ゆーちるのちいさな幸せ探し♪

皆さんと分かち合いたいステキなモノをお写真を通してご紹介します♪

数多くあるblogの中から遊びに来ていただきありがとうございますドキドキ
3つ年上の旦那さま&愛犬みるく(チワワ♂)と幸せな生活を送っておりますかえちゃん
愛用のカメラはSONYのミラーレス一眼カメラ「αNEX-C3」カメラキラキラ
美味しいモノや可愛いモノ、モニターやイベントなどの記事を中心にフォトblogを書いておりますラブラブ
これからも皆さまに楽しんでいただけるblogを心がけてまいりますので今後ともよろしくお願い致します好

ベル沖縄旅行記はこちら(2012年5月8日(火)~5月11日(金))ベル

ベル沖縄旅行記はこちら(2013年3月6日(水)~3月9日(土)) ベル

ベル浦安ブライトンホテルの記事はこちら(2012年9月12日(水)~9月13日(木)) ベル

■プレス発表会・新発売イベント・パーティーなど■

●第26回・第29回・第36回・第39回RSPにて企業賞をいただきました。

宝石ブルー ロッテシティホテル 錦糸町 宝石ブルー ピアジェパーティー 宝石ブルー メイベリン プレス発表会
宝石ブルー アサヒ くつろぎ仕込 北川景子
宝石ブルー バーバリー イベント
宝石ブルー 溝端淳平くんとの1DAY DREAM体験 宝石ブルー キャンドル演出&フォト講座
宝石ブルー アクアワールド茨城県大洗水族館 宝石ブルー 和欧融合レストラン「WANOBA」
宝石ブルー クリスマスヘリクルーズ
宝石ブルー クリニーク☆2011 美白新製品発会 宝石ブルー 頭皮ケア専門店「e.b.c.c.表参道」 宝石ブルー ESTNATION bis 宝石ブルー ヒルトン東京ベイ
宝石ブルー 代々木上原「Tkk鍼灸サロン」 宝石ブルー エテュセPRイベント トリンドル玲奈 宝石ブルー TSUBAKI新キャスト発表会
宝石ブルー “The Velvet Night” VIP Party 宝石ブルー LANCOME 新製品発表会(2012/03/14) 宝石ブルーロレアル プロフェッショナル 道端カレン
宝石ブルー LANCOME 新製品発表会(2012/06/21) 宝石ブルー SK-Ⅱ新製品発表会 宝石ブルー 富士フイルム「アスタリフト」イベント
宝石ブルーケラスターゼ 新製品発表会 宝石ブルー デキるオトナのコーヒーサロン☆Salon del Caffe illy♪ 宝石ブルー Shu Uemura 新製品発表会
宝石ブルー 読者特典あり☆リラクゼーションサロン「ZABOU」
宝石ブルー M・A・Cのメイクアップショー@cosme
宝石ブルー LANCOME 新製品発表会(2012/12/11) 宝石ブルー KIEHL'S 新製品発表会 宝石ブルー LANCOME 新製品発表会(2013/02/06)
宝石ブルーアスタリフトホワイト 新製品発表会 宝石ブルー LANCOME 新製品発表会(2013/03/18) 宝石ブルー LANCOME 新製品発表会(2013/07/10)
NEW !
テーマ:

 

2017年1月17日(火)はKERASTASE(ケラスターゼ)様にご招待いただき

 

 

ブロガー友達のなおちゃんと『ケラスターゼ ブランド リニューアル パーティー』に出席してまいりました。

 

なおちゃん、お付き合いどうもありがとう!

 

 

会場は六本木ヒルズ 森タワー49Fにあるアカデミーヒルズ。

 

 

東京の夜景を一望できるハイブランドにふさわしいとってもステキな空間でした。

 

 

私はプレス発表会から出席させて頂いたのですが、立ち見の方が出るほどの人気ぶり!

 

さすがはケラスターゼですね。

 

 

こちらはMCを務めていらしたケラスターゼ広報の安尾さん。

 

私は人見知りなので直接お話しをさせて頂いたことはないのですが、

 

気品溢れる笑顔のステキな方で、ひそかに憧れていたりします。

 

 

こちらはプレゼンをしてくださったケラスターゼ事業部長の佐々木さん。

 

ケラスターゼの歴史や新製品についてなど、とても分かりやすく語ってくださいました。

 

 

ケラスターゼは、1964年に「美しい髪は健康な頭皮から生まれる」という

 

理念に基づき誕生したヘアサロン向けラグジュアリーヘアケアブランド。

 

 

その時代、その時代の最先端テクノロジーを駆使し、それぞれの髪の状態に合わせた

アイテムケアを提案するという「タイプ別ヘアケア」の先駆けとなったケラスターゼ。

日本に上陸したのは1990年代ですが、誕生から50年以上も経つ歴史あるブランドです。

たった1%という厳選されたサロンでしか味わえない

ケラスターゼならではの極上のヘアケアはいつの時代も女性の憧れですよね。
 

 

時代と共に変わり続ける消費者のヘアケア意識。

 

近年はドラッグストアなどで販売されるヘアケア製品もグッと増え、

 

消費者の美髪に対する意識が高まっていることがうかがえますよね。

 

そんな私たち消費者の先を行き、今も昔もハイクオリティーなアイテムと技術により

 

美髪へと導いてくれるケラスターゼは本当に頼もしい!

