Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2010-09-30 14:29:02

ルナソル ノーブルシェイドアイズ 03,05

テーマ: ┣アイシャドウ(ルナソル)
ルナソルのアイシャドウネタシリーズもこれが最後のシリーズになりました。
一昨年の秋冬コレクションとして発売された、ノーブルシェイドアイズです。
ルナソルにしてはラメ感が控えめで、割と大人しめな印象の色バリエが特徴的。
しっとりしたサテンのような質感が素敵なシリーズですラブ


こちらのシリーズはどの色もレッドを基調としている為に、
赤味があるアイシャドウが苦手な私は、発売前、
「今回のシリーズは全滅か!?」
などど憂いていたのですが、いざ実物を見てみたら思ってたほど赤く無かったことに安堵し、
しょっぱなからモデル使用色の一番赤っぽいのを購入してしまいました↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-ノーブルシェイドアイズ 03
ルナソル ノーブルシェイドアイズ 03 Red Variaotion


その名も”レッドバリエーション”。
でもご覧のように、右上の赤ピンク以外はそれほど赤っぽくは無いので、
私でもなんとか使えます。
そもそも「赤味が苦手」とか言っておきながら、ピンクとブラウンの組み合わせは結構好きなのですキラキラ


メーカー推奨の付け方は、
①左下のパールピンクのクリームベースを瞼全体に指でぼかす
②右上のゴールドパール入りレッドピンクを目の際からアイホールに入れる
③左上のシルバーパール入りブラウンをアイホールに広げる
④右下のチョコレートブラウンを目の際に入れる
⑤左下のクリームベースをもう一度指で瞼の中央に重ねる
⑥下瞼目頭から2/3に左下のパールピンクを入れ目尻から1/3に右下のチョコレートブラウンを入れる
だそうです。


でもこの入れ方だとせっかくのピンクがブラウンに吸収され、
赤っぽいブラウンのグラデーションになってしまい、腫れぼったくなってなんかイマイチ…。
その点をBAさんに相談したところ、ピンクとブラウンを縦割りにすることを勧められました。
初めは目頭側にピンク、目尻側にブラウンにしてみたのですが、
ブラウンが見た目よりシアーで肌に馴染むのに対し、
ピンクの方がずっと色が出て印象的になる為、これだとなんか変。
と言うわけで、目頭側にブラウン、目尻側にピンクの縦割りに落ち着きました。
ただこれだと目尻側に深みが無くて目を大きく見せる効果はほとんど無く、
更には色も色なのでちょっと腫れぼったく見えることも…。
なので締め色のチョコレートブラウンは目尻側をかなり太目にしっかりと入れるようにしています。


この色は、最初に懸念していた程腫れぼったくなることもなく、
上手く入れられると大人っぽいのにとても可愛らしい印象になるのですごく好きな色ではあるのですが、
どうもうまく使いこなせていないような気がします…ガクリ


そして、次に購入を決めたのはこちらでした↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-ノーブルシェイドアイズ 05
ルナソル ノーブルシェイドアイズ 05 Blue Green Variaotion


見た目難しそうな、何とも言えない渋くスタイリッシュなくすんだグリーン系。
そして見るからにくすみそうな色…。
「これは一体どんな風になるんだろう?」
と、今回の中で1番仕上がりが読めなくて気になってた色です。
なので上の03を購入に行った際、早速カウンターでBAさんにこちらもタッチアップしてもらったのですが、
くすんだ見た目とは裏腹に意外にも透明感のある目元になったのに感動し購入したのです。


この色のメーカー推奨の付け方は、03とは微妙に違って、
①左下のアイボリーのクリームベースを瞼全体に指でぼかす
②左上の抹茶グリーンを目の際からアイホールにかけてふんわりと入れる
③右上のブラウンをアイホールにぼかす
④右下の締め色ブルーグリーンをライン的に目の際に入れる
⑤左下のアイボリーのクリームベースを瞼の中央に指で重ねる
⑥下瞼目頭から2/3に左下のアイボリーを入れ目尻から1/3に右下のブルーグリーンを入れる
だそうです。


