プロ棋士のアマ解説者

テーマ:

先日、某タイトル戦の現地解説会に行ってきた。


解説会の費用は2000円。

解説担当はIプロだった。


結論から書くと……ひどかった

とても客商売とは思えないレベルだった。

2000円の内訳で、大半がショバ代というのなら理解できるが、

もしそこからギャラが出るのであれば、正直もう行きたくない。


当たり前だが、

将棋の指して勝つために求められる能力と

将棋の解説者として求められる能力は、

完全には一致しない。


解説者として求められる一番の能力は

観客が知りたいことを、

観客に分かるように伝える能力である。


もちろんその中には棋力も含まれる。


終盤のきわどい場面、

観客が詰むか詰まないかを知りたいときに

的外れなことばかり言う解説者は、

観客から望まれることはないだろう。


また現在の大盤解説のやり方なら、

観客を飽きさせない話術力も必要とされると思う。


もし、客から金銭を得ることで生計を立てる職業とプロというのなら

大盤解説に来るべきは、解説のプロである。

決して解説アマではないし、もしアマなら金銭を取るべきではない。


逆に、解説者として登場し、それにより報酬を受け取るなら

プロレベルの解説を行うべきである。


そのためには、最低限の資料の整理や調査などはするべきで

間違っても「羽生2冠のタイトルはこれまで……70期を超えるくらいでしたか」

などと、一介のアマチュアにでもわかるレベルのことを間違えてはいけない。


それでも、もし手元に資料などを用意し、それを見ながら説明しているのであれば

この解説のために事前準備をしたのだろう、という推測が生まれ

場合によっては観客が容赦することもあるのだろうが

(もちろん、場合によってはそれでも容赦されないものもある)、

「まぁ大盤解説の内容はその場で考えればいいや。

手順の解説くらいならどうにでもなるだろうし」などという雰囲気を漂わせてたら

水風船の1つも投げつけたくなる(トマトや生卵でも良いが、食べ物はもったいない)。


そういう意味で、前述した日に解説者として登場したI氏には

今後大盤解説でお金を払いたいとは思わない。


追記:

I氏は終局直前に「今日はもう少し他のプロも来ると思ったのですが」

と言っていたが、これにも腹が立った。

仮にも仕事を引き受けたなら、自分で全てやるのが当たり前である。

「他にも現場に誰かいるだろうから、その人にも協力を仰げばいいや」

などという考えは、解説者以外の職業でも、プロとして失格である。


追記2:

上記内容は自分の職業にも当てはまる。

だからこそ、会社の仕事については、

少なくとも周囲にそういう見方をされないようにしているつもりである。

AD

求められるもの

テーマ:

(1)一芸に秀でているが、組織活動に興味の無い人

(2)凡百の芸しかないが、組織に貢献する気のある人。


この両者のどちらが組織活動に適しているか。

これは古代より続く永遠の命題の1つだと思う。


個人的には、これはどのような組織を作るかによると思う。

組織の特性、機能だけでなく、活動期間などがそれである。


近年は(1)を目指す傾向が強いようだが、

それだけに偏るのはいかがなものか。


将棋の団体戦の場合は特に(1)に偏っているように思える。

そういう団体は、中心選手なり、指導者・指揮官なりが

しっかり機能しているうちは実力相応の働きをするが、

それらが崩れると脆い。

前評判が高かった団体がまさかの結果、

いう場合における原因の1つはこうした点にあると思う。


また大抵の人は一芸に秀でることは難しい。

よって一芸に秀でた人を集めることもまた難しい。


凡百の芸しかない人を、いかに活用するか。

現実的にはこれが一番の課題だと思う。

AD

日進月歩

テーマ:

昨日までの常識が通じない。

時代の流れが早くなったと言われる昨今、

決して珍しい話ではない。


しかしどれだけ時代が流れても、

絶対に変わらないものもある。


例えば

人間がヒトであることをやめられない限り、

ヒトとしての本能を凌駕することはできない。


何が変わり、何が変わっていないのか。


それを見極めることが重要だと思う。

AD

The last decade

テーマ:

現実世界というのは

ドラ○エやF○みたいな世界とは異なり、

何か数値が上がったからといって、

その瞬間に他の項目が上がることはない。

川の流れのように絶え間なく動き、

ある時に振りかえることで初めて変化に気づくのである。


将棋の段位だって、

段位が上がった瞬間に他の項目まで上がるものではないし、

段位が上がらなくても他の項目が上がることもある。


ご存じの方もいると思うが、

私の年齢も1つの区切りに達する

(当然だがこの記事を書いているのはその前である)。

世間一般でいうところの三十路というやつである。


前述したように30代になったからといって

その瞬間に何かが変わるものではない。

できることといえばそれまでと同様に、

これまでがどうだったかを振り返ることと、

これからどうするかを考えることくらいである。


振り返ってみれば、

10歳までの10年間は他のお子様と一緒で遊んでばっかりでしたね(笑)