 

 

そんなケラスターゼがこの度、よりパーソナルに、よりラグジュアリーにリニューアル。

 

コンセプトは“あなたに最適な極上の美しさへ”

 

 

SNSの普及などにより簡単に多くの情報を手に入れられるようになった今、

 

女性たちの美意識もどんどん高まっていますよね。

 

そんな女性たちの個々のニーズに対応するべく

 

ケラスターゼは「ディアグノシス カウンセリング」を実施するとのこと。

 

「ディアグノシス カウンセリング」とは、美容師の知識と経験に基づき、頭皮と髪に

 

直接触れながら個々に合ったヘアケアを提案するケラスターゼならではの専門カウンセリング。

 

プロの目からみて必要なケアを勧めてもらうのが美髪への確実な一歩ですよね。

 

 

リニューアルしたケラスターゼの顔を務めるのは

 

スーパーモデルのキャメロン・ラッセルとトニー・ガレン。

 

カッコイイし説得力ありますね!

 

 

そしてこちらは2017年12月に日本に上陸する世界初のスマートヘアブラシ

 

「ケラスターゼ ヘア コーチ Powerd by Withings(仮称)」(税抜24,000円/予定)

 

 

ヘアブラシとスマホが連動し、ブラッシングするだけで髪の状態や

 

必要なケア情報などをスマホを通して提供してくれるというもの。

 

 

2017年1月3日にラスベガスで開催された家電ショーでは傑出した技術と

 

プロダクトデザインに与えられる国際CESイノベーション賞を受賞されたそうです。

 

ブラッシングをするだけで髪の状態が分かる時代がくるなんて…本当にびっくり!

 

発売されたらぜひ使ってみたいです。

 

 

また、ケラスターゼは使用資源の削減と持続可能な素材の使用を促進するため

 

ホームエステ製品のパッケージをリニューアル。

 

新キャップデザインにより年間45トンのプラスチックが削減され、

 

25%以上のリサイクル素材を使用することで年間30トンの新たな資源を保護できるそう。

 

環境問題を意識したパッケージリニューアル、素敵ですね。

 

 

プレス発表会のあとはいよいよパーティーです!

 

 

会場にはキャメロンやトニーの特大パネルがあったり

 

 

サロンで使われているシャンプー台が展示されていたり

 

 

ケラスターゼのアイテムがずらりと展示されていたりと

 

まるでケラスターゼのサロンにいるかのような気分を味わえて楽しかったです。

 

会場にはドン小西さんやJOY、道端カレンさんなど芸能関係の方もたくさんいらしていましたよ!

 

さすがはケラスターゼですね!

 

 

今回のパーティーでは、シャンパンをいただきながら

 

 

プレゼンでお聞きした「ディアグノシス カウンセリング」を体験!

 

 

私が担当していただいたのは愛知県の美容院「AMON cinq es」のマネージャー大矢さん

 

笑顔でとても分かりやすいカウンセリングをしていただきました。

 

 

まずはこちらのカードを利用し、自分の髪の悩みやヘアケア習慣について記入します。

 

 

そのあと、スタイリストの方が直接頭皮や髪を触り状態をチェック。

 

私は頭皮が硬く乾燥しているので、ヘッドスパとスカルプケアを勧められました。

 

また、髪の量は多いけれど細いとのこと。

 

若い頃は太かったのにいつの間に細くなっちゃったのかしら(泣)

 

 

20種類の中から選ぶサロン専用トリートメント「フュジオドーズ」もおすすめとのことでした。

 

 

私の髪は縮毛矯正とカラーリングのWダメージなので、ぜひサロンで試してみたいと思います。

 

 

こちらは私の髪の状態に合わせてプレゼントしていただいた

 

「ダメージケア レジスタンス フォルス」のシャンプー&トリートメント。

 

 

「バン ド フォルス N 」(250ml/税込3,240円)は弱くなった髪を補修し、健康的な髪へと導いてくれるシャンプー。

 

 

そして「ソワン ド フォルス N」(200g/税込3,456円)は、弱くなった髪を補修し、

 

しなやかで健康的な髪へと導いてくれるデイリーヘアトリートメント。

 

使うのがとても楽しみです!

 

 

こちらはヘアケアアイテムと一緒にプレゼントしていただいた鏡リュウジさんの星占い。

 

ヘアケア×星占いなんて面白いコラボレーションですね!


