洋々COO 洋々介のブログ~人生は積分~

AO入試・推薦入試のプロ集団 個別指導の洋々COO 洋々介のブログ


テーマ:
 2001年に湘南新宿ラインが走るようになってから、首都圏の交通の利便性は格段に上がった。湘南新宿ラインに限らず、近年の首都圏における鉄道の相互乗り入れの充実によって、今や成田から羽田へも、川越からみなとみらいへも、大宮から小田原へも、三田から日吉へも乗り換えなしで行き来できるようになった。反面、自分とは全く関係ないところで起こった事故を意識することも増えた。鴻巣あたりで架線にビニール袋が引っかかったり、桶川近くで線路に人が立ち入ったりして、横浜で電車が大幅に遅れるくらいのことにはもう慣れた。京王線で人身事故が起こると、なぜか京王線と乗り入れをしていない小田急線や田園都市線が遅れたりもする。一度も行ったことのないような場所で起こった信号機故障で、ラッシュ時の混雑に拍車がかかると、「なんで栃木に俺が巻き込まれなきゃならんのだ」とうんざりすることもある。
 
 この1週間、ギリシャが報道をにぎわせている。結局ギリシャはIMF(国際通貨基金)から借りた2,000億円(15億ユーロ)を期限までに返済できなかったが、今回の件に限れば世界経済への影響は限定的に見える。しかし、EUが強く求める緊縮財政政策の受け入れ可否を問う国民投票の結果次第では、更に影響が広がる恐れもある。今回は借金を返せなかった相手が「公的機関」であったためひとまずは免れたが、事態がさらに悪化してギリシャが「デフォルト(債務不履行)状態」と判断されたり、EUから離脱したりするようなことがあると、その影響の広さと深さはどれ位になるかは分からない。リーマンショックの時も、リーマンの破たんが世界経済にどこまで波及するかについて専門家の間でも意見は分かれていた。サブプライムローンを組み込んだ債券にほとんど手を出していない日本の金融機関への影響は軽微とも言われていたが、欧米諸国の景気後退はその後日本にも少なからず波及した。今や世界は単純な一本の糸で繋がっているわけではない。

 グローバル化した社会は鉄道の相互乗り入れに似ている。人、モノ、カネの動きが自由になるメリットは間違いなく大きいが、時々、思いをはせたこともない場所で起こる事故によって、不利益を蒙ることもある。「君たちはどう生きるか」の中で吉野源三郎が説いたように、目に見えているものの裏側に無数の人が関わることによって社会は成り立っている。その意味でギリシャ問題も湘南新宿ラインの遅延も、ともすると日常の中で忘れられがちな「自分が立っている基盤」に目を向ける好機である。

 そう考えて、これからは籠原あたりの車両点検にもおおらかな気持ちで向き合いたい。


ペタしてね
AD
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 幸い大事にならずに済んだが、数週間前にバイクで事故った時の傷が中々治らない。久しぶりに怪我をすると恐らく加齢による自然治癒力の低下を自覚することになるが、それでも剥がれた爪が生えてこないとぼやいていた、同い年の弊社代表取締役よりはきっといくらかマシである。

 何年か前にも書いたが、異なる事情を抱えた人たちがあらゆる非言語コミュニケーションの手段を駆使して自分の意図を全体になじませる「道路」という場所は、異文化コミュニケーションの最たる実践場所である(「路上の異文化コミュニケーション」)。しかも、一歩間違うと人の命に関わるから、細心の注意を払って、全体の秩序を保ちながら自己主張をする必要がある。

 運転中は、素の自分が出ると言われる。特に車の場合、物理的に外の世界から隔離されていることもあるが、それ以上に、見ず知らずの恐らく二度と会わない人たちしかいない「その場限り感」が、普段はまとっている理性の衣を脱がせるのだろう。その意味で、道路は匿名で書き込むネットの世界と似ている。そもそもこうした「その場限りの場所」では少し油断するとコミュニケーションが雑になりがちだが、さらに、余裕がなかったりすると、その雑さに拍車がかかる。寝不足だったり、疲れたり、悩み事があったり、イライラしていたりすると、どうしても自己中心的になり、事故の確率を高めるのだ。