03とは、アイホールにメインに持ってくる色が右上か左上かの違い。
そして私はこの色もこの通りに付けるのは抹茶グリーンが目立たなくて勿体ないような気がし、
目頭側に抹茶グリーンを、目尻側にブラウンの縦割りで付けています
(ルナソルのアイシャドウを推奨通りに付けることはほとんど無い、アマノジャクな私w)。
そして、締め色のブルーグリーンはそのままだと黒っぽくなってただのグレイに見えてしまうので、
③と④の間に黒のアイライナーを引き、その上から締めのブルーグリーンを重ねるようにしています。
そうすると見た目の色に近い色が出るのでお勧めキラキラ
ちなみにこの色の場合は03と違い、締め色はあまり太くせず細めに引いた方が透明感が出て綺麗です。


この05は、クールだけどもブラウンの赤味でほんのり色気も加わって、
知的かつ大人っぽい仕上がりになるのが気に入っています(いい大人ですが…)。
手持ちのアイシャドウの中で一番知的さを醸し出せるパレットかもしれませんw


ノーブルシェイドアイズは他にも01と02も持っているのですが、どちらも廃番色なんですよね…。
でも個人的にはむしろ03,05よりも01,02の方が気に入っていたりするので、次の記事にしますw
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2010-09-29 17:47:40

ルナソル ジェミネイトアイズ 04,05

テーマ: ┣アイシャドウ(ルナソル)
セントフォルムアイズに続き、その翌年に発売された、
宝石をイメージして作られたこのシリーズについて書きたいと思います。
03のダイヤモンドに関しては過去記事に既にあるので省略w
このシリーズも涼しくなると必ず使いたくなる、今でも現役のアイシャドウですキラキラ


まずはこのシリーズで一番最初に惹かれて購入を決めたのがこの色でした↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-ジェミネイトアイズ 05 RB
ルナソル ジェミネイトアイズ 05 RB(ルビー)


ご覧のように、私らしくも無いw可愛らしいローズピンクのパレット。
最初見た時は、


こんな赤味のあるピンク、絶対腫れぼったくなる!!


とビビったのですが、BAさんに上手いこと付けて頂いたところ全く腫れぼったくならなかった上、
今まで見たことも無いような(大げさ?)すごく大人っぽく女性らしい目元になれたので、
予約して購入しました。


メーカー推奨の付け方は、
①左上のハイライトカラーのパールホワイトを瞼の中央と眉下にぼかす
②右上のミディアムカラーのパールピンクをアイホールにぼかす
③右下のシェードカラーのワインカラーを目の際にライン的に入れる
④左下のアクセントカラーのローズピンクを下瞼に入れる
⑤真ん中のジェミネイトカラーのラメをアイホール全体に指で置くようにつける
だそうです。
こちらもセントフォルムアイズ同様、意外に単純な付け方だったのですね。
ただ右上のパールピンクは割と薄付きなので、この付け方だと爽やかで可愛らしい雰囲気になりがち。
それはそれで良いとは思うのですが、
個人的にはこの色の魅力は他に無いローズやワインカラーが醸し出す大人っぽさだと思うので、
②の後、左下のローズピンクを目尻側に入れて縦割りっぽくするのが気に入っています。
この時、アイホールの窪みに沿って入れると更に彫が出て良いですキラキラ
また、右下のワインカラーは結構赤味があって見た目に近い発色をするので、
こちらを効かせるととても色っぽい目元になれますラブ
このワインカラーは下瞼にもぜひ入れることを強くお勧めします!


このパレットはパッと見た感じ赤味もあるし超ピンク!って感じなので、
腫れぼったくなりそうな雰囲気出しまくりなのですが、
この赤味が肌の赤味とはかけ離れているからか、思ったほど腫れぼったくはなりませんでした。
どうも私は、ピンクよりもオレンジブラウンのような黄味がかった赤味が苦手のようだと、
このルビーに出会って初めて気付いたのでした。
それどころか、この手のピンクははんなりとした色気が出るので、
そういった雰囲気にしたい時(あんま無いけどw)にはもってこいのパレットとなっています。
特に今ぐらいの季節になると使いたくなる色ですね。


上記のルビーを購入した後、気に入ってルビーばかり使いまくっていた為に暖色系に飽きw
反動で購入したのがこちらです↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-ジェミネイトアイズ 04 SP
ルナソル ジェミネイトアイズ 04 SP(サファイア)