毎回趣向を凝らしたイベントで私たちを楽しませてくれるロレアル。

今回のパーティーも存分に楽しませていただきました。

カウンセリングで勧めていただいたヘッドスパ、さっそく予約したいと思います!

ステキなパーティーにご招待いただきありがとうございました!


ケラスターゼのサイトはこちらから

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

11月11日から11月23日まで東北3県で行われているポケモンGOのラプラス大量発生イベント。

過去にお台場に3回足を運び、1体しかGETできなかったレアキャラのラプラスを捕獲できるということで

先週末、車で片道7時間かけて主人と石巻まで行ってまいりました。

仙台から更に1時間かかり、かなり遠い印象でした。

{4B95C866-FB84-4D7C-8C54-5946FC39E6AD}

石巻に到着するとすぐに「かくれているポケモン」にラプラスの姿が。

{7217C649-C63F-4E3F-B6F9-E3F671DD8E06}

ホテルにチェックインし、ひと休みしている間に早速2体GETできました。

YouTubeの情報では「ポッポ並みにラプラスが出る」とありましたが、私たちが訪れた13日はそこまででもなく、サーチ機能がなければ捕まえにくいレベルでした。

{C3C7AB5F-A248-4141-A9E6-38B5E0E7F768}

とはいえ、1泊2日トータル7時間くらいの間に40体近くのラプラスを捕まえる事ができました。

近隣のご迷惑になるので夜中や早朝は出歩きませんでしたが、それでもこれだけ捕獲できるんだからすごいよね。

{1BA64BE3-DEC9-4F6B-9ED6-342CCFF6011C}

ラプラスに加えて多く出現していたのがピッピやプリンなどのフェアリー系。

こちらも普段あまり出現しないので、たくさん捕まえられて嬉しかったです。

雑魚キャラも常に様々な場所にわいているので

レベル上げやほしのすな収集にもおすすめです。

{3BF4822D-A9BB-4A7A-BB57-D3F9252311E6}

こちらは石巻駅。

窓がステンドグラスになっていたり、カトリック教会を彷彿とさせる建物で可愛かった。

{379CCEEF-C4DB-4D6B-86B1-598838695FD0}

至るところに石ノ森章太郎先生のキャラクターが。

{F993CDAB-4DAB-4A10-B1D4-9C2466FB512E}

市役所の前にも。

{F7900C7A-D33E-4712-BD0C-55FB3AE83582}

こちらは石ノ森漫画館。

{C39005A4-8E1D-4BD9-A954-64E47F736A39}

東日本大震災から1年8ヶ月かけて復旧したそうです。

{AA92B96E-292E-4D71-8601-C670BA8B5EF3}

5年前に大きな津波がきたとは思えないほどの穏やかな街並み。

ここまでくるのには大変なご苦労があったのでしょうね…

父も震災直後に泥かきのボランティアで石巻に行ったりしていたな。


私は仙台出身で石巻には母方の伯父家族も住んでいますが、石巻を訪れたのは今回が初めて。

震災前はどんな街並みだったのだろう…と想いを馳せながら、目の前の景色を目に焼き付けてきました。

{79DB88A9-0672-430F-B6CE-F82D7E1B6F8B}

夕飯は利久でいただきました。

ラプラス狩りだけではなく、しっかりお金を落としていかないとね。

{F6CD7A1E-4206-4CF5-99A5-2062CFF8C991}

5年前に復興を願って父と飲んだ日高見という地酒を熱燗でいただきました。

奥に写っているのはお通し。

手前は追加注文のとろろです。

{C07CA2B8-4337-4AC4-9E50-D4AFF6ACBD26}

利久の牛タンは間違いないね。

相変わらず肉厚でとても美味しかったです。

{8B08D463-47CF-4201-AE2D-03C3AD2A49C2}

「元気の湯」という日帰り温泉にも行きました。

お風呂の種類も多く、とても気持ちが良かったです。

道の駅「上品(じょうぼん)の郷」では産直野菜やお惣菜、お土産などもたくさん買ったよ。

私たちは利用しませんでしたが、足湯や温泉に入ることもできます。

{32BDE65B-353C-4121-8600-AAB5407AB6BB}

翌日は、津波により84名の尊い命が奪われた大川小学校跡地に献花をしに行ってきました。

兄が震災直後から大川小学校の生徒さんたちのカウンセリングを担当していたので色々話は聞いていましたが、

実際に足を運んでみなければ分からないことも沢山ありました。

ちょっとやそっとじゃ壊れなさそうな頑丈な太い柱が折れて鉄筋が見えていたり、2階部分の渡り廊下が不自然に大きくねじれていたり…

いかに津波の威力が大きなものだったのかを物語っていました。

想像を絶する恐怖だったでしょうね…



大人たちの判断ミスにより失われてしまった尊い命。

様々な不運が重なって起きてしまった言い逃れのできない人災ですが、

私からみれば、判断ミスをしてしまった先生方もまた被災者…

ご遺族の方が責めるのは当然のことですが、私がご遺族の方と一緒になって責めるのはちょっと違うような気がします。

(責任逃れのために真実を隠蔽しようとしている市や県は問題外ですけれど。)