 日常の人間関係でも同じことが言える。普段のその人からは信じられないちょっとした言動が、顰蹙を買い、時には周り傷つける。それまでせっかくその人の人格で築いた人間関係が、恐らく意図せず出てしまった「その場限り感」によって一瞬にして壊れてしまうのを見るにつけ、もったいないなぁと思う。自分を振り返ってみても、修復不能とまでは行かなくとも丁寧なコミュニケーションが出来なくなったことによる、「事故」のようなトラブルはたくさんある。どんなに慣れ親しんだ人たちでも、相手は他人。感謝と思いやりのない雑なやり取りは、大事故につながる。

 前の会社を辞める時、「経営者が一番注意を払うべきは自分が元気でいることだ」と敬愛する上司からアドバイスをもらった。その頃は、こんなロジックの王様のような人でもアントニオ猪木みたいなことを言うもんだな、位にしか思わなかったけれど、今はその意味がとてもよく分かる。「元気があれば何でもできる」わけではないかもしれないけれど、「元気じゃないと、色々困る」のは確かである。

ちゃんと睡眠と休息を取る。これもきっと大事故を防ぐ一つの重要な方法だ。


ペタしてね
AD
いいね!(3)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 最近の高校生の社会に貢献したいという意識の高さには目を見張るものがある。普段接しているのが、AO入試で大学に挑もうとしている人だからということを割り引いても、若者たちがプライベートのかなりの時間を、社会を良くしようとボランティアやNPOの活動に費やしていることに驚かされる。その内容も「赤い羽根共同募金への参加」とか「地域のごみ拾い」のような私世代の人にとってはポピュラーなものだけでなく、発展途上国の支援、東日本大震災の復興支援、ホームレス支援、特養老人ホームでの活動、バリアフリーの普及、里山を守る活動、引きこもり支援、地元商店街の活性化など多岐にわたる。豊かになったことで、高校生くらいの世代でも満たされていない「社会の不具合」に目を向ける余裕が生まれた証とも言えるが、もっといい世の中にしたいと願う彼らの純粋な正義感は嬉しい。けれどそうした活動ばかりが世直しの形ではない。

 かつて新幹線に乗った時、隣に座っていた泣き叫ぶ赤ちゃんを変顔を交えた「本気のベロベロバー」で泣き止ませ、車内の乗客から声なき喝采を浴びていた若者がいた。他にもう一人小さな子供を連れていたこともあってデッキに移ることもままならなかったお母さんは、降りる時にもちろん心の底からの感謝を言っていたが、そのお母さんだけでなく他の多くの乗客がその若者に感謝の目線を送っていた。金曜日の夜だったこともあり、乗客は出張帰りと思われるビジネスマンが大半だったが、彼らは泣き声に辟易としていながらもお母さんの心の内も察して、なんとか我慢しようとしていた。そんな状況の中で、誰かが「正義の人」として強くたしなめたら、お母さんはデッキに移り車内は静かになったかもしれないが、後味はすごく悪かっただろう。この若者の行動は、少数派が居場所を失わずに、社会の秩序も守る活動のお手本のようなものだった。それ以来私も、泣き叫ぶ子供が近くにいたら全力であやすようになった。もちろんお母さんに嫌がられないことが前提だが。

 みんなの最大公約数を満たすところを優先して社会は整っていくから、制度が追いつかない部分を埋めるNPO法人やボランティア団体はもちろん必要だし、それに参加する人たちの気持ちはもちろん尊い。けれど、日常の中のちょっとした心遣いとおおらかさも、きっと「社会の不具合」を減らす大きな原動力である。

 「世の中をもっとよくする為にNPOやボランティアに参加する!」「もっと積極的に寄付をする!」なんて力まないでも、一人で出来る世直しはたくさんある。


ペタしてね
AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
大阪都構想が一万票差、得票率にして0.8ポイント差で否決された。
個人的には橋下さんたちの大健闘だと思う。見えない大きな変化があるかもしれないことへの恐怖心や、自分たちの呼び方が変わることへの郷愁も味方して、もっと大差がつくと予想していた。ある意味無責任な部外者としては、新しい形ができる瞬間に立ち会えなかったのは残念ではある。が、大きな注目を集めた先の市長・知事のダブル選挙をも大幅に超える67%の投票率に表れているように、大阪市民の皆さんの多くが真剣に考えた結果である。この先の動きを楽しみにしたい。

民主主義では、多数決で最終的な形が決定される。だが表面的な「勝った、負けた」の結果以上に、多数決に至るまでの過程が重要である。盛り上がらない議論のまま取った決など、その集団を構成する人たちにとっては大切なことと思われていないからだ。学問的な定義は種々あれど、民主主義とはその集団の構成員が自分たちで自分たちの未来を決めることである。誰かに丸投げするのではなく、一人一人が自分のこととして自分たちのことを考え、議論を巻き起こし、合っているか間違っているかわからなくとも自分のポジションを表明した上で結果を受け入れる。これがきっと民主主義の本質だ。