これまた青一色のなかなか難易度の高そうなパレットです。
元々ブルーはあまり得意では無かったのでこのパレットも出た頃は興味が無かったのですが、
基礎物を買いにカウンターを訪れた際、BAさんが、
「アイシャドウどれか付けていかれませんか?」
と誘って下さったので、どうせなら普段絶対付けない色を付けてもらおうと選んだのがこちらでした。
もちろんそんな感じでのタッチアップだったので最初は買う気は無かったのですが、
思ってた以上の綺麗なブルーの仕上がりに感動したのと、先述のルビーの反動もあったのでw
思わず購入してしまったのです。
でもこれが大正解!
確かに一見すごい青!って感じでひるんでしまいますが、
パープル寄りの深みのある透明感あるブルーなので、
一昔のギャルっぽくなったり殴られたようになったりせず、
個人的に目指している、大人の出来る女風になれる素敵なパレットなのですキラキラ


こちらもメーカー推奨の付け方はルビーに同じで、
①左上のハイライトカラーのブルーパールのホワイトを瞼の中央と眉下にぼかす
②右上のミディアムカラーのスカイブルーをアイホールにぼかす
③右下のシェードカラーのブルーを目の際にライン的に入れる
④左下のアクセントカラーのパールブルーを下瞼に入れる
⑤真ん中のジェミネイトカラーのラメをアイホール全体に指で置くようにつける
だそうです。
この色の場合は、私は下瞼に左下のパールブルーを入れると疲れたように見えてしまうので、
下瞼目頭側2/3に左上のブルーパールのホワイトを、
目尻側1/3に右下の締め色ブルーを入れるようにしています。
そしてそれだと左下のパールブルーが捨て色になってしまうので、
②で右上のスカイブルーの代わりにこの色をアイホールに持ってくるか、
ルビーと同じく縦割りに付けたりしています。


ブルーって言うとどうも夏のイメージの強い色ですが、
このサファイアは深みがあるゆえに、まさに冬のブルーという感じ。
ルビーが秋に使いたい色なら、こちらはもう少し寒くなったら使いたい色です。


ちなみに、去年出たスターシャワーアイズの03も深みのある冬のブルーですが、
”サファイア”が青~藍色といった感じで割に鮮やかなブルーなのに対し、
スターシャワーの03は紺色~濃紺といった具合で少しくすんだ黒っぽいブルーです。
似た色ではありますが、前者が女性らしい少しコンサバっぽいブルーなのに対し、
後者はよりクールでカッコいいブルーといったイメージかな。
まぁ他人から見たら一緒でしょうけれどw
私にとってはどちらもそれぞれ良い所があって魅力的ですので、どちらも気に入っていますかお
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2010-09-28 10:00:00

ルナソル セントフォルムアイズ 02,03,05

テーマ: ┣アイシャドウ(ルナソル)
超今更、何でこのシリーズ?って感じですが、
自己満ブログなので書きたい記事を書かせて頂きますw
私の中ではルナソルのアイシャドウは発売後何年経ってもバリバリ現役なのです。
また、何年経っても古臭く感じないのがルナソルの魅力の一つと思い、
在庫は沢山あるのに今でも買い続けているというわけです。


私が初めてルナソルにハマったのはライティングフォーアイズからなのですが、
その次の次、つまり1年後に発売されたのがこのセントフォルムアイズでした。
ライティングと、その次のプリズマティカルアイズは割とクールな印象の色が多かったのですが、
当時はどちらかと言うと暖かみのある色が好みだったこともあり、
このセントフォルムアイズの暖かみある色バリエを雑誌で見てすぐに店頭に予約しに行ったのを覚えています。
そして真っ先に予約を決めたのが、モデル使用色のこちら↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-セントフォルムアイズ 03 Black Tea
ルナソル セントフォルムアイズ 03 Black Tea


この頃まだアイシャドウと言えば同系色でグラデするぐらいしかレパートリーに無かった私にとっては、
このパレットはかなりの冒険色でもありました。
しかも当時はグリーンは苦手だったし、ボルドーも腫れぼったくなるから論外という体たらく。
でもそんな私ですら「この色を使いこなしてみたい!」って思うほど、
広告や雑誌で見たこの色が魅力的に見えたのです。


メーカー推奨の付け方は、


①左下のラメ(クリーミィハイライト)を瞼全体に指でのばす
②右上のローズピンクをアイホール全体にのせる
③左上の抹茶色を下瞼に入れる
④右下の小豆色を目の際に入れる
という、割と単純な感じです。
確かにこれでもローズピンクのほんのりとした赤味が艶っぽくて綺麗なのですが、
この色の一番の魅力はローズピンクと抹茶色の組み合わせだと思っていたので、
個人的にはいつものw縦割り使いがお勧めですキラキラ
と言うか、この記事を書くにあたってメーカー推奨の付け方を初めてぐらいの勢いで見たのですが、
こういう使い方だったのかと逆にびっくりしましたw
こちらを予約しに行った時のBAさんも縦割りで使っていたし、
てっきり縦割りがデフォなのかと思ってましたw
でもルナソルの推奨の使い方で”縦割り”って無いですよね?
BAさんも良くそうして付けているし、実際そのように付けてくれる方が多いのですが、
あれは一体どうしてなんだろう??