だれも予測できない天災に見舞われた時、もし私が先生の立場だったら果たして正しい判断ができるのか…そう考えるとまったく自信がありません。

この問題は非常に難しいですよね。

主人とも大川小学校を訪れたあと、ずっと話し合っていますが未だ答えはみつかりません。


今はただ、被災地はまだまだ復興途中であるという現実と向き合い、

今後も自分にできることを考えて実践していかねばという気持ちでいます。



今回のイベントを迷惑に感じている地元の方もいらっしゃるだろうな。

ラプラスが出現すれば狭い道に人が群がるし、道が分からず一通を逆走する車も実際に見かけたので、イライラされて当然です。


イベントがなければ被災地に出向かない自分のことも非常に情けなく思いますが、これが現実。

でも、きっかけはどうあれ石巻の〝今″をこの目でみて、今後自分に何ができるのかを考える機会になったことは確かです。

お騒がせした分、今度は純粋な観光をしにまた石巻を訪れたいと思います。



改めて震災で亡くなられた方々のご冥福をお祈りいたします。












AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

カナダ滞在3日目以降です。

 

 

3日目の朝も宿泊先の『インズオブバンフ』内にあるレストランでビュッフェをいただきました。

 

前日はワッフルでしたが、この日はフレンチトースト。

 

どちらも本場のメープルシロップをかけていただきました。

 

 

朝食をいただいた後は荷物をまとめ、観光バスで再びカルガリー空港へ。

 

この日はバンフからナイアガラへ移動するだけの1日。

 

カナダの西側から東側へ移動するので丸1日かかりました。

 

 

まずはカルガリー空港からトロント空港へ。

 

カナダは国内線でも国際線並みに厳しい保安検査があるということでしたが

 

私は成田では引っかからなかったピアスが何故か金属探知機に反応してしまい

 

全身を撮影する電話ボックスのような形をしたスキャンボックスに連れて行かれました。

 

悪いことはしていないけれど、言葉が通じないし焦ったよ~^^;

 

ぶじ飛行機に乗れてよかったです(笑)

 

 

トロント到着後、観光バスでナイアガラの宿泊ホテル『オークスホテル』へ。

 

朝早く出発して夜の20時過ぎに到着しました。

 

お写真は翌朝に撮ったものです。

 

 

『オークスホテル』はナイアガラの滝の目の前にあるのでロケーションは最高!

 

 

でも、私の宿泊した部屋は3Fだったので滝はほんの少ししか見えませんでした。

 

 

こちらが宿泊したお部屋。

 

バンフに比べると広々!

 

 

ベッドルームの他にソファーの設置された部屋までありました。

 

H.I.Sから送られてきた用紙にはWi-Fiが有料となっていましたが無料で使えました。

 

ちなみに『インズオブバンフ』も無料です。

 

 

こちらはバス&トイレ。

 

海外はウォシュレットがないのが辛いよね(涙)

 

 

このシーズンは、日曜日の22時からナイアガラの滝で花火があがると

 

添乗員さんから聞いていたので直接見に行きたかったのですが、移動疲れで断念。

 

どうせ見えないだろうと部屋の窓を覗いたら花火だけ見えていたのでパチリ。

 

ホテルの14Fに展望ルームがあるので行けばよかったな。

 

ちなみに夏場は毎日花火があがるようです。

 

 

翌日の朝食はホテル隣接のレストランでいただきました。

 

 

ワンプレートの朝食でしたが、日本では考えられない残飯的盛り付けにビックリ(笑)

 

カナダ人がワイルドなのか日本人が繊細なのか…どっち?(笑)

 

翌日の朝もまったく同じプレートが出ましたが、食欲がなくほとんど口をつけませんでした。

 

 

翌朝、ホテルから歩いて5分ほどのところにある『インクライン・レイルウェイ』でテーブル・ロックへ。

 

 

このゴンドラのようなものに乗れば数分で行けるテーブル・ロックですが

 

ホテルから歩くとなると迂回しなければならないので20分はかかります。

 

片道ひとり$2.75(外税)。

 

他の方の情報によれば1日乗車券などもあるようです。

 

散策しながら滝まで向かうのもいいですが、何度も行き来する場合は

 

坂が多いので『インクライン・レイルウェイ』を利用しないとかなり疲れると思います。

 

 

こちらはレストランやお土産屋さんが入っている『テーブルロックセンター』の入り口。

 

 

『インクライン・レイルウェイ』利用者用の入り口といった感じかな。

 

メインの入り口はテーブル・ロック側にあります。

 

 

メインの入り口付近はハロウィン仕様でした。

 

かわいい!