っていうか、そもそも4歳くらいまでの記憶ってそれほどないし。


記憶のある10年間という意味では10代が最初か。

10代は前半6年間は受験勉強をして、

後半4年間は徐々に将棋に浸かっていった気がする。

今の人間関係の半分くらいはこの時期に築いたものだと思う。

またわずか2年間だが、思春期と呼ばれる時期に日本を離れていたことも

人間形成に大きな影響を与えたと思う。


そして20代の10年間だが、ここでは実にいろいろあった。

いろいろ、といってもその大半は苦悩することばかりで、

残念なことに、世間一般の20代が言う楽しい思い出、

というのはほとんどなかったと思う。

ただ、ほんのわずかであるが、

世間一般の20代がなかなか経験できない充実感を得られたのは

いい思い出であり、今でも自分に活きていると思う。


あとは、10代の頃には考えてもみなかった病を患ったのが

この10年間で最も印象に残っていることの1つである。

今振り返れば、ちょうど10年ほど前から徐々に兆候が現れていたのだが、

当時はそんなことに気づくよしもなかった。

生命に直結することも多い病だが、

幸いにして現在のところ生きており、一応治まってもいる。

ただ根治する可能性がほとんどない病のため、いつ再発するかは不明。

まぁ気がついたら再発していない、というのが理想だと思う。


高校2年の頃、

学校の課題で10年後の自分はどうなっているか、

というテーマで作文したことがある。

今振り返れば内容はアホ丸出しだが、以下の点は達成できた。


・就職する

・自宅を持つ

・プロ棋士と知り合いになる

・アマ○段になる


厳密には10年後ではないが、まぁ似たようなものだろう(笑)。


まぁ振り返ればこんなところだろうか。

あらためて書いてみると、意外に書くことが少ない……。

(細かいことを書き出すとキリがないが、大枠で書くとこんなところか)


年齢的な区切りでいえば、次の10年間というのが新たな期間になる。

その10年間で何ができるか、はっきり言って現時点ではよくわからない。

家庭を持つかもしれないし、事故に遭うかもしれない。

もしかしたら宝くじが当たるかもしれない。


ただやりたいこと、達成したいこと、なりたいものはある。

全て書くのもなんなので、主なものを2つ挙げる。


1つはプロになるということ。

これは会社だけではなく、自分が力を入れるもの全てにおいてである。

ただしプロといっても、それを生業としてお金を稼ぐ、というわけではなく

その分野において余人を代えがたいものをもつ、というプロである。

プロ棋士のプロとは異なる。

このように書くと、将棋なら棋力で一番、

などと短絡的な想像を持つ人もいるかもしれないが、

余人をもって代えがたいとはそういうものではないと思う。

視野を広く持つのが重要で、探せば何かあるはずである。


もう1つは後進の指導者になるということ。

これも会社や将棋だけでなく、いろいろとあると思う。

できれば某アマ強豪のように将棋教室を立ち上げたいと思っており、

その準備も少しずつだが進めている。

まぁ先の話である。


まぁこれからも将来後悔しないよう歩んでいきたいと思う。

リスク

テーマ:

リスクとはデメリットの期待値と同義である。

よって以下の式で表される。


リスク=それによって生じるデメリットの大きさ×可能性


このリスクとメリットを秤にかけるのが

リスクバランスの基本である。

これは全てのことにおいて共通だと考えている。


これを採用する上で大きなポイントは2つ。


1つは想定外を無くすことである。

ありとあらゆる可能性、

突拍子もないことまでも考慮するのは必須である。


もう1つのポイントは可能性の評価。

これが実質的な重みづけとなる。

いくら致命的な大きさのものでも、

可能性がほぼ0と思えば、

実質的には考慮しないのと同義になる。


以上から、何かを聞かれたときに

想定外の事態、という言葉など使ってはならない。

想定の範囲だが、***という理由から

可能性を~~~と評価したため○○○と判断した、

というのが正しいと思う。


この手法は将棋においても使うことができる。


いくら破壊力のある戦法でも、

実戦でやられる可能性が低い限り、

それを研究する時間は最低限にとどめても問題無い。

(もちろん他の戦法と同様に力を入れて研究するのが理想だが、

時間や体力などが有限である以上、配分が必要となる)

大会会場

テーマ:

将棋大会の会場は、

主催者と予想参加人数から

決められることが多い。


私が過去に行った主な会場は

・公民館

・道場

・学校

の3種類。


他には毎日ホールなどあるが、

こういうのは例外である。


会場に求められる要素はいくつかあるが

中でも収容人数とアクセス性は重要である。

特にアクセス性については

その地方地方によって大きく異なる。


都内だったら電車での移動がメインになるため、

駅から近いというのが重要になる。


しかし茨城だと車での移動がメインになるため、

車でアクセスしやすい、

つまり国道などから近く、かつ駐車場がある

というのが重要になる。


(1)駅から近く

(2)国道から近く

(3)100台以上の駐車場がある

会場……


まぁそんなものないですね(笑)