既得権益を守るゴリゴリの保守と「これまで」への敬意を払わない不遜な人たち、という単純な二元論でこの話を終わらせてはならないし、実際そうではないはずだ。自民・民主だけではなく共産まで含めて共闘していた今回の選挙戦には違和感があったし、センセーショナルな言葉に目を奪われ、5年の歳月をかけたにしては、橋下さんたちの構想がどこまで正確に市民に伝わっていたか、という点にも疑問が残る。が、あえて都構想という当時のほとんどの人にとって真新しい打ち手をぶち上げたことで、大阪が他の都市と比較しても大きな問題を抱えていること、なんらか変わらなければならないという意識を、多くの大阪市民が持ったことは大きい。都構想が実現されなくとも、きっと大阪はいい方向に変わっていくはずだ。

もし憲法改正が国会を通過すれば、国民投票が課される。これを多数決とっておしまい!という形だけの民主主義にしてはならない。一人ひとりが「自分ごと」としてこの問題をとらえ、多様な立場からの意見を出し尽くし、自分と異なる意見も理解した上で、ポジションを取ることが大切。結果はどうなろうとも、それが私達の未来を作る唯一の方法と信じる。

民主主義国家の恩恵にあずかる者の一人として。

ペタしてね
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 昨年池袋に「いきなりステーキ」が出来てから、「肉マイレージ」を貯めている。週に3回ラーメン二郎に通った学生時代に比べると随分ハイカロリー・ハイファットな食事を控えるようにはなっているが、月に1度くらいは体のことを気にせず、おなか一杯お肉が食べたくなる。

 最近の飯屋は楽しい。立ち飲み・立ち食い形式で本格料理や酒が味わえる店、もはやジャンルが分からないラーメン屋の数々等、個人のニーズの隙間を埋めるような飯屋が山のようにできた。特にBook offの創業者が始めた「俺の株式会社」が運営するレストランは、2012年11月創業から2年余りで30店舗を数えるまでになり、破竹の快進撃が伝えられる。「俺のイタリアン」に始まった「俺の…」シリーズは、「俺のフレンチ」「俺の焼き鳥」「俺の焼き肉」など、早10業態を数える。ネーミングセンスの面から言えば、個人的には「俺の揚子江」が好きである。

 「俺の…」は、立ち食いスタイルではあるものの高級店の3分の1の値段で本格的な料理が楽しめる点が人気のカギである。が、急成長を支えているのはきっとそれだけではない。俺の株式会社のホームページを覗くと、経営陣の様々な言葉から、彼らが従業員のモチベーションを大切にしていることが分かる。特に、料理の質を決める料理人に対する最大限の敬意を感じとれる。長年にわたる不景気で腕を振るう場所が減ってしまった腕利きのシェフたちが、スタイルこそ違えども、誇りと気概を持ってプロフェッショナリズムを発揮できる場所を提供する―。この理念があるからこそ、質を落とすことなく店舗の急拡大が可能となっているのだろう。マズローが五段階欲求説で看破している「人間の自己実現欲求」を愚直に追求していることが、このビジネスモデルがうまくいっている重要な要素に思える。

 牛丼チェーン店の「ワンオペ」にまつわる事件をはじめとして、その労働環境の厳しさから“ブラック”の印象がついてしまった外食産業だが、このように創業時から従業員に光を当てている企業もあるし、効率を追求し続けた既存プレーヤーにも変化の兆しはある。バイトも含めて、経営理念を共有する研修を始めた会社もあると聞く。

人はパンのみにて生きるものにあらず―。
労働市場は売り手市場に転換しつつある。当たり前のことだが、労働の対価として高い報酬を与えるだけでなく、誰かの役に立っているという確かな喜びを得られる、働くことで自分の成長を実感できる―。そんな会社が、そのような状況でも優秀な人を集め続ける。

 「すべての人が、思う存分、活躍できる楽しい社会を実現する」。この理念を実現するためにも、関わってくれる人が喜びに満ちあふれている、洋々もそんな会社を目指したい。

ペタしてね
いいね!(6)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
「ヴィヴラ フランス!(フランス万歳!)」。
アルフォンス・ドーデの短編、「最後の授業」の有名な最終場面だ。時は普仏戦争に敗れ、ドイツに併合されることとなったアルザス地方。最後となるフランス語の授業で、アメル先生は母国語を大切にすることとアイデンティティを守ることの関係を説いた上で、冒頭の言葉を黒板に書いて授業を閉じる。