 

 

テーブル・ロックから眺めたカナダ滝。

 

小学生の頃から見てみたかったナイアガラの滝に感動!

 

 

写真では伝えきれないほど壮大でエネルギーに満ちたナイアガラの滝。

 

ずっと見つめていると吸い込まれそう!

 

 

こちらのカモメは人に慣れていて、ずーっと同じ場所に佇んでいました(笑)

 

 

スズメも日本のスズメとは違う顔だちな気がしましたが…気のせい?(笑)

 

 

ナイアガラはバンフよりも紅葉がキレイでした。

 

 

こちらはアメリカ滝。

 

滝の奥はアメリカです。

 

 

左の橋がアメリカとの国境になっている『レインボーブリッジ』。

 

パスポートと入国税$6を支払えばアメリカ側からも滝を楽しむことができます。

 

 

ナイアガラ・クルーズに乗船するため『テーブル・ロック』から20分ほど歩いて移動。

 

滝の水量がすごすぎて常に霧雨が降っているような感覚でした。

 

 

船でカナダ滝の目の前まで行ってきます!

 

支給された赤いカッパは薄くて破れやすいとのことだったので

 

各自持参したカッパを中に着て乗船しました。

 

 

この日は風が強かったこともあり水しぶきが大雨のよう!

 

「カメラは防水でなければ壊れる」という情報を入手していたので

 

シャワーキャップで防水カバーを手作りし日本から持参しました。

 

おかげでカメラが壊れることもなく迫力の動画を撮ることができたよ!

 

 

ナイアガラ・クルーズを楽しんだ後は、シェラトンホテルで昼食を。

 

 

こちらもビュッフェ形式でした。

 

有名ホテルだけあって一番おいしかったかも。

 

 

この時期にスイカまであってビックリ!

 

フルーツはどれを食べても甘くておいしかったです。

 

 

ホテルの窓からみた景色。

 

アメリカ滝が目の前です。

 

 

とても狭いですが外に出られるスペースもありました。

 

 

公園の紅葉もとってもキレイでした。

 

 

昼食後は自由行動だったので母とナイアガラを散策。

 

 

赤い二階建てのバスがかわいかった^^

 

 

午前中はずっと曇っていましたが、午後から少し晴れ間がみられるようになってきました。

 

芝生に落ちた葉っぱがキレイ^^

 

 

公園で野生のリスに遭遇し大興奮!

 

 

日本のリスに比べると大きめ。

 

 

餌付けされているようで人馴れしています。

 

至るところにリスがいて本当にかわいかった^^

 

 

アメリカ滝。

 

晴れていると写真写りもかわってきますよね。

 

 

新しいアトラクションの「ジップライン」。

 

 

料金は$49.99だそうです。

 

母は好奇心旺盛なので、70歳を過ぎているのに「やってみたい!」と話していました。

 

 

私、こういう写真が好きです。

 

アメリカ滝を撮ってみました。

 

 

スカイロンタワー。

 

ナイアガラのシンボル的建物です。

 

 

海外だと馬車も絵になりますね^^

 

 

散策しながら一度ホテルに戻り、余計な荷物を置いてからシャトルバスで

 

予約していたレストラン『レミントンズ・オブ・ナイアガラ』へ。

 

『オークスホテル』とこちらのレストランは同じ系列のようで

 

20分おきにシャトルバスが出ているとのことでした。

 

メインの入り口前は工事中でした。

 

早めに出発したので時間まで近隣を散策。

 

 

家が逆さまになった建物があったり、(カナダだけど)アメリカンな街並みが楽しかったです。

 

 

 

 

このど派手な建物は映画館だったんですね。

 

 

バス停のお花がキレイでした。

 

 

 

こちらは『クリフトン・ヒル』という名の遊園地。

 

 

特に入場料を支払うこともなく入れます。

 

 

母の希望で観覧車『ナイアガラ スカイ ホイール』に乗ることに。

 

ふたりで$27でした。

 

カナダの観覧車は日本と違って回るスピードが速い!

 

そのため、人が乗り降りする度にいちいち止めるので効率が悪いの。

 

速い分、3~4周くらい回転するのでなかなか降ろしてもらえず

 

レストランの予約時間に間に合わなくなりそうでヒヤヒヤしました。

 

 

でも、観覧車から眺める景色は最高でした。

 

 

ちょうど日が沈む時間だったので、高いところから眺めることができてよかった。

 

 

 

お気に入りの一枚です。

 

 

レストランでは母用のアイスワインと

 

 

私用のカナダビールをオーダー。

 

どちらもおいしかったので、空港でお土産に買って帰りました^^

 

ドリンクメニューだけですが、お願いすれば日本語のメニューも持ってきてくれます。

 

 

シェフのシンプルサラダ($9)。

 

2人でシェアしていただくのに丁度いいサイズでした。

 

 

そしてこちらがお目当ての東海岸の丸ごとロブスター!

