ユーキャンパスは、大学生と企業を結び付ける広告会社ですが、このページは大学生に発信しています。


サークル新勧チラシの無料印刷サービス申し込みは「CircleApp」
からどうぞ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016年05月27日

映画『スポットライト』に学ぶ

テーマ:映画
アカデミー賞作品賞になった『スポットライト』を観た。

一番の驚きはこれほどショッキングなニュースを
既にこの映画の舞台の時には生まれている私が知らなかったことだ。

そして同世代の友人達も知らなかったので、
日本には宗教的なニュースがそんなに注目されなかったか、
あまりにショッキングで控えたのか・・・。

今ならネットで拡散されて、知れ渡ることになると思うけど。

ミッション系の大学生には特に観てほしいです。

宗教を否定するのではなく、
組織を指定するジャーナリズムの戦略もうなずけるし、
決して反カトリックではない立ち位置も素晴らしい。

個人的には、インタビューを受ける被害者たちがリアル過ぎて、
とても演出がうまいと感じた。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月13日

忍びの国に忍者を学ぶ

テーマ:読書
本当にこの方の書く本にははずれがない
和田竜氏の

忍びの国 (新潮文庫)/新潮社

¥637
Amazon.co.jp

を読んだ。

歴史小説を登場人物で面白く読ませ切ってしまうのが魅力の一つだと思うが、
本書では忍者を学べた。

我々が観光用に見ている忍者の装束のいわれや、
普段の生活などイメージと違って普通に学べた。

ただ、正直これまでに比べると若干無門のキャラクターが弱いというか
なんでこれほどの男が惚れ込んでしまうのかねぇという
ちょっと現代の我々には理解しずらい設定もあったように感じた。
AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年05月06日

クラッシュに短編集を学ぶ

テーマ:読書
馳星周の本を久々に読んだ。

クラッシュ (徳間文庫)/徳間書店

¥価格不明
Amazon.co.jp

相変わらずというか、さすがというか、このどろどろ裏社会を書かせたらさすがだと思う。

ただ、これだけの文章力とインパクトのある話にも関わらず、
読んで数週間した今だと場面もなかなか出てこないのは、
短編集の難しいところかもしれない。

AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年04月29日

異類婚姻譚に演劇を学ぶ

テーマ:読書
kindleで安くなっていたというだけで

異類婚姻譚/本谷 有希子

¥1,404
Amazon.co.jp

を読んだ。

本谷有希子という作家を知らなくて、一話目を読んでから
なんだこれは?と思って思わず調べたら演劇出身の方だと知ってなぜか合点がいった。

なんか思いついたヒントから空想を膨らませて行って文章にした印象で、
訴えたいこととか伝えたいことを押し付けるようなスタイルではなく、
演劇を見ているような感想を持った。