話逸れましたが、個人的には目頭側に右上のローズピンク、目尻側に左上の抹茶色の縦割りにし、
下瞼の目頭側2/3に左下のラメを、目尻側1/3に右下のボルドーを入れる付け方が気に入っています。
”ブラックティー”って確か薔薇の一種だったように記憶していますが、
抹茶色が薔薇の葉を、ローズピンクが花の色を彷彿させ、本当に瞼に薔薇バラを纏っているかのような、
そんな気分にさせてくれる、ルナソルの名作だと私は勝手に思っています。
今でも秋になると必ず使いたくなる色です。


そして上記のブラックティーと一緒に、使い勝手の良さそうな色として予約して購入したのがこちら↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-セントフォルムアイズ 05 Chocolate Cosmos
ルナソル セントフォルムアイズ 05 Chocolate Cosmos


こちらはブラックティーと違い、初心者でも使い易そうな同系色グラデのブラウン。
今でこそこの手の色は沢山持っていますが、当時はこういった暖かみあるブラウンはあまり持っていなかったので、
こちらも迷わず予約購入したものです。


こちらもメーカー推奨の付け方は上に同じで、
右上のオレンジブラウンをメインとしてアイホールに、
左上のグレイッシュブラウンを目の際からアイホールにかけて(二重幅よりやや広めに)入れます。
この色に関してはこの使い方でも暖かみあるオレンジブラウンって感じになって気に入っているのですが、
オレンジ系は時に腫れぼったさが気になる私としては、
右上オレンジブラウンと左上グレイッシュブラウンを逆に入れることの方が多かったりします。
更に、右下のチョコレートブラウンをかなり広めに効かせるとスッキリと目が大きく見える気がするので、
そのようにして付けるのが気に入っています。


そしてこの色、写真を見ても分かるように、左下のクリーミィラメが底見えするほど愛用してたりします。
手持ちにルナソルのアイシャドウは数あれど、底見えしてるのはこのチョココスのみ。
そのぐらい気に入っているのです。
でもこのラメの減り具合に比べて他の色は普通に結構残ってたりするのですが汗


ちなみに、”チョコレートコスモス”とは、チョコレート色したコスモスの名前。
ピンクや白といった明るい色が多いイメージのコスモスですが、
そんな中、シックな色のチョコレートコスモスは凛としていて気高くとても綺麗。
こちらを付ける時は、そのような女性になれたら良いなという願望も込めて、
必ずこのコスモスのことを思い出しながら付けていたりしますかお


そして、発売後に改めて気に入って購入したのがこちら↓↓↓


$全てのコスメは美に通ず-セントフォルムアイズ 02 Leak
ルナソル セントフォルムアイズ 02 Leak


元々パープルが好きだったこともあって思わず購入してしまいました。
やや赤味がかった女性らしい、王道パープルパレットだと思います。
サッと適当に塗っただけで、一気に女度がアップアップ


こちらもメーカー推奨の付け方は同じで、
右上の赤味パープルをメインとしてアイホールに、
左上の青味パープルを目の際からアイホールにかけて入れます。
この色もこの付け方でもはんなりとした赤味が女らしくて素敵なのですが、
赤味パープルと青味パープルを逆に付ける方が個人的にスッキリ見えるので気に入っています。
なんか私、そんなんばっかりですねw
でもこの色は左下のクリーミィラメがブルーラメなので、基本通りに付けても腫れぼったくなることはありません。
クールに見せたいか優しく見せたいか、気分に合わせて使い分けています。
それが出来てしまう素敵なパープルだと思いますキラキラ


確かLeakも薔薇の一種だったように記憶しています。
赤味のある、葡萄のようなパープルが印象的な薔薇。
こちらもまさにそんな印象のパレットです。
ルナソルは、全ての自然のものからインスピレーションを得て商品化するのが本当に上手いなぁって、
毎度毎度思ってしまいますね。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。