 

HPでは時価となっていますが、この日は$49でした。

 

日本円で4,300円くらいかな。

 

せっかくなのでひとり一尾ずついただきました!

 

 

店員さんが目の前で素早く解体してくれます。

 

やっぱり丸ごとロブスターは食べごたえがありますね!

 

身がぷりぷりでとてもおいしかったです^^

 

 

こちらのお店はウェイターさんが生歌を歌ってくれるパフォーマンスも人気です。

 

動画は撮ったけれど、写真は撮り忘れた~orz

 

 

こちらのレストランは個人で予約して訪れたので、英語で注文しなければなりませんでした。

 

(もちろん予約も英語です。)

 

そのため、iPhoneに翻訳アプリを入れて前々から準備していたのに

 

何故かこのタイミングだけauの世界データ通信がエラーになってしまいネットが使えずorz

 

幸い、日本にいる時にHPに掲載されていたメニューをすべて翻訳し

 

頭に入れていたのでなんとかなりましたが…

 

母は海外旅行の経験が豊富なのに全くあてにできないのでプチパニックでした。

 

まぁ…英語が話せなくてもなんとかなるものですね。

 

この時ほど義務教育に感謝したことはない(笑)

 

 

食事の後はシャトルバスでホテルの入り口まで戻り、そのまま歩いて夜のナイアガラの滝へ。

 

 

ライトアップされたアメリカ滝。

 

月も出ていてとてもキレイでした。

 

 

こんな感じで上から照らしています。

 

 

こちらはカナダ滝。

 

昼には昼の、夜には夜の美しさがあって、一日中眺めていても飽きない魅力がありました。

 

 

疲れたので『インクライン・レイルウェイ』に乗ってホテルまで戻ろうと思ったら最終便に間に合わず。

 

 

ゆっくり夜の街並みを楽しみながら歩いて戻りました。

 

 

翌朝のカナダ滝。

 

14Fの展望ルームから撮りました。

 

 

これらの写真をみると、前日がいかにお天気に恵まれなかったのかが分かる。

 

ほんっとにキレイでした。

 

 

食事をした後も出発前に再び展望ルームへ。

 

朝焼けとはまた違った美しさ!

 

 

こちらはアメリカ滝。

 

ナイアガラ、素敵すぎて近いうちにまた行きたい!

 

最後の最後にいい写真が撮れて大満足でした^^

 

 

こちらは帰りの飛行機でいただいた機内食。

 

牛丼でした!(笑)

 

 

こちらは軽食のカップヌードル。

 

日本のカップヌードルの方がおいしく感じるのはなんでかな!?

 

 

ミニサイズのサンドイッチとビスケット。

 

サンドイッチは硬くてイマイチだったけれど、ビスケットは香ばしくておいしかったです。

 

 

こちらは朝食。

 

この組み合わせ…もう飽きたよ(笑)

 

 

帰りの飛行機では、隣りの席になったウィリアムというカナダ人のおじさんと仲良くなりずっと話していました。

 

離れて座っていた奥様が日本人なので、奥様のご実家に帰省するところだったみたい。

 

カタコトの英語でしたが色々話せて楽しかったし貴重な体験でした^^

 

 

行きは成田でしたが、帰りは13時間かけて羽田空港へ。

 

主人が空港まで迎えに来てくれたので、自宅まで車で帰ることができ楽ちんでした^^

 

 

 

カナダ旅行記は以上です。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

カナダ滞在2日目です。

 

 

バンフの夜明けはとても遅く、朝8時を過ぎても真っ暗でした。

 

 

朝食はホテル内のレストランでビュッフェ形式でした。

 

カナダはどこのレストランもフルーツがたっぷりで嬉しかったです。

 

ソーセージも美味しかったな。

 

 

バスで移動中、野生のエルク(ヘラジカ)に遭遇!

 

この時期はちょうど繁殖期で、雄がハーレムをつくっているのだとか。

 

興奮状態なので近づくと襲われるとガイドさんが話していらっしゃいました。

 

 

車窓から眺めた『キャッスルマウンテン』。

 

西洋の城に似ていることからジェームス・ヘクターによって名付けられたそうです。

 

 

まず訪れたのは、バンフ国立公園内にある『レイクルイーズ』。

 

 

曇っていることが多く、あまりキレイな写真を撮れなかったのが残念。

 

 

 

 

 

高級リゾートホテル『シャトー・レイクルイーズ』。

 

 

館内は英国エドワード時代の装飾が施されています。

 

 

豪華なシャンデリア。

 

 

 

 

レストランの窓越しに眺める景色もステキ!