小説と同様、現実の世界でも最後の授業で、多くの先生は一番伝えたかったメッセージを生徒たちに投げかける。そして最後の授業で感じ取ったもので、それぞれの生徒にとっての一連の授業の印象が決まる。だから先生は気合を入れて、最後の授業に臨む。

一方、「最初の授業」もまた、先生は最後の授業に勝るとも劣らぬ気合で臨む。危機感を覚えるか、ナメてかかるか、興味を持って受けるか、嫌々受けるか、最初の授業で学生たちはモードを決めるからだ。最初の授業で受け取ったメッセージで、それぞれの生徒のその後の授業の味わい方が決まる。

高校卒業後、「お金持ちになる方法が学べるのかも!」と大いなる勘違いをして大学では経済学部を選んだ私だったが、その後も失望することなく、楽しく経済学を学ぶことができたのは最初に受けた授業のおかげだった。経済学の父祖の1人、アルフレッド=マーシャルの” Men with cool heads but warm hearts”という言葉をなぞりながら、先生が言った「冷徹な頭脳は凄く大事だけれど、それ以上にそれを統べる心を大切せよ」という言葉が、経済学と向き合う私のスタンスを決めてくれた。そして今でも”warm hearts, cool heads”は私の拠り所の一つとなっている。

大学の入学式やオリエンテーションもほぼ終わり、いよいよ最初の授業も始まりつつあるだろう。望んでその大学に入った人はもちろん、そうじゃない人もまずは最初の授業のメッセージに耳を澄まそう。そこには、きっと大学を味わうためのヒントがあるから。

大学生になったみんな、入学おめでとう。
自分のいるキャンパスでの4年間を、全力で味わい尽くせ。自分なりのやり方でいいから。
前途洋々!!

ペタしてね
いいね!(8)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ご連絡が遅くなりましたが、お陰さまで私達洋々は、2/20(金)に渋谷本校を開校しました!


横浜・池袋・秋葉原の全ての機能を集約し、洋々のフルパワーでより多くの方によりよいサポートを行う体制を整えました。

場所は宮益坂上付近のハンバーガー屋さんのクアアイナの真上です。渋谷駅JR宮益坂口から徒歩6分、ヒカリエからなら徒歩4分です。今年AO受験を考えている高2生はもちろん、大学受験のことを意識し始めた高1生、高校生になったら少しずつでも受験に向けた準備をしようとしている中3生の皆さんも、お気軽にお越しください。

これからも一人でも多くの方が、自分の力を花開かせ、大学生活、社会人生活を謳歌して頂けるよう、洋々一同全力でバックアップさせて頂きたいと思います。

今後ともよろしくお願いします!

ペタしてね
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
4月25日。今日が新入社員の初給料支給日の会社も多いのではないだろうか。

入社して飛ぶように1カ月が過ぎ、はじめて給与明細を貰った時の感激を私は今でも忘れない。

ほとんど何も価値を出せていないのにこんなに貰っていいのかという恐縮と、自分の価値をはじめて公式に認めてもらったような嬉しさ。これらが「ないまぜ」になったような感覚の中で、何百段、何千段か分からない「プロフェッショナル」への階段を1段だけのぼれたような気がしたものだ。

初任給の使い道は人それぞれ。飲み食いもよし、記念になるものを買ってもよし、親への感謝を示すもよし、恋人にプレゼントするもよし、旅行に行くもよし、貯金や投資に回すもよし。何に使ってもいいと思うが、せっかくの「初めて」なんだから、考えうる限り考えた上で、今の自分が一番気持ちいいと思える使い方をしてくれたらなと思う。

初任給ではまずは親への感謝を、というのが当時の風潮としても自分の気持ちとしてもあったので、私の場合は盛大に(といっても大した数ではなかったけれど)食事会を開いた。親兄弟、親類縁者に集まって貰い、渋谷のとある食べ放題の寿司屋で苦しくなるほどお寿司を食べた。その時食べ放題なのをいいことに、
普段はクールな父が恥ずかしいくらいウニに一点張りしていたことを鮮明に覚えている(苦笑)。