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年04月22日

ナオミとカナコに学ぶ

テーマ:読書
ドラマ化されて、ポスターが面白そうだったので、
久々に奥田 英朗氏の

ナオミとカナコ/奥田 英朗

¥1,836
Amazon.co.jp

を読んだ。

先に配役を知った上で読んだのでそんなに違和感もなかったが、
ドラマを見ようと思うほど面白くもなく、
身勝手な女性たちだなぁという感想。

いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年04月15日

山岡鉄舟を学ぶ

テーマ:剣道
週末に通っている剣道場に山岡鉄舟の書が飾られ、
その生きざまが話題になったものの、
全然話に入れなかったので、

命もいらず名もいらず 上 ―幕末篇/山本 兼一

¥価格不明
Amazon.co.jp

命もいらず名もいらず 下 ―明治篇/山本 兼一

¥価格不明
Amazon.co.jp

を読んだ。


前半は、剣や書を学びながらも、酒と女にかなりの金と時間を費やして
やっと生まれた長男を貧困で失ってしまうあたりは、
父親として眉を顰める部分はあった。

しかし、後半、特に明治天皇についてからの愚直なまでの働きぶりは、
鉄舟ファンが多いのも理解でき、気づくと私もそうなっていた。

特に剣道家との姿勢は段審査に落ちただけでいじけている私を目覚めさせてくれて、
感謝すらしている。

ただ、書道家として書いた枚数が人一人が一生では書ききれないほどの量があるとあって、
ちょっと道場の書のありがたみが薄れたのも確か。



いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年03月24日

探検部を学ぶ

テーマ:読書
早稲田大学探検部出身の高野秀行氏の書いた
幻獣ムベンベを追え (集英社文庫)/高野 秀行

¥562
Amazon.co.jp

を読んだ。


情報が少ない所にチャレンジする冒険という視点では、
かなりハイレベルな試みをしている面白い本だった。

正直サークルに日本一詳しいと豪語する私も探検部の具体的な活動が
ここまで本格的な探検で、実際にサルやゴリラを食べてしまうのは、
非常にたくましく思った。

今大学入学が決まっていて、何かチャレンジしたいと思っている新入学生には
オススメの本だ。

その気になって探検部に入るかどうかはともかく、
もう壮年になってしまった私からすると、
人生の選択肢として非常に魅力的に感じた。

いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2016年03月17日

長嶋少年に学ぶ

テーマ:読書
ちょっと今の大学生には長嶋茂雄の存在がピンと来ないかもしれないけど、
いかにミスター(長嶋茂雄のこと)が大きな存在だったかがよくわかる

長嶋少年 (文春文庫)/ねじめ 正一

¥670
Amazon.co.jp

を読んだ。

主人公の少年がたまに性根の悪さが見え隠れする所が、
全体のほのぼのしたスピード感の中でスリリングに感じたが、
個人的にはネグレクトの母親を持つ少年が気の毒で心が苦しかった。

ずっと少年の作文調で書いてあるので、
日本語を勉強する外国人の方には薦めやすいと思った。




いいね!(0)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年03月01日

山田ルイ53世にヒキコモリを学ぶ

テーマ:読書
愛用のkindleから月ごとのオススメ割引みたいな中に
髭男爵の山田ルイ53世の自伝

ヒキコモリ漂流記/マガジンハウス

¥1,404
Amazon.co.jp

があり、ポッドキャストのルネッサンスラジオを高く評価しているので、
読んでみた。

さすが神童だけあって、文章もうまいし、テンポもいい。

ただ、妬み嫉みと挫折の連続が、若干読むのにパワーが必要であった。

同世代の私としては、自分が小学生の時に勉強できなくてよかったとすら思ったし、
意識が低くて友達と遊ぶのがただただ楽しかった無垢な私が、
結果とても幸せだったんだと思えた。

意外だったのは、引きこもっている時もその後もずっと親には申し訳ないと思っている事で、
何がきっかけで人が変わるかも分からないなぁと思った。

お子さんも生まれたし、両親と仲直りできればいいのになぁと
知り合いでもないのに、お節介な感情を抱いてしまった。





いいね!(2)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2016年02月29日

『流』に台湾を学ぶ

テーマ:読書
流/講談社

¥1,728
Amazon.co.jp


を読んだ。とても面白かった。

台湾を王貞治以外でこんなにも身近に感じる本はない。
大学生の皆さんにもまだの方はぜひ読んでほしい。

共産党と国民党の争いが生々しく、
結果的に台湾が親日にもなる不思議がなんとなく理解できるし、
蒋介石と毛沢東の重慶交渉の決裂を読みながら自然に学べる。

つい150年前に、白人の夫人を長く眺め過ぎただけで石で打ち殺された黒人
のくだりがあるが、いかにそうした状況が日常的で当たり前だったかが、分かる。

かといって難しい歴史ものでは全くなく、
青春の恋愛か喧嘩とか友情とか、ミステリーもベースにあって、
なにしろ文章にユーモアがあるし、
中森明菜のセカンドラブの歌詞がじーんと来たりもする。

筆者の別の作品も読んでみたいな。


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。