 

 

 

 

深々と降る雪もまた雰囲気があっていいですね。

 

 

えーと、ここはどこだったかな。

 

カナディアンロッキーは山々が似ているので忘れてしまいました^^;

 

調べた感じでは『ボウレイク』…かな??

 

 

晴れてきたので名もなき山を車窓からパチリ。

 

 

休憩所からみた風景。

 

 

世界遺産に認定されているジャスパー国立公園。

 

 

お昼はアイスフィールドセンター内のレストランで多国籍ビュッフェをいただきました。

 

 

中国人観光客も多いからか春巻きや酢豚など中華料理もありました。

 

 

寒かったのでミネストローネがあって嬉しかったな。

 

日本人向けなのかお味噌汁もありました。

 

 

昼食後、コロンビア大氷原で雪上車に乗り、アサバスカ氷河を散策。

 

実は翌日で今シーズンの観光が終わる予定だった雪上車観光。

 

 

この日は朝から悪天候で、午前中の観光は全て中止だったそうです。

 

私たちはガイドさんの尽力により、午後いちの雪上車に乗車し観光することができたのですが、

 

その2時間後くらいに1台のバスがスリップしてしまい、以降の観光は全てキャンセルに。

 

日本から来た他のツアー客は2時間待って結局乗れなかったそうです。

 

私たちは本当にラッキーでした。

 

 

降り立った場所は地面ではなく氷河の上!

 

300mもの厚みのある氷河の上に降り立つなんて貴重な体験ですよね。

 

温暖化の影響で15年後には氷が融けてしまい湖になってしまうと予想されているそうです。

 

この日はかなりふぶいていてめちゃくちゃ寒かった!

 

でも、その分、雪が飛ばされて氷河そのものを目に焼きつけることができたのでよかったです。

 

 

バンフに戻る途中に寄った湖。

 

…ここもどこか忘れてしまいました^^;

 

 

休憩所にいた看板犬?

 

おとなしく外を眺めていてかわいかったです^^

 

 

観光後は自由行動だったのでバンフの町を散策。

 

 

 

添乗員さんから「バンフの消費税は5%、ナイアガラは13%なので

 

お土産はバンフで買った方がお得」という情報を入手し、お土産を買いまくりました。

 

大橋巨泉さんの『OK GIFT SHOP』というお土産屋さんは

 

日本人スタッフばかりだったので買い物がしやすかったです。

 

 

今年のカナダの紅葉は例年よりも早かったとのことで

 

バンフもほぼ終わりかけでしたがキレイなところもありました。

 

 

宿泊ホテルから無料でバスに乗車できるカードを支給されたので

 

帰りはバスでホテルまで戻りました。(チェックアウト時に返却)

 

ちなみに運転手は日本人でしたよ。

 

 

自由行動の途中でツアーの方々と合流し、バンフ市内のレストランへ。

 

 

メインはサーモンのソテーでしたが、同席したご夫婦と会話をしていて撮り忘れましたorz

 

 

珍しく甘すぎないおいしいデザートでした。

 

でもなんの味だったかは覚えていない^^;

 

 

夕飯をいただいてから再びお買い物再開。

 

カナダは比較的治安がいいとのことで、夜遅くまで楽しめました。

 

とはいえ、バスを待っている時に、同じツアーの4人組が酔っ払いに絡まれていたので

 

絶対大丈夫ということはなさそうです。(運よく添乗員さんがいらしたので助けてくれました。)

 

 

レストランの近くにスーパーがあったので、日本に輸入されていない『レイズ』のケチャップ味を購入。

 

塩味が強いし、すごくおいしい!という訳ではなかったけれどクセになる味でした。

 

ケチャップというよりもサワークリームのような酸味の強いポテチだったかな。

 

 

カナダは規制が厳しく、お酒はリカーショップに行かないと買えないとのことでした。

 

スーパーで売っていたらアイスワインも買いたかったなー。

 

時間がなかったので、アイスワインは空港の免税店で購入しました。

 

アイスワインは希少価値が高いのでお値段も上がりますが

 

甘いお酒がお好きな方にはおすすめです。

 

 

他にもホテルの売店でチョコレートを数種類買いましたが、どれもおいしかったです。

 

上画像の『CARAMILK』と『COFFEE CRISP』が特におすすめ!