NHK杯

テーマ:

将棋の大会は、その多くが日曜日に開催される。

受付開始が9~10時で

対局開始が10~11時というのが多いと思う。


だから場所にもよるが、

家を8~9時に出ることが多い。

帰宅は、早くても午後1時、

遅ければ午後8時頃になる。


つまり、大会の行われる日曜日は

ほぼ丸1日つぶれる……


将棋好きにとって

日曜日といえばNHK杯である。


現在のNHK杯の放送時間は

午前10時15分~11時45分。


うーん、ワンセグでも使わない限り

生放送は見られませんね……

(まぁ大会の対局中に見るのもどうかと思うが)


※残念ながら我が家にはビデオも無ければ

DVDの録画機能も無いため、

生放送で見られなければ基本的にアウトです。


大会の無い日はNHK杯を見られる機会の1つ。


そんな日のカードがもし好カードだったらラッキーと感じるが、

そうでもない場合は、そうでもない感情が生まれる。


ちなみにこの記事を書いている日は好カードである。


こういう日は有意義な気分になれる。

アマ強豪

テーマ:

何度も書くが、私が将棋を始めたのは

高校1年の夏のことである。


その頃はアマチュア初段といえば随分と上の存在だったし、

アマチュア三段ははるかかなたの存在だった。

ましてやアマ強豪といえば雲の上の存在で、

私には縁の無い方々だと思っていた。


その後、研修会に入会したことや

歴史ある大学将棋部に入部したこと、

東京都ほど広くない県に引っ越したことで

強豪の方々と知り合うことができた。


昔はアマ強豪といえば、

将棋にストイックなことはもちろん

将棋以外にも全人格的にストイックで

どちらかといえば少し怖い感じの人、

という想像があった……


まぁ誰がどうとは言いませんが、

そのイメージは今はない。


想像通りだった人もわずかにいたが、

基本的にはフランクな人が多いように思える。


もちろん盤上では、想像通り、

いや、ある意味想像以上にストイックだが、

盤外ではそうでもなかった。


アマ強豪のそういう面も広く伝われば、

道場に足を踏み入れるのに躊躇している人が

少しは減るのかなと思う。

理想の道場

テーマ:

食べに行ったレストランや

ラーメン屋を評価するブログは少なくない。


それを真似て、評価は公にしないが

私は将棋道場の評価をまとめている。


主な評価項目は以下の5点


・客層(レベル)

・席数

・室内環境

・周辺環境

・アクセス性


基本的に席料はどこも似たり寄ったりだし、

どんなに高くても2000円程度だから、

評価項目には含んでいない。


ちなみに私の理想とする道場は以下の通り。


・客層:5級~六段

・席数:10~20面

・室内環境:ゆったりとした席で換気が良い

・周辺環境:飲食店、書店などが充実

・アクセス性:利便性の良い駅から徒歩10分圏内


まぁこんな道場は

現実的にはまずありえません。

いくつかの条件を満たす道場はあるんですけどね……

14年前の情景

テーマ:

これまで何度も書いているが、

私が将棋を始めたのは

高校1年夏のことである。


それまでは、将棋のルールは知っていたが、

定跡書の存在も知らなければ、

プロ棋界もほとんど知らなかった。


私が最初にプロ棋士の名前を聞いたのは

大山、中原両永世名人。

5月のGWに父親の伝手で行った保養所で

たまたま将棋を指していた人たちが話していたのを覚えている。

名人戦の時期だから1986年のことだと思う。


次にプロ棋士の名前を聞いたのは1994年春のこと。

羽生-米長の名人戦がニュースで話題になっていたので

名前だけは知っていた。

ベテラン名人の米長に新鋭の羽生が挑戦する、

というニュースだったと記憶しているが、

それ以上のことはもちろん理解できなかったと思う

(名人戦が7番勝負だというのすら知らなかったはずである)。


1996年春に帰国した時、

日本は羽生7冠が話題になっていて、

その次に三浦新棋聖が「羽生7冠を崩した男」として

話題になっていたと記憶している。


以上からわかるように私が将棋を始めた頃、

既に羽生7冠は終わっていた。


ましてや谷川名人ブームなど

はるかかなたのことである。


だから私は谷川新名人が話題になった頃を

退官したことが無いのである。


私にとっては

谷川も中原も大山も、

過去の人という点では同じだった。


むしろ谷川先生は現役バリバリのA級だった分、

羽生先生に次ぐ2番手という印象が強く、

とても一時代を築いたというイメージにはつながらなかった。


今ではもちろんその実績などを知っているが、

それでもなお当時を体感することはできない。