生きるチカラ-セミ編

テーマ:

産土神社にお参りに行くと、まさに降るような蝉時雨。

姿は全く見ることができませんが、

時間が午前中だったからか、ぬけがらがあちこちに。


日日華衣

神社名の碑のちょうど「社」の部分。


日日華衣


私の大好きな銀杏の幹。

上の方の枝では鳴き声が聞こえています。


そしてふと足元を見ると…

日日華衣


海だったらカニの穴だけど、これはセミが出てきた穴でしょう。


七年間でしたっけ、土の中で過ごして、

羽化した後は七日間しか生きていないんですよね。


鳴いている姿は見られませんでしたが、

寿命を全うした姿は、ぬけがらと同じくらい

たくさん目にしました。

AD