 

アイスワインチョコやメープルティー、アイスワインティーのティーパックも美味しかったです。

 

 

私が宿泊した『インズオブバンフ』の売店は日本人のご夫婦が経営されているので安心でした。

 

添乗員さんのおすすめは、スモークサーモンとサーモンジャーキー。

 

バンフを訪れると必ず買って帰るとおっしゃっていたので、行かれる方はぜひ^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

ご無沙汰しております。

 

すっかりブログから遠ざかってしまった私ですが、ブログをお休みしている間に

 

母とカナダ旅行に行ってきたので備忘録としてUPしたいと思います。

 

 

期間は2016年10月14日(金)~10月19日(水)までの6日間。

 

普段は阪急交通社のツアーを利用していますが、今回は初めてH.I.Sのツアーに参加しました。

 

ツアー名はH.I.S impresso(インプレッソ) 『カナディアンロッキーとナイアガラの滝6日間』。

 

H.I.S impressoは、“安心の頼れる添乗員同行ツアー”ということで

 

私たちのツアーにも添乗員歴12年というベテランの男性添乗員さんが同行して下さり

 

最初から最後まで大変細やかで頼もしい対応をしていただきました。

 

 

今回の旅は成田空港 第1旅客ターミナルから出国しました。

 

母が仙台から出国手続きをして直接搭乗ゲートまで来るとのことだったのですが、

 

成田到着時刻からカナダ出発時刻まで1時間もなく、しかも搭乗ゲートが

 

やたらと遠かったので搭乗時間ギリギリに落ち合うことになり、かなりヒヤヒヤしました。

 

母は携帯電話を持っていないので連絡を取ることもできず、出発前からスリリングな

 

体験をしましたが、ぶじ落ち合うことができたので今となってはいい思い出です。

 

 

今回搭乗した飛行機はエア・カナダ。

 

行きも帰りも日本人の客室乗務員が乗っていらしたので、とても心強かったです。

 

 

夜の機内食はビーフをチョイス。

 

赤ワインと一緒にいただきました。

 

 

朝はスクランブルエッグを。

 

 

日本を夕方出発し、8時間ちょっとでカルガリー空港へ。

 

 

日本との時差は-13時間。

 

ちなみにナイアガラとの時差は-15時間です。

 

国内で時差があるなんて日本では考えられないですよね。

 

改めて日本はちいさい島国なんだなと実感しました。

 

 

観光バスに乗り、いよいよカナディアンロッキー観光です。

 

車窓からみえる山々が本当に美しかった!

 

 

こちらは車中で提供されたおにぎらずのランチBOX。

 

カナダで初めて食べる食事が日本食とは(笑)

 

ご飯は硬かったけれど、なかなか美味しかったです。

 

 

休憩所からみた風景。

 

 

到着時はお天気もよく、山々がとてもキレイにみえました。

 

 

運がよければ鉄道もみることができたようですが、今回は残念でした。

 

 

まず最初に訪れたのはバンフ国立公園内にある『ボウ滝』。

 

 

マリリン・モンロー主演映画『帰らざる河』の舞台となった場所だそうです。

 

 

もともと『ボウ滝』は翌日観光予定で、当初の予定では『タカカウ滝』に行く予定でしたが

 

残念ながらシーズンが終わり閉鎖された後だったので、こちらの滝に変更になりました。

 

 

マイナスイオンたっぷりでとてもキレイなところでした。

 

 

母が一度泊まってみたいと話していた『 ザ・フェアモント・バンフ・スプリングス・ホテル 』。

 

 

次に訪れた場所は、世界遺産、ヨーホー国立公園内にある『エメラルドレイク』。

 

 

 

あいにくのお天気で湖の背後にある『マイケル・ピーク』は見ることができませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

『エメラルド・レイク・ロッジ』は宿泊も可能なのだとか。

 

 

晴れていると水がエメラルドに輝いて本当にキレイなんですって。

 

いつかお天気のいい時にまた行ってみたいな。

 

 

お気に入りの1枚。

 

 

次に訪れたのは『ナチュラルブリッジ』。

 

『ナチュラルブリッジ』は、長い年月とキッキングホース川の膨大な水量により

 

川底のライムストーンが削られてできた自然の橋。

 

 

 

雪に残された子どもの手形がかわいかった。

 

 

ホテルに向かう途中に寄った休憩所で貨物列車に遭遇!

 

こちら、全長1kmを超える長~い貨物列車なんですよ。

 

 

カナダ初日から2連泊したバンフのロッジ風ホテル『インズオブバンフ』。

 

カナダのベッドはフカフカかつビッグサイズでとても寝心地がよかったです。

 

 

荷物が散らかったままの写真をUPしてしまいごめんなさい^^;

 

 

部屋の窓からみた景色。

 

 

夕食をいただいたレストランは

 

RUNDLE STONE LODGEというホテル内にある『Bumpers The Beef House』。

 

 

サラダはバイキング形式でした。

 

 

メイン料理はアルバータ牛のステーキ。

 

お肉はやわらかかったけれど、味が薄すぎてお味の方は残念な感じでした。

 

 

デザートは激あまなチョコレートケーキ。

 

日本人はひと口食べたらノーサンキューな味です^^;

 

しかも私のだけフォークの上に生クリームが乗っているという…(笑)

 

おかげで同席した方々の笑いを誘うことができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。