同じ新社会人であってもこの一カ月の感じ方は様々かもしれない。社会に出て早々に想像以上の充実感を味わっている人もいるだろうし、自分の無力さに愕然として早くも自信を失いかけている人もいるだろう。でもまだ長い道のりは始まったばかり。人生は積分である。驕ることなく、焦ることなく、ひたむきに探っていけばいい。

社会人1年目のみんな、改めておめでとう。
恐らく初めて手にしたであろうお給料を、存分に堪能して下さい。

なによりも今日の感激を忘れずに、これからも自分のため、家族のため、日本のため、世界のために邁進していって欲しい。

何を買うか、何に使うかとうこと以上に貰った喜びを今後へのモチベーションに活かすこと。これがきっと一番有意義な初任給の使い方だ。

頑張れ。



ペタしてね










いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ある大学生がつぶやいた。「毎日頑張ってるつもり。だけど、今のままでいいのか分からない」。それでいいと思う。そうした自問自答の積み重ねこそ大学生の本分だと思う。

アジア諸国の若者のハングリーさはすごい。賛否はともかく、高得点を取る為にTOEICやTOEFLのWritingを、問題・解答をまるごと覚えて対策するその徹底ぶりは、目を見張るものがある。

大学教育も例にもれない。中国では大学によっては補習も含めると1日10時間以上の時間割が組まれているところもあるらしい。欧米への留学を目指して猛烈に勉強している人も珍しくない。「勉強しない」と言われ続けている日本の大学のイメージとは随分違う。

ハイプレッシャーの中で、出来ることを極限までやることで得られるモノはきっとある。また大人になってから、必要となるスキルを効率よく習得するための基本動作を身に付けるという意味も大きいだろう。何より、日本以上に高い学歴や様々な資格を持っていることが、その後の社会的地位の前提となっている以上、彼らの行動は合理的だ。

しかし日本の大学が中国のようになればいいとは思わない。学生に猛烈に勉強させるのは簡単だ。大学がやるべきことをガチガチに決めて、単位認定の基準を厳しくすればいいだけだからだ。けれども、それだけでは「課題先進国」と言われる日本の未来は作れない。世界主要国に先駆けて、65歳以上の人口が21%を超えた超高齢社会となった日本のお手本はどこにもない。そもそも、我々が解くべき問すら明確ではない。

そんな今の日本において、求められているのは「自分で自分の時間割を作る力」だ。これを身に付ける上で、自由な日本の大学は格好の場とも言える。新しい社会を作る時には、一人一人が選択を積み重ね、試行錯誤しながら自分の価値観、すべきことを見極めていくことが欠かせない。もちろん、自由をもてあそんで漫然と日々を過ごすことのないような環境を大学が整える余地はあるかもしれないし、与えられた時間割をこなす方が成長できる人もいるかもしれない。けれども、大学生には他人に与えられた時間割をこなすだけではなく、自分で自分の時間割を作る練習を出来る限り積んでもらいたい。時間はかかるかもしれないが、それがきっとこれからの日本を作る原動力となる。

モラトリアムと揶揄され続け、日本の大学は改革の必要性が叫ばれている。が、単にカリキュラムの充実を図るだけではなく、日本の大学の「自由さ」を学生がどううまく使えるようにするかという点を見逃してはならない。

頑張れ、日本の大学生。誰も見たことない未来を作るために。


ペタしてね


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
お陰さまで本日2/1(金)、洋々は秋葉原駅から徒歩3分の場所に、秋葉原校を開校いたしました。
横浜、池袋についで洋々の3つ目の校舎となります。

創業以来、受験という糸口からより沢山の人が自分の道を切り拓く力になりたい、と走って参りました。秋葉原では「東京の東側」の皆さんをより一層応援したいと考えています。

●洋々秋葉原校
・所在地
 -〒101-0023
 -千代田区神田松永町17-7 ヒラツカビル4階
・アクセス
 -秋葉原駅中央改札口から徒歩3分
 -ヨドバシカメラと早稲田塾に挟まれた道から昭和通りに出て左へ2分位。上野不動産のとなりの水色のビル4階(1階は名刺屋さん)
 -地図:http://you2.jp/about/you2_akihabara.htm
・電話
 -03-6912-8053(代表)
 -受付時間:平日1300-2000、土曜1000-1900

AO入試・推薦入試に興味のある方、入試制度をもっとよく知りたい方、自分は普通とは違うとお考えの方、大学受験を自分の成長の機会としたい方、洋々についてもっとよく知りたい方は是非一度足を運んでみてください!

今後ともよろしくお願いします!


ペタしてね
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。