。
付けるとほんのりと肌が明るくなるので、こちらを顔の中心付近にハイライトのように入れると、
確かに1トーン濃いファンデでも違和感が無くなり、
それどころか自然な明るさとツヤ感が出てとても肌が綺麗に見えたのです。
しかも顔がスッキリ見えて小顔効果も抜群。
私はそれまで顔をスッキリ見せたい時は、どちらかと言ったら明るめファンデで仕上げてから
フェースラインにのみ濃い目ファンデやシェーディングを入れたりしていたのですが、
この時以来、”暗めファンデにハイライト”にすることが多くなりました。
その方が自然で肌が綺麗に見えるような気がしています。
そして、この時ベテランさんにやってもらったベースメイクが私史上一番綺麗だったのと、
付けた感じがサラサラで気持良く、そのあとの化粧持ちも良かったので、
後日すぐに購入したというわけなのですキラキラ


ちなみにこの商品にはこのピンクの他にゴールドもあります。
私は赤味が気になる肌なので本当はゴールドの方が合うのかもしれませんが、
ゴールドはパールの感じがより細かくてナチュラル過ぎると感じたのと、
その自然なツヤが毛穴とテカリが助長されそうだったのであえてピンクにしました。
ピンクの方がラメ感が強く、華やかな感じに仕上がります。
それに今回は暗めファンデの上から重ねて明るさを出す…という目的があるので、
あまりナチュラル過ぎては意味が無いかなと…。
また、ゴールドといってもさほど黄味が主張するわけでもないですし、
ピンクと言ってもすごくピンクピンクしているわけでもないので、
この商品については肌の色に合わせて選ぶというよりも、
華やかさを出したいならピンクを、ナチュラルにしたいならゴールドを…、
というように目的に合わせて選ぶと良いのではないでしょうか。


そして昨日のRMKのフェイスパウダーの記事で書いた、
RMKのP00もパール入りのルースパウダーなので比べてみました↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-RMKとCOFのパール入りパウダー比較

左がPMKのP00、右がコフレドールです。
相も変わらず分かり難い写真で申し訳ないのですが汗
コフレドールの方がより白っぽく明るくなっており、パールも少し多いように見えます。
どんよりとした肌のくすみもwコフレドールの方が目立たなくなっているかな。
共にパール入りでツヤ肌になる分、オイリーな私は全顔には付けられませんが、
RMKの方は自然なツヤ肌にしたい時、
コフレドールの方は肌を明るくさせて立体感を与えたり、華やかにしたい時と、
用途に合わせて使い分けています。


ちなみにこちら、直径約7cmと手のひらに丁度収まるような、コロンとしたコンパクトです。
携帯することはまずありませんが、携帯に便利な形状ですね。
開けるとミラーとちゃんとパフも付いています↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-COF ピュアクリスタリッシュコンパクトopen

このパフは直径約5cmと、さすがにやや小振りではありますが、
そもそも全顔に付けることはないので使い難いとかはあまり感じません。
しかもふわふわで気持ち良く、質はななかなか良いものだと思います。
こちらを使い切ったら中身を入れ替えて携帯用のルースパウダーケースにするのもイイかもキラキラ
と画策しております。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。